MetaMask(メタマスク)のネットワーク追加方法解説【スマホ・PC版】

MetaMask(メタマスク)ネットワーク追加方法
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法を画像付きで解説【PC・スマホ】
  • メタマスクに対応するネットワーク一覧表も記載
  • メタマスク使用時・ネットワーク追加時の注意点も合わせて解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

【MetaMask(メタマスク)対応】各チェーンのネットワーク設定値一覧表

【MetaMask(メタマスク)対応】各チェーンのネットワーク設定値一覧表

メタマスク対応主要ネットワーク一覧

ネットワーク名概要
BSC(バイナンススマートチェーン)バイナンスの独自ブロックチェーン。
Polygon(ポリゴン)イーサリアム上に構築されている、イーサリアムのサイドチェーン。
Fantom(ファントム)手数料が安いく、取引処理が速いブロックチェーン。
Avalanche(アバランチ)dApps(分散型アプリケーション)構築用のプラットフォーム。こちらも低コスト且つ、取引処理が速い。
Harmony(ハーモニー)スケーラビリティ、セキュリティ、分散化の3つを同時に解決しようとしているブロックチェーン。
Astar Network
(アスターネットワーク)
日本初のパブリックブロックチェーン。最近ではdocomoと提携することを発表。
Arbitrum(アービトラム)イーサリアムのスケーラビリティ問題の解決を目的としたチェーン。ポリゴン同様、イーサリアムのL2ブロックチェーン。
Godwoken Polyjuice
(ゴッドウォークン・ポリジュース)
Nervos Network上に構築された、L2ブロックチェーン。
HECO Chain
(フォビエコチェーン)
仮想通貨取引所「Huobiジャパン」の独自ブロックチェーン。
KCC(クーコインコミュニティチェーン)大手仮想通貨取引所「KuCoin」の独自ブロックチェーン。
xDai(エックスダイ)ステーブルコイン「xDai」がネイティブ通貨になっている、業界初のステーブルコインチェーン。
OKEx Chain
(オーケーイーエックスチェーン)
香港の取引所「OKEx」の独自ブロックチェーン。

MetaMask(メタマスク)は「人気を超えて、定番」となっている、イーサリアム系のウォレットです。以下、メタマスクと表記

定番となっている理由は次のような特徴を持っているからです。

メタマスクの特徴
  • 利用ユーザー数3000万人越え
  • 仮想通貨・NFTの保管が特徴
  • 多くのNFTマーケットプレイス・DeFiサービスに対応
  • 無料で利用可能&本人確認なし
  • 多くのチェーンに対応
  • トークンのスワップ機能
  • ガス代を自分で調整できる

この特徴の中で特に多くのチェーンに対応している点がメタマスクを定番にした一番の要因と言えるでしょう。

しかし、イーサリアム以外のチェーンを使用する場合は設定が必要となり、初めてメタマスクを使う方には若干の抵抗となっている部分は否めません。

そこで、この記事では「メタマスクにネットワークを追加する方法」について解説しています。また、同時に上記の主要チェーンのネットワーク設定に必要な情報も掲載しました。

この記事を読めばDEXDeFiの利用、NFTゲームNFTの購入などでメタマスクを使用する際、スムーズにネットワークを追加して利用できるようになるのでぜひ最後まで一気に読んでください。

まず最初に上記の表に記載した「主要12ネットワークの設定値」を以下で紹介します。

実際にメタマスクにネットワークを追加する際はこの記事をブックマークしておき、各設定値をコピペすると間違いが少ないはずですよ。

なお、メタマスクの準備などはこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

これもう見た?MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

これもう見た?MetaMask(メタマスク)をスマホで使うには?ダウンロードから使い方まで徹底解説

BSC(バイナンススマートチェーン)のネットワーク設定値

BSC(バイナンススマートチェーン)
ネットワーク名Smart Chain
新規RPC URLhttps://bsc-dataseed.binance.org/
チェーンID56
通貨記号BNB
ブロックエクスプローラーのURLhttps://bscscan.com

バイナンスの独自のブロックチェーン。以前まではBSC(バイナンススマートチェーン)という名前でしたが、現在ではBNB Chainに改名されました。

イーサリアム上にDappsが多く開発され「取引処理スピード」や「手数料の高さ」が問題視されていた所に、バイナンスが「取引所処理が早く、手数料が安いブロックチェーン」を開発したことで、大きな注目を集めました。

具体的な利用シーンとしては「BNB」「BUSD」等、バイナンス系の通貨をメタマスクに送る際や、「パンケーキスワップ」などのDeFiサービスを利用する際に追加が必要になります。

バイナンスの情報やBSCのエコシステムなどについてはこちらで解説しています。

これもう見た? Binance(バイナンス)の評判は?メリット・デメリットから評価!口コミも調査

これもう見た?BSCのエコシステム一覧と注目すべきDAppを完全解説!

これもう見た? PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・始め方を図解付きで徹底解説!

Polygon(ポリゴン)のネットワーク設定値

Polygon(ポリゴン)
ネットワーク名Polygon Mainnet
新規RPC URLhttps://polygon-rpc.com/
チェーンID137
通貨記号MATIC
ブロックエクスプローラーのURLhttps://polygonscan.com/

Poiygonチェーンは、イーサリアムの課題である「処理速度」と「高いガス代」を解決した、イーサリアムのサイドブロックチェーンです。

海外大手NFTマーケットプレイスでは、基本的にイーサリアム上でNFTが発行されますが、一部ポリゴン上で発行されているNFTも存在します。

ポリゴン上で発行されたNFTは「手数料がかなり安い」くなります。そのため、イーサリアムの次にポリゴンも需要が高くなっています。

PoiygonはNFT以外にもエコシステムが非常に発展しているチェーンのため、メタマスクに追加は必須のチェーンの一つと言えるでしょう。

Fantom(ファントム)のネットワーク設定値

Fantom(ファントム)
ネットワーク名Fantom Opera
新規RPC URLhttps://rpc.ftm.tools/
チェーンID250
通貨記号FTM
ブロックエクスプローラーのURLhttps://ftmscan.com/

Fantomは、ブロックチェーンの「トリレンマ問題」を解決する為に開発されたブロックチェーンです。

トリレンマとは「スケーラビリティ(取引処理速度)」「安全性」「分散性」の3つを同時に実現できない問題のことを指します。

例えばビットコインや、イーサリアムは「分散性」「安全性」には優れていますが、「スケーラビリティ性」に問題を抱えています。

そこで分散性・安全性を保ちながらも、スケーラビリティを早める為に生まれたのが、Fantomチェーンです。

その性能の高さから「イーサリアムキラー」と呼ばれているチェーン。主にFTM( ファトムの基軸通貨)に投資したい場合や、Fantom上のDEXを利用したい時などに、メタマスクにネットワークを追加する必要があります。

Fantom上のDEXで人気・有名なものだと「SpookySwap」などが挙げられます。

これもう見た? 仮想通貨の分散型取引所DEX(ディーエックス)とは?初心者にもわかりやすく解説!

Avalanche(アバランチ)のネットワーク設定値

Avalanche(アバランチ)
ネットワーク名Avalanche C-Chain
新規RPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID43114
通貨記号AVAX
ブロックエクスプローラーのURLhttps://snowtrace.io/

Avalancheは、分散型金融(DeFi)のプラットフォームを目指すパブリックブロックチェーンです。

イーサリアムがDapps開発プラットフォームとして生まれたブロックチェーンですが「取引処理スピード」「手数料の高騰」などから、DeFiを利用するプラットフォームとしては、適しているとは言えない状態です。

そこで、スケーラビリティ問題を解決するDeFiプラットフォームとして開発されたのがAvalancheです。

イーサリアムが秒間15トランザクションを処理するのに対し、Avalancheは秒間4500トランザクションを処理します。

このことからAvalancheも「イーサリアムキラー」と呼ばれており、イーサリアムキラーと呼ばれるチェーンの中で、特に成長しています。

DeFiサービスだと「Trader Joe」「Benqi」などが人気です。

これもう見た? Trader Joeとは?始め方・使い方を徹底解説!【Avalanche DEX】

Harmony(ハーモニー)のネットワーク設定値

Harmony(ハーモニー)
ネットワーク名Harmony Mainnet
新規RPC URLhttps://api.harmony.one
チェーンID1666600000
通貨記号ONE
ブロックエクスプローラーのURLhttps://explorer.harmony.one/

Harmonyは、ユーザーがスケーラブルで相互運用可能なdAppsを作り、デジタル資産を作成・共有・取引すること、を目指しているブロックチェーンです。

バイナンスのベンチャーキャピタルから約5億円を調達しており、注目しておくべきプロジェクトと言えるでしょう。

Harmonyも「分散性」「安全性」「スケーラビリティ性」の3つ、トリレンマを解決すると、主張しているプロジェクトです。

それ以外にも「相互運用性」にも力を入れていて「クロスチェーン・マルチチェーン機能」を実装しています。この機能により「BTCやETH、BNB」などの異なるチェーンの通貨同士で取引できる様になります。

Harmonyでは「DeFi Kingdom」という、RPGゲームの形で利用できるDeFiサービスが用意されています。

Astar Network(アスターネットワーク)のネットワーク設定値

Astar Network (アスターネットワーク)
ネットワーク名Astar
新規RPC URLhttps://evm.astar.network/
チェーンID592
通貨記号ASTR
ブロックエクスプローラーのURLhttps://astar.subscan.io

日本初のパブリックブロックチェーンとなる、Astar Network。

Astar Networkは「ポルカドット」という「異なるブロックチェーン間の相互運用性を強化すること」を目的にしたチェーンに接続しているブロックチェーンです。

ポルカドットに接続したチェーンは、他の接続チェーンとやり取りを行ったり、ポルカドットの高いセキュリティを付与してもらう等の、恩恵を受けることができます

ポルカドットに接続できるチェーンは「100個まで」と決められており、AstarNetworkは世界で3番目に接続権を獲得しました。

最近では「docomo」とWeb3の普及において協力して取り組むことを発表しており、国内でかなり存在感が大きくなってきています。

Arbitrum(アービトラム)のネットワーク設定値

Arbitrum(アービトラム)
ネットワーク名Arbitrum One
新規RPC URLhttps://rpc.ankr.com/arbitrum
チェーンID42161
通貨記号ETH
ブロックエクスプローラーのURLhttps://arbiscan.io/

ArbitrumもPoiygonと同じ様に、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンです。イーサリアムのガス代(送金手数料)高騰問題を解決する為に開発されました。

元々、処理能力がメインのイーサリアムに制限されてしまい「手数料が抑えられない」といった残念な特徴を持ったブロックチェーンでした。

しかし、2021年8月に「Arbitrum One」というネットが発表され「取引処理スピード」と「手数料」が大きく改善されました

Arbitrumは現在「取引処理 → 4,500回/秒」手数料は従来の1/50を実現させているチェーンになります。

また「Arbitrum Nitro」というアップデートも予定されていて、実装が完了すると「処理速度が20~50倍にUP」「手数料が格段に安くなる」と発表されています

レイヤー2プロジェクトでは、Arbitrumがシェア率を約50%を占める程ですし、レイヤー2プロジェクトの中でかなり期待できるチェーンです。

Godwoken Polyjuice(ゴッドウォークン・ポリジュース)のネットワーク設定値

Godwoken Polyjuice (ゴッドウォークン・ポリジュース)
ネットワーク名Godwoken Polyjuice Mainnet
新規RPC URLhttps://mainnet.godwoken.io/rpc/eth-wallet
チェーンID71394
通貨記号CKB
ブロックエクスプローラーのURLhttps://www.layerview.io/

Godwoken Polyjuiceとは、相互運用性に特化したレイヤー1ブロックチェーン「Nervos Network」上の、レイヤー2ブロックチェーンです。

イーサリアムの機能を使いたいDapps開発者に「イーサリアムの利点は残しつつ、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題は無くした」ソリューションを提供することを目標にしています。

Nervos Networkはポルカドットの様に「ブロックチェーンエコシステム全体で相互運用性を実現する」というビジョンを掲げており、その目標達成にむけて重要なチェーンがGodwoken になります。

HECO Chain(フォビエコチェーン)のネットワーク設定値

HECO Chain (フォビエコチェーン)
ネットワーク名heco-mainnet
新規RPC URLhttps://http-mainnet.hecochain.com
チェーンID128
通貨記号HT
ブロックエクスプローラーのURLhttps://hecoinfo.com

HECO Chainは、フォビグループが2020年12月にグローバル向けに正式ローンチした独自のパブリックブロックチェーン。

イメージとしては、バイナンスのBSCと似たブロックチェーンと考えるとわかりやすいです。こちらのチェーンも、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決する為に開発されました。

HECO Chainはイーサリアムと互換性を持っており、イーサリアム上のDappsをHECO Chain上に移すことが可能。

また、クロスチェーンにも対応しており、異なるブロックチェーン上の通貨同士で取引を行うことも可能になります。

KCC(クーコインコミュニティチェーン)のネットワーク設定値

KCC(クーコインコミュニティチェーン)
ネットワーク名KCC-MAINNET
新規RPC URLhttps://rpc-mainnet.kcc.network
チェーンID321
通貨記号KCS
ブロックエクスプローラーのURLhttps://explorer.kcc.io/en

こちらはKCSとKuCoinのファンコミュニティによって構築された、高性能の分散型パブリックブロックチェーンです。

手数料が安く、高速なチェーンをコミュニティユーザーに提供することを目的に開発されました。

こちらのチェーンも、バイナンスが提供するBSCの様なイメージです。

利用ユーザーは800万人を超える程。KCCもイーサリアムと互換性があるので、イーサ上のDappsが移行しやすいです。

チェーンの基軸通貨は、KuCoinが発行するKuCoinトークン(KCS)です。そのため、KCCチェーン使用時に必要なガス代はKCSで支払うことになります。

Kucoinの詳しい情報はこちらの記事を参照してください。

これもう見た? Kucoin(クーコイン)の評判と安全性は?10のメリットと3つのデメリットを解説

xDai(エックスダイ)のネットワーク設定値

xDai(エックスダイ)
ネットワーク名xDai
新規RPC URLhttps://rpc.xdaichain.com/
チェーンID0x64
通貨記号xDai
ブロックエクスプローラーのURLhttps://blockscout.com/xdai/mainnet/

xDaiは、ETHの代わりにDAIをネイティブ通貨として採用した、ブロックチェーン初のステーブルコインチェーンです。

xDaiはDAIを利用する際のネックであるイーサリアムのブロックチェーンの送金遅れなどの問題を解決する目的で開発されました。xDaiを経由することで、今までよりも早く・安くDAIを送金することが可能になります。

特に、DeFiサービスの利用時によくDaiを使う方は、チェックしておきましょう。

現在は「イーサリアム」や「BSC(バイナンススマートチェーン)」のサイドチェーンとして機能しています。

仮想通貨DAIについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

これもう見た? 仮想通貨DAI(ダイ)とは?特徴や将来性、保有するメリットを詳しく解説

OKEx Chain(オーケーイーエックスチェーン)のネットワーク設定値

OKEx Chain (オーケーイーエックスチェーン)
ネットワーク名OKExChain Mainnet
新規RPC URLhttps://exchainrpc.okex.org/
チェーンID66
通貨記号OKT
ブロックエクスプローラーのURLhttps://www.oklink.com/okexchain/

OKEx Chainは、OKXが開発した独自ブロックチェーンです。こちらもBSCと同じ様なイメージです。

OKXは通常のCEX取引所の他に独自のDEX(分散型取引所)「OKDEx」をローンチしており、その基盤になるチェーンとしてOKEx Chainが開発されました。

OKEx Chainもイーサリアムとの互換性を持っているので、イーサリアム上に開発されたDappsが移行しやすい、という特徴も持っています。

OKDExのDeFiサービスなどを利用する際に、OKEx Chainのネットワークを追加する必要が出てきます。

開発元であるOKXの詳しい情報はこちらの記事で解説しています。

これもう見た? OKX(旧OKEX)の安全性と評判は?10のメリットと3つのデメリットで仮想通貨取引所を解説

コンテンツの誤りを送信する

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法【スマホ版】

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法【スマホ版】

それではまず、スマホアプリ版のメタマスクでネットワークを追加する方法から解説します。

行程的に若干多いですが、下記解説通りに進めれば誰でも可能なので挑戦してみてください。

STEP

メタマスクにログインして、赤枠で囲んである「ウォレット」をタップしてください。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法1
STEP

そうするとご自身のメタマスクに設定してあるネットワーク一覧が表示されるので「Add a network」をタップします。
※初めて設定する場合は「Ethereum main Netwaork」のみが表示されています。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法2
STEP

続いて「CUSTOM NETWORKS」をタップし新しいネットワーク設定画面に移動します。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法3

ちなみに「POPULAR」の欄に希望するネットワークが表示されていれば、そこから登録できます。
※表示されているネットワーク名の右にある「Add」をタップするだけで追加できます。

STEP

「CUSTOM NETWORKS」をタップすると情報入力欄が表示されるので、追加したいネットワーク情報を入力してください。

ここでは「Fantomネットワーク」を例に、追加していきます。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法4

Fantomのネットワーク設定値

ネットワーク名Fantom Opera
新規RPC URLhttps://rpc.ftm.tools/
チェーンID250
通貨記号FTM
ブロックエクスプローラーのURLhttps://ftmscan.com/
STEP

それぞれ入力が完了したら「追加」をタップします。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法5
STEP

すると、下記のポップアップが表示されるので「了解」をタップ。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法6
STEP

ここまで進めば、ネットワーク追加完了です。

追加したネットワークはメタマスクへログインした画面で「ウォレット」をタップするとネットワーク一覧に追加されているので確認できます。

【スマホアプリ版】メタマスクにネットワークを追加する方法7

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法【PC版】

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法【PC版】

次に、PC版のメタマスクにネットワークを追加する方法について解説します。

STEP

まず、メタマスクにログインして上部の「ネットワーク選択欄」から「ネットワークを追加」をクリックしてください。

※初めての場合は「イーサリアムメインネット」と記載されている部分です。

【PC版】メタマスクにネットワークを追加する方法1
STEP

すると、ネットワーク情報の入力欄が表示されるので、追加したいネットワーク情報を入力していきます。

ここでは「Avalanche」のネットワークを例に、追加していきます。

【PC版】メタマスクにネットワークを追加する方法2

Avalancheのネットワーク設定値

ネットワーク名Avalanche C-Chain
新規RPC URLhttps://api.avax.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID43114
通貨記号AVAX
ブロックエクスプローラーのURLhttps://snowtrace.io/
STEP

それぞれ入力が完了したら「保存」をクリック。

【PC版】メタマスクにネットワークを追加する方法3
STEP

ここまで完了すれば、ネットワークの追加は完了です。

【PC版】メタマスクにネットワークを追加する方法4

ChainlistからMetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法

ChainlistからMetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する方法

ここまでネットワーク情報を入力してネットワークを追加する方法を紹介しましたが、実は「ChainList」と言うサイトを利用するとメタマスクへのネットワーク追加が非常に簡単にできてしまいます

また、同時に入力間違いでネットワーク追加が上手くいかない等も防げるので利用してみてください。

ChainListの使い方は以下の手順となります。

ChainListはスマホでもアクセスでき、接続・チェーン追加手順は下記の解説と一緒になります。

STEP

手順は最初に下記リンクからChainListにアクセスします。

【ChainListサイトはこちら】

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法1
STEP

アクセスしたら、画面左上の「Connect Wallet」をクリック。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法2
STEP

メタマスクが起動するので「次へ」をクリックしてください。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法3
STEP

続いて「接続」をクリックします。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法4
STEP

接続が完了したら、画面上部の検索窓から「追加したいネットワーク名」を入力して検索してください。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法5

一覧から選んでもOKです。

STEP

すると、下記の様にネットワークが表示されるので「Connect Wallet」をクリック。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法6
STEP

続いて「Add to MetaMask」をクリックしてください。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法7
STEP

メタマスクが起動するので「承認」をクリック。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法8
STEP

その後「ネットワークを切り替える」をクリックすれば、ネットワークの追加が完了します。

Chainlistを使ってメタマスクにネットワークを追加する方法9

コンテンツの誤りを送信する

MetaMask(メタマスク)のネットワーク変更・削除方法

MetaMask(メタマスク)のネットワーク変更・削除方法

メタマスクにネットワークを追加する方法について理解ができたら、次は「ネットワーク変更方法・削除方法」の2つについて解説していきます。

ネットワークの追加・変更・削除ができれば、メタマスクのネットワーク操作で困ることはないはずです。

それではそれぞれの手順を以下で解説していきます。

メタマスクのネットワークを変更する方法

STEP

メタマスクのネットワークを変更する方法は、まずメタマスク「選択ネットワーク欄」をクリックします。

メタマスク ネットワーク変更方法1
STEP

その後、追加したネットワークが一覧表示されるので、希望するネットワークをクリック。

メタマスク ネットワーク変更方法2
STEP

すると、選択ネットワークが変更されます。これで、ネットワーク変更完了です。

メタマスク ネットワーク変更方法3

メタマスクのネットワークを削除する方法

STEP

ネットワークを削除したい場合は、まずネットワーク選択欄から削除したいネットワークにカーソルを合わせます。

すると、ネットワークの横に「×印」が表示されるので、クリックしてください。

メタマスクでネットワークを削除する方法1
STEP

すると、下記のポップアップが表示されるので「削除」をクリックすれば、ネットワークの削除が完了します。

メタマスクでネットワークを削除する方法2

仮に間違えて削除してしまったとしても、再度、先程解説した手順で設定を進めれば、ネットワークの追加は可能ですし、これまでの情報も復帰が可能です。

また、スマホでネットワークを削除したい場合は、少し手順が変わります。

STEP

まず、画面右上のメニューバーから「設定」をタップします。

【スマホアプリ版】メタマスク ネットワーク削除方法1
STEP

次に「ネットワーク」をタップ。

【スマホアプリ版】メタマスク ネットワーク削除方法2
STEP

すると、登録しているネットワークが表示されるので、削除したいネットワークを選択してください。

【スマホアプリ版】メタマスク ネットワーク削除方法3
STEP

ネットワークを選択すると、下記の画面が表示されるので「Delete」をタップすれば、ネットワークの削除が完了します。

【スマホアプリ版】メタマスク ネットワーク削除方法4

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する際の注意点

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する際の注意点

メタマスクのネットワーク操作をマスターしたら、ネットワーク追加する際・使用する際の注意点についても理解しておきましょう。

メタマスクにネットワークを追加する際の注意点は、下記の3つです。

メタマスクにネットワークを追加する際の注意点
  • 安全なリンクからメタマスクにアクセスする
  • 外出時にフリーWiFiに接続しない
  • 使い終わったらロックする

それぞれ解説します。

安全なリンクからメタマスクにアクセスする

安全なリンクからメタマスクにアクセスする

メタマスクにネットワークを追加する際の注意点1つ目は「安全なリンクからメタマスクにアクセスする」です。

なぜなら、Googleの検索結果には「偽物の詐欺サイト」が混ざっていることがあるからです。

メタマスクは過去に、検索上位に表示される「広告枠」に、詐欺サイトが表示されたことがあります。

このように、Google検索からのアクセスは少しリスクがあるのです。

オススメの方法は「Twitterのプロフィール欄のURL」からアクセスする方法です。この方法なら、比較的安全にアクセス可能です。

また、下記リンクからアクセスしてブックマークに登録しておく方法も有効なので試してみてください。

【メタマスク公式サイトリンク】

外出時にフリーWiFiに接続しない

外出時にフリーWiFiに接続しない

メタマスクにネットワークを追加する際の注意点2つ目は「外出時にフリーWiFiに接続しない」です。

なぜなら、フリーWiFiは基本的に暗号化されておらず、第三者からハッキングされる恐れがあるからです。

できれば「自宅のPCでのみメタマスクを扱う」ことが理想的です。

ただ、スマホ版メタマスクの場合は外出先で使う場合が多いと思うので、その場合は携帯会社の通信網のみを使うようにすると安全性は高くなります。

使い終わったらロックする

使い終わったらロックする

メタマスクにネットワークを追加する際の注意点3つ目は「使い終わったらロックする」です。

ロックすることで、他人に使われてしまうことや、ハッキング等に対するセキュリティレベルを上げることができます

ロックの方法は次のようになります。

STEP

ロックする方法は、メタマスクの画面右上の「アイコン」をクリックします。(スマホの場合は、左上のメニューバーをタップしてください。)

メタマスク ロック 手順1
STEP

その後「ロック」をクリックしてください。

メタマスク ロック 手順2
STEP

下記のように、ログイン画面が表示されれば、ロックが完了し、次に使うときはパスワードを入力しなければいけない状態になります。

メタマスク ロック 手順3

スマホ版メタマスクの場合は、上記の「ロック」の他に携帯本体の指紋認証やパスワード認証も併用し、スマホ紛失などを想定した対策をすることをおすすめします。

投資は自己責任の世界です。自分の資産を守るためにこの作業を癖付けておきましょう

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する際のよくある質問 Q&A

MetaMask(メタマスク)にネットワークを追加する際のよくある質問 Q&A

メタマスクへの送金時にネットワークの選択を間違えてしまった場合、通貨を取り戻すことはできますか?

基本的に取り戻すことはできません。

そのため、送金時はネットワークの選択ミスをしない様に、確認を徹底しましょう。

メタマスクのログアウトとロックに、違いはありますか?

2つの単語は同じ意味になります。現在ではロックという言葉がメタマスクで使われています。

「ロック=ログアウト」と覚えておきましょう。

メタマスクに追加できるネットワークにBTCがないということは、メタマスクでBTCを保管することはできないのでしょうか?

現状、メタマスクではBTCを取り扱うことはできません。取引所に置いておきたくない方は、別のウォレットを用意する必要があります。

ビットコインを保管できるウォレットのオススメは「Ginco」です。国内のウォレットなので、安心して利用できるはずです。

【Ginco公式サイトはこちら】

まとめ

仮想通貨投資を行う上で、メタマスクにネットワークを追加するタイミングは必ず訪れます。

設定はこの記事で解説してきたように特に難しい操作はありませんし、ネットワーク設定値もこの記事を使えば覚える必要もありません。

ただし、ネットワークを間違うや「メタマスクにネットワークを追加する際の注意点」で話したことをしてしまうと大切な資産を失うことにつながってしまうので、理解することは大前提です。

メタマスクについては本サイトでさらに詳しく解説しているので、ぜひこれらの記事を一読し、メタマスクを使いこなして仮想通貨の世界を広げていきましょう。

これもう見た? MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

これもう見た? MetaMask(メタマスク)でトークンを追加する方法をPC・スマホで徹底解説!

これもう見た? MetaMask(メタマスク)の高い手数料を安くする方法解説!ガス代節約

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次