【デリバティブDEX】DTXの特徴と使い方|エアドロップ戦略も紹介

【デリバティブDEX】DTXの特徴と使い方|エアドロップ戦略も紹介
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…

本記事では、まずDTXの最新エアドロップ情報について触れ、その後にDEXとしての特徴や各種使い方を解説します。ぜひ以下の目次から興味のある項目を読んでみてください。

目次

DTXが開催しているエアドロップ最新情報

ここでは、DTXが開催しているエアドロップ情報について解説します。エアドロップの概要はもちろん、効率よく報酬を受け取るための戦略も解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

早期アクセス者向けの「スターシッププログラム」を開催

DTXは2024年3月より、早期アクセスユーザーに対して「スターシッププログラム」の提供をスタートしました。

このプログラムに参加することで、DTXへの貢献度を示すポイント「DTX FUEL」を獲得できます。獲得できるDTX FUEL量は、DTX上での取引量・紹介数などに応じて決定されます。DTX FUELは今後独自トークン「$DTX」との交換が可能になる予定です。

今後は流動性提供者に対しても、インセンディブを与える仕組みが実装予定ですよ!

Blastが開催するエアドロップにもあわせて参加できる

DTXの利用は独自のエアドロップだけでなく、Blastが開催するエアドロップにも参加できるのがメリット。DTX上での取引や流動性の提供などによって、以下の2つのポイントを獲得できます。

Blastのエアドロップで獲得できるポイント
  • Blast Point:Blastからユーザーへ配布されるポイント
  • Blast Gold:BlastからDAppsへ配布されるポイント

Blast GoldはDAppsに対するポイントですが、DTXでは受け取ったBlast Goldの100%をコミュニティに還元。DTXで取引を進めることで、一定量のBlast Goldを受け取れます。

DTXはBlastのマルチプライヤー部門に選出されているため、他のサービスと比べてもBlast Pointの獲得量が2倍とお得に設定されています!

DTXのエアドロップ獲得戦略【2つの戦略を紹介】

DTXで効率よくエアドロップを獲得するためにも、以下の2つの戦略を実践していきましょう。

エアドロップ獲得戦略
  • 取引量を高めた上でデリバティブ取引を行う
  • SNS等を活用してDTXのユーザー招待を行う

戦略① 取引量を高めた上でデリバティブ取引を行う

DTXの公式ドキュメントでは、「取引をすればするほどFUELを獲得できる」と明記されています。取引回数を増やすのはもちろん、1回の取引量を増やすことでもFUELの獲得量UPに期待できそうです。毎日積極的に取引を繰り返し、無理のない範囲で取引量を増やしていきましょう。

新規上場キャンペーンもお見逃しなく!

DTXで開催される新規上場キャンペーンでは、対象の通貨を取引することで各種エアドロップポイントの獲得が可能。さらに取引量上位10名にUSDBの現金報酬が用意されるので、ぜひキャンペーンも活用してみましょう。

戦略② SNS等を活用してDTXのユーザー招待を行う

招待したユーザーの取引活動に応じて、さらに多くのDTX FUELを獲得できます。家族・友人をDTXに招待するだけでなく、不特定多数にDTXをアピールできるようSNSを活用した招待も行いましょう。

SNSで効率よくユーザー招待を行うためにも、DTXの特徴やエアドロップ情報などを絡めて情報発信するのがおすすめ。招待者・被招待者共に0.25%のDTX FUELボーナスを獲得できるため、お得情報もしっかりプッシュしましょう。

「どんな投稿をすればいいかわからない…」という方は、ぜひ他のユーザーがSNSでどんな投稿をしているのかチェックしてみてね!

DTXを利用する前の準備

DTXを利用する前に、以下の7つの準備を進めておきましょう。

DTXを利用する前の準備
  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. メタマスクのアカウント作成
  3. 仮想通貨取引所でETHを購入
  4. メタマスクにETHを送金
  5. メタマスクにBlastネットワークを追加
  6. ETHをBlastネットワークへブリッジ
  7. ETHをWETHへスワップ
STEP
仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設から行いましょう。「利用する取引所で迷っている…」という方は、ジナコインでおすすめの以下の国内取引所を検討してみてください。

国内取引所はトラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

STEP
メタマスクのアカウント作成

仮想通貨の管理に必須となる、「メタマスク」のアカウント作成を進めます。

メタマスクのアカウント作成手順
  1. メタマスクをインストール
  2. 新規アカウント作成を選択
  3. ウォレットのパスワード設定
  4. シークレットフレーズの確認

詳しいアカウント作成手順は、以下記事をチェックしてくださいね!

これもう見た?PC・ブラウザ版MetaMaskの使い方|登録から入金、送金方法まで解説

これもう見た?MetaMask(メタマスク)のログイン方法を解説【PC版ブラウザ】

STEP
仮想通貨取引所でETHを購入

続いて、DTXを利用する際に必要な「ETH」を購入します。

ETHの購入手順
  1. 国内取引所に日本円を入金
  2. 販売所からETHを購入

ETHの購入手順は国内取引所によっても異なります。手軽に購入を進めたいなら、以下の2社の利用がおすすめです!

これもう見た?コインチェックの始め方総まとめ!口座開設から使い方まで徹底解説!

これもう見た?GMOコインを徹底解説!特徴や口座開設から入金・送金・出金方法まで全てがわかる!

STEP
メタマスクにETHを送金

購入したETHをメタマスクに送金しましょう。

ETHの送金手順
  1. メタマスクで入金アドレスを取得
  2. 国内取引所でETHの送金作業を進める
  3. メタマスクでETHの着金を確認

詳しい送金手順や注意点などは、以下記事でチェックしてくださいね!

これもう見た?メタマスクへイーサリアムを送金する方法をPC・スマホ版で解説!

STEP
メタマスクにBlastネットワークを追加

以下の手順でメタマスクにBlastネットワークを追加してください。

Blastの追加手順
  1. 「イーサリアムメインネット」をクリック
  2. 「ネットワーク追加」をクリック
  3. Blastのネットワーク情報を入力

Blastのネットワーク追加で必要な情報は以下のとおりです。

Blastのネットワーク情報

ネットワーク名Blast
ネットワークURLhttps://blast.blockpi.network/v1/rpc/public
チェーンID81457
通貨記号ETH
エクスプローラーhttps://blastscan.io/

ネットワーク追加の詳しい流れは、ぜひ以下記事を参考にしてね!

これもう見た?MetaMask(メタマスク)のネットワーク追加方法解説【スマホ・PC版】

STEP
ETHをBlastネットワークへブリッジ

メタマスクのETHをBlast上にブリッジしましょう。

DTXはセキュリティの観点から、Blast公式サイトでのブリッジを推奨しています。Blast公式サイト経由でのブリッジは、ブリッジ量に応じてBlast Pointを獲得できる&利回りをもらえるのがメリットです。

Blast公式サイトでのブリッジ手順
DTX「Blast公式でのブリッジ」
  1. メタマスクをBlast公式サイトと連携
  2. ETHのブリッジ数量を設定
  3. ガス代を支払ってブリッジ完了

ただしガス代が20〜90ドルと高額なため、低コストでブリッジしたい場合は「Orbiter.finance」を利用しましょう。同プラットフォームであれば、1ドル未満のガス代でブリッジが可能です。

Orbiter.financeでもブリッジを行うことで、Blast Point等のポイント獲得を目指せますよ!

Orbiter.financeにアクセス後、まずはメタマスクと連携。その後、以下のようにブリッジ設定を行って「SEND」をクリックします。

DTX「ETHのブリッジ1」

続いて「CONFIRM AND SEND」をクリック。メタマスクでガス代を支払えばブリッジ完了です。

DTX「ETHのブリッジ2」
STEP
ETHをWETHに変換

DTXではETHではなく、WETHを使って取引を進めます。DTXが推奨しているスワップサービス「Thruster」を使って、ETHをWETHに変換しましょう。

ThrusterはBlastエアドロップに対応したサービス!スワップを通じて、Blast Pointを獲得できますよ!

メタマスクとの連携を進めた後、以下のように変換数量・変換先の通貨設定を進めて「Wrap」をクリックします。

DTX「ETHのスワップ2」

ETHはガス代として使うので、全部WETHに換金しないようにしてね!

最後に、確認画面から「Swap」をクリック。メタマスクでガス代の支払いを済ませて作業完了です。

DTX「ETHの変換2」

DTXの使い方【3つの使い方を紹介】

ここでは、DTXの3つの使い方について解説します。パソコンでの使い方を図解付きで手順解説するので、ぜひ一緒に作業を進めてみてください。

スマホを利用する場合

ここではパソコン版の使い方を解説しますが、スマホでの手順も基本的には同じです。スマホで利用したい方は、スマホブラウザやメタマスクのブラウザ機能を使って各種使い方を実践してみてください。

DTXのアカウント作成方法

まずは、以下の手順でDTXのアカウント作成を進めましょう。

DTXのアカウント作成方法
  1. DTXとメタマスクを連携
  2. DTXの新規アカウント作成
STEP
DTXとメタマスクを連携

まずは、以下のリンクからDTX公式サイトにアクセスします。

公式サイトにアクセス後、画面上部の「Connect Wallet」をクリック。ウォレット一覧からメタマスクを選択して、DTXとの接続設定を進めてください。

DTX「アカウント作成方法1」
DTX「アカウント作成方法2」

DTX公式サイトとメタマスクの連携完了後、ホーム画面の「Trader Now」をクリックしましょう。

DTX「アカウント作成方法3」
STEP
DTXの新規アカウント作成

続いて取引画面が開くので、画面右の「Go to Create」をクリック。

DTX「アカウント作成方法4」

画面下の「Create Account」をクリックすると、メタマスクが起動します。ガス代の支払い設定を済ませれば、新規アカウント作成完了です。

DTX「アカウント作成方法5」
DTX「アカウント作成方法6」

これで、DTXを使って取引をする準備が整いました!

DTXのデリバティブ取引方法

DTXのデリバティブ取引は他のDEX同様、以下の3ステップでシンプルに進められます。

DTXのデリバティブ取引方法
  1. 通貨ペアの設定
  2. 新規注文の設定
  3. ポジションの決済
STEP
通貨ペアの設定

まずはメニューから「Trade」をクリックし、画面上部の通貨ペアをクリックしましょう。

DTX「デリバティブ取引手順1」

DTXで取り扱う通貨ペアが表示されるので、任意の通貨ペアを選択してください。

DTX「デリバティブ取引手順2」

ここではそのまま、BTC/USDで取引を進めますね!

STEP
新規注文の設定

新規注文を進める前に、まずはDTXのウォレット内資産へのアクセスを承認しておきましょう。画面左の注文画面から「Approve」をクリック。その後メタマスクで使用上限のリクエストに承認してください。

DTX「デリバティブ取引手順3」

続いて実際に新規注文を進めます。DTXの注文画面は以下のとおり、シンプルな項目設定だけで取引を進められます。

DTX「デリバティブ取引手順4」

例)Marketの注文設定画面

① Long・Short新規注文の方向を選択
② Market・Limit注文方法(成行・指値)を選択
③ Pay担保資産と数量を設定
④ Long・Short担保資産量に応じたポジションサイズ
(Payを入力すると自動で設定)
⑤ Leverage Size取引のレバレッジサイズを設定
⑥ Slippage任意のスリッページ範囲を設定
⑦ TP/SL利確幅・損切り幅を設定

Limit注文では上記の項目に加えて、指値価格の設定が必要ですよ!

各種項目の設定を完了後、「Long Position」または「Short Position」をクリック。確認画面から「Confirm」をクリックしてガス代支払えば新規注文完了です。

DTX「デリバティブ取引手順5」
STEP
ポジションの決済

チャート画面下の「Positions」からポジション決済が可能です。「Operation」の3点リーダーをクリック後、メニューから「Close」を選択してください。

DTX「デリバティブ取引手順6」
DTX「デリバティブ取引手順7」

表示された画面で決済方法や数量を設定します。最後に「Confirm」をクリックして決済完了です。

DTX「デリバティブ取引手順8」

DTXに流動性を提供する方法

DTXに流動性を提供する手順は、次の2STEPです。

DTXに流動性を提供する方法
  1. 流動性プールを選択
  2. 提供する通貨・数量設定
STEP
流動性プールを選択

メニューから「Vault」を選択。表示された画面で提供可能な通貨が表示されるので、任意の通貨をクリックしてください。

DTX「流動性を提供する方法1」
DTX「流動性を提供する方法2」

ここでは、WETHを選択して手順を解説していきますね!

STEP
提供する通貨・数量設定

WETHを選択後、「Deposit」をクリックすれば流動性の提供を進められます。

DTX「流動性を提供する方法3」

設定画面が開くので、WETHの数量を入力して「Deposit」をクリック。最後に、メタマスクでガス代と手数料を支払いを済ませて作業完了です。

DTX「流動性を提供する方法4」
流動性の提供を解除するには?

Vault画面から「Withdraw」をクリック後、解除数量を選択して「Redeem」をクリックしてください。

DTX「流動性を提供する方法5」

デリバティブDEX【DTX】とは?【基本情報・特徴を解説】

DTX「公式サイト」

DTXの基本情報

取引所名DTX(ディーティーエックス)
サービス開始日2024年3月(メインネットベータ版ローンチ)
提供サービスデリバティブ取引
取扱銘柄50銘柄
取引手数料0.05%
入金手数料
出金手数料
最大レバレッジ100倍
追証なし
APIあり
日本語対応なし
公式Xアカウントhttps://twitter.com/0xDTX
公式サイトhttps://dtx.trade/

DTXは今注目のL2「Blast」上で展開されているデリバティブDEXです。

スリッページなしで最大100倍のレバレッジ取引が可能であり、WETH・USDBを担保にした取引を進められる点が特徴。シンプルで直感的なインタフェースにより、初心者でも取引しやすい環境を実現しています。

またDTXはBlastのエアドロップイベントの対象プラットフォームになっている点もポイント。独自トークンと交換可能なポイントを低コストで獲得できるとして、SNS上で大きく注目を集めています。

仮想通貨系YouTuber「Joe Takayama」氏がアンバサダーを務めていることからも、DTXへの信頼度が高まっていますよ!

そんなDTXの特徴は以下のとおりです。

DTXの特徴
  • 話題の「Blast」を基盤に開発されたDEX
  • オラクルベースのvAMMを採用している
  • ウォレット内資産を担保にトレードが可能
  • NFTとアカウント情報を紐付けできる
  • 使用したガス代が全額払い戻しされる

「そもそもDEXって何?」という方は、こちらの記事でDEXについて解説しているので参考にしてください。

これもう見た?仮想通貨の分散型取引所DEXとは?初心者にもわかりやすく解説!

話題の「Blast」を基盤に開発されたDEX

DTXはブロックチェーン基盤として、今話題の「Blast」を基盤に展開しています。

Blastは2024年3月にローンチした、イーサリアムのレイヤー2ソリューションです。EVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を持つほか、「ネイティブ・イールド」というユニークな機能を実装。ETHやステーブルコインをブリッジすることで自動的に利回りを受け取れます。

またエアドロップが確約されており、取引やブリッジ等のアクションで得たポイントは2024年5月に独自トークンとの交換が可能になる予定です。そうした背景から、多くの開発者やトレーダーがBlastにコミットしています。

DTXで取引するためには、ETHやUSDTなどをBlast上にブリッジする必要がありますよ!

オラクルベースのvAMMを採用している

DTXはオラクルベースのvAMMの採用により、既存のCEX・DEXの課題点を解消しているのも特徴です。

既存のマーケットメイクの課題点

オーダーブック:

  • 高い計算能力が必要
  • スリッページが大きくなりやすい
  • 流動性が分散しやすい

AMM(自動マーケットメーカー):

  • レバレッジ幅が制限されやすい
  • インセンティブ設計が複雑

対してオラクル型のvAMMではスリッページの広がりを抑えられ、注文を確実に実行できる点がメリット。さらにAMM採用型のDEXではレバレッジ倍率が抑えられがちですが、DTXなら最大100倍と資金効率が高い取引を進められます。

DTXはストレスフリーで取引できる環境が整っています!

ウォレット内資産を担保にトレードが可能

DTXはノンカストディアルを実現しているため、入金の必要性が排除されているのも特徴です。

ユーザーが行うことは、Blast上にETHやUSDTといったステーブルコインをブリッジするのみ。ブリッジしたウォレット内の資産を担保にして、50種類以上の豊富な通貨ペアを使った取引が可能です。

万が一DTXがハッキングにあっても、資金流出の心配はありませんよ!

NFTとアカウント情報を紐付けできる

DTXはNFTとアカウント情報を紐付ける革新的な機能性を提供している点も特徴です。

ERC-1155規格に準拠しているNFTは、いわば「自身のウォレットに対してサブアカウント」として機能します。ユーザーの取引履歴や資産情報の管理が可能なほか、今後は得た利益を別のプロトコルで運用するといった扱い方にも対応予定です。

NFTはDTXのアカウント作成時に発行できますよ!その際に少額のガス代が必要になるので、忘れずにETHを準備しておこう!

使用したガス代が全額払い戻しされる

DTXではユーザーが使用したガス代が全額払い戻されるのも特徴です。

新規注文や流動性の提供などで一旦ガス代負担が必要ですが、一定のガス代負担が積み上がった時点でユーザーに返金されます。具体的な返金タイミングについては、公式に確認したところ決まった時期はないとのことです。

Blastのガス代はイーサリアムと比較してもわずか数円程度でOK!

DTXでよくある質問【Q&A】

最後に、DTXについてよくある質問に回答します。

DTXではどんな手数料が必要ですか?

DTXで負担が必要な手数料は以下のとおりです。

DTXの手数料一覧

手数料負担額
取引手数料0.05%(オープン・クローズ)
資金調達手数料ポジションの保有状況によって変動
借入手数料プールの利用率・保有時間に応じて変動
執行手数料0.002ETH(約900円)

執行手数料とは、流動性提供を行う際に必要な手数料です。手数料は0.002ETHと設定されていますが、状況に応じて手数料が変動し、過剰な支払い分はユーザーに返金されます。

DTXは日本語表記にも対応していますか?

DTXは日本語表記に未対応です。必要があれば、ブラウザの翻訳機能を活用してください。

DTXは独自トークン(仮想通貨)を発行していますか?

2024年4月執筆現在、DTXは独自トークンを発行していません。

しかし、今後独自トークンとなる「$DTX」を発行する予定です。$DTXをいち早く入手するためにも、ぜひ現在開催中のスターシッププログラムに参加してみてください。

DTXはAPIを使った取引にも対応していますか?

APIには今後対応していく予定です。現状はAPIの公式ドキュメントが公開されていないため、今後の続報を待ちましょう。

DTXは現物取引にも対応していますか?

DTXは現物取引に未対応です。デリバティブ取引のみの提供である点に注意してください。

DTXはBlast以外のチェーンにも対応していますか?

執筆現在での対応チェーンはBlastのみとなります。

しかし公式Discord内の投稿によると、今後はBlast以外のチェーンでの展開も視野に入れているようです。

DTXはスマホアプリを配信していますか?

DTXはスマホアプリを配信していません。スマホから利用したい場合は、ブラウザやメタマスクのブラウザ機能を使ってアクセス・取引等を進めてください。

DTXの招待(紹介)コードはありますか?

ジナコインの招待コードは「IERnZoTr」です。

しかし、DTXのアカウント作成では招待コード入力のタイミングがありません。ぜひ以下リンクからDTXの登録を進めて、被招待者としてDTXを利用してみてください。

招待コードの発行方法は?

DTXのアカウント作成後、ダッシュボードに移動すれば招待コードを取得できます。

DTX「招待リンクの確認方法」

DTXでポジションを閉じられないのはなぜですか?

「insufficient balance」と表示される場合、ガス代のETH不足が原因です。ETHをウォレットに入金したうえで、再度決済を進めてみてください。

DTXの最新情報の入手方法は?

最新情報を入手する際は、ぜひ以下サイトを活用してください。

まとめ

あらためて、DTXのエアドロップ情報や特徴についてまとめます。

DTXについてのまとめ
  • 2024年3月にローンチした「Blast」上で展開するデリバティブDEX
  • オラクルベースのvAMM採用で、既存のDEXよりも優れた取引環境を実現
  • 入金の必要性がなく、ウォレット内資産を担保にして取引を進められる
  • サブアカウントとして機能するNFTで、取引情報や資産情報を管理できる
  • DTX上のエアドロップだけでなく、Blastのエアドロップにも参加できる
  • 取引量&取引回数を高める、SNSを使ったユーザー招待などの戦略が有効

DTXは操作性やUIがシンプルながら、低コストから高レバレッジ取引を進められるDEXです。まだ新興のDEXではあるものの、人気投資家たちがアンバサダーであることから、「信頼性を感じる」といった声もSNS上で見られます。

またDTXの利用がBlast上のエアドロップにもつながっている点が魅力です。Blastのエアドロップ参加を検討している方は、DTXも触れてみてはいかがでしょうか。ぜひこの記事を参考に、DTXでデリバティブ取引を始めてみましょう!

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次