Swift Trader口座タイプ比較|編集部イチオシ口座はこれ!取引スタイル別おすすめ口座

Swift Trader口座タイプ比較|編集部イチオシ口座はこれ!取引スタイル別おすすめ口座
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと・・・
  • SwiftTraderの編集部イチオシ口座タイプを紹介
  • 各口座タイプの特徴と取引スタイル別おすすめ口座
  • SwiftTraderの口座タイプの変更・確認方法を解説

\口座開設15,000円&入金150%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

目次

編集部イチオシ!SwiftTraderおすすめ口座タイプはスタンダード口座

編集部イチオシ!SwiftTraderおすすめ口座タイプはスタンダード口座

スタンダード口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
取引手数料
コントラクトサイズ100,000
最低入金額2,000円
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

Swift Trader(スイフトトレーダー)は2024年5月1日にボーナスと取引環境の両立という全く新しいコンセプトでがサービスを開始した海外FX業者です。

このSwift Traderでは性格の異なる5つの口座タイプが用意されています。中でも、有利な条件で取引したいという人がまず利用するべきなのはスタンダード口座です。

スタンダード口座よりもスプレッドが狭いプロ口座やECN口座も使いやすいですが、スタンダード口座は全てのボーナスを利用できるのが大きなメリット。ボーナスを利用すれば実際の入金額よりも多額の証拠金でトレードできるため、期待値を大きく上げた状態でトレードが可能となります。

実際に、SwiftTraderで受け取れるボーナスは、以下の通りです。

Swift Trader:現在開催中のボーナスキャンペーン一覧

15,000円口座開設ボーナス

  • 口座開設するだけで15,000円

150%入金ボーナス

  • 入金額の150%ボーナス付与
  • 初回入金対象
  • ボーナス上限10万円

50%入金ボーナス

  • 入金額の50%ボーナス付与
  • 2回目以降の入金対象
  • ボーナス上限100万円

スタンダード口座ならば口座開設するだけで口座開設ボーナスを利用できるので、入金せずとも利益を狙うことができます。

口座開設ボーナスだけの取引で利益が出た場合のみ、出金条件があるので確認しておいてください。

また、特にスタンダード口座はボーナスを用意している他の人気海外FX業者よりもスプレッドが狭めに設定されているため、スキャルピングトレーダーも使いやすいのがメリットです。他社ブローカーとのスプレッド比較は、以下の通りです。

ボーナス対象口座のスプレッド比較

銘柄SwiftTrader
スタンダード
XM
スタンダード
FXGT
Standard+
USDJPY1.862.532.10
EURUSD1.431.911.84
EURJPY1.803.062.68
AUDUSD1.472.111.83
AUDJPY1.993.563.08
GBPUSD1.612.161.97
GBPJPY2.233.664.23
XAUUSD
(GOLD)
2.613.493.89

以上のように、SwiftTraderのスタンダード口座はボーナスとスプレッドを両立したい人だけでなく、ボーナスを利用して資金を増やし次のステップに進みたい方にもおすすめの口座タイプです!

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

SwiftTrader5種類の口座タイプ一覧|各取引口座の違いを比較

SwiftTrader5種類の口座タイプ一覧|各取引口座の違いを比較

Swift Traderの口座タイプ

スクロールできます
口座タイプスタンダードミニマイクロプロECN
レバレッジ1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍
ボーナス適用
取引手数料無し無し無し無しFX:6USD
Metal:5USD
Crypto:0.1%
スワップ有り有り有り有り有り
Contract size
契約サイズ
100,00010,0001,000100,000100,000
最小入金額2,000円2,000円2,000円2,000円2,000円
口座資金タイプJPY
USDT
JPY
USDT
JPY
USDT
JPY
USDT
取扱銘柄・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
・FX・FX・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
1ポジションサイズ
(FX銘柄)
最小0.01Lot
最大100Lot
最小0.01Lot
最大100Lot
最小0.01Lot
最大100Lot
最小0.01Lot
最大100Lot
最小0.01Lot
最大100Lot
最大ポジション数200200200200200
マージンコール/
ロスカット
80%/20%80%/20%80%/20%80%/20%80%/20%
※ECN口座の取引手数料は往復手数料

SwiftTraderは上記の5種類の口座タイプがラインナップされており、それぞれ以下のような特徴があります。

口座タイプ特徴
スタンダード口座初心者でも使いやすい全ボーナスの対象となる口座タイプ
ミニ口座スタンダード口座に比べて10分の1のサイズで取引できる口座タイプ
マイクロ口座スタンダード口座に比べて100分の1のサイズで取引できる口座タイプ
プロ口座最も狭いスプレッドで取引できる口座タイプ
ECN口座業界トップクラスに狭いスプレッドで取引できる口座タイプ

スタンダード口座は全種類のボーナスを受け取れるほか、大きなロットでも取引できるため初心者から上級者まで使いやすい口座タイプです。ミニ口座やマイクロ口座はスタンダード口座に比べて小さいロットで取引できるため、リスクを最小限に抑えて運用したい人にはおすすめです。

また、プロ口座やECN口座はボーナス対象外ながらも、非常に狭いスプレッドで取引できる口座タイプです。プロ口座はスタンダードに比べて最大4割程度のスプレッドが削減されているため、ボーナスなしでも資金を増やせる人はさらに利率を上げられる可能性もある口座タイプです。

最もスプレッドが狭い口座タイプはECN口座で、スタンダード口座に比べると4割程度のスプレッドで取引できる魅力的な口座タイプです。代わりに毎回の取引で取引手数料が発生しますが、それを加味してもSwiftTraderの中では最狭スプレッドを誇ります。さらに、SwiftTraderのECN口座は業界で見ても狭いスプレッドを誇るため、利用する価値は高いでしょう。

ここからは、口座タイプごとに以下の観点で違いを比較していくので、口座タイプを選ぶ際の参考にしてください。

どの口座タイプもそれぞれの強みがあるので、トレードスタイルに合った口座を開設しましょう。

口座開設ボーナス、入金ボーナスの違い

口座開設ボーナス、入金ボーナスの違い

2024年5月のSwiftTraderでは、以下のボーナスキャンペーンが行われています。

Swift Trader:現在開催中のボーナスキャンペーン一覧

15,000円口座開設ボーナス

  • 口座開設するだけで15,000円

150%入金ボーナス

  • 入金額の150%ボーナス付与
  • 初回入金対象
  • ボーナス上限10万円

50%入金ボーナス

  • 入金額の50%ボーナス付与
  • 2回目以降の入金対象
  • ボーナス上限100万円

開催中の3つのボーナスはスタンダード・ミニ・マイクロ口座のみで受け取り可能で、プロ・ECN口座はボーナス対象外となっています。プロ・ECN口座はスプレッドが狭い代わりにボーナスを受け取れないため、自己資金だけで利益を出せる中級〜上級者向けの口座タイプです。

ただし、Swift Traderは全口座タイプで初回最低入金額が2,000円となっているため、ボーナスよりもスプレッドの狭さを優先する初心者トレーダーも始めやすいしようとなっています。

ほとんどのFXブローカーでも同じようにプロ・ECN口座ではボーナスを受け取れない仕組みになっているため、自身のトレードスキルによって口座タイプを選択したいですね。

なお、SwiftTraderでは今後も新たなボーナスキャンペーンが発表される可能性も高く、プロ口座やECN口座に適用される可能性もあります。ボーナスキャンペーン情報は当サイトで逐次更新していくのでブックマークなどをして定期的にチェックしておくようにしてください。

スプレッドの違い

スプレッドの違い

SwiftTraderでラインナップされている5つの口座タイプは、それぞれ全く違うスプレッド設定がされているため確認していきましょう。

Swift Traderの各口座タイプのスプレッド比較(主要銘柄)

銘柄スタンダードミニマイクロプロECN
USDJPY1.862.362.691.500.81
(6ドル)
EURUSD1.431.942.391.040.59
(6ドル)
EURJPY1.802.42.741.330.93
(6ドル)
AUDUSD1.472.062.561.130.31
(6ドル)
AUDJPY1.992.532.931.610.79
(6ドル)
GBPUSD1.612.212.731.230.64
(6ドル)
GBPJPY2.232.843.311.891.09
(6ドル)
XAUUSD
(GOLD)
2.611.821.29
(5ドル)
BTCUSD526.37451.91381.44
(0.1%)
ETHUSD71.3060.1846.14
(0.1%)
ECN口座のカッコ内は往復取引手数料

ミニ口座やマイクロ口座は少ない資金でもトレードできますが、スタンダード口座に比べるとスプレッドが広くなってしまいます。そのため、初心者でもスキャルピングなどの細かいトレードをしたい人は、スタンダード口座の開設がおすすめです。

また、プロ口座とECN口座は非常に狭いスプレッドでトレードできますが、取引手数料を含めてもECN口座が最も狭いスプレッドとなっています。特に、ECN口座は他の口座タイプとは違いユーザー同士の注文マッチングが行われおり、約定力が高いためスキャルピングにはぴったりの口座タイプです。

取引銘柄数の違い

取引銘柄数の違い

SwiftTraderでは以下のように口座タイプごとに取扱銘柄が異なるため、口座開設の際は注意が必要です。

スクロールできます
スタンダード口座ミニ口座マイクロ口座プロ口座ECN口座
(取引手数料)
取引可能銘柄・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
・FX
FX・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto

スタンダード・プロ・ECN口座はFXだけでなく仮想通貨や貴金属、コモディティーなど様々なジャンルの銘柄を取引できますが、ミニ口座とマイクロ口座は取引銘柄に制限があります。そのため、例えばボーナスを活用して人気のゴールドを取引したい人は、スタンダード口座を開設するのがおすすめです。

なお、各銘柄ジャンルごとに取引できる銘柄は以下の通りです。

FXの取引可能銘柄

メジャー通貨ペアマイナー通貨ペアマイナー通貨ペア
AUDUSDAUDCADEURSEK
EURUSDAUDCHFEURTRY
GBPUSDAUDJPYGBPAUD
NZDUSDAUDNZDGBPCAD
USDCADAUDSGDGBPCHF
USDCHFCADCHFGBPJPY
USDJPYCADJPYGBPNZD
CHFDKKNZDCAD
CHFJPYNZDCHF
CHFSGDNZDJPY
DKKNOKTRYJPY
DKKSEKUSDCNH
DKKZARUSDCZK
EURAUDUSDDKK
EURCADUSDHKD
EURCHFUSDHUF
EURDKKUSDMXN
EURGBPUSDNOK
EURHUFUSDPLN
EURJPYUSDSEK
EURNOKUSDSGD
EURNZDUSDTRY
EURPLNUSDZAR

その他取引可能銘柄

MetalCommoditiesIndicesCrypto LargeCrypto Small
XAGUSDNGASAUD200BCHJPYXRPJPY
XAUUSDUKOILFRA40BCHUSDXRPUSD
USOILGER40BTCJPYLTCJPY
JP225BTCUSDLTCUSD
UK100ETHJPYSOLUSD
US100ETHUSDXLMJPY
US30XLMUSD
US500ADAJPY
VIXADAUSD
DOGJPY
DOGUSD
DOTJPY
DOTUSD
EOSUSD
MATCUSD
KSMUSD
LNKUSD

トータルで93銘柄の取引ができるため、非常に幅広い銘柄からチャンスを探れるのは大きなメリットです。FX以外にも様々な銘柄を取引できるため、FXブローカーであるながらも様々な銘柄の分散投資もできる点は嬉しい部分です。

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

SwiftTraderの各口座タイプの特徴と取引スタイル別おすすめ口座

SwiftTraderの各口座タイプの特徴と取引スタイル別おすすめ口座

SwiftTraderで利用できる各口座タイプの特徴と、編集部が考える取引スタイル別のおすすめ口座は次のようになります。

SwiftTraderの口座タイプは5つ用意されているため、用意できる資金やトレードスタイルによって口座タイプを使い分けることができます。以下で各口座タイプの詳細を解説するので、自分にベストな口座タイプを見つけ有利なトレードを始めてください。

スタンダード口座:ボーナスをもらいながら他社より有利に取引

スタンダード口座:ボーナスをもらいながら他社より有利に取引

スタンダード口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
取引手数料
コントラクトサイズ100,000
最低入金額2,000円
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

スタンダード口座は、SwiftTraderの中でも狭いスプレッドとボーナスを活かした有利な取引ができるのが特徴です。Swift Traderでは以下のボーナスキャンペーンが開催されており、他の業者に比べても利益を獲得しやすいのは強みです。

Swift Trader:現在開催中のボーナスキャンペーン一覧

15,000円口座開設ボーナス

  • 口座開設するだけで15,000円

150%入金ボーナス

  • 入金額の150%ボーナス付与
  • 初回入金対象
  • ボーナス上限10万円

50%入金ボーナス

  • 入金額の50%ボーナス付与
  • 2回目以降の入金対象
  • ボーナス上限100万円

さらに、ボーナスを受け取れるFXブローカーの中でもスプレッドが狭く、ボーナスを用いたスキャルピングトレードにも活用できるのがメリットです。

ボーナス対象口座のスプレッド比較

銘柄SwiftTrader
スタンダード
XM
スタンダード
FXGT
Standard+
USDJPY1.862.532.10
EURUSD1.431.911.84
EURJPY1.803.062.68
AUDUSD1.472.111.83
AUDJPY1.993.563.08
GBPUSD1.612.161.97
GBPJPY2.233.664.23
XAUUSD
(GOLD)
2.613.493.89

ただし、細かいスプレッドも抑えたいというトレーダーにとっては、スタンダード口座のスプレッドが広いと感じてしまう可能性もあります。スプレッドを抑えた運用をしたいという人は初回最低入金額が2,000円で始めやすいプロ・ECN口座を利用しをおすすめします。

プロ・ECN口座はスプレッドが狭い代わりにボーナスキャンペーンの対象外になってしまいます。

Swift Traderのスタンダード口座は「ボーナスをもらいながらスプレッドも気にしたい」方はもちろん「とりあえず口座をもちたい方」までオールマイティに利用できる口座タイプです。

ミニ口座:少額で海外FXを始めたいトレーダー向け

ミニ口座:少額で海外FXを始めたいトレーダー向け

ミニ口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
・Metal
取引手数料
コントラクトサイズ100,000
最低入金額10USD
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

ミニ口座はスタンダード口座の10分の1のサイズで取引できる口座タイプのため、資金が少ないトレーダーにおすすめです。実際の値動きに対して増減する証拠金額は以下の通りです。

条件変動する証拠金
・スタンダード口座
・1ロットで取引
1pipsあたり約1,500円
・ミニ口座
・1ロットで取引
1pipsあたり約150円

特に初心者は大きな値動きによる大損をしてしまう可能性が高いため、リスクを抑えた状態で資金を運用できる点は強みです。

例えば、値動きが比較的穏やかなUSDJPYでも1日80pips程度の値動きが発生するため、スタンダード口座で1ロットのポジションを保有していると、10万円以上の金額が動きます。ミニ口座であれば1日ポジションを保有しても1ロットで1万円程度の変動で抑えられるため、初心者でも安心です。

最低ロットに抑えれば、1日ポジションを放置しても100円程度の変動に抑えられますよ。

証拠金額の変動が少ないと損失は抑えられますが、利益も少なくなってしまう点には注意が必要です。ただし、最大100ロットまでのポジションを保有できるため、使い方によっては大きく稼げます。

また、少ない証拠金でもポジションを保有できる分スタンダード口座よりも、ミニ口座はスプレッドが20%〜40%ほど広い点には注意が必要です。

銘柄スタンダード口座ミニ口座
USDJPY1.862.36
EURUSD1.431.94
EURJPY1.802.4
AUDUSD1.472.06
AUDJPY1.992.53
GBPUSD1.612.21
GBPJPY2.232.84
XAUUSD(GOLD)2.61
BTCUSD526.37
ETHUSD71.30

そのため、ある程度大きなロットで取引がメインの方は、ミニ口座で大きなロットを張ってトレードを行うより、スタンダード口座で同等のロットでの取引を行うのがおすすめとなります。

マイクロ口座:リアルトレードで練習したい初心者向け

マイクロ口座:リアルトレードで練習したい初心者向け

マイクロ口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
取引手数料
コントラクトサイズ100,000
最低入金額10USD
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

マイクロ口座はスタンダード口座に比べて100分の1のサイズで取引できるため、1pipsあたり15円程度の増減でトレードできます。大きな値動きが発生しても証拠金の増減が少ないため、数千円の証拠金でも十分にトレードできます。そのため、現金を使いながらもでもデモトレードのようにリスクを抑えた資金運用ができます。

初心者はいきなり大きな資金を賭けるのではなく、デモトレードで取引の雰囲気や感覚を掴むのがおすすめです。しかし、デモトレードではトレードで最も大切な資金の増減によるメンタルの変化に慣れることを練習できないので、マイクロ口座のような小資金で練習できる口座がおすすめと言うわけです。

ただし、スタンダード口座に比べて50%程度スプレッドが広いため、大きなロットを張れるようになったらミニ口座やスタンダード口座を開設するのがおすすめです。

銘柄スタンダード口座ミニ口座マイクロ口座
USDJPY1.862.362.69
EURUSD1.431.942.39
EURJPY1.802.42.74
AUDUSD1.472.062.56
AUDJPY1.992.532.93
GBPUSD1.612.212.73
GBPJPY2.232.843.31
XAUUSD(GOLD)2.61
BTCUSD526.37
ETHUSD71.30

また、マイクロ口座はFX銘柄しか取引できず、近年多くのトレーダーに人気のゴールドや仮想通貨がトレードできない点には注意が必要です。スタンダード口座であれば全ての銘柄を取引できるので、取引したい銘柄によって口座タイプを選択する必要があります。

ECN口座:スキャルピングトレーダー向け口座

ECN口座:スキャルピングトレーダー向け口座

ECN口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
取引手数料
コントラクトサイズ100,000
最低入金額10USD
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

SwiftTraderの中でも最もスキャルピングに向いているのが、ECN口座です。ECN口座で採用されているECN注文は通常の口座タイプで行われるSTP注文方式とは異なり、注文が通りやすくスリッページが発生しにくいのが特徴です。

STPタイプとECNタイプの違い
  • STP注文の流れ
    1. FXブローカーが顧客との注文を受ける
    2. ブローカーが電子取引所内で金融機関が提示する反対注文とマッチングさせる
  • ECN注文の流れ
    1. 顧客の注文がブローカーのECNシステムを介して市場の電子取引所に流れる
    2. 電子取引所内で他のトレーダーや金融機関が出している反対注文とマッチングする

STP注文では、FXブローカーが直接仲介して金融機関の反対注文とマッチングさせているため、仲介料という形で比較的広いスプレッドが発生してしまいます。一方で、ECN注文ではFXブローカーが直接介在せずにシステムによるマッチングが行われるため、非常に速いスピードで注文が約定するうえ、狭いスプレッドで取引できます。

STP注文とECN注文の約定スピードの差は、通常時には目に見えないほどの差しかありませんが、値動きが激しいタイミングでは大きな差が発生するのが特徴です。また、ECN口座はSTP方式の口座に比べて半分以下程度のスプレッドしか発生しないため、特にスプレッドを抑えてトレードする必要があるスキャルピングには最適です。

ただし、ECN口座はスプレッドとは別で取引手数料が発生する点には注意が必要です。かかる取引手数料は、以下の通り銘柄によって異なります。

銘柄取引手数料
FX$6(ロットあたり往復)
Metal$5(ロットあたり往復)
Crypto0.1%(ロットあたり往復)

手数料こそ発生してしまいますが、それを加味しても最も有利な条件で取引できます。また、ECN口座はボーナスキャンペーンの対象外のため、ボーナスによるサポートがなくても資金を増やせない人にはおすすめできません。

プロ口座:プロ仕様!取引手数料なしで狭いスプレッド

プロ口座:プロ仕様!取引手数料なしで狭いスプレッド

プロ口座の詳細情報

ボーナス
最大レバレッジ1,000倍
スワップ
取引ペア・FX
・Metal
・Commodities
・Indices
・Crypto
取引手数料・FX:$6
・Metal:$5
・Crypto:0.1%
(ロットあたり往復)
コントラクトサイズ100,000
最低入金額10USD
最小ロット数0.01
最大ロット数100
マージンコール80%
ロスカット20%
最大指値注文数200

プロ口座はスタンダード口座に比べてスプレッドが狭く、少ない負担でトレードできる口座タイプです。

以下の通り、スタンダード口座とプロ口座では20~30%もスプレッドが異なります。特にスキャルピングでは細かいスプレッドが勝敗を大きく分けるため、短期トレードを中心に行いたい人にはおすすめです。

銘柄スタンダード口座プロ口座
USDJPY1.861.50
EURUSD1.431.04
EURJPY1.801.33
AUDUSD1.471.13
AUDJPY1.991.61
GBPUSD1.611.23
GBPJPY2.231.89
XAUUSD(GOLD)2.611.82
BTCUSD526.37451.91
ETHUSD71.3060.18

また、ポジションサイズはスタンダード口座と同様の1ロットあたり100,000通貨のため、大きなロットで稼ぎたい人におすすめです。同時に、最低2,000円からの入金や最小0.01ロットの取引にも対応しているため、資金が少ない人でも始めやすい特徴があります。

ただし、スプレッドが狭い代わりにボーナスを受け取れないという点はECN口座と共通のため、ボーナスに頼らない運用をできない人にはおすすめできません。また、スプレッド自体はECN口座よりも広くなってしまい約定力も劣るため、スキャルピングをする人にはECN口座の方がおすすめです。

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

SwiftTrader口座タイプの変更・確認方法

SwiftTrader口座タイプの変更・確認方法

ここではSwiftTraderの「口座タイプ変更方法」と「ログインしている口座タイプの確認方法」について解説します。SwiftTraderを長く使うなら必要な情報なので確認しておくようにしてください。

口座タイプの変更方法

口座タイプの変更方法

SwiftTraderでは、一度開設した口座の口座タイプ変更はできないため、追加口座は新たに作成する必要があります。 SwiftTraderは口座を10個まで開設できるため、基本的には十分ですが、もしそれ以上取引口座を開設する場合はサポートに連絡し不必要な口座を削除してもらってから追加口座を作成してください。

日本語サポートデスク
  • ライブチャット:09:00~21:00(月~金)
  • LINE:24時間受付
  • email 【jpsupport@swifttrader.com】24時間受付
  • マイページからリクエスト送信:24時間受付

以下で追加の取引口座の開設方法を説明していきます。

追加口座の作成方法
STEP
マイページにログイン→アカウント開設を選択

取引口座の開設はSwift Traderにログインし、マイページの「アカウント開設」から行います。

画像11:Swift 口座開設「取引口座開設01」
  1. 登録したメールアドレス入力
  2. 登録したパスワード入力
  3. サインインを押す
  4. アカウント開設を押す

パスワードを万が一忘れてしまった場合は「パスワードをお忘れですか」から再設定ができます。

STEP
取引口座の設定

アカウント開設をタップすると取引口座開設画面になるので以下の情報を入力します。

画像12:Swift 口座開設「取引口座開設02」
取引口座開設での入力情報
  1. 取引プラットフォーム:現在はMT5のまま
  2. アカウント名:好きな名前に変更できます。
  3. 取引タイプ:ライブ・デモを選択
  4. アカウントタイプ:口座タイプを選びます
  5. 通貨:JPYのまま
  6. ウォレット:JPY・USD・USDTから選択
  7. 金額:ウォレットからの資金移動額

⑥、⑦の操作は取引口座開設と同時に入金した資金を取引口座に移動させる場合に入力する項目なので、はじめて口座を開設する場合は操作する必要がありません。

入金は取引口座開設後でも自由にすることができます。

④のアカウントタイプではJPY口座とUSDT口座のどちらかを選びます。選択するアカウントタイプは次のようになっています。

アカウントタイプ種類
  • JPY(日本円)を証拠金使える口座
    • Standerd JPY
    • Mini JPY
    • Micro JPY
    • ECN JPY
    • Pro JPY
  • USDTを証拠金として使える口座
    • Standerd USDT
    • Mini USDT
    • Micro USDT
    • ECN USDT
    • Pro USDT

以上の操作が完了すると即時に追加口座が開設されます。追加口座のログイン情報はメールで送られてくるので大切に保管しておいてください。

ログインしている口座タイプの確認方法

ログインしている口座タイプの確認方法

SwiftTraderで開設した口座の口座タイプは、ダッシュボードからは確認できません。そのため、複数の取引口座を開設した場合はMT5で現在ログインしている口座タイプを確認します。

口座タイプの確認方法はMT5の「気配値」などに表示されている銘柄名で判断できます。

画像:Swift Trader 口座タイプ「ログイン判断」
銘柄名の後の文字による判断方法
  • 文字無し:スタンダード口座
  • .mn:ミニ口座
  • .mc:マイクロ口座
  • .ecn:ECN口座
  • .pro:プロ口座

このように銘柄名の後ろの文字でログインしている口座タイプを簡単に判断可能です。

また、「ログインしている口座タイプの情報」と「マイページの情報」を照合させたい場合は、MT5の「メニュー」を開くと見ることができる「口座番号」と同じ口座番号の情報をマイページで確認するようにしてください。

画像:Swift Trader 口座タイプ「口座情報の照合」

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

SwiftTraderの基本情報

Swift Trader

Swift Traderの会社概要

運営会社Swift Trader Ltd
サービス名称Swift Trader(スイフト トレーダー)
設立2023年9月8日
事業者登録番号HY00923430
会社許可番号T2023364
所在地106/3 Spring St, Sydney, NSW, 2000 Australia
電話番号+61 2 8006 2422
Eメールinfo@swifttrader.com
アジアオフィス1-13A, First Floor, Paragon, Jalan Mustapha, 87000 Labuan F.T., Malaysia
金融ライセンスComorrow(コモロー)、Labuan(ラブアン)
最大レバレッジ1,000倍
※仮想通貨(暗号資産)は500倍
平均スプレッド(USDJPY)standard:2.0Pips
ECN:0.5Pips
Pro:1.4Pips
約定力
取扱い銘柄数FX:53銘柄
Metal:5銘柄
Commodities:3銘柄
Indices:9銘柄
Crypto:17銘柄
マージンコール/ロスカット80%/20%
追証なし(ゼロカットシステム採用)
取引制限なし
最小入金額2,000円
日本語サポートあり
トレードツールMT5

Swift Trader(スイフトトレーダー)は2024年5月にオーストラリアでサービスを始めた全く新しい海外FX業者です。

新興の業者と聞くと心配になる方がいると思いますが、Swift TraderはAxi創業者や業界経験の長いプロジェクトメンバーで構成され、サービス開始からComorrowの金融ライセンスを取得しているなど体制とノウハウは万全のFX業者です。

Swift Traderの最大の特徴はボーナスと取引環境の両立ができていること。

通常のFX業者でしたらどちらかに偏りがちですが、Swift Traderの場合は自動化、効率化で人員を少なくし、その分の費用をボーナススプレッドの狭さでユーザーに還元する準備をしています。

このSwift Traderのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

Swift Traderのメリット
Swift Traderのデメリット
  • 経営実績が無い
  • 日本の金融庁の許可は未取得

Swift Traderはボーナスの充実と取引環境の良さを併せ持った全く新しいコンセプトで誕生した海外FX業者です。

経営履歴が無い点がデメリットですが、パートナーとしてサービス開始前から関わってきた印象では十分に信頼できる体制を構築している業者と言えます。

\口座開設15,000円&入金150%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

SwiftTraderの口座タイプに関するよくある質問(Q&A)

Swift Traderの手数料に関するよくある質問(Q&A)

最後にSwift Traderの口座タイプに関する疑問にQ&A形式で回答していきます。

SwiftTraderの口座タイプを決める際の注意点を教えてください。

SwiftTraderで口座開設をする際に最も気を付けるべきポイントは、プロ・ECN口座ではボーナスを受け取れないという点です。

ボーナスを受け取れるのはスタンダード・ミニ・マイクロ口座のみであるため、口座開設の際は注意が必要です。また、ミニ・マイクロ口座はスタンダード口座に比べてスプレッドが広いため、極端に少ない資金でトレードしない場合は、スタンダード口座で口座を開設してください。

取引スタイルに合わせた口座タイプのおすすめを「SwiftTraderの各口座タイプの特徴と取引スタイル別おすすめ口座」で紹介しているので参考にしてください。

SwiftTraderでは口座タイプの基軸通貨を変更できますか?

SwiftTraderは口座タイプ基軸通貨として以下の2つが選択できますが、途中で変更はできません。

SwiftTraderで選択できる選択できる基軸通貨
  • JPY(日本円)
  • USD-T(USDテザー)

口座は最大10個まで開設可能で、口座ごとに基軸通貨を変更できます。そのため、基軸通貨を変更したい場合は新しい口座を開設する必要があります。

追加口座の開設方法は「SwiftTrader口座タイプの変更・確認方法」で解説しています。

SwiftTraderの口座タイプはレバレッジを変更できますか?

SwiftTraderの最大レバレッジは1,000倍で固定されており、変更できません。

証拠金とロットサイズによってレバレッジを調整できるため、正確なレバレッジを把握しながらトレードしたい人は以下の計算式を参考にしてください。

レバレッジの計算式

レバレッジ=(現在の通貨レート×取引数量)÷証拠金

なお、取引通貨量は以下の通り口座タイプごとに異なるため、計算の際は参考にしてください。

スタンダード・プロ・ECN口座1ロットあたり10,000通貨
ミニ口座1ロットあたり1,000通貨
マイクロ口座1ロットあたり100通貨

SwiftTraderは複数の口座タイプでボーナスをもらえますか?

SwiftTraderは50%入金ボーナスのみ複数口座で受け取り可能です。ただし、ボーナスを受け取れるのはスタンダード・ミニ・マイクロ口座のみで、プロ・ECN口座では受け取れません。

また、複数の口座で受け取れる50%入金ボーナスのボーナス上限100万円は共通しており、以下の例のようにボーナス残高が減っていきます。

入金手順残りボーナス金額
口座1で30万円の入金残り70万円
口座2で50万円の入金残り20万円
口座3で20万円の入金残り0円

SwiftTraderの口座タイプは削除できますか?

一度開設した口座はサポートに連絡して削除してもらう方法でしか削除できません。

ただ、Swift Traderは取引口座を10個まで作れ、口座維持手数料もいらないので、通常の取引では削除の必要はないでしょう。

日本語サポートデスク
  • ライブチャット:09:00~21:00(月~金)
  • LINE:24時間受付
  • email 【jpsupport@swifttrader.com】24時間受付
  • マイページからリクエスト送信:24時間受付

SwiftTraderの口座タイプは口座開設費用や口座維持手数料が必要ですか?

SwiftTraderでは口座開設や維持は全て無料で、特に費用をかけずに利用できます。

また、取引口座の有効期限も設定されていないので、気兼ねなく自分のスタイルに合わせて複数の取引口座を作成することができます。

SwiftTraderではデモ口座を口座タイプで選べますか?

SwiftTraderは取引口座開設時にライブ口座デモ口座の両方を選択できるため、資金をリスクに晒したくない人やFXトレードの練習をしたいと考えている人はデモ口座を簡単に利用できます。

SwiftTraderではスワップフリーの口座タイプはありますか?

SwiftTraderでは全ての口座タイプでスワップが発生するため、スワップフリーでのトレードはできません。

スワップポイントはMT5の各銘柄の「設定」で確認できるので、日を跨ぐトレードや長期トレードをする場合は確認するようにしてください。

スワップポイントの確認方法
画像:Swift Trader 口座タイプ「スワップポイントの確認」
  1. 気配値を開く
  2. スワップポイントを確認したい銘柄をタップ
  3. 「設定」を選択
  4. 下にスクロールすると銘柄のスワップポイントが記載されている

SwiftTraderの口座タイプはEA(自動売買)の制限はありますか?

SwiftTraderでは全ての口座タイプでEA(自動売買)の制限はされていないため、MQL5などで導入した好きな自動売買を利用できます。

ただし、SwiftTraderでは「経済指標発表のタイミングだけを狙ったハイレバトレード」や「複数口座間や他のFXブローカーをまたいだ両建てトレードやサーバーの遅れが発生するような超高頻度トレード」を禁止しているので、このようなロジックのEA(自動売買)は使わないようにしてください

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

まとめ

Swift Traderでは初心者から上級者まで対応できる口座タイプを準備しています。また、各口座タイプにははっきりとした特徴があるため選びやすい特徴があります。

特にJinaCoin編集部がオススメする口座タイプはスタンダード口座

スタンダード口座は豪華なボーナスをもらえつつ、狭いスプレッドで有利に取引できる口座タイプなので、まずはスタンダード口座を開設してSwift Traderの使い勝手や対応力を見極めるのが一番効率が良いはずです。

FXで利益を出すには自分の取引スタイルに合った口座タイプを選ぶことが重要です。ぜひこの記事を参考にベストなSwift Traderの口座タイプを選んでください。

\口座開設15,000円&入金150%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

参考文献

⚠︎コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次