競馬予想は新サイト「じな競馬」で公開中!じな競馬はこちらクリック

海外FX利用は違法なのか?法律の観点から徹底解説!

海外FX業者を日本人が利用するのは違法?法律の観点から徹底解説 海外FX

FXのトレードを始めたい、もしくはもう既にトレードを行っているという方でも、国内FXと海外FXでどちらが良いのか迷ってしまうかもしれません。しかも海外FX業者を利用することは違法なの?という噂を聞いたことがあるかもしれません。この記事ではそんな疑問を徹底的に掘り下げて詳しく解説していきます。

そもそも海外FXとは?

そもそも海外FXとは一体どんなサービスのことなのでしょうか?国内FXと何が違うのでしょうか?

海外FXとは、日本以外に拠点を置くFX業者を利用してFXトレードを行うこと全てを海外FXと呼びます。実際に取引する商品はFX業者によって銘柄の差異はあるものの、取引自体は外国為替証拠金取引で国内FX業者と海外FX業者で全く同じです。

つまりはドルやユーロ等を買ったり売ったりして、その取引の仲介を日本国内の業者にしてもらうか、海外のFX業者にしてもらうかの違いです。

なぜ日本国内にFXのトレードができるサービスを提供する業者がたくさん存在するにも関わらず海外FX業者を使ってトレードを行う投資家が多いのでしょうか?それは日本の法律の厳しい規制が関係しています。

日本国内のFX業者は当然ながら金融庁に登録していますので、海外FX業者と違っていろいろな日本の厳しい規制があります。逆に海外FX業者は日本の法律は適用されませんので、トレーダーにとって有利なトレードができる可能性が大いにあります。

日本国内の規制と海外FX業者のサービスを表にまとめてみましたのでご覧ください。

国内FX業者と海外FX業者の違い一覧

※FX業者によってサービスに差があります

青色が投資家にとって有利といえる事項、赤色が投資家にとって不利と言える事項

国内FX業者海外FX業者
レバレッジ25倍まで(今後10倍程度と、今よりもっと厳しくなる噂も…)業者によって差があるが2,000倍以上という業者も存在
スプレッド米ドル/日本円で1.0pips前後

米ドル/日本円で0.3pips前後 0.1pipsという業者も存在

スプレッドの種類原則固定スプレッド変動スプレッド
取引方法DD方式(ノミ行為とも呼ばれる)NDD方式(投資家の注文通りに売買を行う)
投資家とFX業者の関係性ノミ行為を行っているため、投資家の損失が国内FX業者の利益。国内FX業者は投資家に損して欲しい。投資家の敵。売買手数料で利益を出しているため、投資家に儲けてたくさん取引をして欲しい。投資家の味方。
ボーナス小額のキャッシュバック等はあるが、あまり実施していない入金金額が2倍になるキャンペーンなどかなり手厚いボーナスがある
約定力全体的に低い高い業者が多い
リクオート(約定拒否)ある(ノミ行為を行っているため、国内FXが大きく損するような取引は却下される)ない(売買手数料が海外FX業者の利益になるため、注文を拒否する必要が無い)
スリッページあるある(ほとんど無い業者も存在
追証必要(自分が入金した以上に損して借金を背負うことがある)必要無し(ゼロカットシステムを採用しており、残高のマイナス分は全て海外FX業者が補填してくれる)
取引の透明性低い(オリジナルツールが多く、レートが正しいかも不明)高い(ほぼ全社共通のツールがあり、更にNDD方式なので安心
サポート対応問題無し日本人スタッフが常駐しているかどうかで非常に大きな差がある
FX業者の信頼性高い海外FX業者によっては信頼性の低い業者も存在する
税率20%(申告分離課税)5%~45%(累進課税)

※海外に本社を持っているFX業者が日本で会社を作って日本の規制内で金融庁に登録し、サービスを提供している場合は海外FX業者と呼びません。国内FX業者と呼びます。

日本の金融庁の海外FXに対する見解は?

日本の金融庁では消費者保護の観点からいろいろな規制を行っています。

金融商品取引法に基づく登録を受けていない海外所在業者が、インターネットに日本語ホームページを開設する等により、外国為替証拠金取引(FX取引)や有価証券投資等の勧誘を行っている例が見受けられます。

また最近、海外所在の無登録業者とバイナリーオプション取引を行い、出金に応じてもらえないなどのトラブルになっている例も見られます。

日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは違法です。取引を行う前に取引の相手が登録を受けているか確認して、無登録の海外所在業者との取引は行わないよう、注意してください。

金融庁HP

要は海外FX業者とトラブルになっても、相手が海外なので追求できないから取引しないでほしいということです。

また、その理由として…

 

  • 外国為替証拠金取引は、金融商品取引法の登録を受けた業者でなければ行うことができません。無登録業者からの勧誘にご注意ください。
  • 登録を受けた業者と取引を行う場合でも、その業者の信用力を慎重に判断し、信用できる業者と取引を行ってください。
  • 外国為替証拠金取引は、比較的少額で取引できる反面、差し入れた証拠金以上の多額の損失が生じるおそれのある※1非常にリスクの高い商品です。取引の仕組みと取引に伴うリスクを十分に理解したうえで、自らの責任で適切な投資判断を行ってください。
  • FX取引は、金融商品取引法上のデリバティブ取引に該当します。日本に居住する投資者に対してFX取引を業として行うには、金融商品取引業の登録が必要です。

金融庁HP

等が金融庁の言い分です。しかしご注意ください。

※1の差し入れた証拠金以上の多額の損失が生じるおそれとありますが、預けたお金以上に損失が出るのは国内FX業者を利用した場合のみです。海外FX業者はゼロカットシステムの追証無しというシステムを採用しているため、預けた証拠金以上に損失は出ません。厳密には預けた証拠金以上に損失が出ることがありますが、それは全て海外FX業者が負担してくれるため、海外FX業者を利用した場合は、顧客が追加でお金を用意する必要は全くありません。

いつも筆者は思います。

『なぜ消費者保護を考えるなら追証無しのゼロカットシステムを国内FX業者に強制しないのだろうか?』

『顧客の注文を国内FX業者がノミ行為を行っているのを何故見過ごしているのだろうか?』

『消費者保護というより国内FX業者保護じゃないの!?』

みなさんはどう思いますか?

海外FXの利用は違法ではない!

『FX取引は、金融商品取引法上のデリバティブ取引に該当します。日本に居住する投資者に対してFX取引を業として行うには、金融商品取引業の登録が必要です。』という項目ですが、これはFX業者に対しての規制です。日本に在住する者が海外FX業者を使ってFXトレードを行うというのは全く自由なのです。

また、金融庁が出している禁止事項として

 

  • 勧誘の要請をしていない顧客に対し、訪問又は電話をかけて店頭FX取引を勧誘すること
  • 取引所FX取引又は店頭FX取引を勧誘する前に、投資者に勧誘を受ける意思の有無を確認せずに勧誘すること
  • 取引所FX取引又は店頭FX取引の勧誘を受けた投資者が、契約しない旨の意思や引き続き勧誘を受けることを希望しない旨の意思を示したにもかかわらず、勧誘を継続すること

金融庁HP

要するに、強引な勧誘は禁止ということです。これは当然といえば当然なのですが…。

もう一度言います。海外FX業者を使ってFXトレードを行うのは自由なんです。金融庁の規制は消費者が不利益を被らないためにサービスを提供するFX業者に対する規制のみです。ただし、利益が出たら納税の義務が発生します。脱税は当然ながら違法行為なので、必ず申告して納税しましょう。

各海外FX業者の対応は?

金融庁では、金融商品取引業者として登録していない海外FX業者に対して警告を出しています。しかし、海外FX業者を利用した日本人トレーダー個人が違法性を問われることはありません。

海外FX業者も日本で金融庁の登録を行えば問題無いのですが、日本の規制内だと高いレバレッジや潤沢なボーナス等の提供が不可能になります。そのため、各海外FX業者はあえて日本の金融庁の登録を受けずに利用者にメリットが出るサービスを提供しています。

日本の規制を受けていないという点だけ見れば少し不安に思う方も居るかもしれませんが、高いレバレッジや潤沢なボーナスキャンペーン等の利用者に大きなメリットがあるサービスは、日本の規制を受けていないからこそ実現している事なのです。

要は信頼性の高い海外FX業者を選ぶこと、これに尽きると思います。

 

しかし法律違反となる行為がある!

先程述べたように日本国内の投資家が海外FX業者を利用してトレードを行う事には何の違法性もありません。

しかし、海外FX業者が日本の投資家へ宣伝や勧誘することは禁じられています。また、FXであげた利益を申告せずに納税しなければ脱税となり、これは投資家本人に罰則があります。

このことについて少し掘り下げてみます。

海外FX会社が日本国内で宣伝活動をするのはダメ

海外FX業者による日本在住の投資家への宣伝や勧誘は外国証券業者に関する法律により禁じられています。

なので海外FX業者の日本語HPをよく見ると『日本在住の投資家への勧誘を目的とするものではなく、海外在住の日本人向けのページです』と書いてあります(笑)。

海外FX業者としては、日本語HPを用意しても勧誘は行っていませんよ、という事なのです。

海外FXで得た利益を申告せず日本への税金を払わない行為

これはFXに限らずですが、一定額以上の利益を稼いだ場合に、申告せず納税しないのは当然ながら違法です。

海外FX業者を利用してトレードする事自体は違法ではありませんが、その一定額以上の利益はきちんと申告して納税しなければなりません。

確定申告が必要になってくる利益額は給与所得がある人で年間20万円以上、投資を専業で行っている人で年間38万円以上の利益があると申告して納税する必要があります。よくわからない人はお近くの税理士に相談してみると良いかもしれません。

 

悪質な海外FX業者が存在することは確か!

海外FX業者と国内FX業者の違いを先程、表にして解説しました。しかし海外FX業者は確かに悪質な海外FX業者も存在します。その一方でトレーダーにとって非常に有利な海外FX業者も存在します。

悪質な行為とは、

  • いずれの金融ライセンスを取得していない(申請中も同じこと)
  • 理由なき出金拒否を行う
  • スリッページを故意に発生させる
  • 突然何もしていないのに口座を凍結する

などが一例として挙げられます。

金融ライセンスは最初から詐欺行為を働く目的なので取得しない業者が多いです。逆にいずれかの国で金融ライセンスを取得している業者はその国の金融庁から規制を受けて厳しく監督されているので、その海外FX業者が金融ライセンスを取得しているかどうかはかなり重要な確認事項になります。これは「現在申請中」ではダメです。申請だけなら誰でもとまでは言いませんが簡単にできます。

詐欺行為を働こうとする海外FX業者は故意に金融ライセンスを取得していないのです。金融ライセンスを取得している海外FX業者がトラブルを起こしてしまうと、金融ライセンスの取り消しや罰金命令などの罰則を受けることになります。

近年はSNSが非常に発達しており、出金拒否や詐欺行為を働くとすぐに拡散されます。なので賢いトレーダーの皆さんはそういった情報収集もきちんと行っていきましょう。

安心して取引できる海外FX業者の選び方

ではどうすれば信頼性の高い海外FX業者がみつけられるのでしょうか。

一番確実なのはまずは金融ライセンスを取得しているかどうかを確認することです。ただ、その海外FX業者が自社のHPに取得していないにも関わらず「〇〇国の金融ライセンスを取得しております」と書いていることがあります。きちんと調べるのなら、その海外FX業者のHPに書いてある「〇〇国」の金融統制当局の情報を確認しましょう。

金融ライセンスを取得しているのを確認した上で、更に信頼性の高くなるポイントをあげていきます。

運営歴が5年以上

日本の顧客へ向けたサービスを5年以上行っている場合も重要な指標となります。

仮に日本人顧客へ出金停止や約定拒否を行えばSNS等ですぐに拡散されます。下手したらYahooニュースにも載り、皆が知る所となり顧客は減り、運営すらままならないようになってしまうでしょう。このサービスを行っている期間は長ければ長いほど良いと思います。いわゆる実績の積み重ねですよね。

SNSなどで出金拒否の噂がない

前述したように理由も無く出金拒否を行うとみなさんSNS等ですぐに拡散されます。

そんな危険な業者には誰も口座を開設したいと思わないですよね。日本のFXユーザー数や取引量は世界レベルでも見ても多いです。そんな優良な日本市場で長く続けていこうと思えばやはり悪いことは出来ないのです。

優良な業者は国外・国内を問わず理由もなく出金拒否を行いません。

ある程度の期間、サービスを行っている業者なのにSNS等でその業者に出金拒否されたという話等の悪い噂を聞かなければ、やはり信頼のおける海外FX業者の指標の一つを満たすと見て間違いないでしょう。

日本語サポートがしっかり受けられる

こちらは英語等が堪能な人は気にならないかもしれません。しかしながらやはり日本人ですから日本語で問い合わせを行いたいですよね。これはその海外FX業者のサイトへ行けばわかります。

でも『日本語がある程度通じる』と『日本語だけで全く問題無い』あるいは『複数の日本人スタッフによるサポートがある』では、平時では全然気にならないことでも、もしトラブルがあった場合、大きく変わってきます。

本当にサポートが必要な時というのはやはりなんらかのトラブル等があった場合だと思います。そういう時に日本人スタッフが親身になって対応してくれる、筆者はそういう業者も優良な海外FX業者を見分けるポイントの一つだと思います。

ストップ狩りや約定拒否(リクオート)を行わない

ここでいうストップ狩りとは、顧客の注文が全てそのFX業者には見えているため、顧客が大損しないように出している損切のためのストップロスの注文も当然丸見えです。レートがそういったストップロス注文が多い相場に近づいた時、意図的にFX業者がレートを操作しストップロス注文を約定し、それをすぐにインターバンク市場でカバーをとって利ザヤを稼ぐ行為のことです。

国内FX業者はほとんどがDD取引/OTC(相対取引)であり、ほぼ全てストップ狩りを行っている可能性があります。しかも我々が外部からそれを完全に見抜くのは至難の業です。

我々トレーダーがOTC(相対取引)を避けるか自衛するかしかありません。

しかしそもそもそんな心配がいらない取引方法もあります。それがNDD取引(ノン・ディーリング・デスク)です。

海外FX業者の場合、NDD取引(ノン・ディーリング・デスク)を採用しているFX業者も多く、取引に対する手数料のみで収益を挙げている海外FX業者も存在します。

そういった業者は顧客の取引が多くなればなるほど取引手数料が多く入るため、約定拒否もする理由がありません。また、顧客が利益を挙げないことには次の取引に繋がらず、結果的に取引手数料も入って来ないため、顧客が利益を挙げられるようなサポートを多く行ったりもします。

しかし実際に約定拒否を行うFX業者が存在するのも事実です。

約定拒否(リクオート)とは、投資家が出した注文をFX業者が拒否する行為のことです。リジェクトとも呼ばれます。

市場の相場が急変して顧客が注文したレートとFX業者が提示しているレートに大きな差が出た時とかに起こる場合があるとされています。

仮にアナタがDD取引/OTC(相対取引)のFX会社を経営していたとしましょう。

顧客からの注文が入った→それを約定させてしまうと会社が大損をして下手したら会社が潰れてしまう。

そういう状況ならアナタならどうしますか?もしかしたら約定拒否を行ってしまうかもしれませんよね。厳密にはFX業者がインターバンク市場でカバー取引をしていれば問題ないのかもしれませんが、FX業者が儲かる時は約定させて、損をする時には約定拒否ってちょっとズルイ気がします。

スプレッドが平均より狭い

FXではBid(売値)とAsk(買値)の差がスプレッドと呼ばれます。

当然、スプレッドが広いより狭い方が利益を挙げやすいですよね。

通貨ペアによって流通量に差があり、調達コストも変わってくるためスプレッドはどの通貨ペアを選択するかによっても大きく変わります。

スプレッドの単位も「銭」と「pips」の二種類存在します。「銭」は通貨ペアの片方が日本円だった場合のみ、「pips」は日本円以外の通貨ペアの場合に使用されます。(1pips=1銭=0.01円)

また、FX業者によってスプレッドの設定は異なります。

本来、スプレッドはレートと共に小刻みに変動するものです。ですが最近は「わかりづらい」という理由から固定スプレッドが多くなっています。

固定スプレッドとはFX業者が各通貨ペアのスプレッドをそれぞれ固定しているというものです。(特殊な事情がある場合を除く)

直近ではコロナショックで外国為替市場や株式相場が大きく乱高下し、それぞれのFX業者が狭い固定のスプレッドを維持するのが困難となり、ほとんどのFX業者が固定スプレッドを中止しました。戦争や災害等が起きた時も相場が乱高下し、スプレッドが拡大する可能性があります。市場に流入する資産が減ると流通量も下がり、インターバンク市場におけるBidとAskの差(スプレッド)も拡大していくためです。

スリッページが少ない

せっかくの利益獲得のチャンスも約定拒否以外にもスリッページが発生したため利益を逃した、こういう事が起き難いFX業者を選ぶのも大切なポイントの一つです。

スリッページとは、注文した時に生じる、発注時のレートと実際に約定したレートとの差をスリッページといいます。

ではなぜスリッページが起こってしまうのでしょうか?

それは注文を確定しても実際にそれが約定するまでどうしてもタイムラグがあります。相場は常に動いているため、約定するまでの間に相場に変動が起こってしまい、実際に約定したレートと注文したレートが異なるという現象になるのです。ただ、これは顧客側にメリットになる場合もあるため、必ずしもスリッページ=悪い現象とは言い切れません。

ではどんな状況でもスリッページは発生するのでしょうか?

答えはNoです。FX業者の取引システムの処理能力やサーバーの処理能力によって大きく発生率も変わるので、『ウチではスリッページは発生しません』という心強いFX業者も確かに存在します。また、大抵の業者ではスリッページの許容範囲も設定できるため、そういったシステムを活用するのもオススメです。

しかしながらいつも意図しないレートで約定されていたのでは安心してトレードが行えませんよね。海外FX業者の中にはスリッページ発生0%やノースリッページを謳っている業者も多くあり、注目すべきポイントです。

約定力の高さを見る

FX業者が顧客からの注文を確定させる能力のことを約定力といいます。重要な経済指標が発表された直後等は注文が集中し、相場も大きく動き、発注した注文が不成立になることがあります。いくら最適のタイミングで注文を出しても、成立しなければ意味が無いですよね。

約定力は相場が大きく動く可能性のある重要な経済指標発表時などで大きく真価を問われます。いくらスプレッドが狭いFX業者を使って取引を行っても、約定力が低いとそもそも注文が成立しないという可能性があるため、大きな利益を目指せません。

前述したスリッページ発生率にも関わってきますが、約定スピードと約定率を合わせて約定力といいます。約定力が高いFX業者とは、スリッページが発生しておらず、尚且つ希望レートと異なるレートが提示されるリクオートが発生しないFX業者が約定力の高い優良な業者といえるでしょう。

※約定率=約定数÷注文数 (当然、100&%に近いほど良い)

取引コストやボーナスだけに注目して約定力の低いFX業者を選んでしまうと、大きな損失を出してしまう場合があります。○○ショック等の相場が大きく乱高下するような状況で損切したいのに約定力が低いFX業者だと売り注文が確定せず損切すらできずに更に大きな損害が出たりすることもあります。

また、短期間で小さな利益をたくさん積み重ねるスキャルピング取引では更に重要性は増します。僅かな利益が発生したタイミングで素早く注文してもその注文が約定せず利益を取り逃がすどころか、スリッページが発生して損失が出たということにすらなりかねません。

ボーナスが良いからとか、スリッページの幅が狭いからだけの理由でFX業者を選ぶことはせず、シビアに約定力を見極めることも大事なことです。

安心してトレードできるおすすめ海外FX業者3選

ここでは上述した優良FX業者の条件をクリアしているおすすめの海外FX業者をご紹介します。

XM Trading

xmロゴ

まずは海外FX業者と言えばXMTrading(エックスエムトレーディング)です。

XM Trading(以下、XMと呼ぶ)は、2009年にサービスを開始し、30言語以上対応のサポート提供によって、世界中の全レベルのトレーダーに選ばれるFX業者です。

また、2018年にはサービスの質が評価され、World Finance Magazineより2018年のベストFXブローカー、ヨーロッパ賞を受賞しています。

XM Tradingの特徴

レバレッジ倍率最大888倍
スプレッド(平均)1.7pips/ドル円、2.5pips/ユーロ円※スタンダード口座、変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨57通貨ペア
1LOTの単位10万通貨 ※スタンダード口座
両建て◯※但し、禁止になる場合もある
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり(24時間サポート)
モバイルアプリMT4・MT5
  • 人気・ユーザー数ともにNo.1の海外FX業者
  • 口座開設ボーナスを利用し入金不要でFXが始められる
  • 複数の国の金融ライセンスを取得し信頼性が高い
  • CFD銘柄のスプレッドが他海外FX業者と比較してかなり狭い
  • 資本金360億と倒産リスクが低い
  • 日本語で24時間サポートが受けられる
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 最大レバレッジ888倍で少額からFXトレードを始められる
  • リクオート&約定拒否なしで全注文の99.35%を1秒未満で執行
  • FXのオンラインセミナーやマーケット分析レポート完備
  • ロイヤリティプログラムで取引するたびにポイントが貯まり現金化もできる
  • 初回入金額500円〜と少額から取引可能
  • 日本円の入金だけではなくBitcoinでも入金可能

 

XM Tradingの口座開設ページへ(公式サイト)

※口座開設で3,000円の証拠金が貰えるキャンペーン+入金ボーナスキャンペーン開催中

iFOREX(アイフォレックス)

iforexロゴ

iFOREX(アイフォレックス)は、1996年に設立された海外FX業者で、運営歴20年超とかなり老舗の海外FX業者です。

CySECの金融ライセンスを取得しており出金拒否等の悪評も耳にしないことからかなり信頼性が高いと言えます。

iFOREXの特徴

レバレッジ倍率最大400倍
スプレッド(平均)0.7pips/ドル円、1.2pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱通貨100通貨ペア以上
最低入金額10,000円
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット0%
約定力
入出金手数料入金無料。10万円以上の出金は月3回まで無料
日本語サポートあり
モバイルアプリ独自プラットフォーム
  • 20年を超える運営実績があり、日本人トレーダーに長年愛用されており信頼性が高い
  • 最大レバレッジ400倍、ロスカット水準0%とダイナミックなトレードができる
  • スプレッドが他業者と比較し狭い(ドル円0.7pips)
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 日本語で手厚いサポートが受けられる
  • 初回限定の入金ボーナスキャンペーンを実施しており、初めてでも始めやすい
  • 取引銘柄がかなり豊富(FX通貨ペアだけでも約100種類)
  • スマホ専用アプリで快適にトレードできる

 

iFOREXの口座開設ページへ(公式サイト)

※初回入金限定の100%入金ボーナス×40%入金ボーナスキャンペーン開催中

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)ロゴ

TitanFX(タイタンFX)は2014年よりサービスを開始した新興海外FX業者です。

運営歴5年、創業メンバーは2014年に日本人向けのサービスを終了した海外FX業者「pepperstone」の元役員で構成されており、豊富な経験や知識を持っているスタッフが運営に参画している点を考慮すると創業して日は浅いですが信頼性は担保していると言えるでしょう。

TitanFXの特徴

レバレッジ倍率最大500倍
平均スプレッド(スタンダード口座)1.33pips/ドル円、1.74pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄全74銘柄(FX通貨ペア57、金属・エネルギー8、インデックス9、)
1LOTの単位10万通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット20%
約定力
入出金手数料無料 ※国内銀行へ出金する場合約1,700円の手数料が発生する
日本語サポートあり
モバイルアプリMT4&MT5
  • スプレッドが業界最狭クラス。スタンダード口座(STP方式)のドル円スプレッド1.33pips、ユーロ円1.74pips。ブレード口座(ECN方式)のドル円スプレッド1.03pips(手数料込み)、ユーロ円1.44pipsとかなり狭い
  • 最大レバレッジ500倍と資金効率良くダイナミックにトレードできる
  • リクオートなしで約定力抜群
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • NDD方式を採用し取引の透明性が極めて高い
  • 取引制限が無くスキャルピングやEA(自動売買ソフト)が使い放題
  • 取引銘柄数75種類と豊富(FX通貨ペア57種、金属・エネルギー8種、インデックス9種)
  • 現在値に関係なく0ポイントのところに指値や逆指値(損切り&利確)を設置できる
  • 入出金方法が豊富(クレジットカード、bitwallet、海外銀行送金、NETELLER、Skrill、STICPAY)
  • 出金拒否の噂がない
  • 日本語でサポートが受けられる

 

TitanFXの公式サイトへ

海外FXの違法性に関するよくある質問(Q&A)

A.違法ではありません。日本に居住する日本人が国内FX業者、国外FX業者、どんなFX業者を利用しても違法ではありません。
A.日本人に限らず、日本に居住する人全てに対して海外FX業者が宣伝・勧誘を行うことは禁止されています。海外に居住する日本人ならこの限りではありません。海外FX業者の日本語HPには必ず『海外に居住する日本人向けのサイトです』等の表記があります。
A.いいえ、そんな事はありません。ですが確かに悪質な業者は存在します。なので、きちんと信頼できる海外FX業者を見分ける必要があります。

まとめ

この記事では海外FX業者を日本人が利用しても全く問題ないことをしっかりと説明しました。

むしろ日本国内の規制や国内FX業者の仕組みを知れば知るほどに海外FX業者が魅力的に見えます。

海外FX業者を利用して潤沢なボーナスを利用して追証無しのハイレバレッジで効率良く利益をあげてみませんか?

ただ、海外FX業者は信頼できない業者も存在しますので、そこはしっかりと見極める必要があります。

この記事が、良きパートナーとなる海外FX業者を知るお手伝いができれば幸いです。

 

コメント