BSC運用戦略〜ガチホしながら安定して年利50%稼ぐ方法【2024年2月】

BSC運用戦略〜ガチホしながら安定して年利50%稼ぐ方法
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと・・・
  • BSCでの2024年2月時点のおすすめのDeFi運用を解説
  • BSCのプロトコルで実際に運用するところまで完全解説
  • この記事を読めば、DeFiでの運用の疑問も解決!

コンテンツの誤りを送信する

目次

BSC(バイナンススマートチェーン)の概要

BSC(バイナンススマートチェーン)の概要

BSC(バイナンススマートチェーン)の概要

名称BSC(バイナンススマートチェーン)
形態ブロックチェーン(スマートコントラクト対応)
リリース時期2020年9月
トークン規格BEP-20
基軸通貨BNB(バイナンスコイン)
エコシステムDAppの種類約5200種類(2024年1月時点)

BSCは、日本人の間でも高い人気を誇る仮想通貨の海外取引所「Binance(バイナンス)」が発行するコイン、バイナンスコイン(BNB)のためのチェーンとして開発されたものです。

もともとバイナンスコインのネイティブチェーンとしては”バイナンスチェーン”がありましたが、それの問題点を解決し、より使いやすくしたのがバイナンススマートチェーン(BSC)です。

これもう見た? バイナンススマートチェーン(BSC)とは?特徴やメリット、使い方を解説!

これもう見た? BSCのエコシステム一覧と注目すべきDAppを完全解説!

バイナンススマートチェーンは、バイナンスチェーンも含め、他のチェーンとの互換性があり、超高速取引やスマートコントラクトにも対応しているなど、仮想通貨で資産運用をしている人達にとって非常に便利で使いやすい機能が搭載されています。

では実際のところ、どうやって運用していくのか、現在(2024年2月時点)でのおすすめの運用方法を解説していきます。

コンテンツの誤りを送信する

BSC(バイナンススマートチェーン)のおすすめの運用方針

BSC(バイナンススマートチェーン)のおすすめの運用方針

仮想通貨を運用している人の大多数はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を保有しているでしょう。特にBSCを使用されている方たちの多くはBNB(バイナンスコイン)を保有している方たちも多いでしょう。ただこれらの仮想通貨を持って寝かしているだけはもったいないと思ったことはないでしょうか。

この寝かしたままだった仮想通貨たちを保有しつつ、運用していくというのがおすすめのやり方です。

では、実際に運用していくにあたって、解説していきます。

  1. レンディングプロトコルで仮想通貨を預ける
  2. 預け入れた仮想通貨を担保にステーブルコインを借りる
  3. 借り入れたステーブルコインでファーミングする

レンディングプロトコルで仮想通貨を預ける

レンディングプロトコルで仮想通貨を預ける

まずはレンディングプロトコルで仮想通貨を預けるところから解説していきます。

預け入れるプロトコルについては、TVLも多く、信頼性の高いVenusProtocol(ビーナスプロトコル)をいつもであればおすすめするのですが、2024年2月時点では、Kinza Finance(キンザファイナンス)をおすすめします。

これもう見た? ビーナスプロトコルとは?特徴や使い方・おすすめ運用方法を解説

Kinza Finance(キンザファイナンス)について

Kinza Finance(キンザファイナンス)の概要

ホームページhttps://kinza.finance/
X(元Twitter)https://twitter.com/kinzafinance
チェーンBSC、opBNB
トークン未発行
サービス形態レンディングプロトコル

Kinza Financeはセキュリティの高さだけでなく、Binancelabsから出資を受けていることも注目のポイントです。

BinanceLabsとBNBチェーンが年に2回行っている新興プロジェクトへ資金提供をするためのプログラムであるBinanceMVB(Most Valuable Builder)に選出されており、現在の時価総額も$120Mを超えています。

kinza-finance-1

Kinza Financeのトケノミクスを見ると、「Airdrop:5%」、「Community:55%」と記載されていることからも、エアドロップは確実でしょう

エアドロップには、ポイント制が採用されており、SupplyとBorrowの額に応じて、エアドロップのポイントが溜まっている仕組みになっています。ポイントについては、公式Mediumでも解説されていますので、確認してみてください。

トケノミクスの内訳
  • Team:10%
  • Investor:12%
  • Reserve:5%
  • Ecosystem:10%
  • Airdrop:5%
  • Community:55%

預け入れた仮想通貨を担保にステーブルコインを借りる

預け入れた仮想通貨を担保にステーブルコインを借りる

次に預け入れた仮想通貨を担保にステーブルコインを借りていきます。なぜステーブルコインを借りるのかというと、ドルに連動する通貨であり、価格が安定しているからです。

これもう見た? USDT・USDC・BUSDの違いは?特徴とメリット・デメリットを解説 

仮想通貨を担保に別の通貨を借りる際、注意しないといけないのがHealth factor(清算閾値)です。このHealth factorが1を下回ると清算が強制的に実行されてしまいます。

一般的なコインを借り入れる場合、そのコインの価格が急上昇してしまうと、Health factorも急激に下がってしまい、清算のリスクがあります。この清算リスクを下げるためにも、借り入れるコインはステーブルコインにする方が無難です。

それでは、Kinza Financeで実際に仮想通貨を預け、ステーブルコインを借りるところまで解説していきます。

STEP
トークンを預け入れる

まずはトークンを預け入れるレンディングを行っていきます。

レンディングはこちら

サイトを開き、右上の赤枠部の「Connect Wallet」をクリックするとウォレット接続画面が表示されます。

赤枠部の「Connect With MetaMask Extension」をクリックするとMetaMaskのポップアップが表示されるので、接続と署名をします。

kinza-finance-2

ウォレット接続が完了したら画面を下にスクロールして預け入れる仮想通貨を選択します。今回は例として赤枠部の「BNB」をクリックして預け入れていきます。

kinza-finance-3

赤枠部をクリックすると、BNBの設定画面に移行します。

kinza-finance-4

画面右側の「Supply」をクリックすると、画面中央に預け入れ設定画面が表示されるので、「Amount」に預け入れたい数量を入力して「Supply BNB」をクリックします。MetaMaskのポップアップが表示されるので、確認をクリックすると預け入れができます。

STEP
トークンを借り入れる

次にトークンを借り入れていきます。

画面を下にスクロールして借り入れる仮想通貨を選択します。今回は例として赤枠部の「USDT」をクリックして借り入れていきます。

kinza-finance-5

赤枠部をクリックすると、USDTの設定画面に移行します。

kinza-finance-6

画面右側の「Borrow」をクリックすると、画面中央に借り入れ設定画面が表示されるので、「Amount」に借り入れたい数量を入力して「Borrow USDT」をクリックします。MetaMaskのポップアップが表示されるので、確認をクリックすると借り入れができます。

預け入れたり借り入れた金額や日数が多ければ多いほどとエアドロップのポイントが付与され、ポイントの量に応じてエアドロップされます。ちなみに100ドルを1日預けると1ポイント獲得できますが、1ポイント=1KZAではないようです。

借り入れたステーブルコインでファーミングする

借り入れたステーブルコインでファーミングする

最後に借り入れたUSDTをもとにファーミングを行っていきます。ファーミングとは、ある2つの通貨でペアを作って、預け入れることで利回りを得ることです。

これもう見た?仮想通貨のイールドファーミングとは?仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説

ファーミングを行うのは、運用実績も長く、信頼性の高いPancakeSwap(パンケーキスワップ)の利用を推奨します。

これもう見た?PancakeSwap(パンケーキスワップ)の使い方・始め方を図解付きで徹底解説!

それでは、PancakeSwapで実際にファーミングするところまで解説していきます。

STEP
USDTをBUSDにスワップする
pancakeswap-1

画面上部の赤枠「トレード」を選択し、続いてスワップ(仮想通貨の交換)を選択します。

スワップする仮想通貨をUSDT→BUSDに選択した後、借り入れたUSDTの半分をBUSDに変換します。

STEP
BUSDとUSDTでファーミングを行う
pancakeswap-2

続いて、再度「トレード」を選択した後、「流動性」を選択すると、上記画面に移動します。

次に移動した後の画面で「流動性を追加」をクリックすると、流動性の追加の画面に移動します。

pancakeswap-3

流動性を追加する画面では、借り入れたUSDTと先ほどスワップしたBUSDを選択します。

続いて、USDTもしくは、BUSDの数量を入力したあと「数量を入力」をクリックすることで流動性の追加が完了します。

pancakeswap-4

最後に預け入れた流動性をファーミングしていきます。

まずは「トレード」を選択し、「ファーム」をクリックすることで上記の画面に移動します。

上記の画面で先ほど預け入れた通貨のBUSD、USDTを検索し、「BUSDーUSDT LP」を選択します。選択後、「ステーキング」をクリックし、数量を入力することでファーミングが開始されます。

コンテンツの誤りを送信する

BSC(バイナンススマートチェーン)の運用方針でよくある質問(Q&A)

BSC(バイナンススマートチェーン)の運用方針でよくある質問(Q&A)
借り入れる額はどのくらいがいいの?

預け入れた資金の半額以下を借り入れることを推奨します。

Health factorが1を下回ると強制的に清算されてしまうので、注意が必要です。

なぜステーブルコインでファーミングするのがいいの?

価格が安定しているので安定して資産を運用したい方にはステーブルコインがオススメです。インパーマネントロスも発生しないことから資産が減ることはないので、安心して資産運用できます。ただし、レンディングプロトコルの借り入れには金利が発生していますので、借り入れの金利以上のステーブルコインで運用することを推奨します。

他の通貨でファーミングしてはダメなの?

リスクを許容できるのであれば、他の通貨で運用してもよいです。

年間利回りが高いものはそれだけリスクも高いものですので、事前によく調べたうえで運用しましょう。

まとめ

今回はBSC(バイナンススマートチェーン)の最新の運用方針と実際の運用方法について解説しました。仮想通貨取引所の口座開設をして、ビットコインやイーサリアムを取引所の中に寝かせていないでしょうか?

今回紹介したDeFiでの運用方法であれば、保有しているビットコインやイーサリアムを売ることなく、安定して資産を増やし続けることが出来ます。仮想通貨運用というとリスクがあるように感じがちですが、安定して資産を増やしていく方法もあるのです。

この記事をきっかけにDeFiの世界へと足を踏み入れることの助けになれば幸いです。

コンテンツの誤りを送信する

参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次