Bitget(ビットゲット)のプロ契約とは?先物取引やコピートレードとの違いを解説!

Bitget(ビットゲット)のプロ契約とは?先物取引やコピートレードとの違いを解説!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • Bitgetのプロ契約取引はどのような取引なのかを解説
  • 旧プロ契約の先物取引・コピートレードについて紹介
  • この記事を読めば「Bitgetのプロ契約ってなに?」と悩まなくて良くなる!

【南極旅行など豪華景品】

Bitgetピザデーキャンペーン開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

Bitgetのプロ契約とは?先物取引との違い

Bitgetのプロ契約とは?先物取引との違い

Bitgetプロ契約の変化

以前の名称
プロ契約・契約取引先物取引
コピートレードプロ契約コピートレード(統合されて1つになっている)

Bitgetのプロ契約とは、先物取引の以前の呼び方のことです。現在(2024年3月時点)では、先物取引に統合されています

また、コピートレードのことを指している意味合いで「プロ契約」と使われることもあります

理由としては、以前のコピートレードは【普通】版と【プロ】版に分かれていたからです。ただ、こちらについても現在は統合されています。

そのためプロ契約という言葉は、現在のBitgetでは使われていない、と言うこととなります。

とはいえ、少し混乱している方もいると思うので、この記事では「先物取引」と「コピートレード」について詳しく解説していきます。

コンテンツの誤りを送信する

Bitgetの先物取引(旧プロ契約取引)の概要特徴

Bitgetの先物取引(旧プロ契約取引)の概要特徴

Bitgetは先物取引に向いている取引所として、多くの人に認知されています

Bitgetの先物取引は3種類用意されていて、下記の通りです。

  • USDT先物
  • USDC先物
  • インバース型先物

USDT・USDC先物はその名の通り、それぞれのステーブルコインを証拠金として取引する手法です。

インバース型先物とは、ステーブルコインではない通貨を証拠金にして行う取引手法のことです。

Bitgetのインバース型先物取引では、下記の8つの銘柄を証拠金として取引することができます。

  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • BCH
  • LTC
  • UNI
  • LINK

このBitgetの先物取引は、下記の5つの特徴を持っています。

Bitgetの先物取引の特徴
  • レバレッジ最大125倍
  • ロスカットシステムの採用(追証なし)
  • 下降相場でも利益が狙える
  • マージンの選択ができる
  • デモ取引で検証できる

それぞれ解説していきます。

なお、先物取引を含む仮想通貨FX(ビットコインFX)の特徴などはこちらの記事で詳しく解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?仮想通貨FXと為替FXの違いは?それぞれの違いと特徴を徹底比較!両方取引できるおすすめ業者も紹介

これもう見た?【初心者向け】ビットコインFXができるおすすめ取引所TOP3!迷ったらココを使え

レバレッジ最大125倍で取引できる

レバレッジ最大125倍で取引できる

通貨ごとに変わりますが、Bitgetの先物取引は最大125倍までレバレッジを掛けることができます

Bitget(ビットゲット) レバレッジ倍率

大手海外取引所のバイナンスなどは最大125倍→20倍まで引き下げられているので、高いレバレッジで取引できるのは大きなメリットです。

ただ、レバレッジ取引は「利益を出すことができれば大きな利益」になりますが、逆に「損失を出した時は大きな損失」を出してしまうリスクのある取引方法です。

取引する際は損切りするラインをしっかり決め、資金管理に注意してください。

ロスカットシステムの採用(追証なし)で安心

ロスカットシステムの採用(追証なし)で安心

ロスカットシステムとは、含み損が一定のライン以上を超えた時に、強制的に決済されるシステムです

このシステムがあることで、大きな損失を抑えることができますし、追証(おいしょう)と呼ばれる証拠金の追加入金を請求されることもありません

このシステムのおかげで高レバレッジで取引をしても、借金を抱える心配をせずに安心して取引ができます

ロスカットシステムは相場の急変等でロスカットが間に合わない場合等の救済措置です。なので、ロスカットがあるから無茶をして良いと考えないようにしましょう。

下降相場でも利益が狙える取引手法

下降相場でも利益が狙える取引手法

先物取引の場合は現物取引と違い「いきなり売りから入る」ことができます

値下がり局面でも売りから入るショート戦略を取り、予想通りに下がった場合下降相場でも利益が狙えます

そのため普段現物取引しか行わない方でも「下降相場の時は先物取引」を行うと、どんな相場でも利益を狙うことができる様になります。

マージンの選択で資金を管理

マージンの選択で資金を管理

マージンとは、先物取引を行う際に必要な証拠金の管理方法のことです。

マージンモードは、下記の2種類から選択できます。

  • 分離マージン
  • クロスマージン

それぞれ簡単に解説します。

分離マージン

分離マージンとは、取引する通貨ペア毎に証拠金を管理する方法のことです。

分離マージンを選択すると、ロングorショートのポジションを持つタイミングで「証拠金金額を自分で設定し取引」します

証拠金全額を設定しない限り、一度で先物口座の全資産を失うことはないので、初心者にオススメのマージンモードです

ただ、証拠金が少ない分ロスカットされる可能性も高くなることに注意しましょう

クロスマージン

クロスマージンとは、先物口座の証拠金全てで取引する方法です

先物口座の証拠金全額を使って取引するので、都度都度証拠金を設定する手間はありません

また、証拠金の金額が必然的に多くなるので、分離マージンよりはロスカットされる可能性は少ないです

ただ、ロスカットされてしまうと、先物口座の証拠金全てが失われてしまうので注意してください

初心者でも安心!デモ取引で検証

初心者でも安心!デモ取引で検証

Bitgetではデモトレード機能が用意されています。

デモトレードとは、先物取引を証拠金なしで体験できる機能です。

もちろん証拠金が必要ない分、利益は発生しませんが、先物取引の練習をすることができます。

「先物取引に興味があるけど、少し怖いな、、」と感じる方は、一度デモトレードで先物取引を体感してみると、取引のイメージを掴めてチャレンジしやすくなると思います。

先物取引のやり方

先物取引のやり方

先物取引の操作方法の簡単にですが解説します。

下記の画面が先物取引の画面です。

Bitget(ビットゲット) 先物取引操作画面

それぞれの番号毎に行う操作は、下記の通りになります。

  • 通貨ペアの選択
  • 取引の種類の選択
  • マージンモードの設定
  • レバレッジの倍率設定
  • 注文の形式設定
  • 価格の入力欄
  • 数量の入力欄
  • ロング(買い)かショート(売り)の選択欄

チャートが表示されていていると難しいと感じるかもしれませんが、実際に操作で触る場所は限られるので、そこまで難しくありません。

ただ「ロングに入れたつもりがショートだった」、またはその逆に「ショートに入れたつもりがロングだった」というミスが慣れている人でもやりがちなので、注意してください。

コンテンツの誤りを送信する

Bitgetのコピートレード(旧プロ契約-コピートレード含む)の特徴

Bitgetのコピートレード(旧プロ契約-コピートレード含む)の特徴

コピートレードとは、Bitgetに登録された「プロトレーダーのトレードをコピーして自動で取引をしてくれる」システムのことです。

この取引システムが注目されたことから、Bitgetの知名度が上がりました。

このコピートレードを使うメリット・デメリットは下記のとおりです。

コピートレードを使うメリット
  • トレードの知識が無くても稼ぐことができる
  • 放置していても稼ぐことができる
  • 選べるトレーダーの数が多い
  • 全てのトレードがUSDT建てで取引可能
コピートレードを使うデメリット
  • 優秀なトレーダーはほとんど満員
  • 優秀なトレーダーを選ばないと稼ぎづらい
  • トレードに関する知識が深まらない

手間要らずで、トレード知識がなくても利益を出せるシステムなのでかなりオススメです。

コピートレードについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事も併せてご覧ください。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

コピートレードが向いている人の特徴

コピートレードが向いている人の特徴
コピートレードが向いている人
  • 仮想通貨トレード初心者の人
  • 本業が忙しい人
  • 完全放置で稼ぎたい人

それぞれ解説していきます。

仮想通貨取引初心者の人

コピートレードは、仮想通貨トレード初心者の方に向いています

なぜなら、コピートレードはプロのトレードを自動でコピーして取引してくれるからです。

難しいチャート分析ができなくても、トレードで利益を上げられるので、トレード初心者にとって嬉しいシステムです。

本業が忙しい人

コピートレードは、やることとしては「トレーダーを選んで証拠金を決めるだけ」なので、本業が忙しい方にも向いています。

利益が出せるかどうかはトレーダー次第ですが、自動でトレードを行ってくれるので、オススメです。

完全放置で稼ぎたい人

完全放置で稼いでいきたい方にも、コピートレードは向いています。

ただ、コピートレードは完全放置で稼げますが、自動収入では無いことに注意しましょう

あくまで利益が出るかどうかはトレーダーに依存します

損失が出る可能性も十分あるので、トレーダーの情報を良く精査した上で利用することがポイントです。

コンテンツの誤りを送信する

Bitgetの基本概要

運営会社Bitget
設立2018年4月
ライセンスアメリカ、カナダ、オーストラリアで取得済み
銘柄数200以上
ガバナンストークンBCG
レバレッジ最大125倍
取引手数料現物→Maker/Takerともに0.1%、先物→Maker0.017%/Taker0.051%
入出金手数料銘柄やネットワークによる
日本語対応
モバイルアプリ

Bitgetはシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、2018年4月に設立されました。

現在は全世界50カ国以上、約200万人以上のユーザーが利用している取引所となり、CoinMarketCapのデリバティブ取引所ランキングでは、第9位にランクインした事もあります

デリバティブ取引に力を入れていることと、優秀なトレーダーの取引をそのまま再現できる「コピートレード」の存在から、多くの仮想通貨トレーダーから注目されています。

また、現物取引はあまり注目されていない取引所でしたが、最近では現物取引手数料が無料になり、ますます注目すべき取引所となりつつあります。

そんなBitgetを使うメリット・デメリットは下記の通りです。

Bitgetを使うメリット
  • コピートレードを利用できる
  • 最大125倍のレバレッジ取引&ロスカットシステム採用
  • 取扱銘柄が豊富
  • 公式サイト・サポートが日本語対応でわかりやすい
  • 現物取引手数料が無料
  • 独自トークンを使うと手数料が安くなる
  • キャンペーンの開催頻度が高い
Bitgetを使うデメリット
  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない

Bitgetについてもうさらに詳しく知りたい方は、下記の記事も活用してください。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の使い方完全ガイド【スマホアプリ版】

コンテンツの誤りを送信する

Bitgetのプロ契約(先物取引&コピートレード)でよくある質問(Q&A)

Bitgetのプロ契約(先物取引&コピートレード)でよくある質問(Q&A)
Bitgetの契約取引とは何ですか?

現在で言う「先物取引」のことです。以前は契約取引という表記でしたが、現在は先物取引という名称に変わっています。

Bitgetのコピートレードでは、USDT建てのみですか?

BitgetではUSDTの他に、下記の9つの銘柄で取引を行うことができます。

  • USDC
  • BTC
  • ETH
  • EOS
  • XRP
  • BCH
  • LTC
  • UNI
  • LINK
USDTを持っているのに、コピートレードが始まらないのですが、なぜでしょうか?

おそらく先物口座にUSDTがないからだと思われます。

先物取引に使う証拠金は先物口座に用意しておくことが必要なので、現物取引口座から振替ておきましょう。

手順はホーム画面右上の「資産」→「通貨」をクリック。

Bitget(ビットゲット) 契約口座に振替1

資産画面の「資産振替」から移動できます。

Bitget(ビットゲット) 契約口座に振替2

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

Bitgetのプロ契約について、解説しました。

Bitgetでは現在「プロ契約」という言葉は使われていないので、もしこの言葉を見かけたら「先物取引」のことか「コピートレード」のこだと考えてしまってOKです。

Bitgetはデリバティブ取引(先物取引)を行う取引所としてかなり人気です。

これからデリバティブ取引を始めようか検討している方は、ぜひBitgetでデリバティブ取引を始めてみてはいかがでしょうか。

【南極旅行など豪華景品】

Bitgetピザデーキャンペーン開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

▼Bitgetのさらに詳しい情報はこちら▼

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た?Bitget(ビットゲット)入金ガイド|入金方法や手数料、入金できない時の対処法も紹介

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の日本人利用は禁止!?金融庁との関係は?

コンテンツの誤りを送信する

参考文献

この記事は、下記の記事を参考に執筆されています。本事の信憑性の裏付けとして、掲載しておきますので、ご活用ください。

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次