仮想通貨【Agrello(DLT)】とは?特徴・将来性・チャート・買い方を解説

仮想通貨【Agrello(DLT)】とは?特徴・将来性・チャート・買い方を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

今回は仮想通貨Agrello(DLT)の解説を行います。

目次

Agrello(DLT)

Agrello(DLT)
通貨名(通貨単位)Agrello(DLT)アグレロ
最大発行枚数130,000,000DLT
公開日2017年5月26日
公式サイトhttps://www.agrello.io/

Agrello(アグレロ)とは?

Agrello(アグレロ)とは?

AIカウンセラーで法的拘束力を持つスマート契約を実現するプロジェクト】です。

バリバリ文系アホサラリーマンの私には少々難しい内容です…一語ずつ調べました。

AIカウンセラーとは

AI(人口知能)が当事者の質問や悩み事を聞いて、最適な答えを導き出してくれることです。

法的拘束力を持つとは

国会または行政の処分・運用、裁判所の判決・決定、民事上の合意、国家間の合意について、正式な法律(慣習法を含む)上の効果が義務となるかどうかを評価するときに使用される概念。法的な効力があるということですね。
参照:ウィキペディアより

要するに法的な効力があるということですね。

スマート契約(コントラクト)とは

スマートコントラクトは、その名前の通り、コントラクト(契約)をスマートに行えるプロトコルのことです。つまりスマートコントラクトとは契約の自動化であり、契約の条件確認や履行までを自動的に実行させることができます。
取引プロセスを自動化できるため、決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されており、各国で取り組みが行われています。また、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを利用すると、ユーザー同士が直接取引を行う非中央集権型のサービスを実現でき、社会に大きな変化をもたらす可能性があると言われています。
参照:Blockchain Bizより

上記の3つの言葉をつなぎ合わせて超簡単に訳すと、Agrello(アグレロ)は「AI(人口知能)が契約を行う当事者に合った最適で法的効力のある契約を導き出し、契約条件確認や履行までを自動的に実行させる」プロジェクトということだと思います。

Agrello(アグレロ)の特徴

Agrello(アグレロ)の特徴

簡単なセットアップ

agrelloアグレロ特徴、簡単なセットアップ

Agrelloには、グラフィカルなインタフェース、テンプレート、ウィザードが用意されており、複数の当事者間の契約を容易に公式化することができます。

法的な拘束力

agrelloアグレロ特徴 法的に保護されたコード

自動的に契約はスマートコントラクトコードに翻訳され、公的なブロックチェーンに反映されます。

並行して、自然言語で書かれた法的拘束力のある文書が作成され、デジタル署名されます。

AI(人口知能)が契約を管理

agrelloアグレロ特徴 AIが管理
※ウィキペディア:信念欲求ソフトウェアモデル(BDI)

当事者のカウンセラーとして働く人工知能のあるBDIエージェントを作成します。

Agrello(アグレロ)は契約をガイドし、当事者に法的義務と権利を通知し、自動化されて代行する契約義務を特定します。※BDIとは、よくわからないので下記を参照してください。

Agrello(アグレロ)開発チームとは

Agrello(アグレロ)開発チームとは
Agrello(アグレロ)開発チーム紹介

Agrello(アグレロ)は、エストニアの法律関係者、高レベル学術機関、情報技術専門家によって設立されました。

ビジョンは人々の関わり方と、従来の法律当局のあり方を恒久的に変貌させるデジタル契約を作ることです。

チームメンバーは規制、法律、現代技術に精通したメンバーで構成され、ブロックチェーン技術を設立早期から開発しています。

また、アドバイザーにHIKARU KUSAKAさんという日本人の方がいます。ツイッターやフェイスブックもやっているみたいです。

Agrello(アグレロ)スマート契約ソリューションは、16年超の研究とテクノロジーを支援するエストニアの法制度の45年の歴史・経験を組み合わせて作られています。

Agrello(アグレロ)の将来性は?

Agrello(アグレロ)の将来性は?

※2020年が切れてしまいすみません。画像修正のやり方がわかりませんw

2018年注目したいのは、ビジネスをアジアに拡大する事と、レンタル・ローン契約のアプリがローンチされる事です。

また、Agrello(アグレロ)は、イーサリアムのプラットフォーム上で動作していますが、2018年にMetaverse(メタバース)、Lisk(リスク)、ripple(リップル)と互換性を持つようになるとのことです。

ほんまかなぁ〜。

2019年にはNEM(ネム)にもサポートされるらしい。※一応Agrelloの公式ブログにもそのような記事が書かれてました。

このロードマップどおりにいくとすごいですが・・・。

現在のAI技術を考慮すると、このプロジェクトが実現される日はもう少し先な気がします。

このプロジェクトが実現すれば契約書はAIが勝手に良い感じに作ってくれて管理・履行まで行ってくれるし、私は使ってみたいです。なんせラクしたいですしw

Agrello(DLT)チャート※2021年2月8日現在(日足)

agrelloチャート

Agrello(DLT)購入はこちらから

Agrello(DLT)購入はこちらから

Agrello(DLT)はBINANCE(バイナンス)で購入できます。

今回はAgrello(アグレロ)の解説でした!

解説に間違い等ありましたらコメントいただければと思いますm(_ _)m

まだ、BINANCE(バイナンス)がどういう取引所か分からない方も多いと思うので、簡単にBINANCE(バイナンス)のことを書いておきます。

知っている方は、見るだけ時間の損ですw

BINANCE(バイナンス)ってどんな取引所?

BINANCE
取引所名Binance(バイナンス)
運営会社Binance Holdings Ltd.
設立年2017年
所在地セイシェル、ケイマン諸島
取引方法現物取引レバレッジ取引資産運用サービス
最大レバレッジ20倍
取引銘柄数300種類以上
取引手数料メイカー:0.1%テイカー:0.1%
入出金手数料無料
日本語対応
スマホアプリ

バイナンスの登録ユーザーは世界で9000万人以上と言われており、CoinMarketCapが独自に算出する仮想通貨取引所ランキングでも常に1位となるほど、世界最大の仮想通貨取引所です。アルトコインの取扱いは300種を超え、主要な仮想通貨はほとんど取引できるのはもちろん、豊富な資産運用方法も準備しており、ワンストップで仮想通貨取引ができるのが大きな魅力です。

また、バイナンスが発行しているバイナンスコイン(BNB)は、時価総額でも記事執筆時点の2023年3月末で第4位(CoinMarketCapランキングより)となっており、BSC(バイナンススマートチェーン)など取引所ネットワークにもかかわらず世界的にメジャーとなっているチェーンも存在するほどの企業となります。

2019年にハッキング被害があり、当時のレートで約4000万ドル相当のビットコインが盗難にあい入出金の停止を余儀なくされた事件がありましたが、この事件を踏まえてセキュリティの強化が実施されました。またバイナンスは、英国及びノルウェーの認証機関から「ISO/IEC27001規格」(情報セキュリティーに関する国際規格)から認証を受けており、仮想通貨取引所としてはバイナンスが初となります。

このバイナンスのメリット・デメリットは以下のようになります。

バイナンスのメリット
  • 世界最大のユーザー数を誇るため流動性が高く約定力が高い
  • ハッキング対策の評価が高い
  • ハッキングされても全額保証の制度を設けている
  • ISO認証を取得している健全企業
  • 初心者でも扱いやすい資産運用サービスを多数準備している
  • スマホアプリが使いやすい
  • 日本語に対応
バイナンスのデメリット
  • 仮想通貨FXは最大レバレッジ20倍
  • 日本円での入金に対応していない
  • 金融庁から警告を受けている

バイナンスを使うメリットは現在シェア、取引量では世界最大という点。「取引量が世界最大=流通量が世界最大」なので、取引のしやすさはNo.1です。

注記

2022年12月より、バイナンスの日本進出と併せてグローバルバイナンスへの日本人の新規登録ができなくなっていましたが、2023年8月1日より日本国内でのサービスが再開されました!

関連:バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

これもう見た?バイナンス、日本進出決定|サクラエクスチェンジを完全子会社化

Binance(バイナンス)についてはこちらの記事でさらに詳しい情報を解説しているので気になる方は一度見てください。

これもう見た?Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?Binance(バイナンス)のスマホアプリの使い方を徹底解説!これで迷うことなし!

これもう見た?バイナンス(BINANCE)の登録・口座開設方法を画像付きで徹底解説【PC&スマホ】

\【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF/

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次