BOSO TOKYO(暴走東京)とは?特徴や購入方法を解説!

BOSO TOKYO(暴走東京)とは?特徴や購入方法を解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと…
  • BOSO TOKYO(暴走東京)は「暴走族×サイバーSF」がテーマのNFT
  • BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴や購入方法を徹底解説
  • この記事を読めばBOSO TOKYO(暴走東京)の注意点や疑問点も解決!

コンテンツの誤りを送信する

目次

BOSO TOKYO(暴走東京)とは?

BOSO TOKYO(暴走東京)とは?
運営会社ジェネシス株式会社
英文社名Genesis.Inc
設立2010年5月
代表取締役加藤 彦次郎
公式サイトhttps://www.bosotokyo.com/

BOSO TOKYO(暴走東京)とは「暴走族×サイバーSF」がテーマのNFTプロジェクトであり、日本の暴走族にインスパイアされ「自由」を象徴しています。

また、このNFTは単なるPFP(プロフィールアイコン等)ではなく、自分が所持している物と全く同じ3Dアバターが付与され、アバターはメタバース空間上でも使えると発表されています。

後で解説しますが、BOSO TOKYO(暴走東京)のNFTには様々なユーティリティが用意されており、メタバース空間上でも楽しめ、リアルでも楽しむことができます。

このBOSO TOKYOの概要をまとめると以下のようになります。

BOUSO TOKYO(暴走東京)の大まかな概要

  • BOSO TOKYO(暴走東京)は日本発のNFTプロジェクト
  • NFTのステーキングが可能
  • イーサリアムチェーン上で作られている
  • NFT購入者は3Dアバターが無料でもらえる
  • メタバース上でアバターの使用が可能

次章からはBOSO TOKYO(暴走東京)の特徴について解説していきます。

BOSO TOKYO(暴走東京)の3つの特徴

BOSO TOKYO(暴走東京)の3つの特徴

ここからは、BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴を解説していきます。

主な特徴は下記の3つです。

BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴
  • メインデザイナーはあの超有名人
  • 唯一無二の3種類のデザイン
  • 有名HIP HOPPERが楽曲を担当

それぞれ順番に解説していきます。

メインデザイナーはあの超有名人

メインデザイナーはあの超有名人

BOSO TOKYO(暴走東京)のメインデザイナーは天神英貴さんが手がけています。

天神英貴さんと言えば、誰もが一度は見たことがある国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」や「ガンダム」「スターウォーズ」などのパッケージアートを担当している方です。

そのほかにも数多くアニメのパッケージアートを担当しており、もはや知らない人の方が少ないと思えるほど有名な方です。

他の担当しているアニメは天神英貴さんのツイートを参照してみてください。

【天神英貴さんTwitterリンク】

唯一無二の3種類のデザイン

唯一無二の3種類のデザイン

BOSO TOKYO(暴走東京)のNFTには三種類のデザイン(属性)が用意されており、下記の3種類となっています。

  • 魔姿隠(マシーン)
  • 飛遊曼(ヒューマン)
  • 鬼滅羅(キメラ)

NFTには上記3種類の属性(ZOKU)があり、この3種類の違いは、何をモチーフとして作られているかと、ステーキングした際のポイントの獲得スピードに違いがあります。

魔姿隠(マシーン)は「ロボット」をモチーフとして作られていて、飛遊曼(ヒューマン)は「人間」をモチーフとしています。鬼滅羅(キメラ)は「獣」をモチーフとしており、どのNFTもしっかり特徴を捉えられています。

有名HIP HOPPERが楽曲を担当

有名HIP HOPPERが楽曲を担当

BOSO TOKYO(暴走東京)の楽曲を担当しているのは有名なHIP HOP MCであるアクロ(Aklo)氏と、HIP HOP音楽プロデューサーのトリル・ダイナスティ(TRILL DYNASTY)氏です。

Aklo氏は、 2012年にリリースしたデビュー作「THE PACKAGE」がiTunes 総合チャートで初登場1位を獲得。

その年のiTunes「ベスト・ニュー・アーティスト」への選出やシングル曲「Red Pill」がMTV VMAJにノミネートされるなど、各メディアで高い評価を集めている、注目されているアーティストです。

TRILL DYNASTY氏は、Lil Druk 「The Voice」ビルボードのUS/R&B・ヒップホップ部門で1位を取るなど、お二人とも今のHIP HOPシーンをになっていると言っても過言ではない大物です。

不良の文化であるHIP HOPとBOSO TOKYO(暴走東京)はベストマッチしており、日本のストリートを世界に向けて発信すると語られています。

BOSO TOKYO(暴走東京)の4つのユーティリティ

BOSO TOKYO(暴走東京)の4つのユーティリティ

ここからはBOSO TOKYO(暴走東京)のユーティリティを解説していきます。

主なユーティリティは下記の4つです。

BOSO TOKYO(暴走東京)のユーティリティ
  • NFTをステーキング
  • NFTを商用利用
  • 3Dアバターをメタバース上で利用
  • ホルダー限定のイベントに参加

それぞれ順番に解説していきます。

NFTをステーキング

NFTをステーキング

BOSO TOKYO(暴走東京)の一番の特徴とも言えるのが、NFTをステーキングできる「REVVING」というステーキングサービスがあることです。

これは新しい発想で、国内のNFTでステーキングできるものは2022年9月時点ではBOSO TOKYO(暴走東京)のみとなっています。

NFTをステーキングすると、ステーキング期間に合わせて「RPM」というポイントが貰え、このRPMを一定数増やすとそこで報酬が貰えます。

また、このRPMはどの種類のNFTをステーキングするかで貯まる速度が変わります。

RPMの貯まる速度は下記のようになっております。

RPMの貯まる速度

鬼滅羅>魔姿隠>飛遊曼

NFTを商用利用

NFTを商用利用

2つ目の特徴が、NFTの商用利用を可能としている点です。

商用利用を可能とすることで、誰でも二次創作やファンアートの作成、販売が無許可でも可能となり、それによって本家であるBOSO TOKYO(暴走東京)のプロジェクトの盛り上がりが期待できます。

3Dアバターをメタバース上で利用

3Dアバターをメタバース上で利用

3つめの特徴は、BOSO TOKYO(暴走東京)ではNFT購入者にメタバース上で使用できる3Dアバターが無料で配られる点です。

あの天神英貴氏がデザインしたNFTを3D化したものがNFTを購入するだけで貰えますから、天神英貴氏のファンとしてはそれだけで購入する価値があるのではないでしょうか?

ですが、対応するメタバースについては現状不明となっており、公式からの発表待ちの状態です。

ホルダー限定のイベントに参加

ホルダー限定のイベントに参加

4つめの特徴は、BOSO TOKYO(暴走東京)のNFT所持者はホルダー限定のイベントに参加できるという点です。

実は、今後BOSO TOKYO(暴走東京)が開催するプロジェクトへ参加するにはNFTが必要になります。

BOSO TOKYO(暴走東京)のNFTを持っていない人は、参加する権利が与えられないということです。

今後行うリアルイベントや、グッズ販売はNFTを所持している人だけが参加できる仕組みとなっているため、これから公式が開催するイベントに参加したいならNFTの購入が必須になります。

BOSO TOKYO(暴走東京)は1万個限定のNFTですので、NFTを持っている人と持っていない人とではどんどん差が開いていきます。

コンテンツの誤りを送信する

BOSOTOKYOの展開・将来性をロードマップなどから予測

BOSOTOKYOの展開・将来性をロードマップなどから予測

ここからは、BOSO TOKYO(暴走東京)の展望と将来性をロードマップなどから個人的な意見を含めて予測していきます。

BOSO TOKYO(暴走東京)の展望と将来性に関わる要因
  • オフラインイベントの盛り上がり
  • YAOでの投票による活性化
  • Bybitなど大手海外仮想通貨取引所との提携
  • Twitter上では炎上中!
  • BOSOTOKYOの将来性を筆者が予測

それぞれ順番に解説していきます。

オフラインイベントの盛り上がり

オフラインイベントの盛り上がり

BOSO TOKYO(暴走東京)は、2022年7月の渋谷のクラブイベントでは700人以上の人が参加し、非常にいいスタートが切れたと語っています。

また、BOSO TOKYO(暴走東京)が開催したAMA(質問会)で公式は、今後はイベントだけでなくWeb3.0カンファレンス(会議)も予定しており、世界規模で暴走東京の世界観を発信してこうと考えているようです。

また、暴走東京には、多くのイベントで成功を収めてきたアフロマンス氏が在籍しているため、NFTホルダー限定の泡パーティなども行いたいと語っていました。

今後もメタバースと現実の両方で様々なイベントの開催が予想され、参加資格があるのは暴走東京のNFT所持者のみとなる可能性が非常に高いため、今のうちにNFTを購入して準備しておきましょう。

NFTの購入方法については「BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方」で詳しく解説しています。

YAOでの投票による活性化

YAOでの投票による活性化

YAOとは、BOSO TOKYO(暴走東京)が提案するNFTクリエイターの応援プロジェクトです。

どういうものかというと、BOSO TOKYO(暴走東京)が様々なジャンルのNFTクリエイターを集めてコンテストを開催し、暴走東京のNFT所有者が投票を行い、みごと勝ち残ったNFTクリエイターはそのNFTをプロジェクトとして進められるプロジェクトです。

じゃあ投票に参加したBOSO TOKYO(暴走東京)ホルダーにはなんのメリットがあるかというと、プロジェクトとして進めることができたNFT作品のホワイトリストが配布されたり、NFTのエアドロップを受け取れたりします。

YAOというプロジェクト内で発足したプロジェクトをホルダー全員で育てることができるため、楽しいと思います。

Bybitなど大手海外仮想通貨取引所との提携

Bybitなど大手海外仮想通貨取引所との提携

BOSO TOKYO(暴走東京)は今年の7月に大手海外仮想通貨取引所のBybitとのコラボを発表しました。

そのコラボでは300人もの人にBOSO TOKYO(暴走東京)のホワイトリストが配布されました。

ほかにも、日本発のメタバースプロジェクトである「元素騎士オンライン」とのコラボが発表されました。

元素騎士は800万ダウンロードを達成しており、1%でもBOSO TOKYO(暴走東京)に興味を持ったら8万人のファンをつけられることになるため、暴走東京の価格の上昇が期待できます。

Twitter上では炎上中!

Twitter上では炎上中!

BOSO TOKYO(暴走東京)はプレセールで販売目標に届かず、Twitterでは、「価格が高すぎる」や「価格の発表が遅すぎた」などと言われており、少しだけ炎上しています。

暴走東京のmint 価格が話題になってるのは、期待値の調整がミスったからかな🤔

0.4 ETHが高いか安いかは人それぞれだけど、高いと炎上している時点で、ユーザーとのギャップが生まれてしまっているかなーと

そしてセール 1週間前に告知されたので、今まで宣伝に協力してた人たちも直前にえ!っとなる

Twitterより引用

MikopapaNFT/Crypto@コメダ珈琲☕️
@Yamamu1717
暴走東京プレセール売れてなくて炎上してる!!まぁそんな私はフルミントしたけどね😘

Twitterより引用

確かに、プレセール価格の発表は販売開始の1週間前でしたし、価格も0.4ETH〜となっていたため、多くの人が購入しなかったようです。

当初10億円の売り上げを目指すと発言していたBOSO TOKYO(暴走東京)は実際には1億円ほどの売り上げで終わったらしく、BOSO TOKYO(暴走東京)に期待していた方からは辛辣なコメントも見受けられました。

反対に、フロア価格が下がったことでデザインや関係者のファンからは買いやすくなって嬉しいとの声も見受けられます。

BOSO TOKYO「Twitter1」

オロナイン
@oronain1919
暴走東京のフロアがさがってきてたから購入!

ステーキングしたらラッキーなことに売り手の人が前にステーキングしてたっぽい

二次流通後のRPM引き継ぎあるとかラッキーだけど、これはマーケットでは確認できないよね?

キメラとヒューマンもお気に入りのあったら購入したいところ

Twitterより引用

また、特徴的なデザインのファンも多くおり、価格が下がることでむしろ多くの人の手に届き易くなった一面もあります

BOSO TOKYO「Twitter2」

akoon
@socool039
フロア価格付近にいたマシーン追加で買った‼️
メカなのに特攻服着てるのカッコいい😇

Twitterより引用

細かくデザインされており、作り込み具合が他のNFTと比べると明らかです。さすがプロだなという印象を受けます。

BOSO TOKYO「Twitter3」

Sei-goro 💧(💙,🧡)
@thisisseigo1
#Boso東京
@BosoTokyo
#NFT #NFTCommumity

#BosoTokyo のNFTの何がいいかって、アップしてみないとわからない細かなギミック

この擦り切れたステッカーに武器の使い込まれた感
こういう作り込みが
@TENJIN_hidetaka
の作画のガチ度を示してるよね

Twitterより引用

今後どう盛り返していくかが注目されます。

BOSOTOKYOの将来性を筆者が予測

BOSOTOKYOの将来性を筆者が予測

筆者的にはBOSO TOKYO(暴走東京)には将来性があると考えています。

理由としては、BOSO TOKYO(暴走東京)は二次創作が自由ということで、誰でも二次創作、ファンアートを作成できます。

国内で人気のNFTプロジェクトであるCNP(CryptoNinja Partners)などは二次創作を自由にしたことで盛り上がりをみせたので、同じくBOSO TOKYO(暴走東京)の二次創作が増えれば今後伸びていく可能性は大いに考えられると思っています。

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方

BOSO TOKYO(暴走東京)NFTの買い方

ここからは、BOSO TOKYO(暴走東京)のNFTの買い方を解説していきます。

手順としては下記の6ステップです。

BOSO TOKYO(暴走東京)のNFTを買う手順
  1. 国内取引所で口座開設する
  2. イーサリアムを購入する
  3. メタマスクをインストールする
  4. イーサリアムをメタマスクに送金する
  5. Openseaでメタマスクを接続する
  6. NFTを購入する

それぞれ順番に解説していきます。

国内取引所で口座開設する

国内取引所で口座開設する
FTX JP:取引所閉鎖、サービス停止

国内仮想通貨取引所FTX Japanは取引所閉鎖しサービス停止しているため口座開設や取引ができません

もし新しい取引所探しているのなら、本サイトでは下記の国内取引所をおすすめしています。

国内取引所はトラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

まずは、国内の仮想通貨取引所で口座開設しましょう。

オススメの国内取引所はFTXJapan(FTXJP)です。

なぜなら、FTXJapan(FTXJP)は出金速度が早く、仮想通貨の出金にかかる手数料も安いという特徴があるからです。同時にこれまでの国内取引所にはない特徴と約定力を備えた取引所です。

口座開設は無料で当日中に完了できます。

イーサリアムを購入する

イーサリアムを購入する

口座開設ができたら、次にイーサリアム(ETH)を購入しましょう。

BOSO TOKYOでNFTを購入するOpenseaはイーサリアム系ネットワークのため、購入費用やガス代はイーサリアムを準備しておく必要があるためです。

メタマスクをインストールする

メタマスクをインストールする

イーサリアムを購入できたら、次にメタマスク(MetaMask)をインストールしましょう。

メタマスクとは、仮想通貨を入れるお財布のことで、これからNFTを買うなら必須の工程になります。

メタマスクに仮想通貨を入れておけば欲しいNFTが見つかった時にすぐ購入できるため、ある程度の資金を入れておくと良いでしょう。

MetaMaskの登録方法はこちらで詳しく解説しています。

これもう見た?MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

コンテンツの誤りを送信する

イーサリアムをメタマスクに送金する

イーサリアムをメタマスクに送金する

メタマスクをインストールできたら、先ほど購入したイーサリアムをメタマスクに送金します。

メタマスクに送金する際は、送金アドレスをコピーする必要がありますが、その際手入力をしないように注意です。

手入力でアドレスを間違ってしまうと仮想通貨を失う危険性があるので、必ずコピー&ペーストでアドレスを入力するようにしましょう。

アドレスはメタマスクを開いて「Account1」と表示されている部分をクリックすれば見ることができます。

そのアドレスをコピペしてFTXJapanの出金フォームへ入力、送金金額を入力すれば送金が完了です。

Openseaでメタマスクを接続する

Openseaでメタマスクを接続する

メタマスクにイーサリアムが送金できたら、BOSO TOKYO(暴走東京)が販売されているNFTマーケットプレイスOpenseaとメタマスクを接続します。

OpenSea(オープンシー)の詳しい情報はこちらの記事で解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?OpenSea(オープンシー)の使い方ガイド|出品方法や購入方法、手数料まで徹底解説

Openseaにアクセスしたら右上の「ウォレットアイコン」をクリックして「MetaMask」を選択します。

BOSO TOKYO「Opensea 接続」

「次へ」をクリックすれば接続完了です。

NFTを購入する

NFTを購入する

Openseaとメタマスクを接続できたら、いよいよBOSO TOKYO(暴走東京)を買っていきましょう。

トップページの検索窓(Searchと書かれた場所)に「BOSO TOKYO」と入力します。

すると、すぐに購入可能なNFTが沢山表示されますので、自分の好みのNFTを選択しましょう。

NFTのアイコンをクリックすると詳細画面に移動するので、その画面で「Buy now」と書かれた所をクリックし、チェックボックスにチェックを入れると購入することができます。

BOSO TOKYO「Opensea 購入」

BOSO TOKYO(暴走東京)を購入する際の注意点

BOSO TOKYO(暴走東京)を購入する際の注意点

ここからは、BOSO TOKYO(暴走東京)を購入する際の注意点を解説していきます。

主な注意点は下記の2つです。

BOSO TOKYO(暴走東京)を購入する際の注意点
  • 値下がりするリスクがある
  • 詐欺コレクションも出回っている

それぞれ順番に解説していきます。

値下がりするリスクがある

値下がりするリスクがある

ひとつ目は、値下がりするリスクがあるという点です。

これはBOSO TOKYO(暴走東京)に限った話ではなく、NFT全般に言えることなのですが、NFTの価値は基本的に最初が一番高くて、徐々に落ちていきます。

実際にBOSO TOKYO(暴走東京)もプレセール時は0.04ETHでスタートしましたが、スタート後すぐに0.3ETHを割り、現在はOpenseaで一番安い価格は0.15ETHほどにまで落ちています。

NFT転売で利益を出そうと考えている人は、本当にこのNFTに価格に見合った価値があるのかを考えてから買うようにしましょう。

逆に価格が下がっても、このかっこいいNFTをアイコンにしたいと思うのであれば、価格のことは気にせずに、価格が下がった時期がチャンスかもしれませんよ。

詐欺コレクションも出回っている

詐欺コレクションも出回っている

次に、詐欺コレクションも数多く出回っている点です。

実際にOpenseaで「BOSO TOKYO」と検索してもらえれば分かるかと思いますが、同じような名前のクリエイターが複数人出てきます。

どれが本物かわからない時は、こちらからBOSO TOKYO(暴走東京)のOpenseaページにアクセスすれば詐欺コレクションの可能性が低いので利用してください。

【Opensea:BOSO TOKYO(暴走東京)ページ】

BOSO TOKYO(暴走東京)に関するよくある質問(Q&A)

BOSO TOKYO(暴走東京)に関するよくある質問(Q&A)

BOSO TOKYO(暴走東京)に関する質問をまとめてみましたので参考にしてください。

WL参加方法を教えてください

ホワイトリストは終了しました。

現在はOpenseaでの二次販売でしか入手できません。

購入方法はこの記事を見ていただければ迷わずに購入できます。

BOSO TOKYO パブリックセールは今後開催されますか?

現状はBOSO TOKYO(暴走東京)公式からのアナウンスがされていないため、しばらくはないと言えます。

今後、個体数を増やすか、他のNFTを販売するとなった場合は開催される可能性はあります。

こちらにBOSO TOKYOのSNS公式リンクを置いておきますので登録して最新情報を得られるようにしておくと良いでしょう。

BOSO TOKYO公式SNSリンク

BOSOTOKYOのNFTはいくらくらいで手に入りますか?

今Openseaでの最低価格が0.15ETH〜となっていますので、現在のイーサリアムのレートだと日本円で約33,000円〜ほどで手に入ります。

ただ、詐欺コレクションもある可能性があるので「人気なのに安い!」と飛びつかず、事前に人気傾向などを調べてから購入することをおすすめします。

まとめ

この記事では、BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴や購入方法までを解説してきました。

BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴は次のようになります。

BOSO TOKYO(暴走東京)の特徴
  • BOSO TOKYOは天神英貴がデザインを手がけている
  • NFTをステーキングしてRPMポイントをためられる
  • BOSO TOKYOは日本発のNFTプロジェクト
  • 今後のイベントに参加したいなら、ホルダーになるしかない

上記のように、BOSO TOKYO(暴走東京)は日本発のNFTプロジェクトで、NFTをステーキングでき、ステーキングによりポイントが溜まっていけば報酬として受け取れます。

そして、あの天神英貴氏がメインデザイナーをつとめており、有名なHIP HOPPERが楽曲作りに参加しているため、非常にクオリティの高いNFT作品が数多く出品されています。

今後、BOSO TOKYO(暴走東京)が開催するイベントにはBOSO TOKYOホルダーのみの参加となる可能性が高いため、イベントに参加したい方は、お早めに購入するのをおすすめします。

仮想通貨の値動きは激しく、同じ0.15ETHでもイーサリアムの価値が2倍になればNFTの価格も2倍になるということと同じです。

自分が買いたいと思ったタイミングで直ぐに買えるようにこの記事を見ながら準備しておきましょう。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次