Bybit(バイビット)のスプレッド一覧|仮想通貨FX取引所4社と徹底比較してみた

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧|仮想通貨FX取引所4社と徹底比較してみた
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • Bybitのスプレッドは他社と比較して極めて狭い
  • 成行注文の場合、手数料が発生するため注意が必要
  • 口コミをみると国内取引所からBybitに移るユーザーが増えている

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

コンテンツの誤りを送信する

目次

Bybit(バイビット)基本情報

bybit
会社名Bybit
レバレッジ倍率1~100倍 ※アルトコインは最大50倍
取扱通貨BTC,ETH,XRP,EOS,USDTなど100種類以上
取引手数料(レバレッジ取引)指値注文(メイカー)-0.025%/成行注文(テイカー)0.075%
取引手数料(現物取引)一律0.1%
入出金手数料無料 ※出金のみマイニング手数料がかかる
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカットロング=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ+1
ショート=(平均参入価格×レバレッジ)÷レバレッジ-1
セキュリティ
モバイルアプリあり

Bybitは外国為替取引所を運営していたBen Zhouによって2018年に設立された世界最大級の仮想通貨取引所です。デリバティブ取引に特化した取引所として非常に有名で、レバレッジ規制が厳しくなる中、レバレッジ100倍で仮想通貨FXを行える特徴があります。2021年からは現物取引や資産運用サービスも開始し、一気に取引所ランキング上位の常連となった経緯のある取引所です。

さらにBybitは資金調達率(ファンディングレート)が他取引所と比較し高く、これを活用することでトレードの幅が格段に広げることも可能です。日本語のサポートデスクも充実しており、日本人スタッフが問い合わせに対応してくれます。そんなBybitのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • レバレッジ最大100倍でダイナミックにトレードできる
  • 仮想通貨5種類(BTC,ETH,XRP,EOS,USDT)を証拠金としてトレードできる
  • 100種類以上の仮想通貨がトレードできる
  • ローンチプールやローンチパッド、ステーキングで資産を増やせる
  • 豪華なボーナスキャンペーンを実施している
  • 定期的に賞金・豪華賞品が貰えるトレードコンペを開催している
  • 板取引でスプレッドが他取引所と比較し極めて狭い
  • トレードサーバーが優秀でサクサク約定でき取引遅延が起こりにくい
  • 追証無しで借金のリスクなし
  • トレードする度に手数料を受け取ることができる(手数料割引サービスもある)
  • 資金調達率(ファンディングレート)を活用し月利10%以上狙うことができる
  • 損失を最小限にしてくれる相互保険システムがある
  • 日本円で銀行振込によるUSDTの購入が可能
  • TradingViewのチャートを採用しており、様々なテクニカル分析が無料で行える
  • 独自アプリで簡単にトレードできる
  • 本人確認なしで口座開設が3分でできすぐにトレード開始できる
  • 二段階認証あり(セキュリティ充実)
  • 完全日本語対応でサポートも日本語
デメリット
  • 日本円でトレードできない(証拠金はBTC,ETH,XRP,EOS,USDT)
  • 価格が日本円表示ではなくUSD表示なので少々分かりづらい

Bybitは流通量の高さから現物取引や仮想通貨FXがやりやすいことはもちろん、Shark Fin(シャークフィン)やグリッドボットなど独自の資産運用方法も充実しており、ワンストップで仮想通貨取引が可能な環境を提供しています

また、Bybitへの上場銘柄は上場後の価格が上がりやすい傾向にあるなど、確実性・信頼性に重きをおいている取引所のため、Binanceと並び仮想通貨取引をするのなら口座を持っていて損はしない取引所の1社と言えます。Bybitのさらに詳しい情報は以下の記事を参照してください。

これもう見た?Bybit(バイビット)の評判と安全性は?14の長所と2つの短所!

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybitのボーナスキャンペーンまとめ

コンテンツの誤りを送信する

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧

Bybit(バイビット)のスプレッド一覧
仮想通貨ペアスプレッド
BTCUSD(インバース無期限)0.5USD(日本円に換算すると約50円)
ETHUSD(インバース無期限)0.05USD(日本円に換算すると約5円)
EOSUSD(インバース無期限)0.001USD(日本円に換算すると約0.1円)
XRPUSD(インバース無期限)0.0001USD(日本円に換算すると約0.01円)
BTCUSDT(USDT無期限)0.5USDT(日本円に換算すると約50円)
ETHUSDT(USDT無期限)0.05USDT(日本円に換算すると約5円)
BCHUSDT(USDT無期限)0.05USDT(日本円に換算すると約5円)
XTZUSDT(USDT無期限)0.001USDT(日本円に換算すると約0.5円)
LTCUSDT(USDT無期限)0.01USDT(日本円に換算すると約1円)
LINKUSDT(USDT無期限)0.001USDT(日本円に換算すると約0.1円)

※上記スプレッドは2021年12月現在の値です。スプレッドは常に変動します。
※日本円への換算は1ドル=100円で計算しています。

Bybitは板取引を採用しているため、スプレッドは常に変動しますが、ユーザーが多いためスプレッドは安定して狭くなっています。

コンテンツの誤りを送信する

Bybit(バイビット)と他仮想通貨FX取引所4社のスプレッド比較

Bybit(バイビット)と他仮想通貨FX取引所4社のスプレッド比較

Bybitと他仮想通貨FX取引所のスプレッドを比較します。

bitFlyerとGMOコインは日本の取引所なので、USDは扱っていません。そのため日本円をUSD換算し表に表記しています
※取引所毎に銘柄の呼び名は異なるので、実際の銘柄の呼び名は各取引所でご確認ください

BybitCryptoGTFTXbitFlyerGMOコイン
BTCUSD0.5USD3USD1USD約1.5USD約30USD
ETHUSD0.05USD0.2USD0.1USD取扱なし6.5USD
EOSUSD0.001USD0.005USD0.002USD取扱なし取扱なし
XRPUSD0.0001USD0.0012USD0.0002USD取扱なし0.018USD

全ての銘柄でBybitのスプレッドが狭いことが分かります。

コンテンツの誤りを送信する

Bybit(バイビット)のスプレッドは狭いが成行注文時は注意が必要

Bybit(バイビット)のスプレッドは狭いが成行注文時は注意が必要

上記でBybitのスプレッドが非常に狭いことが分かったと思いますが、1点注意点があります。

Bybitでの注文方法には成行注文と指値注文の2種類あり、どちらも取引時に手数料が発生します。

取引時に発生する手数料

  • 成行注文・・・0.075%
  • 指値注文・・・-0.025%

成行注文の場合、手数料を支払う必要がある

成行注文の場合、手数料を支払う必要がある

指値注文の場合は、手数料がマイナスのなので取引時に手数料を受け取ることができます。しかし成行注文の場合は手数料として0.075%発生するため手数料を支払う必要があります。

Bybitのスプレッドは確かに狭いですが、成行注文を行う際は取引手数料も加味した上でトレードを行いましょう。

ちなみにCryptoGTはややスプレッドが広いですが、成行注文も指値注文も手数料が発生しません。成行注文の場合、実質コストはCryptoGTの方が抑えられる場面もあります。

これもう見た?CryptoGT(クリプトGT)詳細情報

取引手数料の計算方法

取引手数料の計算方法

取引手数料=注文価額x取引手数料率
注文価額=数量/執行価格
トレーダーAは成行注文を使用して10,000 BTCUSD契約を買います。
トレーダーBは指値注文を使用して10,000 BTCUSD契約を売ります。
執行価格が8,000米ドルであると仮定すると:
トレーダーAの取引手数料= 10,000 / 8,000 x 0.075%= 0.0009375 BTC
トレーダーBのメイカー報酬= 10,000 / 8,000 x -0.025%= -0.0003125 BTC
したがって、約定時に、トレーダーAは0.0009375 BTCの取引手数料を支払い、トレーダーBは0.0003125 BTCのメイカー報酬を受け取ります。

Bybit公式サイトより引用

特にスキャルピングなど短期売買を頻繁に行う方は、取引手数料に注意し手数料負けしないようにしてください。

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybit(バイビット)の手数料を完全解説!手数料負けしない方法も紹介

コンテンツの誤りを送信する

Bybit(バイビット)のスプレッドに関する口コミ

Bybit(バイビット)のスプレッドに関する口コミ

Bybitのスプレッドに対するユーザーの口コミをツイッターで集めました。

bybitデビューしました。庶民なのでとりあえず0.1BTCでスタート。今まで国内取引所の鬼スプレッドの中で利益出してたから、楽しみ!

暗号通貨は楽しいですよ😌 pic.twitter.com/cavDmg7v54

— た (@TSUBE79) February 13, 2021

にしても指値刺さったのになんで約定されねーんだろと思ったら、スプレッドのぶん考えてなかった…
bybitは成行手数料バカ高いぶんスプレッドはいつもほぼ固定だったからそこは頭使わなくてよかった。
指値用はやっぱりbybit使おうかな

— 書きたい放題のkさん (@k62354267) October 20, 2020

今回、MT4でロングしてみたはいいけど、スプレッド半端なくて建値悪いの辛いけど、下髭キャッチポジションなので、トレード手法としては間違ってないはず。
やっぱりbybitだな https://t.co/sNidm71atz

— くぱえもん(まこぴ) (@kupaemon) October 9, 2020

突っ込み薄ショートが輝いた
※gmoコインのスプレッドにイライラしてbybitに速攻出戻った pic.twitter.com/uc7o4YRR7w

— あゆ (@ayu_toushi) September 4, 2020

国内からbybitに取引所変えてからすこぶる調子良い、というか変動スプレッドがゴミ過ぎるんやねって

左が今週
右が今月 pic.twitter.com/xbzi5CbvTf

— 資産運用するにこにー@配当生活憧れます (@money_niconi) September 13, 2020

じなんぼー
じなんぼー

国内取引所のスプレッドと比較しBybitの方が狭いという口コミが多かったです。国内でもbitFlyerはスプレッドが狭いですが現在は最大レバレッジが2倍となったので、少額でトレードしたい方はBybitなどの海外FX取引所に移る方が増えていますね。

コンテンツの誤りを送信する

Bybitのスプレッドについてよくある質問

Bybitのスプレッドはいつ引かれる?

Bybitのスプレッドは、売買が成立した時に引かれます。

また、取引手数料も同じタイミングで引かれます。

Bybitのスプレッドは広いですか?狭いですか?

Bybitのスプレッドは仮想通貨業界でトップレベルに狭いと言われています。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

今回はBybitのスプレッドについて解説しました。Bybitは世界最大規模の仮想通貨FX取引所で取引量、ユーザー数ともに増え続けています。だからこそ狭いスプレッドを提供できていると言っていいでしょう。

しかし、記事中でもお伝えしたとおり成行注文の場合は手数料が徴収されるため、スキャルピングなどの短期売買を行う方は手数料負けしないように注意しましょう。

また、Bybitでは定期的に超豪華なキャンペーンを開催しているため、キャンペーンを活用しよりお得にトレードすることをおすすめします。

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?Bybitの最新ボーナスキャンペーン情報

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次