仮想通貨Jasmy(ジャスミー)・JMYとは?特徴と将来性・購入できる取引所を徹底解説

仮想通貨Jasmy(ジャスミー)・JMYとは?特徴と将来性・購入できる取引所を徹底解説
この記事をざっくり言うと…
  • ジャスミー株式会社は、元ソニーのCOO安藤国威氏が設立した会社
  • ジャスミー株式会社が開発したJasmy(JMY)はERC20規格のトークンで、今後大きな値上がりが期待できる
  • ジャスミー株式会社はIoTとブロックチェーンを融合させて「データの民主化」を目指している
目次

Jasmy(ジャスミー)会社・仮想通貨JASMYとは?

Jasmy(ジャスミー)会社・仮想通貨JASMYとは?

Jasmy(読みはジャスミー、シンボルはJMY)は、元ソニーのCOO安藤国威 氏が2016年4月に設立した会社です。安藤国威 氏が代表取締役で、ソニースタイルドットコムの元社長、佐藤一雅 氏が代表取締役社長を務めています。

ジャスミー株式会社は「データの民主化」(DATA DEMOCRACY)を目指している

ジャスミー株式会社は、現在のビッグデータに代表される情報の在り方に懸念を示しています。

GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)と呼ばれる巨大プラットフォーマーによって握られたビッグデータが、サイバー攻撃や人為的な管理ミスで流出してしまう事態が発生していることに強い憤りを感じています。

そこで、安藤国威 氏は個人のデータを本来もつべき個人の手に戻し、しっかりと管理し、「データの民主化」を実現することを目指しています。

ジャスミーIoTプラットフォーム

「データの民主化」を目指し、ジャスミーはブロックチェーン技術を用いてIoTからのデータを堅牢で効率よくマネージメントできるIoTプラットフォームを提供します。

この技術を用いることで、顧客はデバイスを安全に管理できるのはもちろん、IoT機器の一元管理を可能にするサービスやデバイスの提供も行っています。

これらはSKC (Secure Knowledge Communicator)やSG (Smart Guardian)の名前で提供されています。

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)とは?

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)とは?
プラットフォーム名称ジャスミーIoTプラットフォーム
トークン名称Jasmy(ジャスミー)
仮想通貨シンボルJASMY/JMY
最大発行枚数50,000,000,000JMY
2022年10月時点の単価約1円
株式会社ジャスミー公式サイトhttps://www.jasmy.co.jp/
JMYを購入できる主な取引所BITPointGate.io

では実際に仮想通貨であるJasmy(以下JMY)は、どういったものなのでしょうか。

JMYは、ジャスミーIoTプラットフォーム内の利用者が、自分自身の個人情報を提供した時に報酬として付与されます。

JMYという仮想通貨の信頼性の証として、ソニーの元社長やソニーの子会社の社長が役員として名を連ねている点、ソニーという企業のネームバリュー、そういった点を鑑みても今後投資家達から「信頼できる企業が発行する良いコイン」という見方をされるのは必然かなと思います。

JMYの価格動向から今後とも目が離せないのは間違いないです。

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)チャート

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)のメリット

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)のメリット

Jasmy(JMY)は、日本が誇る大企業、ソニー株式会社の元社長が手掛けたイーサリアムのERC20規格に準拠するトークンであり、高い信頼性と安全性を兼ね備えています

ここでは更なるメリットを解説します。

  • eGame社やXRoad Initiativeプロジェクトと提携し、更なる飛躍を目指している
  • JMYは発行上限が500億枚と明記されているが、将来的に希少性が増すのは確実である

JasmyはeGame社やXRoad Initiativeプロジェクトと提携し、更なる飛躍を目指している

eGame社はブロックチェーン技術でeゲームやeスポーツを提供しています。このeGame社とジャスミーが提携することでeGame社個人認証や登録機能の強化が期待でき、更にセキュリティレベルも飛躍的に増します。

ジャスミーの強みは提携先企業が、重要なデータや個人情報を自社に置いておく必要がなくなり、より安全に、より便利にデータや情報を活用することができます。

JasmyとXRoad Initiativeとの提携

XRoad Initiative(XRI)との提携を2021年8月3日に発表しました。

この提携により、XRIはブロックチェーン技術を駆使したIoTプラットフォームの開発やこの業界の発展に大きく寄与することが期待されます。

XRIは元々ブロックチェーン上に記録されないオフチェーンデータと、スマートコントラクトとの間に生じるコネクティギャップを効果的に埋めることができるデータベース(XRoad Oracles)や、あらゆる情報を制御可能とするXRoad Lockerなどのサービスを展開しています。

JMYは発行上限が500億枚と明記されているが、将来的に希少性が増すのは確実である

JMYには発行上限が500億枚と定められています。しかし「ジャスミーのデータロッカー」に保管できる数量は上限がありません。

更にエコシステムはどんどんデータを蓄積していき、それに伴い資産価値の向上も望めます。この時、JMYの発行上限があれば、いずれはJMYの新規発行がなくなり、将来的に希少性が増すのは必然ともいえます。

「希少性が増す=価格の大幅な上昇」ともとれますので、ここは大いに期待できる部分であります。

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)の懸念材料

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)の懸念材料

ここまでJasmy(JMY)がいかに安全で信頼のおける仮想通貨であるかを解説しましたが、懸念材料が無い訳ではありません。解説します。

  • 過去に一部の投資家から「怪しい」と言われたことがある
  • 2018年にジャスミーの名をかたった詐欺事件があった
  • 現時点ではJasmyコイン(JMY)は明確な使用目的が無い

過去に一部の投資家から「怪しい」と言われたことがある

きちんとした発行元があり、明確なプロジェクトがあるにも関わらず、JMYは怪しいと言われたことがあります。

理由は簡単です。過去にジャスミー株式会社がプレスリリースにて「当社もしくは当社の関係会社等においては、暗号資産(仮想通貨)を販売する行為は行っておりません。」と発表したからです。

よくよく考えれば当然の話なんですが、日本においては仮想通貨を販売するには暗号資産交換業者として金融庁と財務省に登録する必要があります。ところがジャスミー株式会社は暗号資産交換業者では無いので、ジャスミー株式会社や関連会社が直接JMYを販売すると「資金決済法」という法律に抵触してしまいます。

そのため、JMYは直接販売するという行為を行わず、「エアドロップ」という形でユーザーに配布しました。

この「販売する行為は行っておりません」という部分が独り歩きし、一部の投資家が「販売されていないから存在しないコインだろう」とか「怪しい」とか言い出しました。

JMYはソニーの元社長や役員が関わる安全な仮想通貨です。プロジェクトもしっかりとした理念が存在し、実際にサービスも存在します。なので安心して取引してくださいね。

2018年にジャスミーの名をかたった詐欺事件があった

2018年当時、複数のYouTuberがJasmy(JMY)を縁故販売しますと買い手を募集しました。購入資金はイーサリアム(ETH)だったんですが、問題はその送付先アドレスでした。

このアドレスを有志が調査したところ、詐欺の疑いが強い「NAMコイン」等も売買されており、信頼のおけない業者(個人?)がジャスミーの公式をかたって販売していたのです。

こういった事件があったことで、Jasmyに対してネガティブなイメージを持つ人も現れました。

しかし私は何度でも言います。

JMYはソニーの元社長や役員が関わる安全な仮想通貨です。プロジェクトもしっかりとした理念が存在し、実際にサービスも存在します。なので安心して取引してくださいね。

現時点ではJasmyコイン(JMY)は明確な使用用途が無い

Jasmy(JMY)ジャスミー株式会社が販売という形をとらず、エアドロップなどによって配布しています。

ジャスミー株式会社は「データの民主化」を目指し様々なIoTプラットフォームを展開しています。そのプロジェクトのオリジナルトークンとしてJMYは発行されているのですが、このコイン自体にまだ明確な使用用途がありません。

ジャスミー株式会社が発行するホワイトペーパーに記載があります。

私たちのトークンである「ジャスミーコイン」は、Etherumeを用いて作成されたカスタムトークンであり、ERC20に準拠しています。そのため、イーサリアムネットワークの成熟したセキュリティ性能や処理能力、各種耐性を有しています。

また、不特定多数の個人・企業が、スマートフォンや、PCなどのデジタルデバイスからトークンを移転させることができ、様々な役務、サービスなどの価値交換の証明発行や代価弁済としても使用できます。よって使用目的を限定することなく、より多くの人に広く利用されるトークンを想定しています。

ジャスミー発行ホワイトペーパーより引用

執筆時の2022年5月では、「コレ!」といった使用目的が示されている訳ではありませんが、ジャスミーのプロジェクトは客観的に見ても非常に魅力的です。

今後、プロジェクトやエコシステムがどんどんアップデートされ、JMYの新たな価値や使用用途の創造が行なわれることは想像に難くありません。

しっかり今のうちに仕込んでおきたい銘柄ですね。

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)の将来性は?仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)の将来性は?

実はJasmy(JMY)は2021年の初め頃には400円弱の値を付けていました。現在はある程度落ち着いていますが、仮想通貨の値動きの特徴として「新しい情報にとても敏感に反応する」という特徴があり、JMYもジャスミー株式会社が新しい情報を発表すれば高騰の可能性が大いにあります。

更には、まだまだJMYが上場している仮想通貨取引所は少なく、いろいろな取引所に上場されるたびに値上がりの期待があります。

信頼性や流動性、今後の動向に期待できるという点からも、JMYはズバリ買いだと思います。

ただ、レバレッジをかけて短期で大きく取引するよりは、きちんと現物で多少の値動きでロスカットされたりしないように、長期でじっくりと値上がりを待つスタイルの方が良さそうです。

JMYの今後の動向にしっかりと注目し、大きな利益を目指しましょう。

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)が購入できる取引所

仮想通貨Jasmy(JMY/JASMY)が購入できる取引所

仮想通貨Jasmy(JMY)は、これまで海外のGate.io(ゲート)のような仮想通貨取引所でしか買えませんでしたが、2021年10月26日、国内取引所のBITPOINT(ビットポイント)に上場され、日本国内でも買えるようになりました。

国内と海外の取引所、それぞれにメリット・デメリットがありますが、筆者は仮想通貨トレードの初心者は国内仮想通貨取引所のBITPOINT、中級者から上級者は海外仮想通貨取引所のGate.ioを強くおすすめします。

また、下記の海外仮想通貨取引所でもJMYを購入できます。

▼JMYが購入できる海外仮想通貨取引所

  • Binance(バイナンス)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF
  • Bybit(バイビット)・・・【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中
  • Gate.io(ゲート)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • MEXC(MXC)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF
  • Kucoin(クーコイン)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料20%OFF
  • Bitget(ビットゲット)・・・【当サイト限定】左記リンクより登録すると取引手数料10%OFF

中でもGate.io(ゲート)はなんといっても取扱銘柄数が900種類を越え、今まさにこの瞬間にも新しい仮想通貨が続々と上場しています。中にはBINANCEに上場が予定されている銘柄もあり、そういった銘柄は価格の急騰が期待できます。

Binance(バイナンス)

"Binance(バイナンス)

会社名 Binance Holdings Ltd.
設立 2017年
独自トークン BNB
取引方法 現物、デリバティブ、レバレッジトークン、オプション
最大レバレッジ 25倍
スマホアプリ あり
日本語対応 あり
取り扱いコイン数 300種類以上

Binance(バイナンス)は、ユーザー数、シェア、取引量ともに世界No1の仮想通貨取引所です。日本語にも対応していて、操作も問題なく行えます。

また、取扱銘柄数は300種類以上と、日本の取引所と比較すると比べ物にならない数です。また、現物取引やレバレッジ取引はもちろん、バイナンス独自のレバレッジトークンやオプション取引も行えます。

さらに、ステーキングセービング流動性スワップローンチプールといった資産運用サービスを行っており、バイナンスだけで仮想通貨の取引の全てが行えると言っても過言ではありません。

BINANCE登録ページへ(公式サイト)

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久10%OFF

Bybit(バイビット)

"Bybit(バイビット)

会社名 Bybit Fintech Limited
設立 2018年
独自トークン なし ※BITをBybitが主体となり資金調達を行なった
取引方法 現物、レバレッジ
最大レバレッジ 100倍
スマホアプリ あり
日本語対応 あり
取り扱いコイン数 50種類以上

Bybitは2018年に設立された仮想通貨取引所で、2020年より現物取引が行えるようになり、今最も勢いのある仮想通貨取引所です。

Bybitの魅力は、最大レバレッジ100倍でダイナミックにレバレッジ取引でき、さらに追証なしという点です。また、最近はすごい勢いで現物取引の銘柄を増やしており、Bybitの経営陣は仮想通貨取引所最大手のBinance(バイナンス)を超えると言っています。

また、ローンチパッドも積極的に開催していて、上場前の仮想通貨を安く購入することができます。

Bybit公式サイトへ

※【期間限定】最大3,100ドルもらえるキャンペーン開催中

"Gate.io(ゲート)/

会社名 Gate Technology.inc
設立 2013年
独自トークン GT
取引方法 現物
最大レバレッジ なし
スマホアプリ あり
日本語対応 あり ※問い合わせは英語のみ
取り扱いコイン数 900種類以上

 Gate.ioは2013年に設立された仮想通貨取引所です。最大の特徴はなんと言っても取扱仮想通貨種類の多さです。2022年10月現在では、900種類以上の仮想通貨を購入、売却することができます。

またGate.ioに上場したあとに、大手取引所のバイナンスに上場するといった仮想通貨も多くあり、バイナンスに上場された仮想通貨は価格が急騰していることが多いです。

なのでGate.ioでまだ知名度の低い仮想通貨を購入し、値上がりを待つのも一つの投資手法だと考えます。

Gate.io公式サイトへ

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

MEXC(MXC)

会社名 MEXC Global
設立 2018年
独自トークン MX
取引方法 現物、デリバティブ、レバレッジ
最大レバレッジ 125倍
スマホアプリ あり
日本語対応 あり
取り扱いコイン数 700種類以上

MEXC(MXC)は、2018年にシンガポールに設立された海外仮想通貨取引所です。MEXCもGate.ioと同様に取扱銘柄が多く700種類以上。また、上場するタイミングもGate.ioのように早く、今後の値上がりを期待して上場直後に仮想通貨を購入する方も多いのが特徴です。

また、ローンチプールやステーキングなど現物取引やレバレッジ取引以外にも、資産を増やすことのできるサービスが充実しています。

さらに海外仮想通貨取引所の中で、最近最も勢いのあるBybitと提携しており、BybitとMEXCで同時にローンチパッドを開催したりしています。今後益々このようなコラボが開催されると思うので、まだMEXCに登録していない方は、早めに登録しておくことをおすすめします。

MEXC公式サイトへ

※【当サイト限定】上記リンクから登録すると取引手数料永久20%OFF

まとめ

ここまで、仮想通貨Jasmy(JASMY/JMY)のメリットや懸念材料、将来性について詳しく解説しました。

個人情報などの重要なデータが乱用・悪用されやすくなった昨今、個人情報などの重要なデータを悪い人達から守り、安全かつ便利に使いこなす、そんな当たり前のことをジャスミー株式会社は目指しています。

ジャスミー株式会社に名を連ねるメンバーやその理念を見ても、今後のアップデートに大きな期待を抱かざるを得ません。

また、Jasmy(JMY)も今後大きく値上がりが期待できる銘柄として、非常に目が離せない存在になってきました。

JMYは投機よりは投資向けの銘柄だと感じたので、私は長期的に見守っていきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事の監修者
水澤 誉往の画像

じなんぼーこと水澤です。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

コメント

コメントする

目次