Swift Traderの手数料は高い?人気海外FX業者と徹底比較

Swift Trader手数料は高い?人気海外FX業者3社と比較
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


【2024年5月1日】
Swift Trader(スイフト トレーダー)サービス開始
Swift Trader(スイフト)のボーナスキャンペーン詳細情報

2024年5月1日、ボーナスと取引環境の両立という全く新しいコンセプトで海外FX業者Swift Trader(スイフトトレーダー)がサービスを開始しました。

このSwift Traderでは現在、ローンチ記念限定ボーナスキャンペーンを開催中です。

ローンチ記念限定キャンペーン
(2024年5月1日~終了日未定)

20,000円口座開設ボーナス

  • 口座開設するだけで20,000円

200%入金ボーナス

  • 入金額の200%ボーナス付与
  • 初回入金対象
  • ボーナス上限10万円

50%入金ボーナス

  • 入金額の50%ボーナス付与
  • 2回目以降の入金対象
  • ボーナス上限100万円

口座開設ボーナス、入金ボーナス共に他社にはない豪華さ!

このボーナスをもらうための口座開設は本サイトからしかできません!

ぜひこの機会にボーナスをもらい、おトクに優秀な取引環境を体験してください。

【サービス開始限定キャンペーン開催中】
\口座開設20,000円&入金200%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

▼Swift Traderローンチ記念限定キャンペーンの詳細情報はこちら▼

これもう見た?【2024年5月Swift Traderローンチ記念】20,000円口座開設ボーナス&200%入金ボーナスキャンペーン!超簡単な受け取り方を解説

▼Swift Traderの関連情報▼

これもう見た?海外FX「Swift Trader」とは?特徴や前評判|他社比較・体験レポートあり

これもう見た?海外FX口座開設ボーナス(未入金)おすすめ比較102社

これもう見た?おすすめ海外FX業者TOP10!全102社&106人へ調査

目次

Swift Traderで必要な手数料一覧表

Swift Traderで必要な手数料一覧表

2024年5月にローンチした「Swift Trader」は、豪華ボーナスや日本語による手厚いサポートが魅力の海外FX業者です。初心者でも取引しやすいプラットフォームはもちろん、安価な手数料体系もトレーダーから人気を集める要素となっています。

Swift Traderでは以下のような手数料体系をとっていますよ!

Swift Traderの手数料体系

各種手数料手数料負担
口座開設・維持手数料無料
入金手数料国内銀行送金:無料
仮想通貨入金:無料
STICPAY入金:無料
出金手数料国内銀行送金:160円(銀行振込手数料)
仮想通貨出金:無料(ガス代も含む)
STICPAY出金:無料
取引手数料(ECN口座のみ)FX銘柄:6USD
Metal銘柄:5USD
Crypto銘柄:0.1%
スプレッド各口座タイプで異なる
※取引手数料は1ロットでの往復手数料

Swift Traderがここまで安価な手数料を実現しているのは、システムの自動化で運営コストを抑えているためです。とはいえ、サポートには日本人カスタマーを常駐させており、日本人トレーダーライクな取引環境の整備には抜かりがありません。

この記事では上記で紹介したSwift Traderの各種手数料を解説し、他社との徹底比較していきます。手数料を安く抑えるコツも3つ紹介するので、ぜひ最後まで記事をご覧ください。

コンテンツの誤りを送信する

Swift Traderの手数料を人気海外FX業者3社と徹底比較

Swift Traderの手数料を人気海外FX業者3社と徹底比較

ここでは、Swift Traderの各種手数料を以下の人気海外FX業者3社と比較していきます。

Swift Traderと比較を行う海外FX業者

比較する手数料は次の5項目です。

ぜひ各種手数料の違いなどを比較検討してから、Swift Traderの利用を進めてみてください。

上記の海外FX業者についてまだ知らないという方は、ぜひ以下記事から特徴をチェックしてみてね!

これもう見た?XMTrading(XM)の評判は?5つの譲れない短所と9つの長所で評価!【2024年5月】

これもう見た?FXGTの安全性や評判は?FXGTユーザーが特徴を本音で解説!

これもう見た?Exnessの評判や安全性は大丈夫?14の長所と3の短所で海外FX業者エクスネスを丸裸【2024年5月】

口座開設・維持手数料

口座開設・維持手数料

Swift Traderの口座開設・口座維持には手数料がかかりません。

他の海外FX業者もSwift Traderと同様、口座開設手数料を徴収していないところがほとんど。しかし、海外FX業者によっては一定期間の口座放置で手数料の支払いが必要になります。

他社との口座維持手数料比較

海外FX業者口座維持手数料
Swift Trader無料
XM Trading90日以上放置で毎月10ドル
FXGT90日以上放置で初月20ドル
(以降毎月10ドル)
Exness無料

特にFXGTは初月で20ドル(約3,000円)と手数料負担がかなり重め。対してSwift Traderはノーコストで口座を維持できるので、長期間利用するのを忘れているときや事情があって取引できないときでも安心です。

Swift Traderのリアル口座なら、「一定期間が経つと口座が凍結される」といった心配がありませんよ!

入金手数料

入金手数料

Swift Traderでは3種類の入金方法を用意しており、どの方法でも入金手数料は無料です。

Swift Traderの入金方法と手数料
  • 国内銀行送金:手数料無料
  • 仮想通貨入金:手数料無料
  • STICPAY入金:手数料無料

これもう見た?Swift Traderの入金方法詳細解説|200%&50%入金ボーナスの受け取り方法

Swift Traderに限らず、他の海外FX業者でも入金手数料は無料のところがほとんどです。しかし海外FX業者の中には、入金額に応じて手数料の支払いが必要になる業者も存在します。

他社との入金手数料比較

海外FX業者入金手数料
Swift Trader国内銀行送金:無料
仮想通貨入金:無料
STICPAY入金:無料
XM Trading国内銀行送金:980〜1,500円(1万円未満の入金)
仮想通貨入金:無料
STICPAY入金:無料
FXGT国内銀行送金:無料
仮想通貨入金:無料
STICPAY入金:無料
Exness国内銀行送金:無料
仮想通貨入金:無料
STICPAY入金:無料

入金額に応じて手数料が必要になると、数千円単位での少額入金を進めにくいのがデメリットですね…。

その点Swift Traderの国内銀行送金では、入金額にかかわらず手数料は無料。最低2,000円と少額から入金できるので、お試し感覚からSwift Traderで取引を始めやすいのがメリットといえます。

出金手数料

出金手数料

Swift Traderの出金方法は入金と同じく3種類用意されていますが、出金方法によって手数料負担が異なります。

Swift Traderの出金方法と手数料
  • 国内銀行送金:160円(銀行振込手数料)
  • 仮想通貨出金:無料(ガス代を含む)
  • STICPAY出金:無料

これもう見た?Swift Traderの出金方法|出金ルールやトラブル解決方法を徹底解説

Swift Traderでは国内銀行送金を活用する場合のみ、出金手数料として160円の支払いが必要です。他社では国内銀行送金の手数料は無料であるところも多いですが、出金額に応じて高い手数料負担が必要な業者も存在します。

他社との出金手数料比較

海外FX業者出金手数料
Swift Trader国内銀行送金:160円(銀行振込手数料)
仮想通貨出金:無料
STICPAY出金:無料
XM Trading国内銀行送金:2,500円(40万円未満の出金)
仮想通貨出金:無料
STICPAY出金:無料
FXGT国内銀行送金:無料
仮想通貨出金:無料
STICPAY出金:無料
Exness国内銀行送金:無料
仮想通貨出金:無料
STICPAY出金:無料

中でもXM Tradingでは40万円未満の出金で2,500円の手数料が必要なため、少額出金では手数料負けするリスクも…。その点Swift Traderは160円の負担が必ず必要ですが、XM Tradingよりも気軽に出金しやすい点がメリットです。

仮想通貨・STICPAYは手数料無料ですが、日本円換金や自身の口座に資金移動する際に手間やコストがかかる点に注意してね!

取引手数料

取引手数料

Swift Traderではスプレッド幅が優遇されたECN口座のみ、各種銘柄での取引手数料が必要です。

ECN口座の取引手数料(1ロットでの往復手数料)
  • FX:6ドル
  • Metal:5ドル
  • Crypto:0.1%

ECN口座とは、流動性が高いインターバンク市場で直接取引できる口座のこと。市場との間に業者を挟まないので、低スプレッドでの取引が可能です!

他の海外FX業者でも、ECNを採用する口座では取引手数料が設定されています。人気の海外FX業者と取引手数料を比較してみると、以下のとおりSwift Traderの手数料負担は若干抑えられています。

他社との取引手数料比較

海外FX業者取引手数料
Swift Trader(ECN口座)FX:6ドル
Metal:5ドル
Crypto:0.1%
XM Trading(ゼロ口座)全銘柄:10ドル相当
FXGT(ECN口座)FX:6ドル
Energie:6ドル
Crypto:0.1%
Exness(ロースプレッド口座)全銘柄:7ドル
※1ロットでの往復手数料

上記の表のとおり、Swift Traderでは銘柄によって手数料負担が異なるのが特徴。全銘柄共通の手数料を設定する海外FX業者もありますが、Swift Traderなら取引銘柄次第では他社よりもローコストな取引が可能です。

他社と比べても1取引でのコストが抑えられやすいので、Swift Traderはスキャルピング専門のトレーダーの強い味方になってくれそうです!

スプレッド

スプレッド

Swift Traderは他社と比較しても十分競争力のあるスプレッド幅を実現しています。各種口座タイプによってスプレッド幅には違いがありますが、主要なFX銘柄の場合は以下のように狭いスプレッド幅での取引が可能です。

口座タイプ別の主要銘柄のスプレッド幅

スクロールできます
FX銘柄スタンダードミニマイクロプロECN
USDJPY1.92.22.61.40.8
EURUSD1.41.92.31.00.6
GBPUSD1.62.22.71.10.6
AUDUSD1.41.92.51.10.2
※単位=pips、スプレッド幅はSwift Traderが算出した平均値

スタンダードでも十分スプレッド幅は狭いですが、プロ・ECN口座の利用ならさらにスプレッドコストを抑えられます。ただし、ECN口座はスプレッドとあわせて取引手数料の負担が必要な点には注意が必要です。

人気海外FX業者とSwift Traderのスタンダード口座・ECN口座でのスプレッド幅を比較してみました!

他社との主要銘柄のスプレッド幅比較例

海外FX業者スタンダードECN
Swift TraderUSDJPY:1.9
EURUSD:1.4
GBPUSD:1.6
AUDUSD:1.4
USDJPY:0.8
EURUSD:0.6
GBPUSD:0.6
AUDUSD:0.2
XM TradingUSDJPY:2.7
EURUSD:2.1
GBPUSD:2.5
AUDUSD:2.7
USDJPY:0.4
EURUSD:0.3
GBPUSD:0.6
AUDUSD:0.9
FXGTUSDJPY:1.3
EURUSD:1.1
GBPUSD:1.3
AUDUSD:1.2
USDJPY:0.2
EURUSD:0.2
GBPUSD:0.2
AUDUSD:0.3
ExnessUSDJPY:1.1
EURUSD:1.0
GBPUSD:1.2
AUDUSD:1.4
USDJPY:0
EURUSD:0
GBPUSD:0.1
AUDUSD:0.2
※単位=pips、スプレッド幅は各業者の公式サイトを参照

スタンダード口座ではXM Tradingよりも狭いスプレッド幅を実現するものの、FXGTやExnessと比較するとスタンダード・ECNともにスプレッド幅の広さが目立ちます。しかし取引銘柄によっては両者と同程度のスプレッド幅での取引が可能です。

比較的スプレッド幅が広めな点がネックかもしれませんが、その分豪華ボーナスの提供でお得に取引できる点がSwift Traderの強みですよ!

Swift Traderのスプレッドについてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。

これもう見た?Swift Traderのスプレッドは広い?全銘柄リアルスプレッドを人気他社と徹底比較

コンテンツの誤りを送信する

【初心者必見】Swift Traderの手数料を安くするコツ

【初心者必見】Swift Traderの手数料を安くするコツ

Swift Traderで実質手数料負担が必要なのは、出金手数料と取引コストのみ。ここでは取引にかかる各種手数料に絞って、ローコストの取引で利益を追求していくためのコツを解説します。

特に資金量の少ない初心者トレーダーは小さなコスト削減が大事です。ぜひ下記内容を熟知して無駄の少ない取引に挑戦してください。

ボーナスを利用して手数料負担をカットする

ボーナスを利用して手数料負担をカットする

Swift Traderのボーナスで取引を行い、スプレッドコストをカットしていくのがおすすめ。スプレッドは新規注文時に支払いが必要になる実質的な手数料ですが、ボーナス単体の取引ならスプレッド負担を気にする必要はありません。

スプレッド幅の狭いプロ・ECN口座を利用するのも手ですが、双方の口座タイプではボーナスを受け取れません。ぜひスタンダードやミニ口座を開設して、「口座開設ボーナス単体・損失リスクなし」によるトレード経験を積みましょう。

トレード初心者の頃は負けながらトレード経験を積む必要があります。どうせ負けてしまうなら、支払うべきコストは最大限カットしましょう!

Swift Traderのボーナスキャンペーン情報はこちらの記事で逐次更新しています。

これもう見た?【Swift Traderローンチ記念】20,000円口座開設ボーナス&200%入金ボーナスキャンペーン!超簡単な受け取り方を解説

スキャルピングなどの短期トレードは経済指標発表前後の取引を控える

スキャルピングなどの短期トレードは経済指標発表前後の取引を控える

短期トレードがメインの方は経済指標発表前後の取引を控えましょう。特に米国の雇用統計や消費者物価指数など、多くの投資家が注目する経済指標発表タイミングはスプレッド幅が拡大しやすいので注意が必要です。

エントリー直後から大きな含み損で悩まされないためにも、あらかじめその日に発表される経済指標をチェックするのがおすすめ。経済指標発表前にポジションを決済しておき、市場が落ち着いてからエントリーを検討してみましょう。

経済指標発表タイミング以外にも、ファンダメンタルズ要因で突発的な値動きが出たときもスプレッド幅が拡大しやすいので注意してね!

長期トレードはスワップポイントを気にして取引する

長期トレードはスワップポイントを気にして取引する

長期トレードがメインの方はスワップポイントに注目しましょう。高金利の通貨を売って低金利の通貨を買うと、金利差分の支払い義務が生じます。仮に取引時の通貨数・ロット数が大きければ、その分コスト負担が重くなる点に注意が必要です。

またSwift Traderでは、毎週水曜日にFX銘柄のスワップポイントが3倍付与・徴収される「スワップ3倍デー」が設定されている点にも要注意。仮にマイナススワップの状態が続いていると、思わぬ損失につながるケースもあります。

USDCADのみ毎週木曜日、仮想通貨や株価指数は毎週金曜日がスワップ3倍デーに設定されていますよ!

スワップポイントによるマイナスが気になる場合は、日を跨ぐ前にポジション決済しておきます。また保有ポジションでどのくらいスワップポイントが発生するのか、前もってMT5上からチェックしておくのもおすすめです。

MT5でのスワップポイント確認手順

MT5の「気配値」からスワップポイントを確認したい通貨ペアをタップ。メニューから「詳細」を選択します。

Swift Trader手数料「スワップの確認方法1」

スワップポイントは詳細画面の「買スワップ・売スワップ」をチェックすればOKです。

Swift Trader手数料「スワップの確認方法2」

仮に1万通貨・0.01ロットUSDJPYの売りポジションを持っている場合、10,000通貨×0.01ロット×30.437で毎日約300円のスワップ支払いが必要です!

コンテンツの誤りを送信する

Swift Traderの基本情報

Swift Trader

Swift Traderの会社概要

運営会社Swift Trader Ltd
サービス名称Swift Trader(スイフト トレーダー)
設立2023年9月8日
事業者登録番号HY00923430
会社許可番号T2023364
所在地106/3 Spring St, Sydney, NSW, 2000 Australia
電話番号+61 2 8006 2422
Eメールinfo@swifttrader.com
アジアオフィス1-13A, First Floor, Paragon, Jalan Mustapha, 87000 Labuan F.T., Malaysia
金融ライセンスComorrow(コモロー)、Labuan(ラブアン)
最大レバレッジ1,000倍
※仮想通貨(暗号資産)は500倍
平均スプレッド(USDJPY)standard:2.0Pips
ECN:0.5Pips
Pro:1.4Pips
約定力
取扱い銘柄数FX:53銘柄
Metal:5銘柄
Commodities:3銘柄
Indices:9銘柄
Crypto:17銘柄
マージンコール/ロスカット80%/20%
追証なし(ゼロカットシステム採用)
取引制限なし
最小入金額2,000円
日本語サポートあり
トレードツールMT5

Swift Trader(スイフトトレーダー)は2024年5月にオーストラリアでサービスを始めた全く新しい海外FX業者です。

新興の業者と聞くと心配になる方がいると思いますが、Swift TraderはAxi創業者や業界経験の長いプロジェクトメンバーで構成され、サービス開始からComorrowの金融ライセンスを取得しているなど体制とノウハウは万全のFX業者です。

Swift Traderの最大の特徴はボーナスと取引環境の両立ができていること。

通常のFX業者でしたらどちらかに偏りがちですが、Swift Traderの場合は自動化、効率化で人員を少なくし、その分の費用をボーナスやスプレッドの狭さでユーザーに還元する準備をしています。

このSwift Traderのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

Swift Traderのメリット
  • 豊富なボーナスキャンペーンを開催
  • レバレッジ1000倍で追証なし:大胆なトレードが可能
  • 初心者から上級者まで対応している口座タイプ
  • 競争力のあるスプレッドと充実した取引銘柄
  • MT5対応で幅広い戦略を行える
  • 最低入金額2,000円:十分な入金・出金方法
  • 24時間対応の日本語サポート
Swift Traderのデメリット
  • 経営実績が無い
  • 日本の金融庁の許可は未取得

Swift Traderはボーナスの充実と取引環境の良さを併せ持った全く新しいコンセプトで誕生した海外FX業者です。

経営履歴が無い点がデメリットですが、パートナーとしてサービス開始前から関わってきた印象では十分に信頼できる体制を構築している業者と言えます。

【サービス開始限定キャンペーン開催中】
\口座開設20,000円&入金200%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

コンテンツの誤りを送信する

Swift Traderの手数料に関するよくある質問(Q&A)

Swift Traderの手数料に関するよくある質問(Q&A)

最後に、Swift Traderの手数料でよくある質問について回答します。

Swift Traderの手数料は確定申告で経費にできますか?

ECN口座での取引手数料のみ経費として計上可能です。

取引手数料以外にも、取引で使うパソコン購入費用や取引用の借入金の利息なども経費にできます。

日本円の出金手数料やスプレッド等は、経費の対象外である点に注意してください!

海外Fxの税金に関する知識はこちらの記事で詳しく解説しているので一度読んでみてください。

これもう見た?海外FXのボーナスは税金がかかる?確定申告のやり方や計算方法を解説

Swift Traderで出金手数料が安いのはSTICPAYですか?

Swift Trader以外を含む、トータルでの手数料負担を抑えられるのは「国内銀行送金」です。

STICPAY出金はSwift Trader側での手数料は不要なものの、STICPAYから国内銀行への出金に「2%+800円」の手数料がかかります。コスト重視で出金を進めたいなら国内銀行送金を活用しましょう。

仮想通貨出金も手数料は無料ですが、仮想通貨から日本円への換金コストや手間がかかりますよ。

Swift Traderの出金方法の詳細はこちらの記事で解説しています。

これもう見た?Swift Traderの出金方法|出金ルールやトラブル解決方法を徹底解説

Swift Traderで複数口座を作ったら口座作成手数料が必要ですか?

複数口座を作成しても口座作成手数料はかかりません。

ただし、リアル口座は最大10個までしか作成できない点に注意してください。

Swift Traderでの仮想通貨入出金にかかるトランザクション費用は高い?安い?

出金時のトランザクション手数料(ガス代)は無料です。

ただし、仮想通貨入金の場合は利用するネットワークによってトランザクション手数料が高くなるケースも。コストを抑えて入金したい方は、「Binance Smart Chain」を利用するのがおすすめです。

Swift TraderはXM Tradingのようにボーナスで取引コストを下げる方法がありますか?

XM Tradingのような取引コストを下げる仕組みは用意されていません。

しかしSwift Traderでは、ボーナス単体の取引によって実質コストなしでリターンを目指せます。

Swift Traderでは今後、取引ポイントをボーナスに換金して取引コストを下げる「ロイヤルティプログラム」の導入を計画しています!

Swift Traderでは資金移動や両替などで手数料が必要ですか?

資金移動・両替等での手数料は必要ありません。

誰でもノーコストで自由な資金移動・両替を進められます。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

Swift Traderで実質負担が必要な手数料は以下のとおりです。

実質負担が必要な手数料
  • 出金手数料:国内銀行送金のみ160円
  • 取引手数料:ECN口座のみ最大6ドル(往復・1ロット)
  • スプレッド:各種口座タイプにより異なる

出金手数料は削減する方法はありませんが、取引コストは工夫次第で負担を抑えられます。これからSwift Traderの利用を進めていきたい方は、まずは口座開設ボーナスを活用したコストカットを図っていくのがおすすめです。

Swift Traderでは口座開設ボーナスのほか、入金額の最大200%のボーナスがもらえる初回入金キャンペーンも開催中です。ぜひ以下リンクからSwift Traderの登録を行い、ローコストにトレード経験を積み上げていきましょう!

【サービス開始限定キャンペーン開催中】
\口座開設20,000円&入金200%ボーナス/

公式サイト:https://swifttrader.com/jp/

▼Swift Traderのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た?海外FX「Swift Trader」とは?特徴や前評判|他社比較・体験レポートあり

これもう見た?【Swift Trader】20,000円口座開設ボーナス&200%入金ボーナスキャンペーン!超簡単な受け取り方を解説

これもう見た?海外FX入金ボーナス100%~200%以上のクッションあり比較

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次