仮想通貨OKSEとは?特徴や将来性、購入できる取引所を解説!

仮想通貨OKSEとは?特徴や将来性、購入できる取引所を解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと…
  • 2022年8月31日〜9月5日に開催されるBybit(バイビット)のローンチパッドの情報を解説
  • 今回のローンチパッドで登場するOSKEの特徴を解説
  • OKSEを保有するメリットを解説

\口座開設ボーナス20ドル&最大5,000USDT入金ボーナス

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybit(バイビット)のローンチパッドとは?参加方法や注意点を徹底解説!

コンテンツの誤りを送信する

目次

Bybitで仮想通貨OKSEのローンチパッドが開催されます

Bybitで仮想通貨OKSEのローンチパッドが開催されます

Bybit 仮想通貨OSKEのローンチパッド基本情報

参加条件KYC認証済み、BIT or USDTをコミット
計測期間8/31日 9:00 ~ 9/5日 8:59
コミット期間9月5日 12:30〜19:59
ローンチパッド配布期間9月5日 20:00〜20:59
上場日時9月5日 21:00〜
最低コミット額(BIT)50BIT(約3600円)以上
最低コミット額(USDT)100USDT(約13700円)以上
一人あたりの割当上限(BIT)6250 OKSE
一人あたりの割当上限(USDT)150 OKSE

2022年9月5日にBybitで仮想通貨OKSEのローチンパット(IEO)が行われます!

ローチンパットは抽選で行われ、抽選に参加する方法は次の2通りです。

  • BITをコミットする → 50BIT以上
  • USDTをコミットする → 100USDT以上

※コミットするとは、プロジェクトトークンの割当を受けるために、仮想通貨を預け入れることを言います。

参加する方法は2つありますが、どちらか片方のみ参加となります。両方に参加することはできないので注意してください

仮想通貨BITについて

  • 仮想通貨BITとは、BITDAOのガバナンストークンです。BITDAOは、海外仮想通貨取引所のBybitが主体となり、約250円の資金調達を行い2021年夏に誕生した自立分散型の組織。
  • このプロジェクトに賛同し、参加を表明したアラン・ハワード、ジャンプ・キャピタル、スパルタン・グループなどの著名な機関やDeFiプロジェクトの総数は20以上にものぼります。
  • 簡単に言えば、BITDAOは新しいDeFiプロジェクトに出資したりサポートを行ったりする組織です。
  • またBybitのCEOであるベン氏は、Bybitの運営自体も現在の中央集権的なシステムからDAOのようなシステムへ移行したいとする声明を発表しました。
  • その声明を受けて、業界ではひょっとしたら将来Bybitが仮想通貨BITを公式のトークンにするかもしれないという憶測が飛び交う事態になりました。今後の動向に要注目の仮想通貨です。
  • 仮想通貨BITの詳しい情報はこちらの記事で解説しています。
    これもう見た?BIT(BITDAO)とは?特徴と将来性・購入方法を解説!Bybitのオリジナルトークンになる?

BITをコミットした場合は必ずOKSEを受け取ることができますがUSDTの場合は必ず貰える訳ではなく、抽選が当たった人のみ受け取れる仕組みです。※USDTをコミットして抽選に外れた場合は、USDTは現物アカウントに戻されます。

USDTはステーブルコインなので値動きの心配はありませんが、必ず受け取れる訳ではないので、OKSEを確実に受け取りたい方はBITをコミットしましょう

OKSEの表記方法について

OKSEは正確には仮想通貨ではなくトークンと呼ばれる通貨となります。

仮想通貨とトークンの違いは次のようになっています。

仮想通貨とトークンの違い

仮想通貨ブロックチェーンを構成する通貨
BTC、ETH、BNB、ADAなど、そのブロックチェーンの基本通貨のことを言います。
トークンブロックチェーン上で作られた通貨
仮想通貨と言われるネット上でのみ存在する通貨のほとんどはこれにあたります。

OKSEはBNB Chain(BSC)、アバランチ(AVAX)などのブロックチェーン上で作られた通貨のため「OKSEトークン」と呼ぶのが正しいのですが、初心者でもわかりやすいように、この記事では「仮想通貨OKSE」もしくは「OKSE」と表現している点をご了承ください。

ローンチパッドの参加方法

ローンチパッドの参加方法

ローンチパッドに参加する為には、計測期間中にBIT or USDTを保有しておき、コミット期間にどちらかの通貨をコミットする必要があります

手順は下記の通りです。

OKSEのローンチパッドへの参加手順
  1. 計測期間中にBITかUSDTを保有する
  2. コミット期間にBITかUSDTをコミットする

順番に解説します。

STEP1 計測期間中にBITかUSDTを保有する

計測期間とは、OKSEをどれだけ購入する資格があるかを決定する期間です。

5日間に渡って、保有しているBIT or USDTの保有量が計測されます。

計測対象になるのは「現物アカウント・デリバティブアカウント・資産運用アカウント・資金調達アカウント」の4種類です。日々の残高は、日本時間の午後0時に更新されます。

8/31日の9:00 ~ 9/5日の8:59」までが計測期間なので、希望する通貨の準備をしておきましょう。

STEP2 コミット期間にBITかUSDTをコミットする

コミット期間とは、得られた資格の範囲内でOKSE購入に使用したいBIT数量を入力する期間のことです。

コミットできるBIT数量の上限は、計測期間中の日次平均BIT残高に応じて変わります。コミット期間が始まる日だけBITを保有していても、あまりコミットできないことがあるので注意してください

コミット期間は「9月5日の12:30〜19:59」までです。コミット期間中になると、ローンチパッド画面で「いますぐコミット」ボタンが押せる様になります。(「BITを購入する」ボタンが「いますぐコミット」ボタンに変わります。)

【画像1】Bybit OKSEローンチパッド参加方法

コミットまで完了させないとローンチパッドには参加できません。コミットする為にはBITかUSDTを、現物アカウントに用意しておく必要があります。準備しておきましょう!

Bybitの概要・特徴

bybit
会社名Bybit
レバレッジ倍率1~100倍 ※アルトコインは最大50倍
取扱通貨BTC,ETH,XRP,EOS,USDTなど100種類以上
取引手数料(レバレッジ取引)指値注文(メイカー)-0.025%/成行注文(テイカー)0.075%
取引手数料(現物取引)一律0.1%
入出金手数料無料 ※出金のみマイニング手数料がかかる
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカットロング=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
ショート=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
セキュリティ
モバイルアプリあり

Bybitは外国為替取引所を運営していたBen Zhouによって2018年に設立された世界最大級の仮想通貨取引所です。デリバティブ取引に特化した取引所として非常に有名で、レバレッジ規制が厳しくなる中、レバレッジ100倍で仮想通貨FXを行える特徴があります。2021年からは現物取引や資産運用サービスも開始し、一気に取引所ランキング上位の常連となった経緯のある取引所です。

さらにBybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。そんなBybitのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 仮想通貨5種類(BTC,ETH,XRP,EOS,USDT)を証拠金としてトレードできる
  • 100種類以上の仮想通貨がトレードできる
  • ローンチプールやローンチパッド、ステーキングで資産を増やせる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でスプレッドが他取引所と比較し極めて狭い
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 損失を最小限にしてくれる相互保険システムがある
  • 日本円で銀行振込によるUSDTの購入が可能
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が3分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリティ充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語
デメリット
  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

Bybitは流通量の高さから現物取引や仮想通貨FXがやりやすいことはもちろん、Shark Fin(シャークフィン)やグリッドボットなど独自の資産運用方法も充実しており、ワンストップで仮想通貨取引が可能な環境を提供しています

また、Bybitへの上場銘柄は上場後の価格が上がりやすい傾向にあるなど、確実性・信頼性に重きをおいている取引所のため、Binanceと並び仮想通貨取引をするのなら口座を持っていて損はしない取引所の1社と言えます。Bybitのさらに詳しい情報は以下の記事を参照してください。

これもう見た?Bybit(バイビット)の評判と安全性は?14の長所と2つの短所!

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

\口座開設ボーナス20ドル&最大5,000USDT入金ボーナス

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybitのボーナスキャンペーンまとめ

仮想通貨OSKEとは?

仮想通貨OSKEとは

仮想通貨OKSE基本情報

総割当量1,000,000,000 OKSE
初期配布額配布総額の0.55%
価格0.06ドル(BITとOKSEの間の為替レートは、コミット期間前に確認されます)
ローンチパッドに割り当てられた数量5,500,000 OKSE
総割当量(コミット)3,850,000 OKSE
総割当量(抽選)1,650,000 OKSE
一人あたり割当上限(コミット)6,250 OKSE
一人あたり割当数量(抽選)150 OKSE
トークン種別BNB Chain(BSC)、アバランチ(AVAX)、ファントム(FTM)

仮想通貨OKSEとは「OKSEウォレットエコシステム」のプラットフォームトークンです。

OSKEのことを理解するには、OKSEウォレットOKSEカードの2つの理解が必要なので、まずはそちらから解説していきます。

OKSEウォレットとは

OKSEウォレットとは

OKSEウォレットとは、DeFiの決済プラットフォームの1つで、金融取引におけるすべての第三者をスマート コントラクトに置き換えることを目的としています。もう少しかみ砕いて説明します。

クレジットカードで買い物をする時は、商品を販売している業者とは別にクレジットカード会社への手数料が発生しますよね。

ですが、OKSEの場合はカード会社がスマートコントラクトに置き換えるので、手数料が発生しません

なので、手数料を安く抑えてかつ、仮想通貨で物を購入することができます。OKSEウォレットはBNBチェーン(BSC)や、アバランチ(AVAX)、ファントム(FTM)のブロックチェーンに対応しています。

OKSEカードとは

OKSEカードとは

OKSEカードは、世界中の 6,000 万以上の加盟店で利用可能な、仮想および物理的な Visaデビットカードです

OKSEカードはスマートコンストラクトで保護されています。アクセスする為には「KYC認証が必要となる分散型の OKSEウォレット」を経由する必要があるので、セキュリティが厳重です。

OSKEカードで決済をする場合は、下記の様な流れで決済が行われます。手順が複雑に感じられますが、購入するとすぐに決済されるので安心してください。

OKSEカードの決済の流れ
  1. 署名者ウォレットからマスターウォレットに承認と共に送金される
  2. マスターウォレットで、支払に選択した通貨が自動的にUSDCやBUSDに変換される
  3. デビットカードに資金が送金され決済される

署名者ウォレットとは、OKSEが提供するマルチシグ ウォレットのこと。

マスターウォレットとは、暗号通貨からステーブルコインへの交換が行われるウォレットのことを言い、暗号資産の価値を可能な限り米ドルに近づけるために、決済のタイミングに自動で変換される特徴があるカードになります。

OKSEカードで決済可能な通貨は14種類

OKSEカードで決済可能な通貨は、下記の14種類です。

  • OKSE
  • USDC
  • BTC
  • ETH
  • BNB
  • BUSD
  • AVAX
  • CAKE
  • TOR
  • JulD
  • FTM
  • TOMB
  • BOO
  • MAI

BTCや、ETH、BNB、USDCなどの人気の銘柄に多く対応しているのは、嬉しいポイントです。

ただOKSEカードを利用するためには、月額 6.99 ドル支払う必要があります。支払は対応する通貨であれば、どれでも可能です。

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨OKSEを保有するメリット5選

仮想通貨OKSEを保有するメリット5選

仮想通貨OKSEを保有するメリットは、以下の5つです。

OKSEを保有するメリット
  • OKSEウォレットのプロトコルガバナンスに参加し、提案に投票ができる
  • ステーキングすることで、OSKEカードの利用制限額を引き上げられる
  • OKSEで月々のサブスク代を支払うことで、10%OFF
  • OKSE のステーキングで、プールから毎月のサブスクリプションの 5%を獲得できる
  • Spend-to-Earnでキッシュバックが得られる

順番に解説します。

OKSEウォレットのプロトコルガバナンスに参加し、提案に投票ができる

OKSEウォレットのプロトコルガバナンスに参加し、提案に投票ができる

OKSEも、他の多くのガバナンストークンと同じ様に、プロトコルガバナンスに参加し、提案に投票ができます。

仮想通貨OKSEの保有量が多い程、影響力が大きくなります。

ステーキングすることで、OSKEカードの利用制限額を引き上げられる

ステーキングすることで、OSKEカードの利用制限額を引き上げられる

OSKEウォレットに仮想通貨OSKEをステーキングすることで、OSKEカードの利用限度額を引き上げることができます

OSKEのステーキング量が0の場合は、1日あたり250ドルまでしか利用できません。ステーキング量に応じた1日の利用限度額は下記の通りです。

OSKEのステーキングによる利用限度額一覧表

ステーキング量OSKEカードの利用限度額
0 OSKE250$
5,000 OSKE500$
25,000 OSKE2,500$
50,000 OSKE5,000$
100,000 OSKE10,000$
250,000 OSKE50,000$

OKSEで月々のサブスク代を支払うことで、10%OFF 

OKSEで月々のサブスク代を支払うことで、10%OFF

OSKEカードを利用するには月々6.99ドルを支払う必要がありますが、OKSEで支払うことでサブスク料金が10%OFFになります

OSKEカードを使う場合は、毎月のサブスク代はOSKEで支払うとお得に利用できます。

OKSE のステーキングで、プールから毎月のサブスクリプションの 5%を獲得できる

OKSE のステーキングで、プールから毎月のサブスクリプションの 5%を獲得できる

仮想通貨OSKEをステーキングすることで得られるメリットは、利用限度額の引き上げだけではありません。

OKSEをプールにステーキングをすることで、サブスクリプション収入の5%が獲得できます。

報酬: OKSE LP トークンをステーキングすることで、プールから毎月のサブスクリプションの 5% を獲得できます。
出典:Bybit

Spend-to-Earnでキッシュバックが得られる

Spend-to-Earnでキッシュバックが得られる

まだ詳細は発表されていませんが、購入する度にキャッシュバックが得られる「Speend-to-Earn」というサービスが近日ローンチされる予定です

下記の画像はOKSEの公式サイトなのですが、OKSEウォレットを使うメリットに「最大6%のOKSE暗号報酬が獲得できる」と記載されています。

おそらくこれは、Speend-to-Earnのことだと思われます。

ここまでで、メリットに挙げた内容を振り返るとOKSEをステーキングをすることでキャッシュバックが得られたりステーキング報酬が得られたりと、メリットが多いことがわかります。

仮想通貨OKSEの将来性

仮想通貨OKSEの将来性

結論から言うと、OSKEの将来性は長期的に見ると期待できると思います

そのように思った理由は3つあり、以下の通りです。

  • Bybitでローンとパッドが開催されている
  • Spend-to-Earnの普及
  • 仮想通貨のリアル市場での活用場所の拡大

それぞれについて以下で詳しく解説します。

Bybitでローンチパットが開催された

Bybitでローンチパットが開催された

まず1つ目が「Bybitでローンチパッドが開催された」という点です。

ローンチパッドが開催されたと言うことは、Bybitから厳選されお墨付きがついた銘柄と言うことになります。それに、そもそもローンチパッドは将来性の高い通貨を対象に行うイベントです。

過去にローンチパッドが開催された銘柄のGenopets(GENE)は、最高倍率 が約47倍程まで上昇しました。

Bybitがローンチパッドを開催するぐらい推していることからも、将来性が高い銘柄であることが伺えます。

Spend-to-Earnの普及

Spend-to-Earnの普及

Spend-to-Earnは、OKSEカードを使って買い物をした時に、仮想通貨でキャッシュバックが貰える仕組みです。

現状はOKSEのみでの仕組みですが、Spend「費やす・使う」ことによりさらに多くの仮想通貨を稼ぐ「Earn」はP2E(プレイして稼ぐ)の流れと同じように金融業界に広まれば、仮想通貨OKSEの価値はさらに上がると予想されます。

元々仮想通貨は法定通貨の代わりに決済などで使われることを目的として作られていますから、OKSEの「Spend-to-Earn」の考え方の普及は正当な方向と考えます。

仮想通貨のリアル市場での活用場所の拡大

仮想通貨のリアル市場での活用場所の拡大

世界的に見ても「仮想通貨で物を購入する」ことや「仮想通貨で支払うクレジットカード」はまだまだ普及していません。

それに、今まで仮想通貨に対応したクレジットカードはありましたが、ステーキング報酬やSpend-to-Earnの機能は無かったのでOSKEカードの優位性は高いです

今後仮想通貨を保有する人や、支払い方法に仮想通貨を採用する業界が増えていくのは、ほぼ間違いないと思います。

すぐに普及する訳ではないと思いますが、下記の様なジャンルは今後多くの人から注目されるはずです。

  • 仮想通貨
  • Web3
  • NFT
  • DeFi

そうなると必然的に仮想通貨で支払いたい人が増えてくるはずなので、OSKEカードや仮想通貨OSKEの需要は高まると思います

以上のことから、長期的に見ればOSKEの将来性は高いと結論して問題ないと推測します。

OSKEについてのよくある質問(Q&A)

OSKEについてのよくある質問(Q&A)
Okse Wallet & Card を使用するメリットは何ですか?

ステーキング機能があるのと、「Speend-to-Earn」と言う買い物をする度に仮想通貨でキャッシュバックされる機能の2つです。

このことが注目されてOKSEカードを使う人が増えれば、OKSEの価値も上がることが予想できます。

Okse Wallet & Card のアプリはどこからインストールできますか?

App Storeや、Google Playなどのアプリケーションストアからインストールできます。

ローンチパッドの参加条件はありますか?

参加条件はあります。KYC認証が完了していることと、BUT or USDTを最低額以上コミットすることです。それぞれBITは50BIT以上、USDTは100USDT以上コミットする必要があります。

OSKEの情報はどこで仕入れれば良いでしょうか?

公式Twitter公式ホームページで情報を仕入れるのがオススメです。ただTwitterは英語表示なので英語が読める方はTwitterを、英語が読めない方はホームページから翻訳して情報収集をしましょう。

まとめ

これからBybitに上場する、OKSEについてまとめました。

Bybitで上場した直後は高確率で値上がりすることが予想されるので、投資としてオススメです。

また「仮想通貨で物を購入する未来」はいずれくると思いますので、長期的に見ても将来性が高いと思います。仮想通貨OKSEのローンチパッドに魅力を感じた方は、BITかUSDTを用意してローンチパッドに参加してみてください。

\口座開設ボーナス20ドル&最大5,000USDT入金ボーナス

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybit(バイビット)の評判と安全性は?14の長所と2つの短所!

これもう見た?Bybit(バイビット)のローンチパッドとは?参加方法や注意点を徹底解説!

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次