仮想通貨SEORとは?特徴や将来性を解説!

仮想通貨SEORとは?特徴や将来性を解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • SEOR Networkは、次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォームである
  • 非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)を開発することができ、更に現実世界やWeb2.0の外部データをスマートコントラクトに組み込むことが出来る
  • 仮想通貨SEORは海外仮想通貨取引所「Bybit」に上場して、大きな注目を浴びている

コンテンツの誤りを送信する

目次

仮想通貨SEOR(SEOR Network)とは?

仮想通貨SEORとは
プラットフォーム名称SEOR Network
トークン名称SEORトークン
仮想通貨シンボルSEOR
最大発行数現在データなし
2024年1月時点の単価約0.33円
公式サイトhttps://www.seor.io/#/home
購入できる取引所Bybit

SEOR Networkは、次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発インフラであり、ユーザーと開発者が非常に使いやすいブロックチェーン技術開発プラットフォームです。

すごく簡単にいうと、簡単に外部データや異なるチェーン間を共有でき、なおかつ非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)が開発できるプラットフォームです。

現状、Web3.0には開発に関する模範的基準やミドルウェアプロトコルが無いため、開発者は独自のDappsを開発する必要があり、この障害のせいで再利用効果や互換性効果が得られず、開発速度に限界を迎えています。

SEOR Networkの目標は、完全なWeb3.0インフラを構築して、ブロックチェーンと現実世界の間にデータの相互性の為のブリッジを構築し、Web2.0とWeb3.0、更には現実世界との架け橋になることです。

Web3.0インフラが整えば、更にWeb3.0技術開発は進み、より良いサービスが生まれる可能性が高い為、大きく注目されています。

さらに先日、海外仮想通貨取引所『Bybit』に仮想通貨SEORが上場したことで、投資家からも大きく注目されました。

そんな大注目のSEOR Networkを分かりやすく解説していきます!

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybit(バイビット)とは?特徴と登録方法、使い方を解説!

これもう見た?Bybit(バイビット)のボーナスキャンペーン情報総まとめ!

SEOR Networkは次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォーム

SEOR Networkは次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォーム

SEOR Networkは次世代の分散型Web3.0アプリケーション技術開発プラットフォームです。

と言ってもピンと来ないかもしれませんね。

まずはWeb3.0という存在と技術開発プラットフォームの必要性を解説していきます。

必要性
  • そもそもWeb3.0って何?
  • Web3.0技術開発プラットフォームが整うとどうなるの?

そもそもWeb3.0って何?

「Web2.0とWeb3.0ってどう違うの?」

まずは、SEOR Networkを深堀する前にこの疑問を解消していきましょう。

Web3.0とはPeer to Peer(ピア・ツー・ピア)を利用した非中央集権的プラットフォームです。

とは言ったものの、Web3.0という言葉には様々な意味が含まれており、定義が曖昧です。その為、これがWeb3.0だ!と断言することは困難といえます。

そこで分かりやすくWeb2.0とWeb3.0を比較してみることにしました。

Web2.0Web3.0
信頼性 中央集権型サービス
その背後の企業の信頼性
非中央集権型
Peer to Peer(ピア・ツー・ピア)
ガバナンス巨大デジタル企業に権力が集中非中央集権型自立組織(DAO)
ユーザー認証ユーザーID、パスワードなどユーザーしか知らない秘密鍵
お金のシステム中央銀行などの金融機関により一括管理。法定通貨を使用。スマートコントラクトによる管理。中央集権的な管理はなく、仲介機関も存在しない。
分散型ブロックチェーンに組み込まれている暗号通貨を使用。

上記の比較から分かることは、中央集権型のサービスではなく、ブロックチェーン技術を利用している非中央集権型サービスは大体Web3.0と呼ばれている。ということです。

Web3.0技術開発プラットフォームが整うとどうなるの?

ここでWeb2.0とWeb3.0の開発環境の大きな違いを考えてみましょう。

Web2.0はGoogleやAWS(Amazon)などの企業が開発基盤となるインフラに、誰でも簡単にアクセスできる極めてレベルの高いミドルウェアプラットフォームを開発してきました。
その為、誰でもアクセスでき、技術開発も進み、現実世界に必須なレベルまで普及しています。

しかし、現状のWeb3.0の技術スタックでは、模範的な開発基準とミドルウェアプロトコルが存在しておりません。その為、開発者は独自のDapps(分散型アプリ)を一から制作しなければならず、開発速度が圧倒的に遅くなっています。

このことから、Web3.0の開発効率を向上させるためにレイヤー3ミドルウェアの開発が急務となっています。

SEOR Networkはその役割を担おうとしているサービスです。

LCDP (Low Code Development Platform)について

LCDP (Low Code Development Platform)について

SEOR Networkの目的や大まかな概要が分かったところで、実際のシステムについて深堀していきましょう。

最初にSEOR Networkは非ブロックチェーン技術者でもアプリ開発できると説明しました。果たしてそんなことが可能なのでしょうか?

その秘密はSEOR Networkが提供している独自のプラットフォームであるLCDP (Low Code Development Platform)にあります。

以下4点を踏まえて、分かりやすく解説していきます。

LCDP (Low Code Development Platform)について
  • LCDP (Low Code Development Platform)の概要
  • EVM互換チェーンとは
  • Dappsの開発スピードの向上
  • 非ブロックチェーン開発者が参入できる理由

LCDP (Low Code Development Platform)の概要

LCDP (Low Code Development Platform)の大きな目的は、開発者に知識が無くても視覚的・直感的に開発できる構造であり、ユーザーがより便利かつ迅速に異なるブロックチェーンにアクセスできるための基盤となることです。

LCDP(Low Code Development Platform)は、自社開発のプロトコルファミリーを採用し、異なるブロックチェーンに対応した独自コントラクトを実現しています。

現在は一部EVM互換チェーンに対応しており、今後も大きく展開していく模様です。

EVM互換チェーンとは

現在一部対応しているEVM互換チェーンについて解説していきます。

EVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)とは、イーサリアム上でスマートコントラクト等を実行する為に開発された仮想マシンのことです。

分かりやすく言うと、「イーサリアム上のプログラムを動かしているプログラム」です。

EVM互換性によって、異なるチェーンでも「イーサリアムのアプリ動かしているプログラム」を利用出来ます。

分かりやすい例として、イーサリアムで稼働している「Uniswap」とBSCで稼働している「Pancake Swap」を想像してください。

BSCはEVM互換性があるので、Uniswapのコントラクトや開発ツールを利用しています。
別チェーンですが同じアプリを提供していますよね。

これによって、異なるチェーンでも便利なDappsが共有され、開発速度の向上につながっています。

LCDP (Low Code Development Platform)よるDappsの開発スピードの向上

話をLCDP (Low Code Development Platform)に戻します。

LCDP (Low Code Development Platform)では、独自のスマートコントラクトによって、開発者の反復作業と学習の問題を解決します。

先の例に挙げた、「Uniswapのコントラクトコードや開発ツールからPancakeSwapを作成する」のような手順は必要なく、1つのアプリを開発をLCDPのコントラクトで作成すれば、異なるチェーンに対しても対応し、更にそのデータを利用して新たなアプリ開発が進む。

といったように、従来のスタイルより開発速度が速くなります。

非ブロックチェーン開発者が参入できる理由

さらにSEOR NetworkはLCDP (Low Code Development Platform)をベースに、Dappsの操作方法やWebページの表示方法などをカスタマイズして提供し、クラウドサービスとしてアクセスの統一やビジネスチェーン上での展開等を統一します。

分かりやすく言うと、スマートコントラクト知識が無くても視覚的・直感的にWeb3.0のサービス開発が出来るようなサービスを提供するということです。

これにより、非ブロックチェーン開発者の参入障壁を最大限に低くし、チェーン上に関連ビジネスを展開出来ます。

このインフラが実現すれば、Web3.0にとっても大きな分岐点になると予想されます。

LON(Lightweight Oracle Network)について

LON(Lightweight Oracle Network)について

LCDP (Low Code Development Platform)によって非ブロックチェーン技術者でも視覚的・直感的にDapps(分散型アプリ)の開発が出来ることを解説しました。

ここからはSEOR Networkの信頼性やどのようにデータ保存しているのか、どのように異なるチェーン間のやり取りを可能にしているのか。といった技術面を深堀していきます。

結論から言うと、LON(Lightweight Oracle Network)によってデータの信頼性や安全性、異なるチェーン間での共有を可能にしています。

LON(Lightweight Oracle Network)を下記の順番で分かりやすく解説していきます。

LON(Lightweight Oracle Network)について
  • そもそもOracle(オラクル)って何?
  • LON(Lightweight Oracle Network)の概要
  • 実際どのように使用されるのか

そもそもOracle(オラクル)って何?

LON(Lightweight Oracle Network)を説明する前に、Oracle(オラクル)について知っておく必要があります。

結論から言うとOracle(オラクル)とは、スマートコントラクトにオフチェーンのデータを提供するサービスのことです。

ブロックチェーンやスマートコントラクトは外部の情報、すなわちオフチェーンの情報を取得することが難しいという問題を抱えています。
それは、マイナーが複数の合意を得るシステムを採用しているために、外部リソースやAPIに接続できないといったブロックチェーン根本の問題があるためです。

ブロックチェーンに接続が可能で、なおかつ外部データを保管出来るネットワークシステムが必要となり、現れたのがOracle(オラクル)です。

オラクルは外部データをブロックチェーンに共有できるので、文字通り現実世界とWeb3.0を繋ぐ架け橋と言えます。

LON(Lightweight Oracle Network)の概要

先ほど説明したOracle(オラクル)はとても便利な機能ですが、大きな問題を抱えています。

それはOracle(オラクル)は非常に中央集権型であり、外部データやAPIの信頼性は全てOracle(オラクル)を完全に信用する。という元でしか成り立たないということです。

そこでSEOR NetworkはLON(Lightweight Oracle Network)を採用しています。

LON(Lightweight Oracle Network)を簡単に説明すると、Oracle(オラクル)データを大量に収集し検証するネットワークです。

大量のOracle(オラクル)データをLON(Lightweight Oracle Network)に集めて、oBFTと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムによって2次的な合意形成を行い、データの信頼性と安全性を確保します。

oBFTとは?
ポルカドットのGRANDPAプロトコル、NPoS、LONプロトコルを組み合われたハイブリットなコンセンサスアルゴリズム

SEOR Networkは、従来のOracle(オラクル)とLON(Lightweight Oracle Network)を組み合わせることによって、柔軟なデータカスタマイズと正確で信頼できるデータを共有し、従来のインターネットとWeb3.0との障壁をなくそうとしています。

実際どのように使用されるのか

LON(Lightweight Oracle Network)によって、外部データがブロックチェーンやスマートコントラクトに提供できることが分かりました。

しかし、実際にはどのように使用されるのでしょうか?

答えは未知数であり、今後の開発次第で無限大に増えていくと考えられます。

考えられる例として、LON(Lightweight Oracle Network)にデータを提供してLCDP (Low Code Development Platform)で作成した分散型アプリは、異なるチェーンにおいてもトークン価値を統一する事が可能となります。

これを応用すれば、既存のゲームなどのデータをLON(Lightweight Oracle Network)を経由してブロックチェーンに組み込むことで、BCG(ブロックチェーンゲーム)となることも考えられます。

最終結論として、SEOR Networkは簡単に外部データや異なるチェーンを共有でき、なおかつ非ブロックチェーン技術者でもDapps(分散型アプリ)が開発できるプラットフォームであると言えます。

仮想通貨SEORの使用用途について

仮想通貨SEORの使用用途について

SEOR Networkについて大まかに分かったところで、ここからは仮想通貨SEORについて解説していきます。

仮想通貨SEORの使用用途は主に5つあります。

仮想通貨SEORの使用用途
  • 取引手数料(各トランザクションにつき0.001SEORの固定手数料)
  • ステーキング
  • ガバナンスとして使用
  • SEOR Networkで開発されたアプリケーション内での消費
  • データの保存・検証費用

SEOR Networkを使用しているアプリケーションを使用する場合に使用される為、SEORの成長と共に価値が上がっていくと考えられます。

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のメリット

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のメリット

これまでのSEOR Networkの解説を踏まえて、具体的にメリットと感じる部分をピックアップして紹介します。

メリット
  • クロスチェーンブリッジが可能になる
  • 様々なDapps(分散型アプリ)が展開され、現実世界やWeb2.0と連携する

クロスチェーンブリッジが可能になる

クロスチェーンブリッジが可能になる

先ほど紹介したLON(Lightweight Oracle Network)にデータを保管し、スマートコントラクトに組み込めるシステムによって、クロスチェーンブリッジが容易となります。

簡単に言うと、LONにあるデータの価値と異なるチェーン間でのデータの価値は連動するので、チェーンが違えど同じ価値をしっかり保つことが出来ます。

その為、チェーン間で移動することが容易になると言えます。

様々なDapps(分散型アプリ)が展開され、現実世界やWeb2.0と連携する

様々なDapps(分散型アプリ)が展開され、現実世界やWeb2.0と連携する

LON(Lightweight Oracle Network)とLCDP (Low Code Development Platform)によって、今後様々なDapps(分散型アプリ)が登場することが予想されます。

これにより技術開発速度も加速し、更には現実世界とWeb3.0が融合したサービスも今後出てくることが予想されます。

これはクリプトの普及や知名度という観点から見て、仮想通貨市場にとっても大きなメリットと言えます。

仮想通貨SEOR(SEOR Network)の懸念材料

仮想通貨SEOR(SEOR Network)の懸念材料

SEOR Networkの概要とメリットがわかったところで、懸念材料に関しても紹介していきます。

デメリット
  • 国内取引所に上場されていない
  • あくまで技術開発プラットフォームであるため、SEOR Network上に展開したアプリの評判によって価格が左右される恐れがある

国内取引所に上場されていない

国内取引所に上場されていない

仮想通貨SEORは、国内仮想通貨取引所に上場しておりません。

その為、仮想通貨SEORを購入する場合、海外の取引所で購入する必要があります。

ただ、「国内仮想通貨取引所」に上場していないというのは、決してデメリットだけではなく、もし上場されれば大きな値上がりが期待できるというメリットも持ち合わせています。

現在、仮想通貨SEORを購入できる海外仮想通貨取引所は、「Bybit」です。

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybit(バイビット)とは?特徴と登録方法、使い方を解説!

これもう見た?Bybit(バイビット)のボーナスキャンペーン情報総まとめ!

あくまで技術開発プラットフォームであるため、SEOR Network上に展開したアプリの評判によって価格が左右される恐れがある

あくまで技術開発プラットフォームであるため、SEOR Network上に展開したアプリの評判によって価格が左右される恐れがある

これはSEOR Networkに限った話ではなく、全てのプラットフォームに対しても言えることです。

技術開発プラットフォームである為、知名度や人気はSEOR Network上に展開したアプリの評判に左右されることが予想されます。

考えられる事例として、SEOR Networkを利用した悪質なアプリが登場してしまう、などの事態が起きると開発基盤が優秀でも仮想通貨SEORが下落してしまう可能性があります。

この辺りはしっかり見極ることが大事となってきます。

仮想通貨SEORの将来性は?仮想通貨歴7年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨SEORの将来性は?仮想通貨歴7年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨SEORは買いなのかどうか、仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります。

仮想通貨SEORはズバリ、様子見です。

理由として、現状はプラットフォームとしての知名度も開発されたアプリも少ないからです。しかしながら、SEOR Networkが順調にサービスを継続し、一般的なDapps開発プラットフォームとして確立すれば、想像できないほどの可能性を秘めていると言えます。

その為、大きな好材料が見えてきたときは、投資対象としてみてもいいのではないかと強く感じています。

仮想通貨SEOR(SEOR Network)のチャート

仮想通貨SEOR(SEOR Network)が購入できる仮想通貨取引所

仮想通貨SEOR(SEOR Network)が購入できる仮想通貨取引所

2022年7月現在、仮想通貨SEORは国内取引所では購入することができません。なので、仮想通貨SEORを購入するには海外取引所である「Bybit」を利用するしかありません。

bybit
会社名Bybit
レバレッジ倍率1~100倍 ※アルトコインは最大50倍
取扱通貨BTC,ETH,XRP,EOS,USDTなど100種類以上
取引手数料(レバレッジ取引)指値注文(メイカー)-0.025%/成行注文(テイカー)0.075%
取引手数料(現物取引)一律0.1%
入出金手数料無料 ※出金のみマイニング手数料がかかる
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカットロング=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
ショート=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
セキュリティ
モバイルアプリあり

Bybitは外国為替取引所を運営していたBen Zhouによって2018年に設立された世界最大級の仮想通貨取引所です。デリバティブ取引に特化した取引所として非常に有名で、レバレッジ規制が厳しくなる中、レバレッジ100倍で仮想通貨FXを行える特徴があります。2021年からは現物取引や資産運用サービスも開始し、一気に取引所ランキング上位の常連となった経緯のある取引所です。

さらにBybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。そんなBybitのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 仮想通貨5種類(BTC,ETH,XRP,EOS,USDT)を証拠金としてトレードできる
  • 100種類以上の仮想通貨がトレードできる
  • ローンチプールやローンチパッド、ステーキングで資産を増やせる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でスプレッドが他取引所と比較し極めて狭い
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 損失を最小限にしてくれる相互保険システムがある
  • 日本円で銀行振込によるUSDTの購入が可能
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が3分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリティ充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語
デメリット
  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

Bybitは流通量の高さから現物取引や仮想通貨FXがやりやすいことはもちろん、Shark Fin(シャークフィン)やグリッドボットなど独自の資産運用方法も充実しており、ワンストップで仮想通貨取引が可能な環境を提供しています

また、Bybitへの上場銘柄は上場後の価格が上がりやすい傾向にあるなど、確実性・信頼性に重きをおいている取引所のため、Binanceと並び仮想通貨取引をするのなら口座を持っていて損はしない取引所の1社と言えます。Bybitのさらに詳しい情報は以下の記事を参照してください。

これもう見た?Bybit(バイビット)の評判と安全性は?14の長所と2つの短所!

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybitのボーナスキャンペーンまとめ

仮想通貨SEOR(SEOR Network)まとめ

この記事では、SEOR Networkの特徴や将来性、メリット・デメリットについて詳しく解説しました。

今後、Web3.0が一般的に普及する為に必須ともいえる、技術開発プラットフォームのSEOR Networkはとても将来性のあるプロジェクトだと筆者は感じています。

SEOR NetworkのDapps(分散型アプリ)が現実世界とWeb3.0の世界を繋ぐ未来を想像しつつ、これにて筆を置かせてもらいます。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次