【必勝法あり】ボリンジャーバンドとは?手法や設定など解説!初心者でもわかる

ボリンジャーボンドとは?手法や設定方法を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと・・・
  • ボリンジャーバンドの4パターンと期間・偏差の設定を解説
  • ボリンジャーバンドの基本的な見方や必勝法を解説
  • この記事を読めば、ボリンジャーバンドの基礎から注意点、疑問点まで全て解決!
【PICK UP】おすすめ業者ランキング

本サイトでは相場の基礎を勉強・実践し、自身のトレード力・経験を積むための取引所として海外業者をおすすめします。

海外業者をおすすめする理由は以下の4つです。

海外業者をおすすめする理由
  • ハイレバレッジで少資金を効率的に運用できる
  • 銘柄や取引方法が豊富なため、効率よく利益を得られる可能性がある
  • 豊富なボーナスキャンペーンで資金を増やしてトレードできる
  • ゼロカットシステムにより口座資金以上の損失がない
  • 世界的に最も使われているMT4・MT5やトレーディングビューで取引・検証ができる

以下で紹介している海外業者は上記条件を満たし、安全性・信頼性を確保しているのでぜひ参考にしてください。

ビットコインFX(仮想通貨FX)おすすめ業者

業者名ボーナス情報
1位:FXGT

公式:https://fxgt.com/ja
・15,000円新規口座開設ボーナス
・100% Welcomeボーナス
・50% Unlimited Loyaltyボーナス
2位:Bybit

公式:https://www.bybit.com/ja-JP
・5ドル口座開設ボーナス
・20USDT口座開設ボーナス(期間限定)
・30USDT口座開設ボーナス&最大6,000USDT入金ボーナス(期間限定)
・初回入金・取引ボーナス
・その他各種ボーナス
3位:Exness

公式:https://www.exness.com/ja/
ボーナスキャンペーンを実施していません
4位:Bitget

公式:https://www.bitget.com/ja
・新規口座開設取引手数料30%OFFキャンペーン
・初回入金100%キャッシュバック
・その他各種ボーナス
5位:XMTrading

公式:https://xem.fxsignup.com/
・13,000円新規口座開設ボーナス
・100%+25%入金ボーナス
・XMロイヤリティーボーナス
6位:Zoomex

公式:https://www.zoomex.com/ja
・最大20ドル口座開設ボーナス
・新規口座開設で手数料50%OFF(期間限定)
・初回100%入金ボーナス(期間限定)
・取引手数料OFFキャンペーン
・その他各種ボーナス
7位:BingX

公式:https://www.bingx.com/ja-jp/
・【当サイト限定】取引手数料20%還元
・その他各種ボーナス
8位:Gate.io

公式:https://www.gate.io
・新規口座開設取引手数料20%OFF
・その他各種ボーナス
9位:coincall

公式:https://www.coincall.com/
・【当サイト限定】0.2ETH+0.5ETHオプションプレゼント
・【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF
・新規ユーザーキャンペーン

・Coincallトークン($CALL)登場キャンペーン
10位:Kucoin

公式:https://www.kucoin.com
・新規口座開設取引手数料20%OFF
・新規口座開設でウェルカムギフトがもらえる(期間限定)
・その他各種ボーナス
※業者名、ボーナス情報をクリックすると詳細記事が見られます。

コンテンツの誤りを送信する

目次

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、米国の投資家ジョン・ボリンジャー氏が開発したトレンド系インジケーターです。単純移動平均線と標準偏差を用いたバンドで構成され、バンド内に価格が収まる確率から、売買やトレンド判断を示唆するテクニカル指標です。

また、バンドの形から相場状況を判断することが可能なため、今の相場状況を一目で判断できる特徴があります。ただ、ボリンジャーバンドは期間の設定、バンドの設定一つで全く変わってくるものなので、使いにくいと言う方も多いインジケーターです。

そこで本記事では、ボリンジャーバンドの「4つの形状」「期間や偏差の設定」「基本的な見方」などを解説し、ボリンジャーバンドはこのような特徴があるインジケーターなんだと理解してもらおうと思います。多くの投資家が使用しているボリンジャーバンドは、大変有効なテクニカル指標です。ぜひこの記事でボリンジャーバンドの有効性を知ってください。

ボリンジャーバンドの4つパターン

ボリンジャーバンドの4つパターン

ボリンジャーバンドは、「スクイーズ」「エクスパンション」「ポージ」「バンドウォーク」の4つのパターンから構成されています。この4つのパターンを理解することで現在の相場の状況を判断することができます。

また、同時にエントリーの戦略も立てることができる優れものです。

この4つのパターンは以下のようになっています。

パターンバンドの特徴示唆するもの
スクイーズバンド幅が相対的に狭くなっているトレンド発生の前兆
レンジ相場
エクスパンション両側のバンド幅が拡大していくトレンドが発生の可能性
バンドウォークローソク足がバンドに沿って継続トレンドの継続
ポージバンド幅が一番拡大した部分トレンド反転の可能性
レンジ相場への移行

それぞれのパターンを理解するコツは相対的に判断することです。具体的には相場全体を見て「今の状態は以前の状態と比べて今どうなっている」と言うような判断のことを言います。

以下で各パターンごとに解説していくので、ご自身のチャートを見ながらイメージをしてみてください。

ボリンジャーバンド【スクイーズ】

ボリンジャーバンドのスクイーズとは、バンドの幅が収縮している状態(=ボラティリティが小さい)を指します。スクイーズの状態では価格はレンジとなり、これからトレンドが発生する前兆であると予測が立てられます。

ボラティリティとは、価格の変動性のことです。ボラティリティが大きいと価格変動が大きく、ボラティリティが小さいと価格変動が小さいことを意味します。通貨や時間帯によってもボラティリティは変わるので、自分の通貨がどのような傾向があるか調べても良いでしょう。

相場は「トレンド相場→レンジ相場」を繰り返して形を作っていきます。そのため基本的には「ボリンジャーバンドが大きく広がった後に幅が狭くなっている=スクィーズとなっている」と判断することになります。

ボリンジャーバンドのスクィーズ状態は次のトレンド相場の前兆と捉えることができるので、上位足の方向性の確認をしてレンジブレイクに備えるなどの準備をすることができます。

ボリンジャーバンド【エクスパンション】

ボリンジャーバンドのエクスパンションとは、バンド幅が拡大している状態(=ボラティリティが大きい)を指します。エクスパンションの状態では、ボラティリティが大きくなり始め、トレンド発生を示唆している可能性が高いです。

エクスパンションは両側のバンドが一気に広がることで判断できます。また、エクスパンションの前には必ずスクィーズがあり、相場が力をため込んでいることがポイントとなります。

ボリンジャーバンド【バンドウォーク】

ボリンジャーバンドのバンドウォークとは、ローソク足がバンドに沿って続く状態です。トレンド相場で発生する現象で、ローソク足が沿って推移している方向へ価格が大きく動いていくことが予測できます。

ボリンジャーバンドのバンドウォークは「スクィーズ」→「エクスパンション」→「バンドウォーク」の流れで判断するとダマシが少なくなるはずです。また、バンドウォークは次に解説する「ボージ」の前兆でもあるので、相場転換を狙う手法を使う場合も注目するボリンジャーバンドの形状です。

ボリンジャーバンド【ポージ】

ボリンジャーバンドのポージとは、バンド幅が一番拡大したところをいいます。このあとバンドは収束していくことから、価格が落ち着きトレンドの転換やレンジ相場への移行を示唆します。ボージの判断はリアル相場ではどこがバンド幅が一番拡大したところかわからないので、基本的にはバンドウォークが終了した時点で判断することとなります。

ボリンジャーバンドのボージでは、ボージの後は相場転換とは限らない点は注意です。ボージを確認したらレンジ相場になるもしくは相場転換と考え、他の根拠も併せて判断することが大切です。

コンテンツの誤りを送信する

ボリンジャーバンド開発者推奨の期間と偏差設定

ボリンジャーバンド開発者推奨の期間と偏差設定

ボリンジャーバンドは設定する期間や偏差によって、反応の精度が異なり、設定はどのようにするとよいか迷う方も多いと思います。そのような場合は、ボリンジャーバンド開発者のジョン・ボリンジャー氏の推奨する期間と偏差設定から始めると良いです。

ジョン・ボリンジャー氏が推奨している期間や偏差は下記の通りです。

期間偏差
短期:10 / 中期:20 / 長期:50±2σ

このように、自分のトレードスタイルによってベースの期間設定をした上で自分に合った期間に調整すると良いでしょう。

また、偏差はどのような期間でも±2σを推奨しています。しかしながら、ボラティリティが高い場合や相場が過熱しすぎているを判断する場合は±3σも視野に入れて相場を予測すると良いと考えます。具体的には、下記画像をご覧ください。

ボリンジャーバンド FX「2σ、3σ」

画像は、2022年9月22日のドル円1時間足のチャートです。このとき、為替介入により5円以上も急落しました。このように急な価格の動きによりボラティリティが高い場合は、±2σのバンドからローソク足がはみ出て、±3σまでローソク足が届く場合があります。しかし、時間とともにボラティリティも落ち着き、その後±2σのバンド内でローソク足が収まっていますね。

ボリンジャーバンドはバンドを数本同時に表示することが可能なので、相場のボラティリティや過熱感を判断する場合も重宝するインジケーターです。

コンテンツの誤りを送信する

ボリンジャーバンドの基本的な見方

ボリンジャーバンドの基本的な見方

ボリンジャーバンドは「順張り」「逆張り」どちらにも対応しているテクニカル指標です。

下記では、実際のチャートをもとに、それぞれの基本的なボリンジャーバンドの見方を説明していきます。

順張り目線

ボリンジャーバンドを順張りで使うときは、スクイーズ状態のときにトレード準備をします。スクイーズのときにボリンジャーバンドをローソク足の終値が越すと、トレンド発生の前兆になりやすいです。

実際どのようにトレンド発生を捉えトレード準備を行うのか、チャートを見てみましょう。

上昇トレンドのスクイーズで押し目買いトレード

ボリンジャーバンド FX「スクイーズ 押し目買い」

こちらは、上昇トレンドのスクイーズで押し目買いトレードをしたチャートです。スクイーズ状態で、何度か-2σをローソク足の終値がバンドからはみ出していますね。「上昇トレンド」+「-2σを割り売られすぎ」という「買い目線」への根拠が揃った相場です。実際、その後に大きく上昇していますね。

このように、上昇トレンド中に発生するスクイーズを狙って順張り目線でトレードすると機能しやすいので、ぜひチャートでも確認してみてください。

【応用編】上位足のトレンドフォロー

ボリンジャーバンドでトレードするときは、上位足と同じトレンド方向でトレードするとより精度が高く大きな利幅が狙えます。

実際のチャートを見てみましょう。

ボリンジャーバンド FX「スクイーズ 順張り」

こちらは、先ほど紹介した順張りトレードを上位足と比較したものです。実際日足を見ると、こちらもスクイーズ直後のエクスパンションを確認でき、日足では上昇トレンドを示唆しています。

日足と同じ上昇目線での局面だったため、この1時間足では大きく上昇したと予測できます。

トレードをするときは、上位足と同じ方向でトレードすることで大きな利益を狙えるためおすすめです。

この複数の時間足を見て相場を判断するマルチタイムフレーム分析は下記の記事で詳しく解説しているので、ボリンジャーバンドを上手に使うためにも一度じっくり読んでみてください。

これもう見た?【プロ監修】マルチタイムフレーム分析とは?コツ、やり方徹底解説!

逆張り目線

ボリンジャーバンドは、バンド内からはみ出た価格の戻りを狙う「逆張りトレード」としても使用することができます。

どのように利益を狙うと良いか、実際にチャートを見てみましょう。

ボリンジャーバンド FX「逆張り」

この画像の場合、赤い丸のポイントでボリンジャーバンド(±2σ)を価格の終値が逸脱しています。ここで戻りを狙って売りでエントリーします。バンドから価格が外れると、高確率でバンド内に戻ろうとするため、このように逆張りとしてもボリンジャーバンドは使うことができます。

しかしながら筆者としては、初心者の方には順張りをおすすめします。「バンドを超えた=相場が戻る」と必ずなるわけではなくリスクのある取引方法です。そのため、相場判断と損切りが適切にできる中級者以上のかたが使う手法と覚えておいてください。

コンテンツの誤りを送信する

ボリンジャーバンドを使った必勝法

ボリンジャーバンドを使った必勝法

ボリンジャーバンドは単体でも使えるテクニカル指標ですが、他のインジケーターとも組み合わせることで精度が高まります。

今回はボリンジャーバンドと相性が良く、必勝法としておすすめの組み合わせを3つご紹介します。

ボリンジャーバンドを使った手法3つ
  • ボリンジャーバンド × RSI 
  • ボリンジャーバンド × 一目均衡表 
  • ボリンジャーバンド × ダウ理論 

このように、ボリンジャーバンドは様々な分析方法と組み合わせることができます。しかし、もしまだ自分の得意なテクニカル指標が定まっていない方は、まずテクニカル指標を一つだけに絞って検証すると良いでしょう。

それでは、一つずつ説明していきます。

ボリンジャーバンド × RSI

RSI(相対力指数)とは、相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を%で表すテクニカル指標です。またダイバージェンスによってトレンド転換を示唆するテクニカル指標でもあります。ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせることで大まかなトレンドを把握し、トレードのタイミングが図りやすくなります。

ダイバージェンス(逆行現象)とは、価格の動きとRSIなどのテクニカル指標の動きが反対になっている現象を指します。

実際のチャートを見てみましょう。

チャートはドル円1時間足のチャートです。左では価格が右下がりになっているのに対し、RSIは右上がりとなっています。このような状態をダイバージェンスといい、この場合は下落トレンドの終わりを示唆しています。

そして、右の画像はダイバージェンスが起こったチャートを拡大したものです。ダイバージェンス確認時にスクイーズ後のエクスパンションで大きく上昇しました。この場合、エクスパンションを確認したときに買いで入ることが可能です。

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせるときは、「RSIのダイバージェンスで上昇トレンド目線」+「エクスパンションで上昇トレンド示唆」のように、大まかなトレンドを念頭に入れてトレードタイミングを図ると良いでしょう。

ボリンジャーバンド × 一目均衡表(雲のみ)

一目均衡表は「価格」よりも「時間」の概念を重視し、相場は買いと売りの均衡が崩れた方向に動くとの考えに基づいて作られたテクニカル指標です。

一目均衡表は5本の線(転換線、基準線、先行スパンA、先行スパンB、遅行スパン)で構成されています。

一目均衡表をチャートに表示した状態は以下のようになります。

一目均衡表の名称特徴
転換線過去9日間の最高値と最安値の平均を線にしたもの。
転換線が上向き=強い上昇、下向き=強い下落を示唆。
短期的なトレンドを分析に使う。
基準線過去26日間の最高値と最安値の平均を線にしたもの。
基準線が上向き=強い上昇、下向き=強い下落を示唆。
中期的なトレンドを分析に使う。
遅行スパン当日の終値を26日前に遅行させて線にしたもの。
遅行線がローソク足より上=強い上昇、ローソク足より下=強い下落を示唆。
先行スパンAB先行スパンAは、転換線と基準線の平均値を26日先に先行して線にしたもの。
先行スパンBは、過去52日間の最高値と最安値の平均値を26日先に先行して線にしたもの。
先行スパンAと先行スパンBの間を「雲」と呼ぶ。
「雲」はサポートラインやレジスタンスラインとなる。

今回ボリンジャーバンドと組み合わせて使用するのは、一目均衡表の先行スパンAB(雲)のみです。一目均衡表の雲とは、上記表にもあるように、先行スパンABの間にある空間のことです。この雲は価格のサポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)として機能することが多くあります。

この雲を利用しボリンジャーバンドと雲のゴールデンクロス(デッドクロス)でトレンドフォローを行うとより大きな利益を期待できます。

実際のチャートを見てみましょう。

ボリンジャーバンド FX「一目均衡表」

具体的には、次の手順となります。

  1. 雲とボリンジャーバンドのクロスを確認
  2. ボリンジャーバンドのエクスパンションでエントリー
  3. ボリンジャーバンドがボージからスクィーズに移行する部分でエグジット

この手法を使う場合は上位足の方向を気にして上位足でもトレンドフォローになるようにすると大きな利益を狙いやすいはずです。

ボリンジャーバンド × ダウ理論

ダウ理論とは、全てのテクニカル分析の基礎と言われている考え方のことです。ダウ理論は多くの投資家が注目している考え方なので、理解しておくと良いでしょう。

下記にダウ理論の6つの原則をまとめました。

ダウ理論 6つの原則
  1. 価格 (平均株価)は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 価格は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

実際のチャートを見てみましょう。

買いエントリー根拠
  • ダウ理論3番目:先行期(スクイーズ)→追随期(エクスパンション)へ変化し、トレンドを示唆
  • ダウ理論6番目:安値切り上がり
  • -2σをローソク足の終値がはみ出ており、売られすぎを示唆(赤い丸)
  • 直近高値ブレイク(赤い線)

ここでの買いエントリー根拠は上記が考えられます。ダウ理論3番目の「主要なトレンドは3つの段階から形成される」は下記段階に分けられます。

トレンド特徴
先行期一部の投資家が底値や天井で売買を行うことで価格が緩やかになる
追随期売買に参加する投資家が増え、急激な価格変動が起こる
利食期先行してエントリーしていた投資家が利確を行い、トレンドの終焉に向かう

画像では、バンドが収縮しスクイーズ状態のときに、先行して仕掛ける投資家がいます。その後、-2σで売られすぎを確認し、買いでエントリーする投資家が増え、エクスパンションを認めました。このときに直近高値をブレイクし(赤い線の部分)、売りでエントリーしていた投資家の損切を巻き込んで価格は上昇していったことが考えられます。

また、ダウ理論の6番目「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」に着目すると、前回安値を切り上がっており、下落トレンドの終わりを示唆しています。よって買いへの根拠が多くある局面でした。

筆者がトレードする場合、直近高値をブレイクしエクスパンションを確認したところでエントリーを行います。直近高値をブレイクするまでは、価格の迷いが生じレンジになりやすいので、ボリンジャーバンドにダウ理論を上手く活用することで大きな利益が期待できるでしょう。

ダウ理論は多くの投資家が注目しており、ボリンジャーバンドとの組み合わせで強い根拠となります。強い根拠を持ってトレードを行うと、ダマシに合う確率も減少するので実際のチャートでも探してみてください。

コンテンツの誤りを送信する

ボリンジャーバンドの注意点と対策

ボリンジャーバンドの注意点と対策

ボリンジャーバンドに限らず、投資には100%の確率で勝てるものはありません。ボリンジャーバンドも例外ではなく、「ダマシ」に遭うことがあります。ここでは、ダマシを回避するための対策を3つ紹介します。

ボリンジャーバンドの注意点と対策
  • 損切を必ず設定する
  • 上位足と同じ方向性でトレードを行う
  • 他の分析方法と組み合わせる

「ダマシ」とは、ボリンジャーバンドが機能せず、理論通りの動きとは反対の動きをすることを言います。「ダマシ 」はどのような分析方法においても起こる現象で、それ故に誤った判断を行うと大きな損失を出してしまうことになるものです。そのため、FXでは「ダマシ」に遭わないように、分析方法を磨いていく必要があります。

下記の対策の詳細を解説するので、一つずつしっかり理解してトレードに挑みましょう。

損切を必ず設定する

損切を必ず設定する

ボリンジャーバンドは「順張り」「逆張り」どちらにも使用できるテクニカル指標です。どちらも損切は必須ですが、特に「逆張り」を行う場合は損切を必ず設定し、適切なロット数でトレードを行います。

「逆張り」とは、トレンドに逆らったエントリーであるため、上昇や下落途中の一旦の戻りを狙います。この戻りは長くは続かないため、早めの利確を行うことが大事です。また、「逆張り」は逆方向への勢いが強いため、一旦の戻りを狙ってエントリーするも、価格が戻らず、そのまま勢いよく逆方向へ価格が伸びていく可能性もあります。

そのようなときに、命綱となるものが「損切」です。「損切」は、次トレードするための資金を確保するためのものです。「損切」を上手に活用することで、相場の世界で生き残ることができます

投資家で有名なウォーレン・バフェット氏は次のように名言を残しています。

ウォーレン・バフェット氏の名言

ルールその一、絶対に金を損しないこと。
ルールその二、絶対にルールその一を忘れないこと。

FXは始めて1年で9割が退場(トレード資金を全て失うこと)すると言われています。初心者のときから「損切」を上手に活用することが、トレード人生において重要なキーワードとなるのです。

しかしながら「損切」を行うことは、非常に難しさもあります。そのため、損切ができず悩んでいる方や、損切を味方にしたい方は、損切ができない人間の本能である「プロスペクト理論」についても知識として持っておくことをおすすめします。

「プロスペクト理論」については、下記記事をご覧ください。

これもう見た? 【FX初心者】手法を覚える前に損切りを覚えるべき!その理由と簡単な損切り方法を紹介

上位足と同じ方向性でトレードを行う

上位足と同じ方向性でトレードを行う

ここまで何度も話をしてきましたが、ボリンジャーバンドでの判断はマルチタイムフレームでの判断、上位足の方向性を気にすることが必須です。

実際、ボリンジャーバンドを使用すると、下記のような「ダマシ」に遭うことがあります。

15分足ではローソク足が-2σのラインについており、バンド幅の広がり始めるエクスパンションを形成しています。よって、下落トレンドを示唆していますが、1時間足では安値が切り上がっており上昇トレンド中です。価格は下位足よりも上位足の方が優位に動くとされており、このときの15分足のボリンジャーバンドは機能せず「ダマシ」となっています。

自分がトレードする時間軸よりも上位の時間足を気にすることはFXでは基本です。その分トレードチャンスは減りますが利益は多くなるはずです。こちらの記事でマルチタイムフレーム分析の基礎を学びながらボリンジャーバンドの使い方を考えてみてください。

これもう見た?【プロ監修】マルチタイムフレーム分析とは?コツ、やり方徹底解説!

他の分析方法と組み合わせる

他の分析方法と組み合わせる

ボリンジャーバンドはご紹介した「RSI」「一目均衡表の雲」「ダウ理論」などと組み合わせることで、より「ダマシ」に遭いにくくなります。

トレードで利益を上げていくには、根拠が1つより、複数の根拠が重なったときの方が優位性が高くなります。そのため、ボリンジャーバンドだけではなく、「ボリンジャーバンドが機能しないときの上位足はどうなっているか」「他のテクニカル指標はどうか」「時間帯はどうか」など、一つのテクニカル指標においても深堀りしていくことで、新たな気付きとなりトレードルールが確立されていくでしょう。

ボリンジャーバンドのみに限らず、テクニカル指標は相対的に判断することで「ダマシ」に遭いにくくなります。実際にボリンジャーバンドを使用してトレードを行うときは、しっかり自分の中で勝てる期待値が高い場所への根拠を持ってトレードしましょう。

コンテンツの誤りを送信する

ボリンジャーバンドに関するQ&A

ボリンジャーバンドに関するQ&A

ボリンジャーバンドに関する疑問や質問をまとめました。

ボリンジャーバンドの計算式を教えてください。

ボリンジャーバンドの計算式は下記の通りです。

ボリンジャーバンドの計算式

±1σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差
±2σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 2
±3σ = n日の移動平均 ± n日の標準偏差 × 3

n日は一般的には「20」が使われます。
そのため、20SMA(単純移動平均線)に標準偏差を加減することでボリンジャーバンドの値が算出できます。

ボリンジャーバンドをMT4で表示できますか?

MT4ではボリンジャーバンドが標準搭載されています。そのため、表示させることができます。

チャート上に表示されている「挿入」→「インディケータ」→「トレンド」→「Bollinger Bands」を選択します。

すると、期間や偏差などを変更する「パラメーター」が表示されます。ここで、自分のお好みの設定を入力し、「OK」をクリックします。

そうすると、このようにボリンジャーバンドが反映されます。

その他、MT4の使い方についはこちらをご参照ください。

これもう見た?【完全版】MT4(メタトレーダー4)使い方マニュアル

スキャルピングでもボリンジャーバンドは使えますか?

実際、どの時間軸でも使えます。
その際の期間設定も、まずは「±2〜3σ」で過去チャートを見てみると良いでしょう。
すると、必ず機能する部分と機能しない部分が出てくるので、どういう場合にダマシがあるのかなど、一つずつ徹底的に検証していくとより精度の高い手法に近づきます。

どの手法を使えばいいかわかりません。

ボリンジャーバンドを使ったことがない方であれば、ボリンジャーバンドのみをまずは過去チャートで検証しましょう。ボリンジャーバンドについて実際に使えると判断した上で、必要に応じて、他のインジケーターや分析方法を取り入れると、より精度高く勝てる手法に近づきます。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

ボリンジャーバンドは「相場の今の状態」の判断からエントリーポイント判断までFXで非常に重宝するインジケーターです。ですが、ここまで解説してきたように使い方を間違えると全く使えないインジケーターとなってしまうので注意が必要です。

テクニカル指標は様々ありますが、一番は自分が納得して使えるものを、まずは一つ見つけじっくり研究、検証することが重要です。

ぜひこの記事を参考にボリンジャーバンドを使いこなしてFXで利益を上げていただければ幸いです。

PICK UP

本サイトでは相場の基礎を勉強・実践し、自身のトレード力・経験を積むための取引所として海外業者をおすすめします。

海外業者をおすすめする理由は以下の4つです。

海外業者をおすすめする理由
  • ハイレバレッジで少資金を効率的に運用できる
  • 銘柄や取引方法が豊富なため、効率よく利益を得られる可能性がある
  • 豊富なボーナスキャンペーンで資金を増やしてトレードできる
  • ゼロカットシステムにより口座資金以上の損失がない
  • 世界的に最も使われているMT4・MT5やトレーディングビューで取引・検証ができる

以下で紹介している海外業者は上記条件を満たし、安全性・信頼性を確保しているのでぜひ参考にしてください。

おすすめ海外FX業者・仮想通貨取引所

業者名ボーナス情報
1位:XMTrading

公式:https://xem.fxsignup.com/
・13,000円新規口座開設ボーナス
・100%+25%入金ボーナス
・XMロイヤリティーボーナス

・友人紹介プログラム
2位:FXGT

公式:https://fxgt.com/ja
・15,000円新規口座開設ボーナス
・100% Welcomeボーナス
・50% Unlimited Loyaltyボーナス
3位:Bybit

公式:https://www.bybit.com/ja-JP
・5ドル口座開設ボーナス
・20USDT口座開設ボーナス(期間限定)
・30USDT口座開設ボーナス&最大6,000USDT入金ボーナス(期間限定)
・初回入金・取引ボーナス
・その他各種ボーナス
4位:Exness

公式:https://www.exness.com/ja/
・ボーナスキャンペーンを実施していません
5位:iFOREX

公式:https://www.iforex.jpn.com/
・100%+25%初回入金ボーナス
・利息支払いスキーム
・お友達紹介プログラム
6位:Bitget

公式:https://www.bitget.com/ja
・新規口座開設取引手数料30%OFFキャンペーン
・初回入金100%キャッシュバック
・その他各種ボーナス
7位:coincall

公式:https://www.coincall.com/
・【当サイト限定】0.2ETH+0.5ETHオプションプレゼント
・【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF

・1ETHを$50入金、初回取引
・新規ユーザーキャンペーン
8位:TitanFX

公式:https://titanfx.com/jp
・Titan FXをお友達に紹介
9位:AXIORY

公式:https://www.axiory.com/jp
・ボーナスキャンペーンを実施していません
10位:TradersTrust

公式:https://traders-trust.com/ja/
・20,000円新規口座開設ボーナス
・100%、200%入金ボーナス
・VIPキャッシュバック
※業者名、ボーナス情報をクリックすると詳細記事が見られます。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次