Gate.io(ゲート)は出金制限される?出金できない時の対処法を解説!

Gate.io(ゲート)は出金制限される?出金できない時の対処法を解説!
この記事をざっくり言うと・・・
  • Gate.ioから出金できない原因は主に5つある!
  • 本人確認と出金申請時の入力ミスには要注意!
  • 出金できない理由が分からない時はカスタマーサポートへ連絡する!

※【当サイト限定】リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

目次

Gate.io(ゲート)で出金制限される原因と対処方法

Gate.io(ゲート)で出金制限される原因と対処方法
取引所名Gate.io
設立年2013年
所在地ケイマン諸島
運営会社Gate Technology.inc
取引方法現物取引のみ
取扱銘柄数1000種類以上
ガバナンストークンGT(ゲートトークン)
取引手数料通貨ペアによってさまざま
入出金手数料無料(ネットワーク手数料はかかります)
最大レバレッジ無し
日本語対応公式サイトはブラウザの翻訳機能により日本語表記可能ですが、メール等の問い合わせには日本語は対応していません
スマホアプリAndroid、iOS共に対応

Gate.io(ゲート)は2013年にケイマン諸島で設立された中国系の海外仮想通貨取引所です。

2022年9月現在では利用者数1000万人以上で取扱銘柄数も1000種類以上あり、取引手数料も比較的安く入出金手数料は無料でスマホアプリにも対応しているため、かなり使いやすいです。

日本人は取引制限もあり、一部日本語に対応していないところもありますがステーキングやエアドロップといった取扱サービスは使えるため、慣れれば使いやすい取引所と言えます。

Gate.ioを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

Gate.ioを利用するメリット
  • 取扱銘柄は1000種類以上ある
  • セキュリティ対策が万全にされている
  • 登録と取引が簡単にできる
Gate.ioを利用するデメリット
  • 日本語に対応していないところがある
  • アメリカ、カナダ、日本は取引規制されている

Gate.ioを利用するメリットはなんと言っても1000種類以上の銘柄がリストアップされていることです。

BTCやETHなどの主要コインはもちろん、草コインなどBinanceなど大手取引所に上場していない草コインも種類が多く取り扱っているため今後、長い目で見ればかなりの利益を得ることも期待できます。

Gate.ioを利用するデメリットで把握しておきたいのは、日本人は取引制限がありレバレッジ取引やレンディング、一部コインの購入が不可となっていることです。

レバレッジ取引をしたい方は他の取引所を利用しなればいけませんが、現物取引やステーキングなどの取扱サービスは利用できますので取引所としては使いやすいです。

Gate.ioについては以下の記事でも詳しく説明していますので参考にしてください。

これもう見たGate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見たGate.io(ゲート)の使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

この人気のGate.ioでは出金が制限される場合があります。

出金制限される主な原因は次の5つです。

出金制限される主な原因
  • 本人確認がされていない
  • セキュリティの設定変更をした
  • 最低出金額・出金限度額で申請した
  • 入力漏れ・入力ミス
  • 利用規約違反をした

それぞれの詳細について解説すると共に対策を解説していきます。

なお、Gate.ioから出金できない件についてはこちらの記事で解説しているので併せてよんでみてください。

これもう見たGate. io(ゲート)で出金できない!原因と対処方法を解説!

本人確認がされていない

本人確認がされていない

Gate.ioでは本人確認設定の有無によって出金限度額が変わります。

限度額のレベルは以下の表の通りです。

本人確認設定項目出金限度額(24時間毎)
新規口座開設時100,000USDT
KYCレベル1の認証完了時2,000,000USDT
KYCレベル2の認証完了時5,000,000USDT
KYCレベル3の認証完了時8,000,000USDT

本人確認をしていない場合は約1千万円までで、本人確認をすれば最大で約8億円まで出金可能となります。

本人確認をしていなくても入金や取引は問題無く行うことができますが、さほど手間もかからずセキュリティ面の強化にもなります。

利用していくうちに出金することもあると思いますので併せて先に済ませておくと良いでしょう。

設定方法は後ほど解説します。

セキュリティの設定変更をした

セキュリティの設定変更をした

Gate.ioではアカウント保護の措置の1つとしてセキュリティ設定の変更やリセットを行った場合、出金は24時間停止されます。

把握しておくためにセキュリティ設定の種類と設定の変更方法を説明していきます。

セキュリティ設定の種類は以下の通りです。

セキュリティ設定の種類説明
ID検証本人確認の設定をする
ログイン2段階認証ログイン時の2段階認証の有無
2段階認証Google Authenticatorなどの2段階認証を設定する
メール設定するメールアドレスを設定する
ハードウェアセキュリティキーコールドウォレットの設定をする
SMS認証電話番号の設定をする
パスワードログイン時のパスワードを設定する
資産パスワード出金時などに使われる資産パスワードを設定する
フィッシング対策コードフィッシング対策コードを設定する

セキュリティ設定の変更方法は以下の通りです。

STEP
Gate.io出金制限「セキュリティ設定①」

まずはログインすると上記のような画面が表示されます。

右上の赤枠部の「アカウントマーク」の「ID検証」または「セキュリティ認証」をクリックします。

STEP
Gate.io出金制限「セキュリティ設定②」

すると本人確認とセキュリティ設定を行う画面が表示されます。

設定したい項目をクリックして設定してください。

最低出金額・出金限度額で申請した

最低出金額・出金限度額で申請した

Gate.ioでは銘柄毎に出金できる最低金額と限度額があります。

それぞれ把握した上で出金するようにしましょう。

出金申請時に最低出金額と出金限度額が表示されますので後ほど解説します。

入力漏れ、入力ミスをしている

入力漏れ、入力ミスをしている

出金申請時に入力必須項目に入力されていない、入力ミスがある場合は出金できません。

特に注意しておきたいのが出金先アドレスの入力ミスです。

入力漏れは再度入力すれば問題ありませんが間違ったアドレスへ出金すると最悪の場合、資金自体が消滅してしまうこともあります。

銀行などの送金では送金ミスが起きたとしても銀行に連絡すれば返金されますが、ブロックチェーン技術による仮想通貨の送金では記録の改ざんが不可能のため取引所に連絡しても返金はできません。

上記の理由で入力ミスは必ず防がなければいけません。

予防策としてはコピー&ペーストを行うことです。

たまに手打ちで入力しているという方も見かけます。

アドレス全てをコピーしてそのまま項目にペーストする方が入力による入力ミスを断然減らすことができ効率的です。

利用規約違反をした

利用規約違反をした

Gate.ioではアカウントの保護を目的としたリスク管理メカニズムを導入しています。

疑わしいと判断された取引については審査が入り、本人確認を設定するように求められることもあります。

規約違反ではないですが出金限度額までいかないほどの出金額を数回繰り返すと審査に引っかかる場合もありますので注意が必要です。

Gate.ioで出金制限された原因がわからなければカスタマーサポートへ連絡

Gate.ioで出金制限された原因がわからなければカスタマーサポートへ連絡

出金制限された原因が分からないまたはその他の問い合わせはカスタマーサポートへ連絡しましょう。

カスタマーサポートは年中無休で対応しており、Gate.ioのサポートスタッフができる限り早く対応してくれます。

問い合わせ方法は以下のようになります。

STEP
Gate.io出金制限「カスタマーサポート①」

ログインしたら右上の赤枠部の「アカウントマーク」の「サポートチケット」をクリックします。

STEP
Gate.io出金制限「カスタマーサポート②」

カスタマーサポートの画面が表示されますので、赤枠部の「チケット作成」ボタンをクリックします。

STEP
Gate.io出金制限「カスタマーサポート③」

リクエスト作成画面が表示されます。

赤枠部の上から「質問タイプ」を選択して「通貨コード」に該当する銘柄や通貨ペアをプルダウンから選択します。

「出金番号」に出金時に生成されるトランザクションID、「質問詳細」に問い合わせ内容を入力します。

必要があれば「スクリーンショット送信」に写真などの添付資料をアップロードします。

上記の入力が完了して「リクエスト」ボタンをクリックすると問い合わせ完了となります。

Gate.ioの出金制限を回避する確認事項

Gate.ioの出金制限を回避する確認事項

ここからはGate.ioの出金制限を回避するために確認すべき事項として「本人確認」と「出金申請での注意点」を解説します。

本人確認

本人確認

出金制限を回避するためにまずは「本人確認」をすぐに済ませておくことをおすすめします。

本人確認もしておくことでさらにセキュリティ面を強化することができます。

利用していくうちに多額の出金をすることもあると思うので先に済ませておくと良いでしょう。

やり方としては本人確認書類とご自身を撮影して提出するだけなので簡単にでき、早ければ数時間で承認されます。

本人確認の詳細なやり方については下記の記事で紹介していますので是非参考にしてください。

これもう見た仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の登録方法・2段階認証・本人確認まで図解で解説!

出金申請での注意点

出金申請での注意点

出金の大まかな流れは以下の通りです。

出金申請の流れ
  1. 自身のウォレットメニューから出金画面を開く
  2. 出金申請に必要な事項を入力する
  3. 入力情報を確認して申請を確定する
  4. リクエスト承認後、出金が完了する

この流れの中で特に注意しておきたいのが「2.金申請に必要な事項を入力する」の部分です。

前述した通り、この部分で最低出金額から出金限度額までの金額で出金が可能となります

また入力ミスがないかしっかりと確認しなければなりません。

Gate.io出金制限「出金申請」

出金申請の画面では赤枠で囲った部分の入力が必要となります。

この入力で出金制限や出金できないを予防するための注意点は下記のようになります。

出金制限を予防するための確認事項
  • ①:送金(出金先)のアドレスや仮想通貨のチェーンを確認、コピペで入力
  • ②:本人確認をしないとこの部分に表示される出金限度額が制限される、また最低出金額以下では出金できない
  • ③:Gete.ioでは「資産パスワード」と呼ばれる出金専用のパスワードがある。このパスワードを忘れると出金制限(できない)となってしまう。

出金申請の詳細なやり方については下記の記事で紹介していますので一度しっかり読んで、自分のミスで出金制限されることの内容に準備してください。

Gate.ioからの詳しい出金方法はこちらの記事で解説しているので参照してください。

これもう見たGate.io(ゲート)出金ガイド|手数料ややり方を図解で徹底解説!

Gate.io出金制限に関するよくある質問(Q&A)

Gate.io出金制限に関するよくある質問(Q&A)
日本人だから出金も制限される?

日本人としてGate.ioにて入出金することは問題ありません。

Gate.ioは日本の金融庁との関係を気にして日本人に利用制限を設けていますし、そもそも日本人がGete.ioを使うことには金融庁は規制を設けていません。

詳しくは下記の記事で解説していますので参考にしてください。

これもう見た【2022年9月】Gate.ioの日本人利用は禁止?金融庁との関係は?最新情報をお届け

出金制限は出金手数料も関係ありますか?

出金手数料は出金制限にあまり関係なく、銘柄毎に異なります。

Gate.ioの手数料の詳細については下記の記事で紹介していますので是非参考にしてください。

これもう見たGate.io(ゲート)の手数料ガイド|注意点や安くする方法も紹介

出金制限のない取引所はありますか?

基本的に出金制限のない取引所はありません。

ただし、BitFlyerなどは出金上限額を設けていない取引所もありますが、本人確認などが必要です。

基本的に各取引所の出金制限は資産保護などの目的のために設けているので、ルール通りの手続きを行えば取引に支障のある制限はないと考えて大丈夫です。

まとめ

今回はGate.ioの出金制限と出金できない時の対処法について解説しました。

出金制限される主な原因は次の5つです。

出金制限される主な原因
  • 本人確認がされていない
  • セキュリティの設定変更をした
  • 最低出金額・出金限度額で申請した
  • 入力漏れ・入力ミス
  • 利用規約違反をした

これらを回避するために事前に本人確認をしておき、出金申請時には入力ミスのないように確認する必要があります。

何よりGete.ioは理由もなく出金制限・出金拒否をする業者ではないですから「出金制限された?」と思ったのなら、冷静に本記事を参考にすると大半のことは解決できます。

ただし、それでも出金制限させた原因がわからない場合はカスタマーサポートへ問い合わせることをおすすめします。

ぜひ、この記事を参考に出金に関する心配を取り除き、Gate.ioを有効に使った仮想通貨取引をしてください。

※【当サイト限定】リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

▼Gate.ioのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見たGate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見た仮想通貨取引所Gate.io(ゲート)の登録方法・2段階認証・本人確認まで図解で解説!

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次