HFM(HotForex)の口座開設方法|登録手順や注意点を解説

HFMarkets(旧HotForex)の口座開設方法|登録手順や注意点を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと・・・
  • HFM(HotForex)の口座開設が細部までわかる
  • HFM(HotForex)で口座開設する際の注意点がわかる
  • HFM(HotForex)の口座開設時の疑問が解決する

\ブランドリニューアル/
サービス・信頼性の向上で初心者が安心して利用できる1社

公式サイト:https://www.hfm.com/sv/en/

コンテンツの誤りを送信する

目次

HFM(HotForex)の口座開設条件・口座開設に関する知識

HFMarkets(旧HotForex)の口座開設条件・口座開設に関する知識

HFM(HotForex)は主要な海外FX業者の中でも最も多い1,200種類以上の銘柄が取引でき、世界中のトレーダーから愛されているのが特徴です。トレードコンテストやコピートレード、トレード分析などの独自サービスが充実しており、他のブローカーには無い利点を味わえるでしょう。

この記事では、そんなHFM(HotForex)の口座開設方法や注意点、よくある疑問について詳しく解説していきます。

HFM(HotForex)で口座開設する前に確認しておくべき知識を5つ解説します。

HFM(HotForex)の口座開設に関する知識
  • 口座開設の際に必要な書類
  • 最短24時間で口座開設が可能
  • 日本で口座開設できるユーザーの条件
  • 複数の口座を開設できる
  • 法人口座を開設できる

なお、HFM(HotForex)の詳しい情報はこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?HFM(HotForex)の評判や特徴は?気になるポイントを徹底解説

これもう見た?HFM(HotForex)ボーナス情報|口座開設ボーナスやクッションはあるのか?

これもう見た?HFM(旧Hotforex)スプレッド一覧!他社比較やスプレッド確認方法も解説

口座開設の際に必要な書類

口座開設の際に必要な書類

HFM(HotForex)では口座開設の際、本人確認書類と住所確認書類の提出が求められます。

本人確認書類として認められるのは以下の書類だけです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(顔写真付き)

住所確認書類書類として認められるのは以下の書類です。

住所確認書類
  • 住民票
  • 公共料金(ガス・水道・電気)の請求書
  • 固定・携帯電話の明細書か領収書
  • クレジットカードや銀行の利用明細書
  • 納税証明書

本人確認書類については有効期限内のみ、住所確認書類は発行から6ヶ月以内の書類のみ有効となります。古い書類を提出しても受理されず差し戻されてしまうため、無駄な時間がかかってしまうので書類の有効期限についてはしっかり確認しておいてください。

最短24時間で口座開設可能

最短24時間で口座開設が可能

HFM(HotForex)の口座開設ステップはシンプルなので最短3分程度で申請が完了します。それだけでなく、HFM(HotForex)は本人確認書類やその他入力情報の確認が1営業日以内に行われるのが特徴です。

他の海外FXブローカーでは2~3営業日かかる場合も多く、それに比べてすぐトレードを始められるのは大きなメリットといえます。

日本で口座開設できるユーザー

日本で口座開設できるユーザーの条件

HFM(HotForex)の口座を日本国内で開設するには、日本国内に住む18歳以上という条件がありますが、国内在住であれば外国人でも口座開設が可能です。しかし北朝鮮やミャンマー、アメリカなどHFM(HotForex)のサービス対象外となっている地域に住所を持つ人は口座開設できないため注意が必要です。

海外では銀行口座開設の際に住所を自由に設定できるケースもありますが、その書類を証書として口座開設するのは厳禁です。正しい住所で口座開設しないのはどのブローカーでも規約違反になり、口座凍結や出金不可能になってしまう可能性があります。

そのため、本人情報は必ず正しいものを使用してください。

複数の口座を開設できる

複数の口座を開設できる

HFM(HotForex)では1人で複数の口座を開設して運用できます。MT4用口座は最大7個まで、MT5用口座は最大3個まで開設できるので、1人あたり10口座まで運用できます。最初の口座開設時に本人情報登録は済んでいるので、2つ目以降の口座は待ち時間無くすぐに開設できるのが特徴です。

ちなみに、複数の口座を運用する場合HFM(HotForex)では口座間やほか業者間での両建てが禁止されているのには注意しましょう。抵触すると口座凍結などの措置を受ける可能性もあります。無意識でこの手法を使用しているユーザーも見られ、思いもよらないトラブルに繋がる可能性があるので注意が必要です。

HFM(HotForex)の各口座タイプの特徴などはこちらの記事で解説しています。

これもう見た?HFM(HotForex)の口座タイプ解説|特徴や違い、おすすめ口座タイプも紹介!

複数口座の正しい使い方メリットについてこちらの記事で解説しているので一度見てください。

これもう見た?海外FXでは複数口座を使い分けろ!複数口座口座のメリット・デメリットとは?

法人口座を開設できる

法人口座を開設できる

HFM(HotForex)では個人口座だけでなく法人口座開設が可能で、収入額によっては節税が可能です。

合算所得額が年間900万円を超えると、個人口座では33%の所得税と10%の住民税がかかります。法人口座なら23.2%の法人所得税率と地方法人税率10.3%となり、個人口座口座よりも約10%の節税になります。ほかにも欠損金の9年間繰越や経費の利用、所得控除額の違いなどでかなり有利に立ち回れるのが特徴です。

しかし個人口座に比べ、法人口座開設には以下のように用意する書類が多くなります。

法人口座開設に必要な書類
  • 法人の登記簿謄本
  • 定款
  • 株主名簿
  • 役員の本人確認書類
  • 役員の住所確認書類

FXで大きく稼げるようになると節税は必ずついて回るので、今後FXでしっかり稼いでいきたい人はこの仕組みを把握しておきましょう。

海外FXの法人口座についてはこちらで解説しています。

これもう見た?海外FXの法人口座で節税!おすすめ法人口座ランキングと法人化のメリット・デメリット

コンテンツの誤りを送信する

HFM(HotForex)で口座開設(登録)する方法

HFMarkets(旧HotForex)で口座開設(登録)する方法

ここでは、実際にHFM(HotForex)の口座を開設する手順を画像付きで解説していきます。

HFM(HotForex)の口座開設手順は以下の通りです。

HFM(HotForex)口座開設手順
  • STEP 1:公式ホームページで口座開設の申し込み
  • STEP 2:アカウントの有効化
  • STEP 3:個人情報を入力
  • STEP 4:本人確認書類のアップロード
  • STEP 5:口座タイプを選択して口座開設

それぞれの手順の詳細をSTEPごとに解説していきます。

STEP 1:公式ホームページで口座開設の申し込み

初めにHFM(HotForex)公式ホームページにアクセスし、「登録」ボタンをタップします。

STEP 2:アカウントの有効化

口座開設の前にアカウント作成が必要なので、各項目を埋めていきます。

埋めていく項目は以下となります。

  1. 居住国
  2. メールアドレス
  3. ログインパスワード

パスワードは以下の条件を満たす必要があるので注意しましょう。

パスワードの注意点
  • 6〜15文字で入力
  • 半角で入力
  • 大文字と小文字、数字を使う

最後に登録ボタンを押すと、登録成功画面が表示されます。

STEP 3:個人情報を入力

アカウント作成が完了すると以下のような案内メールが届くので、「Eメールを認証する」ボタンをタップします。

プロフィール入力画面に遷移するので、各項目を入力していきます。名前はアルファベットで入力し、電話番号のハイフンは不要です。

入力が完了したら「続行」ボタンをクリックしてください。

マイページにログインし、画面右上の「三」マークをタップすると現れる「登録を完了」をタップします。

住所情報やプロフィール入力画面に移るので、順番に入力していきます。

STEP 4:本人確認書類のアップロード

身分証と住所確認書類のアップロード画面に遷移します。

以下の本人確認書類と住所確認書類の写真を撮影しアップロードしてください。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(顔写真付き)
住所確認書類
  • 住民票
  • 公共料金(ガス・水道・電気)の請求書
  • 固定・携帯電話の明細書か領収書
  • クレジットカードや銀行の利用明細書
  • 納税証明書

STEP 5:口座タイプを選択して口座開設

本人確認が終わったらお知らせメールが届くので再びマイページにログインし、「My取引口座」の欄にある「Open Trading Account」をタップします。

口座タイプ選択画面に遷移するので、任意の口座タイプを選び「Select」をタップします。

プラットフォームやレバレッジ、口座通貨を選択し「Open Account」を選択します。

以上で口座開設は終了です。

口座タイプの詳細はこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

これもう見た?HFM(HotForex)の口座タイプ解説|特徴や違い、おすすめ口座タイプも紹介!

コンテンツの誤りを送信する

HFM(HotForex)で取引口座を追加する方法

HFMarkets(旧HotForex)で口座開設する際の注意点

HFM(HotForex)では取引口座を複数開設できるので、ここではその手順を解説していきます。

HFM(HotForex)口座追加開設手順
  • STEP 1:公式ホームページで口座追加開設の申し込み
  • STEP 2:口座タイプを選択して口座開設

STEPごとに詳しく解説していきます。

STEP 1:公式ホームページで口座追加開設の申し込み

公式ホームページにログインし、「My取引口座」の欄にある「Open Trading Account」をタップします。

すでに口座が登録されていたら、この欄に表示されます。

STEP 2:口座タイプを選択して口座開設

口座タイプの選択画面に移るので、好きな口座タイプを選択しましょう。

プラットフォームやレバレッジ、口座通貨を選択し「Open Account」を選択します。

ちなみにMT4用口座は最大7個まで、MT5用口座は最大3個まで開設できるので、1人あたり10口座まで運用できます。

HFM(HotForex)で口座開設する際の注意点

HFMarkets(旧HotForex)で口座開設する際の注意点

HFM(HotForex)で口座開設する際、以下の2点に注意しましょう。

HFM(HotForex)で口座開設する際の注意点
  • 60日間取引を行わないと休止口座になる
  • 取引が無いと口座維持費が発生

それぞれ解説していきます。

60日間取引を行わないと休止口座になる

60日間取引を行わないと休止口座になる

HFM(HotForex)では60日間取引が行われていないと、口座が休止扱いになってしまいます。口座が休止になると取引できなくなるだけでなく、マイページへのログインもできなくなります。資金が無くなることはありませんが、出金もできない状態になってしまうので、長期間使用しない時は必ず出金しておきましょう。

サポートデスクに連絡すれば休止から復活させられるので、いつも通り取引や入出金が可能になります。

取引が無いと口座維持費が発生する

取引が無いと口座維持費が発生する

HFM(HotForex)では休止口座になってから90日から動きが見られず資金が残っている場合、毎月5ドルの口座維持費がかかってしまいます。口座維持費は取引口座残高が0であればかかりません。

しばらく取引をしないのであれば、完全に出金してしまうか、「myHFお財布口座」に資金を移動させておきましょう。

HFM(HotForex)の基本情報

HFM(HotForex)の会社概要

運営会社HF Markets (SV) Ltd
設立2010年4月20日
所在地Suite 305, Griffith Corporate Centre, P.O Box 1510, Beachmont Kingstown St. Vincent and the Grenadines
金融ライセンスIBC No: 22747 IBC 2015 St. Vincent and the Grenadines
最大レバレッジ2,000倍
平均スプレッド(USD/JPY)2.2pips
約定力低い
取扱い銘柄数50通貨ペア・CFD91銘柄
マージンコール/ロスカットあり
追証なし(ゼロカットシステム採用)
取引制限重要経済指標でレバレッジ500倍に制限
最小入金額5ドル
日本語サポートあり
トレードツールMT4・MT5・専用スマホアプリ

HFM(HotForex)は最大レバレッジが2,000倍と、非常に高いレバレッジで取引できるブローカーです。

2018年に導入されたコピートレードツールは他のブローカーではなかなか見られないサービスが特徴です。その他にもボーナスや独自のチャート分析ツールなど使い勝手が良いという評判を集めており、魅力的なブローカーのひとつといえるでしょう。

金融ライセンスを取得しており信用性が高いうえ、万が一のトラブルに備えて民事賠償保険制度にも加入しており透明性が非常に高い点でも評価されています。

欧州を中心に展開していますが日本語サポートもあり、専用アプリUIも非常にわかりやすく使い勝手の良いものとなっています。そのサービスの質を認められ70種類以上の国際的な賞を受賞しているHFM(HotForex)は、数あるブローカーの中でも優良で信頼できる一社です。

HFM(HotForex)のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

HFM(HotForex)のメリット
  • 金融ライセンスや保険制度が充実している
  • 2,000倍の高レバレッジで取引できる
  • 複数のボーナスで有利に取引を行える
  • コピートレードでプロによる運用代行が可能
  • トレードコンテストの入賞者は賞金を獲得できる
  • 独自のトレードツールを活用できる
  • ゼロスプレッド口座の活用で有利な取引が可能
  • bitwalletによる10分以内の入出金が可能
  • 電話対応による日本語サポートが可能
  • 他のブローカーには見られない珍しい銘柄も取引できる
HFM(HotForex)のデメリット
  • 一部日本語非対応のサービスがある
  • 一部ボーナスにはクッション機能が無い
  • 口座タイプによってはスプレッドが広い
  • 重要な経済指標の時にはレバレッジ制限

基本的には致命的なデメリットは見られず、どんな取引スタイルでも満足に取引できる業者です。安全性に関しても実績を残しており、トレード初心者でも安心して取引できます。

\ブランドリニューアル/
サービス・信頼性の向上で初心者が安心して利用できる1社

公式サイト:https://www.hfm.com/sv/en/

▼HFM(HotForex)の詳しい情報はこちら▼

これもう見た?HFM(HotForex)の評判や特徴は?気になるポイントを徹底解説

これもう見た?HFM(HotForex)のレバレッジを徹底解説!2000倍の条件や制限は?

【Q&A】HFM(HotForex)口座開設についてよくある質問

HFMarkets(旧HotForex)口座開設についてよくある質問(Q&A)

HFM(HotForex)の口座開設についてよくある質問をまとめています。

HFM(HotForex)は口座開設後に維持費用はかかるの?

HFM(HotForex)では口座を開設するだけでは口座維持費はかかりません。しかし取引していない期間が60日になると口座が休止扱いになり、さらに90日経つと口座維持費が発生してしまいます。

毎月5ドルの口座維持費が口座残高から差し引かれるので、長期間取引しない時は資金を出金しておきましょう。口座残高が0であれば口座維持費が差し引かれないので安心です。

HFM(HotForex)に口座開設ボーナスはあるの?

HFM(HotForex)は不定期で口座開設ボーナスキャンペーンを行っています。

ボーナス金額は13,000円となっており、未入金ボーナス専用口座にのみ付与されます。ボーナス自体は出金できませんが、取引で得た利益は500ドルまで出金可能です。

myHFエリア上部の「さらに詳しく」ボタンを押し、受け取りボーナス一覧画面を確認します。キャンペーン一覧に「口座開設ボーナス13,000円」と表示されてればボーナスを受け取れるので、対象口座を開設しましょう。口座開設と同時にボーナスが入金されているので、すぐにトレードを開始できます。

このボーナスキャンペーンには、HFM(HotForex)に会員登録してから7日間までしか参加できません。まずはボーナスだけで取引してみたいという人は、キャンペーン開催時期を狙って会員登録しましょう。

HFM(HotForex)のボーナスについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

これもう見た?HFM(HotForex)ボーナス情報|口座開設ボーナスやクッションはあるのか?

HFM(HotForex)は口座開設にかかる時間はどれくらい?

HFM(HotForex)の口座開設手順はシンプルなので、3~5分程度で完了します。本人確認も1営業日以内に行ってくれるケースがほとんどなので、早ければ次の日には取引を開始できるまずです。また2口座目以降はmyHFエリアからすぐに開設できるので、本人確認を待つ必要はありません。

HFM(HotForex)の書類の認証手続きに失敗したらどうすればいい?

書類の文字が読み取り辛かったり、記載されている情報に不備があると認証手続きが進まずに差し戻されてしまいます。その場合はメールで通知されるので、それに従って書類をアップロードし直してください。

書類不備の理由がわからない場合はサポートデスクに連絡してみるのもひとつの方法です。HFM(HotForex)は日本語によるライブチャット、メール、電話でのサポートを行っているので、スムーズな対応が可能です。

まとめ

この記事では、HFM(HotForex)の口座開設に関する知識や口座開設方法、注意点について解説しました。

HFM(HotForex)は3分程度で口座開設申し込みを完了でき、不備がなければ1営業日以内にはトレード可能な状態になります。つまいづいてしまっても、HFM(HotForex)には日本語サポートも完備されているので安心です。

世界各国に多くのユーザーを抱える信頼性の高いブローカーなので、ぜひ利用してみてください。

\ブランドリニューアル/
サービス・信頼性の向上で初心者が安心して利用できる1社

公式サイト:https://www.hfm.com/sv/en/

▼HFM(HotForex)のさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た?HFM(HotForex)ボーナス情報|口座開設ボーナスやクッションはあるのか?

これもう見た?HFM(HotForex)の入金方法|入金できない原因と対処法も解説

これもう見た?HFM(HotForex)の出金方法は?出金できない原因と対処法も解説

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次