仮想通貨SEORとは?特徴や将来性を解説!

仮想通貨SEORとは特徴と将来性徹底解説 仮想通貨銘柄
この記事をざっくり言うと…
  • SEOR Networkは、次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォームである
  • 非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)を開発することができ、更に現実世界やWeb2.0の外部データをスマートコントラクトに組み込むことが出来る
  • 仮想通貨SEORは海外仮想通貨取引所「Bybit」に上場して、大きな注目を浴びている

仮想通貨SEOR(SEOR Network)とは?

仮想通貨SEORとは
プラットフォーム名称 SEOR Network
トークン名称 SEORトークン
仮想通貨シンボル SEOR
最大発行数 現在データなし
2022年7月時点の単価 約5.8円
公式サイト https://www.seor.io/#/home
購入できる取引所 Bybit

SEOR Networkは、次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発インフラであり、ユーザーと開発者が非常に使いやすいブロックチェーン技術開発プラットフォームです。

すごく簡単にいうと、簡単に外部データや異なるチェーン間を共有でき、なおかつ非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)が開発できるプラットフォームです。

現状、Web3.0には開発に関する模範的基準やミドルウェアプロトコルが無いため、開発者は独自のDappsを開発する必要があり、この障害のせいで再利用効果や互換性効果が得られず、開発速度に限界を迎えています。

SEOR Networkの目標は、完全なWeb3.0インフラを構築して、ブロックチェーンと現実世界の間にデータの相互性の為のブリッジを構築し、Web2.0とWeb3.0、更には現実世界との架け橋になることです。

Web3.0インフラが整えば、更にWeb3.0技術開発は進み、より良いサービスが生まれる可能性が高い為、大きく注目されています。

さらに先日、海外仮想通貨取引所『Bybit』に仮想通貨SEORが上場したことで、投資家からも大きく注目されました。

そんな大注目のSEOR Networkを分かりやすく解説していきます!

Bybit公式サイトへ

※【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中

SEOR Networkは次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォーム

SEOR Networkは次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォームです。

と言ってもピンと来ないかもしれませんね。

まずはWeb3.0という存在と技術開発プラットフォームの必要性を解説していきます。

  • そもそもWeb3.0って何?
  • Web3.0技術開発プラットフォームが整うとどうなるの?

そもそもWeb3.0って何?

「Web2.0とWeb3.0ってどう違うの?」

まずは、SEOR Networkを深堀する前にこの疑問を解消していきましょう。

Web3.0とはPeer to Peer(ピア・ツー・ピア)を利用した非中央集権的プラットフォームです。

とは言ったものの、Web3.0という言葉には様々な意味が含まれており、定義が曖昧です。その為、これがWeb3.0だ!と断言することは困難といえます。

そこで分かりやすくWeb2.0とWeb3.0を比較してみることにしました。

  Web2.0 Web3.0
信頼性  中央集権型サービス。その背後の企業の信頼性 非中央集権型。Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)
ガバナンス 巨大デジタル企業に権力が集中 非中央集権型自立組織(DAO)
ユーザー認証 ユーザーID、パスワードなど ユーザーしか知らない秘密鍵
お金のシステム 中央銀行などの金融機関により一括管理。法定通貨を使用。 スマートコントラクトによる管理。中央集権的な管理はなく、仲介機関も存在しない。
分散型ブロックチェーンに組み込まれている暗号通貨を使用。

上記の比較から分かることは、中央集権型のサービスではなく、ブロックチェーン技術を利用している非中央集権型サービスは大体Web3.0と呼ばれている。ということです。

Web3.0技術開発プラットフォームが整うとどうなるの?

ここでWeb2.0とWeb3.0の開発環境の大きな違いを考えてみましょう。

Web2.0はGoogleやAWS(Amazon)などの企業が開発基盤となるインフラに、誰でも簡単にアクセスできる極めてレベルの高いミドルウェアプラットフォームを開発してきました。
その為、誰でもアクセスでき、技術開発も進み、現実世界に必須なレベルまで普及しています。

しかし、現状のWeb3.0の技術スタックでは、模範的な開発基準とミドルウェアプロトコルが存在しておりません。その為、開発者は独自のDapps(分散型アプリ)を一から制作しなければならず、開発速度が圧倒的に遅くなっています。

このことから、Web3.0の開発効率を向上させるためにレイヤー3ミドルウェアの開発が急務となっています。

SEOR Networkはその役割を担おうとしているサービスです。

LCDP (Low Code Development Platform)について

SEOR Networkの目的や大まかな概要が分かったところで、実際のシステムについて深堀していきましょう。

最初にSEOR Networkは非ブロックチェーン技術者でもアプリ開発できると説明しました。果たしてそんなことが可能なのでしょうか?

その秘密はSEOR Networkが提供している独自のプラットフォームであるLCDP (Low Code Development Platform)にあります。

以下4点を踏まえて、分かりやすく解説していきます。

  • LCDP (Low Code Development Platform)の概要
  • EVM互換チェーンとは
  • Dappsの開発スピードの向上
  • 非ブロックチェーン開発者が参入できる理由

LCDP (Low Code Development Platform)の概要

LCDP (Low Code Development Platform)の大きな目的は、開発者に知識が無くても視覚的・直感的に開発できる構造であり、ユーザーがより便利かつ迅速に異なるブロックチェーンにアクセスできるための基盤となることです。

LCDP(Low Code Development Platform)は、自社開発のプロトコルファミリーを採用し、異なるブロックチェーンに対応した独自コントラクトを実現しています。

現在は一部EVM互換チェーンに対応しており、今後も大きく展開していく模様です。

EVM互換チェーンとは

現在一部対応しているEVM互換チェーンについて解説していきます。

EVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)とは、イーサリアム上でスマートコントラクト等を実行する為に開発された仮想マシンのことです。

分かりやすく言うと、「イーサリアム上のプログラムを動かしているプログラム」です。

EVM互換性によって、異なるチェーンでも「イーサリアムのアプリ動かしているプログラム」を利用出来ます。

分かりやすい例として、イーサリアムで稼働している「Uniswap」とBSCで稼働している「Pancake Swap」を想像してください。

BSCはEVM互換性があるので、Uniswapのコントラクトや開発ツールを利用しています。
別チェーンですが同じアプリを提供していますよね。

これによって、異なるチェーンでも便利なDappsが共有され、開発速度の向上につながっています。

LCDP (Low Code Development Platform)よるDappsの開発スピードの向上

話をLCDP (Low Code Development Platform)に戻します。

LCDP (Low Code Development Platform)では、独自のスマートコントラクトによって、開発者の反復作業と学習の問題を解決します。

先の例に挙げた、「Uniswapのコントラクトコードや開発ツールからPancakeSwapを作成する」のような手順は必要なく、1つのアプリを開発をLCDPのコントラクトで作成すれば、異なるチェーンに対しても対応し、更にそのデータを利用して新たなアプリ開発が進む。

といったように、従来のスタイルより開発速度が速くなります。

非ブロックチェーン開発者が参入できる理由

さらにSEOR NetworkはLCDP (Low Code Development Platform)をベースに、Dappsの操作方法やWebページの表示方法などをカスタマイズして提供し、クラウドサービスとしてアクセスの統一やビジネスチェーン上での展開等を統一します。

分かりやすく言うと、スマートコントラクト知識が無くても視覚的・直感的にWeb3.0のサービス開発が出来るようなサービスを提供するということです。

これにより、非ブロックチェーン開発者の参入障壁を最大限に低くし、チェーン上に関連ビジネスを展開出来ます。

このインフラが実現すれば、Web3.0にとっても大きな分岐点になると予想されます。

LON(Lightweight Oracle Network)について

LCDP (Low Code Development Platform)によって非ブロックチェーン技術者でも視覚的・直感的にDapps(分散型アプリ)の開発が出来ることを解説しました。

ここからはSEOR Networkの信頼性やどのようにデータ保存しているのか、どのように異なるチェーン間のやり取りを可能にしているのか。といった技術面を深堀していきます。

結論から言うと、LON(Lightweight Oracle Network)によってデータの信頼性や安全性、異なるチェーン間での共有を可能にしています。

LON(Lightweight Oracle Network)を下記の順番で分かりやすく解説していきます。

  • そもそもOracle(オラクル)って何?
  • LON(Lightweight Oracle Network)の概要
  • 実際どのように使用されるのか

そもそもOracle(オラクル)って何?

LON(Lightweight Oracle Network)を説明する前に、Oracle(オラクル)について知っておく必要があります。

結論から言うとOracle(オラクル)とは、スマートコントラクトにオフチェーンのデータを提供するサービスのことです。

ブロックチェーンやスマートコントラクトは外部の情報、すなわちオフチェーンの情報を取得することが難しいという問題を抱えています。
それは、マイナーが複数の合意を得るシステムを採用しているために、外部リソースやAPIに接続できないといったブロックチェーン根本の問題があるためです。

ブロックチェーンに接続が可能で、なおかつ外部データを保管出来るネットワークシステムが必要となり、現れたのがOracle(オラクル)です。

オラクルは外部データをブロックチェーンに共有できるので、文字通り現実世界とWeb3.0を繋ぐ架け橋と言えます。

LON(Lightweight Oracle Network)の概要

先ほど説明したOracle(オラクル)はとても便利な機能ですが、大きな問題を抱えています。

それはOracle(オラクル)は非常に中央集権型であり、外部データやAPIの信頼性は全てOracle(オラクル)を完全に信用する。という元でしか成り立たないということです。

そこでSEOR NetworkはLON(Lightweight Oracle Network)を採用しています。

LON(Lightweight Oracle Network)を簡単に説明すると、Oracle(オラクル)データを大量に収集し検証するネットワークです。

大量のOracle(オラクル)データをLON(Lightweight Oracle Network)に集めて、oBFTと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムによって2次的な合意形成を行い、データの信頼性と安全性を確保します。

oBFTとは:ポルカドットのGRANDPAプロトコル、NPoS、LONプロトコルを組み合われたハイブリットなコンセンサスアルゴリズム

SEOR Networkは、従来のOracle(オラクル)とLON(Lightweight Oracle Network)を組み合わせることによって、柔軟なデータカスタマイズと正確で信頼できるデータを共有し、従来のインターネットとWeb3.0との障壁をなくそうとしています。

実際どのように使用されるのか

LON(Lightweight Oracle Network)によって、外部データがブロックチェーンやスマートコントラクトに提供できることが分かりました。

しかし、実際にはどのように使用されるのでしょうか?

答えは未知数であり、今後の開発次第で無限大に増えていくと考えられます。

考えられる例として、LON(Lightweight Oracle Network)にデータを提供してLCDP (Low Code Development Platform)で作成した分散型アプリは、異なるチェーンにおいてもトークン価値を統一する事が可能となります。

これを応用すれば、既存のゲームなどのデータをLON(Lightweight Oracle Network)を経由してブロックチェーンに組み込むことで、BCG(ブロックチェーンゲーム)となることも考えられます。

最終結論として、SEOR Networkは簡単に外部データや異なるチェーンを共有でき、なおかつ非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)が開発できるプラットフォームであると言えます。

仮想通貨SEORの使用用途について

SEOR Networkについて大まかに分かったところで、ここからは仮想通貨SEORについて解説していきます。

仮想通貨SEORが使用用途は主に5つあります。

  • 取引手数料(各トランザクションにつき0.001SEORの固定手数料)
  • ステーキング
  • ガバナンスとして使用
  • SEOR Networkで開発されたアプリケーション内での消費
  • データの保存・検証費用

SEOR Networkを使用しているアプリケーションを使用する場合に使用される為、SEORの成長と共に価値が上がっていくと考えられます。

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のメリット

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のメリット

これまでのSEOR Networkの解説を踏まえて、具体的にメリットと感じる部分をピックアップして紹介します。

  • クロスチェーンブリッジが可能になる
  • 様々なDapps(分散型アプリ)が展開され、現実世界やWeb2.0と連携する

クロスチェーンブリッジが可能になる

先ほど紹介したLON(Lightweight Oracle Network)にデータを保管し、スマートコントラクトに組み込めるシステムによって、クロスチェーンブリッジが容易となります。

簡単に言うと、LONにあるデータの価値と異なるチェーン間でのデータの価値は連動するので、チェーンが違えど同じ価値をしっかり保つことが出来ます。

その為、チェーン間で移動することが容易になると言えます。

様々なDapps(分散型アプリ)が展開され、現実世界やWeb2.0と連携する

LON(Lightweight Oracle Network)とLCDP (Low Code Development Platform)によって、今後様々なDapps(分散型アプリ)が登場することが予想されます。

これにより技術開発速度も加速し、更には現実世界とWeb3.0が融合したサービスも今後出てくることが予想されます。

これはクリプトの普及や知名度という観点から見て、仮想通貨市場にとっても大きなメリットと言えます。

仮想通貨SEOR(SEOR Network)の懸念材料

仮想通貨SEOR(SEOR Network)の懸念材料

SEOR Networkの概要とメリットがわかったところで、懸念材料に関しても紹介していきます。

  • 国内取引所に上場されていない
  • あくまで技術開発プラットフォームであるため、SEOR Network上に展開したアプリの評判によって価格が左右される恐れがある

国内取引所に上場されていない

仮想通貨SEORは、国内仮想通貨取引所に上場しておりません。

その為、仮想通貨SEORを購入する場合、海外の取引所で購入する必要があります。

ただ、「国内仮想通貨取引所」に上場していないというのは、決してデメリットだけではなく、もし上場されれば大きな値上がりが期待できるというメリットも持ち合わせています。

現在、仮想通貨SEORを購入できる海外仮想通貨取引所は、「Bybit」です。

Bybit公式サイトへ

※【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中

あくまで技術開発プラットフォームであるため、SEOR Network上に展開したアプリの評判によって価格が左右される恐れがある

これはSEOR Networkに限った話ではなく、全てのプラットフォームに対しても言えることです。

技術開発プラットフォームである為、知名度や人気はSEOR Network上に展開したアプリの評判に左右されることが予想されます。

考えられる事例として、SEOR Networkを利用した悪質なアプリが登場してしまう。
などの事態が起きると、開発基盤が優秀でも仮想通貨SEORが下落してしまう可能性があります。

この辺りはしっかり見極ることが大事となってきます。

仮想通貨SEORの将来性は?仮想通貨歴7年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨SEORの将来性は?仮想通貨歴7年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨SEORは買いなのかどうか、仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります。

仮想通貨SEORはズバリ、様子見です。

理由として、現状はプラットフォームとしての知名度も開発されたアプリも少ないからです。しかしながら、SEOR Networkが順調にサービスを継続し、一般的なDapps開発プラットフォームとして確立すれば、想像できないほどの可能性を秘めていると言えます。

その為、大きな好材料が見えてきたときは、投資対象としてみてもいいのではないかと強く感じています。

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のチャート

仮想通貨SEOR(SEOR Network)が購入できる仮想通貨取引所

2022年7月現在、仮想通貨SEORは国内取引所では購入することができません。なので、仮想通貨SEORを購入するには海外取引所である「Bybit」を利用するしかありません。

Bybit(バイビット)

会社名 Bybit Fintech Limited
設立 2018年
独自トークン なし ※BITをBybitが主体となり資金調達を行なった
取引方法 現物、レバレッジ
最大レバレッジ 100倍
スマホアプリ あり
日本語対応 あり
取り扱いコイン数 100種類以上

Bybitは2018年に設立された仮想通貨取引所で、2020年より現物取引が行えるようになり、今最も勢いのある仮想通貨取引所です。

Bybitの魅力は、最大レバレッジ100倍でダイナミックにレバレッジ取引でき、さらに追証なしという点です。また、最近はすごい勢いで現物取引の銘柄を増やしており、Bybitの経営陣は仮想通貨取引所最大手のBinance(バイナンス)を超えると言っています。

また、ローンチパッドも積極的に開催していて、上場前の仮想通貨を安く購入することができます。

Bybit公式サイトへ

※【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中

仮想通貨SEOR(SEOR Network)まとめ

この記事では、SEOR Networkの特徴や将来性、メリット・デメリットについて詳しく解説しました。

今後、Web3.0が一般的に普及する為に必須ともいえる、技術開発プラットフォームのSEOR Networkはとても将来性のあるプロジェクトだと筆者は感じています。

SEOR NetworkのDapps(分散型アプリ)が現実世界とWeb3.0の世界を繋ぐ未来を想像しつつ、これにて筆を置かせてもらいます。

コメント