【2024年6月】リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)できる取引所とは?おすすめランキングを紹介

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)できる取引所とは?おすすめランキングを紹介
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

・リップル(XRP)のレバレッジ取引ができる取引所が知りたい!
・リップルのレバレッジ取引ができるおすすめの取引所が知りたい!

今回は、仮想通貨の中でも特に人気が高いリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所をおすすめランキング方式でご紹介します。

現物取引とFX(レバレッジ取引)を併用することで、効率良く資金を増やすことができます。

しかし、FXはレバレッジをかけた分、リスクも伴うため初めてFXやる人は必ず余剰資金でおこないましょう。

おすすめランキングをご紹介する前に、まずは日本国内でリップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができない取引所をご紹介します。

コンテンツの誤りを送信する

目次

コインチェックやビットバンクはリップル(XRP)のレバレッジ取引ができない

コインチェックやビットバンクはリップル(XRP)のレバレッジ取引ができない

まず、リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができない取引所は下記です。

以上です。

コインチェックやビットバンクはリップルの現物取引はできますが、FX(レバレッジ取引)はできないので気をつけて下さい。

コンテンツの誤りを送信する

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる取引所

続いて本題のリップルのレバレッジ取引ができる取引所をご紹介します。

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる国内取引所
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin
  • TAOTAO

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができる海外取引所

以上がリップルのレバレッジ取引ができる取引所です。

それでは、リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所をランキング形式でご紹介します。

コンテンツの誤りを送信する

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめ取引所ランキング

リップル(XRP)のレバレッジ取引(FX)ができるおすすめ取引所ランキング

1位:CryptoGT(クリプトGT)

CryptoGT
総合評価
レバレッジ倍率1,10,25,50,100,200,500倍
手数料スプレッド方式(リップル0.46%)
入金ビットコイン、アルトコイン(リップル含む)
証拠金リップル
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット100%
セキュリティー
モバイルアプリあり(MT5)

1位は、CryptoGT(クリプトGT)です。

CryptoGTは、2018年6月キプロスに誕生した仮想通貨FX専門も取引所です。

主な特徴は、レバレッジ最大500倍、17種類の取扱仮想通貨、手数料が他取引所と比較し安い、スマホで簡単にトレードできる。

CryptoGTを利用する最大のメリットは、リップル(XRP)を証拠金として利用できる点。リップル(XRP)を証拠金として利用できる取引所は現時点でCryptoGTのみです。

リップル保有中で枚数を増やしたい方は、CryptoGT一択で良いでしょう。

リップルのスプレッドは約0.45円と業界最小。

また、デモトレード機能がありFX初心者の方は、実際の資金を使う前にデモトレードでFXを練習することができます。

CryptoGTは海外取引所ですが、全て日本語表記で使いやすく、サポートも日本人スタッフが対応してくれます。

これもう見た?CryptoGT(クリプトGT)ボーナス総まとめ!口座開設&入金ボーナスキャンペーン開催中!

これもう見た?【完全版】CryptoGT(クリプトGT)の登録方法と使い方・特徴を解説!

2位:Bybit(バイビット)

Bybit
総合評価
レバレッジ倍率1〜100倍
手数料板取引方式(リップル成行0.075%,指値-0.025%)
入金ビットコイン、リップル、イーサリアム
証拠金リップル
追証なし(借金リスクなし)
ロスカットゼロカット
セキュリティー
モバイルアプリなし(ブラウザのみ)

2位は、Bybit(バイビット)です。

Bybitは、海外取引所ですが日本人ユーザーが多いことで有名な仮想通貨取引所です。

主な特徴は、レバレッジ最大100倍、指値注文で手数料がマイナスになる、追証なしで借金のリスクなし。

Bybitを利用する最大のメリットは、指値注文でマイナス手数料となることです。指値注文をうまく活用することで、利益を最大限に確保できます。

BybitもCryptoGT同様に、海外取引所ですが日本語対応しており、サポータ体制も充実しています。

口座開設特典|20ドル&最大5,000USDT

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

これもう見た?【完全版】Bybit(バイビット)の特徴と登録方法、使い方を徹底解説!

3位:GMOコイン

GMOコイン
総合評価
レバレッジ倍率4倍
手数料スプレッド方式(リップル約1.51円)
入金日本円
証拠金リップル×
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット75%
セキュリティー
モバイルアプリあり(ビットレ君)

4位は、GMOコインです。

GMOコインは、GMOインターネットグループという東証1部上場のグループ企業です。

GMOは10年以上にわたり為替FX取引や証券取引をはじめとしたインターネットの金融システムを構築、運用している実績あり。仮想通貨交換業者としても金融庁に登録されています。

主な特徴は、スマホアプリで簡単にトレードできる、資本力のある会社が運営しているため資産をサポートしてくれる、追証なし。

GMOコインを利用する最大のメリットは、FX初心者の方でもスマホアプリ(ビットレ君)で簡単にトレードできることです。操作が非常に簡単で直感的にトレードできます。

また、日本円でトレードできるので証拠金としてビットコインやアルトコインを購入し、取引所に送金する手間がはぶけます。

しかし、リップルのスプレッドがCryptoGTやBitMEXに比べ広いため、手数料面が少々割高。

日本の取引所で、日本円を使って簡単にリップルのFXやりたい方はGMOコインがオススメです。

4位:DMM Bitcoin

DMM
総合評価
レバレッジ倍率4倍
手数料スプレッド方式(約1.4円)
入金日本円
証拠金リップル×
追証追証なし
ロスカット80%
セキュリティー
モバイルアプリあり

5位は、DMM Bitcoinです。

DMM Bitcoinは、大手インターネット会社「DMM.com」が運営する仮想通貨取引所です。

日本の取引所で、仮想通貨交換業としても金融庁に登録されています。

主な特徴は、日本の取引所ではリップルのスプレッドが一番狭い、高機能なスマホアプリ、サポート体制が充実している

DMM Bitcoinを利用する最大のメリットは、日本の取引所でリップルのFXやるなら一番お得にトレードできる点です。

また、GMOコイン同様に日本円でトレードできるので、証拠金としてビットコインやアルトコインを購入し送金する手間がはぶけます。

しかし、スプレッドもGMOコイン同様にCryptoGTやBitMEXに比べ広いため、手数料面が少々割高。

日本の取引所で手軽に高機能のスマホアプリを利用して、リップルのFXやりたい方はDMM Bitcoinがオススメです。

コンテンツの誤りを送信する

よくある質問【Q&A】

XRPの手数料はいくらですか?

リップル(XRP)は手数料も他の仮想通貨より安いです。以下の表で他の仮想通貨の手数料と比較しました。

仮想通貨名手数料
ビットコイン(BTC)253.8円
イーサリアム(ETH)62.1円
ライトコイン(LTC)16.2円
リップル(XRP)0.054円

仮想通貨XRP(リップル)は今いくらくらい?

コインマーケットキャップでは今のXRP(リップル)の価格が出ています。

2024年6月時点・・・81.36円

これもうみた?コインマーケットキャップXRP(リップル)

リップルの裁判結果予想は?

「有価証券登録を行わずにXRPを販売した」として(2020年12月23日)米国証券取引委員会がリップル社を提訴しました。

現在SEC(アメリカ証券取引委員会)と裁判中です。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

今回は、リップル(XRP)のFX(レバレッジ取引)ができる取引所を、おすすめランキング方式でご紹介しました。

リップルのレバレッジ取引ができる取引所まとめ
  1. CryptoGT・・・手数料が安く、なおかつ保有中のリップルの枚数を増やしたい方におすすめ
  2. Bybit・・・とにかく手数料をお得にトレードしたい方におすすめ
  3. GMOコイン・・・日本の取引所でなるべく簡単にスマホトレードしたい方におすすめ
  4. DMM Bitcoin・・・日本の取引所で手軽に高機能のスマホアプリでトレードしたい方におすすめ

リップル(XRP)のFXができる取引所は、今回ご紹介した4社のみです。

それぞれの取引所で、特徴や魅力は異なるのでまずは登録し、実際にトレードしてみて自分のトレードスタイルにあった取引所を継続的に使ってみることをオススメします。

FX取引は、レバレッジをかける分リスクも必ず伴います。しかし、うまく立ち回れば現物取引では得ることのできない、リターンを得ることができるのも事実です。

まずはしっかり取引所のルールを確認・理解し、少額またはデモトレードで使い方に慣れてくださいね。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次