BRC-20とは?ビットコインのトークン規格の特徴や購入方法を解説

BRC-20とは?ビットコインのトークン規格の特徴や購入方法を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • BRC-20トークンは2023年に誕生したビットコイン・ブロックチェーンのトークン規格
  • Ordinals(オーディナルズ)プロトコルがベースになっているが問題点も多い
  • 購入できる取引所やウォレットの使い方、トークン発行方法まで徹底解説

コンテンツの誤りを送信する

目次

BRC-20はビットコインブロックチェーンのトークン規格

BRC-20はビットコインブロックチェーンのトークン規格

仮想通貨のはじまり「ビットコイン」と「BRC-20」が2023年に話題となっていますが、BRC-20とは一体なんでしょうか?

イーサリアムではERC-20トークンをはじめ様々なトークン規格があり、アルトコインやNFTなどに採用されていますが、ビットコインではイーサリアムのように独自トークンをつくることが技術的に不可能でした。しかし新プロトコル「オーディナルズ(Ordinals)」が登場し、独自トークンの発行が可能になりました。2023年3月に開発者「Domo」氏がOrdinalsを利用して開発したトークン規格が「BRC-20」になります。

これもう見た?【初心者向け】ビットコイン(BTC)とは?仕組みや今後の価格動向をわかりやすく解説

これもう見た?ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の違いは?初心者にわかりやすく解説!

これもう見た?Binance、ビットコインNFTをサポートへ

BRC-20のベースとなるOrdinals(オーディナルズ)プロトコルとは?

BRC-20のベースとなるOrdinals(オーディナルズ)プロトコルとは?

Ordinals(オーディナルズ)とは2023年1月にCasey Rodarmor氏によって作成されたNFTプロトコルで、簡単に言うとビットコイン版NFTです。

ビットコインはイーサリアムNFTに採用されているスマートコントラクトに対応してないので、これまでNFTをつくることはできませんでした。しかしOrdinalsプロトコルでは十六進数で記録する技術「インスクリプション(Inscription)」を使用し、デジタルアートや画像などをビットコインの最小単位「Satoshi」にオンチェーン上で格納する形でNFTを作成できるようになりました。

またそのほかの違いとして、イーサリアムNFTではIPFSなどのオフチェーンに画像データなどを保存しているものが多いため、オンチェーンに画像データが保存されるOrdinalsとはこの点が大きく異なります。他にもOrdinalsではイーサリアムNFTのように1回のトランザクションで複数ミントすることはできず、MINTされた順番にOrdinal Number(序数)がナンバリングされるため、より希少性があるなどの違いがあります。

BRC-20はこの「Ordinals」プロトコルをベースにしたトークン規格です。そのためOrdinals対応のビットコインウォレットが必要です。

satoshiはsatとも呼ばれるビットコインの最小単位で、開発者のSatoshi Nakamotoが由来です。1BTC=1,000,000,000satsです。

BRC-20トークンの問題点とミームコイン

BRC-20トークンの問題点とミームコイン

BRC-20トークンについて開発者Domo氏自身が、「まだ発展途上」と指摘しており、「(新規格を使ったトークンは)無価値になるだろう。大量に発行してお金を無駄にしないで欲しい」と呼びかけているほどBRC-20トークンには問題点が多数あり、まだ設計も標準化していません。例えばスマートコントラクトのように自動的に契約を実行する機能もなく、専用のアップデートも必要で、流動性も低いです。また正式にビットコインコミュニティに受け入れられているわけではなく、賛否両論を引き起こしています。

BRC20特徴「ORDI」

2023年11月現在までに発行されているBRC-20トークンランキング上位の「ORDI」「PEPE」「meme」をはじめ、現状では無価値のミームコインが中心となっています。にも関わらずトークン全体の時価総額は10億ドルに迫る勢いで、現ランクトップのORDIがGate.ioでの取り扱いを機に過去一ヶ月で約190倍を記録するなど人気が加熱しています。

これもう見た?仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)とは?特徴や将来性、購入できる取引所を解説

その結果ビットコインの通常取引を上回りBRC-20のトランザクションは50%を超え、ビットコインネットワーク上の未承認取引数は送金詰まりを引き起こし、世界最大の仮想通貨取引所Binanceも一時的に出金停止をするなど歴史的に混雑し、手数料の高騰を引き起こしています。

これもう見た?ビットコインネットワーク、BRC-20の台頭により歴史的混雑

BRC-20トークンを取り扱っている仮想通貨取引所

BRC-20トークンを取り扱っている仮想通貨取引所

BRC-20トークンは一部の海外仮想通貨取引所で取り扱っています。2023年11月現在BRC-20トークンはイーサリアムのDEXのような仕組みがないため、売買するだけなら取引所で購入する方がどちらかというと安全です。

Gate.io(ゲートアイオー)

Gate.ioははじめてBRC-20 の取引、入金、出金のサポートをした中央集権型取引所(CEX)です。

BRC-20トークン取扱銘柄:ORDI/BANK/MEME/PEPE/VMPなど

gate
取引所名Gate.io
運営会社Gate Technology.inc
設立年2013年
所在地ケイマン諸島
提供サービス現物取引、レバレッジ取引、レンディング等
最大レバレッジ100倍
取引銘柄数1000種類以上
入出金手数料無料
取引手数料通貨ペアによって異なる
日本語対応
スマホアプリ

Gate.io(ゲート)は2013年にケイマン諸島で設立された中国系の海外仮想通貨取引所です。記事執筆時点の2024年5月現在、利用者数1000万人以上で取扱銘柄数も1000種類以上あり、取引手数料も比較的安く入出金手数料は無料のため、かなり使いやすいです。

日本語にも対応しており、以前は利用制限がかかっていたレバレッジ取引、レンディングサービスなども現在は使えるようになっており、日本人ユーザーにおすすめしたい取引所の一つとなりました。

そんなGate.ioを利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

Gate.ioを利用するメリット
  • 取扱銘柄が1000種類以上ある
  • 最大レバレッジ100倍でトレードできる
  • セキュリティ対策が万全にされている
  • 無料で人気トークンがもらえるサービスがある
  • 資産運用サービスが充実している
  • 登録と取引が簡単にできる
  • 日本語に対応している
  • 独自トークン「GTコイン」を使うと取引手数料が割引できる
Gate.ioを利用するデメリット
  • 入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)
  • 金融庁による認可を受けていない

Gate.ioを利用するメリットは、なんといっても1000種類以上の上場銘柄があるです。BTCやETHなどの主要銘柄はもちろん、OKXやBybitなど大手暗号資産(仮想通貨)取引所に上場していないアルトコインの取り扱いが多く、アルトコイン好きのユーザーにはぜひおすすめしたい取引所です。

Gate.ioを利用するデメリットで把握しておきたいのは、入金できる通貨は仮想通貨のみ(法定通貨の入金不可)、金融庁による認可を受けていないという点です。以前は日本在住ユーザーに対してレバレッジ取引、レンディングサービスなど一部サービス提供が制限されていましたが、2024年5月現在、ほぼすべてのサービスが使えるようになっています。

Gate.ioの特徴を一言でいうなら「アルトコイン好きには必須の暗号資産(仮想通貨)取引所」です。以下の記事でも特徴や使い方を詳しく説明していますので、参考にしてください。

これもう見た?Gate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見た?Gate.io(ゲート)の使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

\【当サイト限定】取引手数料20%OFFキャンペーン/

公式サイト:https://www.gate.io

これもう見た?Gate.ioのボーナスキャンペーン一覧

Bitget(ビットゲット)

BitgetではORDIをはじめとした上位銘柄を取り扱っているほか、BIP1というBRC-20トークンをローンチパッドしました。

BRC-20トークン取扱銘柄:ORDI/NALS/MEME/PEPE/VMP/BIP1など

bitget
運営会社Bitget Limited
設立2018年4月
ライセンスアメリカ、カナダ、オーストラリアで取得済み
銘柄数200以上
ガバナンストークンBCG
レバレッジ最大125倍
取引手数料現物→Maker/Takerともに0.1%、先物→Maker0.017%/Taker0.051%
入出金手数料銘柄やネットワークによる
日本語対応
モバイルアプリ

Bitget(ビットゲット)はシンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所で、2018年4月に設立された海外仮想通貨取引所です。現在は全世界50カ国以上、約200万人以上のユーザーが利用している取引所となり、CoinMarketCapのデリバティブ取引所ランキングでは、第9位にランクインした事もあります。

とくにデリバティブに力を入れていて優秀なトレーダーの取引をそのまま再現できる「コピートレード」で話題となっています。また、安全面・信頼性においても非常にレベルが高い海外取引所です。

そんなBitgetのメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • コピートレードの利用が可能
  • クレジットカードを利用した日本円での取引が可能
  • 本人確認書類なしですぐにトレードが始められる
  • 最大125倍のレバレッジ取引が可能
  • ゼロカットシステムを採用(追証なし)
  • 豊富な取引銘柄を準備している
  • 公式HP・サポートが日本語対応でわかりやすい
  • スマホアプリが使いやすい
  • 独自トークンを使うと手数料が安くなる
  • 定期的にトレードコンペを開催している
  • 取引手数料が安い
デメリット
  • 日本での運営実績が少ない
  • 法定通貨での入出金ができない

Bitgetについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて読みましょう。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)の評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

これもう見た?Bitget(ビットゲット)のコピートレード完全ガイド|手数料や設定方法、やり方を網羅

取引すればするほど還元率が加速!

【手数料還元キャンペーン】開催中

公式サイト:https://www.bitget.com/ja/

これもう見た?Bitgetのボーナスキャンペーンまとめ

コンテンツの誤りを送信する

BRC-20トークン対応ウォレット「Unisat Wallet」

BRC-20トークン対応ウォレット「Unisat Wallet」

BRC-20トークンはBTCのみでなくOrdinals対応のウォレットが必要です。今回は2つ(Unisat Walletとordinals Wallet)のBRC-20トークンウォレットを紹介します。

まず1つの目のウォレット「Unisat Wallet」ですが、こちらはChrome拡張機能のデスクトップウォレットです。

Unisat Walletの登録方法

STEP
公式サイトにアクセス

Unisatウォレット公式サイト(https://unisat.io/にアクセスし、「Download from Chrome Store」を押す。

BRC20特徴「Unisatトップ」
STEP
Chrome Storeでダウンロード

Chrome Storeからダウンロードする。

BRC20特徴「Unisat拡張機能」
STEP
新規ウォレット作成

「Create new wallet」を押してウォレット作成。

BRC20特徴「UnisatNewWallet」
STEP
パスワード設定

独自のパスワードを設定する。

BRC20特徴「Unisatパスワード」
STEP
シークレットリカバリーフレーズ

12のリカバリーフレーズが表示されるので必ずメモする。

BRC20特徴「Unisatリカバリーフレーズ」
STEP
ウィレット情報の確認

ウォレットの情報が表示されるので「Continue」ボタンを押す。

BRC20特徴「Unisat作成最終」
STEP
ウォレットの完成

bcで始まるウォレットアドレスが表示されたら完成です。

BRC20特徴「Unisatウォレット完成」

BRC-20トークンのミント

Unisatの公式サイトではすでに発行されているBRC-20トークンをミントできます。

STEP
BRC-20トークン一覧

公式サイトの「{}BRC-20メニュー」ーを選択すると発行されている全トークンの一覧が表示されます。

BRC20特徴「UnisatBRC20ラインアップ」
STEP
現在発行中のトークン

「In-Progress」タブを選択すると現在発行中のトークン一覧が表示されます。ミントしたいトークンを選択します。今回はluckというトークンを選択してみます。

BRC20特徴「UnisatBRC20発行中」
STEP
BRC-20トークンの詳細

トークンをクリックすると現在までの発行割合をはじめ、最大供給量やミント日など詳細な情報が表示されます。右上のMINT Directlyを選択。

BRC20特徴「UnisatBRC20luck」
STEP
brc-20トークンのMINT

Mintしたい数量を選択し、NEXTボタンを押します。

BRC20特徴「UnisatBRC20luckMint」
STEP
最終確認

MintするBRC-20トークンの情報とガス代を最終確認します。OKでしたらSubmit & Pay invoiceを押します。

BRC20特徴「UnisatBRC20luck最終」
STEP
支払い方法の選択

どの方法で支払いをするか選択します。UniSatウォレットを選択するとウォレットが開くので承認を押します。

BRC20特徴「UnisatBRC20luck支払い」
STEP
完了

支払いが完了すると下記のような画面になります。トランザクションはInscribeメニューのOrderHistoryからview txを押すとhttps://blockstream.info/ で確認できます。

BRC20特徴「UnisatBRC20luck完了」
STEP
BRC-20トークンの確認

しばらくするとウォレットにBRC-20トークンが届きます。

BRC20特徴「トークン」

マーケットプレイス

Unisatの公式サイトではBRC-20トークンの売買も可能です。当初マーケットの利用にはOGパスやUnisatポイントが必要で数十万の費用がかかっていましたが、2023年5月11日から誰でも利用可能に変更となりました。

マーケットではトークンごとに売買が行われます。いわゆるDEXのような感じではなく、トークンの入ったNFTを売買するようなイメージです。

BRC20特徴「UnisatMarket」

購入したいトークンが決まったら選択すると金額が表示されます。内容が問題なければConfirmボタンを押してください。

BRC20特徴「UnisatMarketBuy」

トークンを売りたい場合は右の「My Inscription」ボタンから売却したトークンを選択してください。リスト前に一度売却したい数量をTransferする必要がありガス代もかかります。

BRC20特徴「UnisatMarketSell」

コンテンツの誤りを送信する

BRC-20トークンの発行

Unisatの公式サイトでは独自のBRC-20トークンの発行も可能です。まずinscribeメニューからbrc-20ボタンを押します。

BRC20特徴「UnisatBRCMintInscribe」

Deployを選択し、Tickに4文字のお好きなティッカーシンボル、Total Supplyに総供給量を入力し、「Next」ボタンを押します。すでに使われているシンボルは使えないのでご注意ください。

BRC20特徴「UnisatBRCMintIDeploy」

費用の概要がでるので確認して問題なければ「Submit & Pay invoice」ボタンを押します。支払い方法を選択して確認を押し、ウォレットが開くので確定すれば発行完了です。

BRC20特徴「UnisatBRCMintPay」

Satネーム

Unisatの公式サイトではイーサリアムのENSのように独自のSatネームを購入することができます。Inscribeメニューから「.sat  names」ボタンを押してください。

BRC20特徴「UnisatSat name」

自分の設定したい文字列を入力します。この時に.sat まで入力しないとエラーが出ますのでご注意ください。入力したら「Next」ボタンを押します。

BRC20特徴「UnisatSat name入力」

設定したitemの名前と自分のアドレス、かかる費用が表示されるので問題なければ「Submit & Pay invoice」ボタンを押します。

BRC20特徴「UnisatSat name確認」

支払い方法を選択して確認を押します。下記のような画面がでたら登録完了です。自分のUnisatウォレットに届きます。

BRC20特徴「UnisatSat name支払い」

BRC-20トークン対応ウォレット「Ordinals Wallet(オーディナル・ウォレット)」

BRC-20トークン対応ウォレット「Ordinals Wallet(オーディナル・ウォレット)」

Ordinals  Walletはブラウザウォレットです。OrdinalsNFTやBRC-20トークンがランキング形式で表示されているので見やすいです。Unisatウォレットと違い拡張機能ではなく、ブラウザで登録します。

Ordinals Walletの登録方法

STEP
公式サイトにアクセス

Ordinals Wallet公式サイト(https://ordinalswallet.com/)にアクセスし「Create Wallet」ボタンを押す。

BRC20特徴「Ordinalsトップ」
STEP
ウォレットの作成

「Create new Wallet」ボタンを押して、「Generate seed phrase」ボタンを押す。

BRC20特徴「Ordinalsクリエイト」
STEP
パスワードの設定

パスワードを設定する。

BRC20特徴「Ordinalsパスワード」
STEP
シークレットリカバリーフレーズ

12のリカバリーフレーズが表示されるので必ずメモする。

BRC20特徴「Ordinalsリカバリーフレーズ確認」
STEP
リカバリーフレーズの入力

指定された順番のリカバリーフレーズを選択する。

BRC20特徴「Ordinalsリカバリーフレーズ入力」
STEP
ウォレット作成完了

ウォレット作成が完了しました。Enterボタンを押します。

BRC20特徴「Ordinals作成成功」
STEP
ウォレットの確認

自分のウォレット情報が確認できます。

BRC20特徴「Ordinalsマイウォレット」

BRC-20トークンの購入

OrdinalsWalletのBRC20メニュー(https://ordinalswallet.com/brc20)ではBRC-20トークンの購入ができます。まず購入したいトークンを選択します。

BRC20特徴「OrdinalsBRC20リスト」

単価が安い順にリストされており、トークンの枚数や合計価格が表示されています。購入したいものを選択する。

BRC20特徴「OrdinalsBRC20ORDI」

トークンの詳細情報が掲載されているので内容を確認し問題なければ「Buy now」ボタンを押す。最終確認画面が出てウォレットが開くので確定すると購入できます。

BRC20特徴「OrdinalsBRC20ORDI購入」

BRC-20トークンの発行

OrdinalsWalletのinscribeメニューBRC-20(https://ordinalswallet.com/inscribe)ではBRC-20トークンの作成ができます。

まずinscribeメニューを選択し、Inscribe OrdinalsからBRC-20を選択。Tickにティッカーシンボル、Amountに発行枚数を入力し「Submit」ボタンを押します。

BRC20特徴「OrdinalsBRC20発行」

発行にかかる費用が表示されるので問題なければ「Inscribe」ボタンを押します。ウォレットが開くので確定を押すと発行できます。

BRC20特徴「OrdinalsBRC20Inscribe」

BRC-20トークンについてよくある質問【Q&A】

BRC-20トークンについてよくある質問【Q&A】

BRC-20トークンに関するよくある質問をまとめました。

BRC-20トークンの購入できるDEXはありますか?

現在までのところイーサリアムのようなDEXはありません。DEX(分散型取引所)に採用されているスマートコントラクトはBRC-20トークンに実装されておらず、今後できる可能性はあるかもしれませんが、スムーズな取引を希望する場合は取引所を利用しましょう。

※2023年6月時点ではGateで取引が可能です。

BRC-20トークンをスマホで確認したいのですが?

2023年6月現在BRC-20トークンをスマートフォンで確認できる方法はまだできたばかりの新しい技術ということもありまだありません。

上記UnisatウォレットやOrdinalsウォレットをはじめ、スマホアプリのXverseウォレットなどOrdinals対応の様々なウォレットが開発中なので待ちましょう。

BRC-20トークンの売買に税金はかかりますか?

BRC-20トークンの売買で利益が出た場合「雑所得」に区分され、年度末に「確定申告」が必要となります。

NFTや仮想通貨のトレードによる利益には総合課税が適用され、総合課税は累進課税のため、利益が大きくなれば納める税金の税率もあがります。取引履歴は必ず残しておきましょう。

これもう見た?仮想通貨の税金に関する全知識まとめ

まとめ

今回はビットコインのトークン規格「BRC-20」について解説しました。

簡単にまとめると‥
  • BRC-20はビットコイン・ブロックチェーンのトークン規格
  • ビットコインNFTを作れるOrdinals(オーディナルズ)の技術を活用
  • 取引所でも扱っているが現在までのBRC-20トークンはほぼミームしかない
  • ウォレットの公式サイトではトークンの発行や売買もできる
  • BRC-20はまだ発展途上なので今後の発展に期待

期待の新技術ながらまだまだ発展途上といった印象ですので、これからのビットコインとエコシステムに注目です。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次