AximTradeの入金方法について徹底解説!国内銀行送金にも対応

aximtrade(アキシムトレード)入金ガイド
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと・・・
  • AximTradeの入金方法を徹底解説
  • AximTradeの具体的な入金手順についても解説
  • この記事でAximTradeの入金に関する注意点や疑問点まで全て解決!

レバレッジ無制限を体験しよう!

公式サイト:https://www.aximtrade.com/

▼AximTradeの詳しい情報はこちら▼

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)口座開設ガイド|開設メリットから手順まで完全解説!

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)の口座タイプ4つを徹底比較!おすすめの口座も紹介

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)ボーナスキャンペーン情報

コンテンツの誤りを送信する

目次

AximTrade(アキシムトレード)の入金方法

AximTrade(アキシムトレード)の入金方法

日本からの入金手段

決済区分名称最低入金額
仮想通貨入金USDT(TRC20/ERC20/BEP20)10ドル
電子決済Perfect Money5ドル
銀行LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)5,000円

無制限レバレッジ、コピートレード等で有名なAximTradeは2022年12月より国内銀行送金が可能となり、日本からの入金方法は上記の3種類となりました。

国内銀行送金に対応したことにより、これまで国際的な送金をしたことが無かった初心者も手軽に使いやすい業者となったと言えます。

これもう見た?AximTrade、国内銀行送金での入金に対応開始

この記事では上記3種類の日本から使える各入金方法の特徴を解説すると共に、入金手順の詳細や入金の注意点など最新の情報をお届けします。

では最初に各入金方法の特徴を解説していきましょう。

USDT入金

USDT入金

仮想通貨USDTによる入金方法です。USDTはステーブルコインと言われ1USDT=1ドルとなるように調整されている仮想通貨となります。

AximTradeへの入金は「TRC20」「ERC20」「BEP20」の3種類のネットワーク規格に対応しているため、比較的使いやすい入金方法となります。

ただ、2023年1月時点では日本国内の仮想通貨取引所ではUSDTを扱っていないため、海外仮想通貨取引所を経由した入金が必要となります。

そのため、仮想通貨取引を行っている方がAximTradeを利用する際に使用する入金方法と考えると無難でしょう。

USDTについて詳しく知りたい方は本サイトの姉妹サイト「ジナコイン」で以下の記事で紹介しているので読んでみてください。

これもう見た?USDT・USDC・BUSDの違いは?特徴とメリット・デメリットを解説

PERFECT MONEY(パーフェクトマネー)

PERFECT MONEY(パーフェクトマネー)

Perfect Moneyとは、2007年に設立され、オンライン決済サービスとしては比較的長い歴史を持っています。送金手数料は0%と全く掛からず、使いやすいと非常に評判の良いサービスです。

PERFECT MONEYのメリット・デメリットは次のようにまとめることができます。

メリット:

  • 高いセキュリティを保持
  • オンラインウォレットと決済機能
  • 年金利を貰える仕組み
  • 日本語の公式サイトがある
  • 多くの国や地域で利用可能
  • 手数料が明確でお得
  • オンラインカジノサービスとの連携多数

デメリット:

  • ライセンスの保有がわからない
  • 日本円に対応していない

PERFECT MONEYは日本語に対応していますが、現状日本円の取扱いが無いデメリットがあるため、国際的な決済を多く使う方がAximtradeで利用すると利便性が高くなる入金方法です。

PERFECT MONEYの使い方などはこちらの記事で解説しているので読んでみてください。

これもう見た?Perfect Money(パーフェクト・マネー)とは?使い方も徹底解説!

Aximtrade公式サイトではSKRILL・NETELLERの入金方法も使えるとなっていますが、現状この2つのオンライン決済サービスは日本に対応していないため、実質未対応となります。

LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)

LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)

国内銀行送金は、その名の通り、国内の金融機関を介して入金を行うサービスです。入金は即時反映され、国内銀行経由となるため振込手数料以外の手数料が発生しないメリットがあります。

最低入金額が5,000円からと初心者向けの他社と比べると若干高めに設定されていますが、さほど気になる高さではありません。

出金についても国内銀行送金対応となっているため、細かく入出金を繰り返すトレーダーにとっても取り扱いやすい入金方法となります。

AximTrade(アキシムトレード)の入金手順

AximTrade(アキシムトレード)の入金手順

ここでは、日本で対応している入金方法で実際に入金を行う手順をそれぞれ解説します。

USDTを入金

USDTを入金

USDT入金では「TRC20」「ERC20」「BEP20」の3種類のネットワーク規格から自分が使うネットワークを選ぶところから入金手続きを始めます。

今回はTRC20を例に解説しますが、最初に選ぶところだけが違うだけであとは一緒です。

STEP
入金を選択→入金額を入力
AximTrade入金「USDT入金手順1」

AximTradeへUSDTを入金する場合、Aximtradeのマイページにログインしたら左側の入金をクリック。

そうすると入金方法の選択項目が表示されるのでUSDT(TRC20)を選択。入金額の入力欄が表示されるので「USDT単位」で金額を入力し「送金」をクリックします。

STEP
入金情報をコピー&ペーストで送金元へ入力
AximTrade入金「USDT入金手順2」

その後、以下のような画面に移動するので、送金元の別サイトまたはアプリにてアドレスをコピー&ペースト、もしくはQRコードを読み込んで作業を行います。

トランザクション終了後、入金が反映されます。

PERFECT MONEYを利用しての入金

PERFECT MONEYを利用しての入金

AximtradeへPERFECT MONEYを利用しての入金はマイページへログイン後、次の操作を行います。

STEP
入金額の入力
AximTrade入金「PERFECT MONEY入金手順1」

入金方法選択画面に移行してPERFECT MONEYを選択し、AximTradeへの入金額を「ドル単位」で入力。「送信する」をクリックします。

STEP
PERFECT MONEYサイトで手続き
AximTrade入金「PERFECT MONEY入金手順2」

PERFECT MONEY公式サイトへ自動的に移動するので「送金の内容」「PERFECT MONEYへのログインID・パスワード」「セキュリティ確認の数字」を入力し「お支払いプレビュー」をクリック。

確認画面が出るので「お支払い」をクリックすれば手続きが完了となります。

国内銀行送金(LOCAL BANK TRANSFER)での入金

国内銀行送金(LOCAL BANK TRANSFER)での入金

国内銀行送金は1回ごとに手続きが必要です。そのため、銀行側に振込先の登録などをしないように注意してください。

Aximtradeへの国内銀行送金での入金手順は以下のようになります。

STEP
入金額の入力
AximTrade入金「国内銀行送金入金手順1」

国内銀行送金の場合も他の入金方法と同じく「マイページ」→「入金を選択」と進み「LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)」を選択します。

「LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)」を選択後、入金額を「日本円単位」で入力し「送信する」をクリックします。

STEP
使用する銀行の選択
AximTrade入金「国内銀行送金入金手順2」

次に使う銀行の選択画面になるので表示されている銀行から振込む場合は、各銀行のマークをクリック。それ以外の銀行を使用する場合は「その他の銀行」を選択します。

STEP
お客様情報の確認
AximTrade入金「国内銀行送金入金手順3」

入金に使用する銀行を選択すると、画像のようにお客様確認のための入力が求められるので、口座開設時に登録した「名前」と「メールアドレス」を入力し「送信」をクリックします。

STEP
振込口座情報表示
AximTrade入金「国内銀行送金入金手順4」

STEP3までの操作が完了すると、振込口座情報が表示されるので、銀行側にこの情報を入力し振込すると入金手続きは完了となります。

振込名義(振込人名)部分は自分の名前ではなく、指定された番号となるので間違わないようにしてください。

コンテンツの誤りを送信する

AximTrade(アキシムトレード)への入金時の注意点

AximTrade(アキシムトレード)への入金時の注意点

AximTradeへ入金を行う際は以下の3点に注意してください。

入金時の注意点
  • 入金方法と同じ方法で出金しなければいけない
  • USDTで入金する場合、ネットワークやアドレスの選択ミスに注意する
  • 国内銀行送金では、振込人名義を指定通り記入する

ぞれぞれについて以下で詳しく解説します。

入金方法と同じ方法で出金しなければいけない

入金方法と同じ方法で出金しなければいけない

AximTradeでは入金に使った方法でしか出金できない仕様となっています。これはマネーロンダリング防止の観点から多くの海外FX業者で採用している仕様と同じです。

マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングとは日本語で「資金洗浄」と言い、違法な手段で入手したお金を架空口座や他人名義口座などを利用して移動させることによって正当に得たお金と見せかける行為のことを言います。
マネーロンダリングはFXなどの金融商品口座などを利用する場合もあるため近年規制が厳しくなっています。

基本的には入金に使った方法のみしか出金で選べないので1種類しか利用していない場合は問題ありませんが、数種類の入金方法を利用する場合は出金手順などの確認をしてから入金するようにしてください。

AximTradeのの出金方法についてはこちらの記事で解説してるので、併せて読んでみてください。

これもう見た?AximTradeの出金方法を徹底解説!国内銀行送金にも対応

USDTで入金する場合、ネットワークやアドレスの選択ミスに注意する

USDTで入金する場合、ネットワークやアドレスの選択ミスに注意する

USDTでの入金には、「TRC20」「ERC20」「BEP20」の3種類のネットワークが提供されており、それぞれ入金するためのアドレスも異なっています。

AximTrade側と、送金を行う側のサイトやアプリで異なるネットワークを選択してしまうと、AximTradeへの入金は反映されず、またその資金が戻ってくることはありません。

仮想通貨の取引所から出金する場合、最近はアドレスを入力するだけでネットワークが自動選択されることが多くなりましたが、それでもまずは少額でテスト送金を行ってみるなど十分注意しておくべきでしょう

また、Aximtradeの場合は、発行されたアドレスには15分間という時間制限があります。過去のアドレスを利用して入金しても正常に反映されることが多いですが、念のため毎回新しいアドレスをコピー&ペーストで貼り付け送金するようにしてください

国内銀行送金では、振込人名義を指定通り記入する

国内銀行送金では、振込人名義を指定通り記入する

「国内銀行送金(LOCAL BANK TRANSFER)での入金」でも話しましたが、AximTradeの場合、銀行振込の際の「振込人名義」が数字を入力するように指定されています。

AximTrade入金「国内銀行送金振込名義人」

このことを忘れて自分の名前等で振込してしまうと、入金反映までに時間が掛かったり、最悪の場合反映されないという可能性があります。

そのため、万が一間違えてしまった場合は、サポートへ連絡し、振込み時の情報などを送り対応してもらうことをおすすめします。

AximTradeへの連絡は公式サイトのチャットから行うことができます。
現状日本語ができるスタッフが少ないので、すぐに返信が来ない場合がありますが、それ以外の対応は完璧なので困ったときは利用した方が解決は早いです。

AximTrade(アキシムトレード)の基本情報

AximTrade

AximTrade会社概要

運営会社Thara Heights Owner’s Corporation
設立2010年1月14日
所在地英国領ヴァージン諸島
金融ライセンスBVI金融サービス委員会(FSC 1566389)
最大レバレッジ無制限
平均スプレッド(USD/JPY)2.3pips
約定力0.004秒
取扱い銘柄数188銘柄(2024年1月現在)
マージンコール/ロスカット60%/30%(INFINITE口座は60%/0%)
追証無し
取引制限資金量によるレバレッジ制限
最小入金額1ドル(約140円)
日本語サポート限定的
トレードツールMT4

2010年に設立されたAximTradeは最大レバレッジが無制限の口座で取引できる他社にはない魅力がある海外FX業者です。

その他にもFX業者では珍しく、コピートレードに力を入れていることも特徴です。数多くのプロトレーダーによる取引履歴をリアルタイムで公開しています。

日本へサービスを提供している法人は英国領ヴァージン諸島の金融ライセンスですが、グループでは取得が非常に難しいとされるASIC(オーストラリア証券投資委員会)の金融ライセンスを所持しているなど一定以上の安全性を確保している部分も注目すべき業者です。

近年は日本へのプロモーションも積極的で、2022年には東京で初の東京クルーズパーティを実施しています。

【AximTrade Japan【公式】Twitte:東京クルーズパーティ】

日本語対応は現状不完全ですが、日本人スタッフも増員中との事なので今後に期待が持てます。

このAximTradeのメリット・デメリットをまとめると次のようになります。

AximTradeのメリット
  • 安全性・信頼性を確保している
  • レバレッジ最大無制限での取引が可能
  • 取引スタイルに合わせた口座タイプを4種類準備
  • ロスカットシステム完備
  • コピートレードが簡単に利用可能
  • 仮想通貨などのCFD銘柄が取引可能
  • AximTradeアプリで手軽に取引が可能
AximTradeのデメリット
  • スプレッドが比較的広め
  • 取引ツールはMT4のみ、MT5は利用できない
  • 30秒以内のスキャルピングは禁止
  • 日本語サポートが限定的

AximTradeは日本での知名度はまだ低いですが、「アルファロメオF1チームの公式スポンサー」としてパートナーシップを結んでいることや、「Global Forex Awards」と言う国際的な賞を2年連続で受賞している点など、安心・信頼という点で他の業者より抜きん出ている海外FX業者です。

▼AximTradeのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)口座開設ガイド|開設メリットから手順まで完全解説!

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)の口座タイプ4つを徹底比較!おすすめの口座も紹介

【Q&A】AximTrade(アキシムトレード)の入金に関するよくある質問

よくある質問

最後に、AximTradeの入金に関する質問にQ&A形式で回答していきます。

クレジットカードでの入金には対応していますか?

現時点では対応していません。しかし、国内銀行送金への対応等日本向けサービスは充実してきているため、近く実装される可能性はあります。

ただ、クレジットカードのクレジット枠を投資商品に利用する事を禁止するクレジットカード会社が増えてきているため、基本的には他の入金方法を優先して使ったほうが確実です。

USDTで入金しましたが、入金が反映されません

まずは、ネットワークの選択や、アドレスの記載ミスが無いかどうか確認してみてください。この部分で間違っているとほぼ資金は取り返すことができません。

ネットワークの選択や、アドレスの記載ミスが無い場合は、ネットワークが混雑している場合が考えられるので待ちます。1日経っても反映されない場合は、サポートに問い合わせてみるのが良いでしょう。

入金方法によってボーナスが付与されることはありますか?

2023年1月時点では入金ボーナスキャンペーンは開催されていません。

AximTradeで過去に開催されていた入金50%ボーナスでは入金方法による制限はありませんでした。

しかし、今後開催される入金ボーナスキャンペーンでは変わる可能性もあるので、本サイトなどを利用し常に最新の情報をチェックしておくいてください。

まとめ

AximTradeでは様々な国で利用できる多くの入金方法を準備しています。その中で日本で使える入金方法は次の3種類です。

決済区分名称最低入金額
仮想通貨入金USDT(TRC20/ERC20/BEP20)10ドル
電子決済Perfect Money5ドル
銀行LOCAL BANK TRANSFER(国内銀行送金)5,000円

それぞれメジャーな入金方法であり、入金手続き方法も統一しているので比較的入金手段に困ることはないでしょう。特に国内銀行送金に対応したので、難しい国外送金の手続きや高い送金手数料を引かれる事がないのはメリットです。

ただ、「振込名義人を指定数字で記入」や「USDT入金で同じアドレスを使えない」など若干独自のルールがあるので、その部分は注意点と言えます。

AximTradeは通常口座でも3,000倍レバレッジが使え、コピートレードを利用することにより知識が少ない状態でも稼げる可能性があるなど初心者が小資金を効率よく増やす環境が整っている海外FX業者です。

ぜひ、今回新たに増えた国内銀行送金を利用してAximTradeに入金し、初心者に有利な環境でトレードを始めてみませんか。

レバレッジ無制限を体験しよう!

公式サイト:https://www.aximtrade.com/

▼AximTradeのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た?AximTrade(アキシムトレード)口座開設ガイド|開設メリットから手順まで完全解説!

これもう見た?AximTradeのコピートレードとは?やり方やトレーダーの選び方を徹底解説!

これもう見た?AximTradeの無制限レバレッジ使用条件|各口座のレバレッジや制限も解説

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次