Orca(オルカ)とは?特徴や使い方を解説|ソラナの分散型取引所

Orca(オルカ)とは?特徴や使い方を解説|ソラナの分散型取引所
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • Orca(オルカ)の特徴や使い方を解説
  • Orca(オルカ)は需要が急増しているSolana(ソラナ)ブロックチェーン基盤で一番人気のDEX
  • この記事を読めばOrca(オルカ)に関する疑問点や使い方をすべて解決できる

コンテンツの誤りを送信する

目次

Orca(オルカ)とは?特徴や安全性

Orca(オルカ)とは?特徴や安全性
名称Orca(オルカ)
サービスリリース2021年8月
TVL(総プール量)1億887万ドル ※2024年1月現在
対応チェーンSolana
ガバナンストークンORCA
日本語対応あり
公式サイトhttps://www.orca.so/
公式Twitterhttps://twitter.com/orca_so
公式Discordhttps://discord.com/invite/nSwGWn5KSG
公式ブログhttps://orca-so.medium.com/
公式Telegramhttps://t.me/orca_so
公式Youtubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCJZ92CLhZQ5axZ3QrvCAQeA

Orca(オルカ)は、2021年8月に正式にサービスがリリースされたSolana(ソラナ)ブロックチェーン基盤のDEX(分散型取引所)です。DEX(分散型取引所)とは、管理者がおらず契約が自動的に実行される仕組みであるスマートコントラクトによってユーザー同士で取引可能であることが特徴です。

Solanaは2023年最も上昇した仮想通貨の1つであり、年初来700%以上の上昇を記録しています。また、特に11月以降にSolanaブロックチェーンの需要が急増しており、注目が集まっています。

画像引用元:CoinMarketCap

さらに、Solana基盤のリキッドステーキングプロトコルであるJito(ジト)では、先日大規模なエアドロップを行い、少額で爆益が得られたため、非常に話題になっています。

これもう見た?仮想通貨Solana(ソラナ)・SOL(ソル)とは?特徴と将来性を徹底解説 | JinaCoin (jinanbo11.com)

これもう見た?Jito(ジト)とは?特徴や使い方を解説|ソラナのリキッドステーキングプロトコル | JinaCoin (jinanbo11.com)

これもう見た? 仮想通貨エアドロップ一覧|やり方や受け取り方も解説 | JinaCoin (jinanbo11.com)

そのため、Solanaブロックチェーン基盤のDEXであるOrcaにも非常に注目が集まっています。Orcaには、Solanaブロックチェーン基盤でのメリットや独自の取り組みなど様々な特徴があるため、下記にOrcaの主な6つの特徴や安全性を記載していきます。

Orca(オルカ)の特徴や安全性
  • Solana(ソラナ)ブロックチェーンを利用
  • 自動マーケットメーカー(AMM)型取引所である
  • 独自のガバナンストークンORCAを発行している
  • 取引所手数料の一部を環境保護に取り組む団体に寄付している
  • 複数の企業によるコードの監査を受けている
  • 共同創業者の1人が日本人

順番に見ていきましょう。

Solana(ソラナ)ブロックチェーンを利用

Solana(ソラナ)ブロックチェーンを利用

Orcaの主な特徴の1つ目は、「Solana(ソラナ)ブロックチェーンを利用」していることです。

Solanaブロックチェーンには、以下の特徴があります。

  • 処理速度が非常に早い
  • ネットワーク手数料が安い

実際に最も使われているETH(イーサリアムチェーン)との比較です。

プラットフォーム名称トランザクション処理速度ネットワーク手数料ブロックが作成される速度
Solana(ソラナ)1秒あたり50,000約0.6銭(約0.006円)0.4秒
ETH(イーサリアム)1秒あたり13~15約1100円~2,200円以上300秒(5分)
※あくまでも2023年12月時点での参考数値です。時間帯やアップデート等によりどんどん変わる可能性があります。

先日、SolanaのDEXでの出来高が初めてイーサリアムメインネットを超えて大きなニュースになりました。

仮想通貨ソラナDEXの24時間出来高、初めてイーサリアム超え一位に

引用:COINPOST

実際にSolanaブロックチェーンはイーサリアムチェーンを出来高でも超えてきており、その注目度の高さがわかります。

これもう見た?仮想通貨Solana(ソラナ)・SOL(ソル)とは?特徴と将来性を徹底解説 | JinaCoin (jinanbo11.com)

これもう見た?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

自動マーケットメーカー(AMM)型取引所である

自動マーケットメーカー(AMM)型取引所である

Orcaの主な特徴の2つ目は、「自動マーケットメーカー(AMM)型取引所である」点です。

自動マーケットメーカー(AMM)型取引所とは?

自動マーケットメーカー(AMM)型取引所は、ユーザー同士をマッチングする従来のオーダーブック型取引所と異なり、流動性プールと呼ばれるトークンのプールを使って取引します。AMMは数学的なアルゴリズム(例えば、x * y = k)を使用して資産の価格を決定し、プール内の各資産の供給量に基づいて価格を自動的に調整するのが特徴です。

自動マーケットメーカー型取引所は以下のようなメリットがあります。

  • 流動性の提供をして、ユーザーは手数料を稼げる。
  • 中央集権取引所のような承認や本人確認が不要
  • ブロックチェーン上でのすべての取引は公開され、追跡可能なため、透明性が高い
  • 十分な流動性があれば、スリッページ(注文価格と実行価格の差)が低減される
  • 中央集権型の仲介者が不要なため、分散化された取引が可能

UniswapやPancakeswapなどの他のチェーンの主要なプロトコルも自動マーケットメーカー型取引所を採用しており、分散型取引所の主流であると言えるでしょう。

Orcaは、シンプルな設計と相互運用性を重視しており、自動マーケットメーカー型取引所を採用して、ユーザーに利便性をもたらそうとしています。

独自のガバナンストークンORCAを発行している

独自のガバナンストークンORCAを発行している

Orcaの主な特徴の3つ目は、「独自のガバナンストークンORCAを発行している」ことです。

ガバナンストークンとは?

保有しておくことで、プロジェクトへの一定の権利を持つトークンのこと。運営等の意思決定以外にも、手数料の優遇・インセンティブなどを設けるトークンもあります。

自分の持っている仮想通貨をOrcaで特定のプールに預けると、報酬として独自トークンであるORCAをもらうことができます。また、ORCAを持っていることで、運営の意思決定に投票する権利を得ることも可能です。

ORCAトークンの現状の配分は以下の通りです。

Orcaのトークン配分図

この中で最も大きな割合を占めるOrca Token Treasuryでは、開発資金の提供・ORCAトークンの買い戻しによるトークン供給の管理・またはOrcaプロトコルの長期的な健全性を支援するその他のイニシアチブに蓄積された手数料を使っています。

独自トークンでユーザーは稼ぐことができるし、運営側でもしっかり長期的な成長に繋げているのはポイント高いですよね。

取引所手数料の一部を環境保護に取り組む団体に寄付している

取引所手数料の一部を環境保護に取り組む団体に寄付している

Orcaの主な特徴の4つ目は、「環境保護に取り組む団体に寄付している」ことです。Orcaはシャチをモチーフにしたアイコンが印象的なように環境保護に対して高い意識を持っています。

実際に2022年11月に最初の寄付として、Ocean Conservancyに55万ドルを寄付することを発表しました。また、2023年6月には、Orca Climate Fund Working Group (OCF)が正式に運営を開始し、環境保護に寄与できるように精力的に活動しています。この活動資金としては、以下のように取引手数料の一部をClimate Fundとして蓄積し、活動を行っています。

環境保護団体への手数料寄付割合図

Orcaを使うことで、環境保護にも貢献できていると思うと嬉しいですよね!

複数の企業によるコードの監査を受けている

複数の企業によるコードの監査を受けている

Orcaの主な特徴の5つ目は、「複数の企業によるコードの監査を受けている」ことです。

Orcaはセキュリティ体制にも余念がありません。複数のセキュリティ会社にコードの監査を受けて、セキュリティ強化に努めています。実際に以下の監査ファームからコードの監査を受けています。

  • Kudelski
  • Neodyme

さらに、OrcaはSolana チームのトークンスワッププログラムを使用し、セキュリティの強化に努めています。

これだけ安全性確保に努めていれば、ユーザーは安心して利用できますね!

コンテンツの誤りを送信する

共同創業者の1人が日本人

共同創業者の1人が日本人

Orcaの主な特徴の6つ目は、「共同創業者の1人が日本人」であることです。

Orcaは、東京・原宿のシェアハウスで出会った2人のプログラマーが共同で開発した分散型取引所であり、グレース・クワン(Grace Kwan)氏と森優太郎(Yutaro Mori)氏により共同創業されたことが以下の記事で記載されています。

原宿のシェアハウスで出会いソラナで起業したDEX:Web2から学ぶWeb3決済

引用:Coin Desk Japan

日本人が創業していることから、Orcaは以下の図で示すように日本語に対応しています。そのため、日本人の方が初めて使うには非常に使いやすいと言えるでしょう。

Orcaの日本語対応図

日本語対応しているDEXは少ないので、これはユーザーにとって嬉しいですね!

コンテンツの誤りを送信する

Orca(オルカ)を利用する6つのメリット

Orca(オルカ)を利用する6つのメリット

Orcaを利用するメリットは、以下の6つです。

〇  Orcaのメリット
  • ガス代が安くて処理速度が早い
  • 適正な価格で仮想通貨の交換ができる
  • 集中流動性提供ができて少額でも稼ぎやすい
  • シンプルなUIで初心者にも使いやすい
  • 独自トークンORCAの将来的な価格上昇が期待できる
  • SolanaブロックチェーンのDEXでTVLが第1位で人気が高い

これらについて以下で詳しく説明していきます。

ガス代が安くて処理速度が早い

ガス代が安くて処理速度が早い

OrcaはSolanaブロックチェーン基盤のため、ガス代が安くて処理速度が速いのがメリットです。特徴でも説明したように、Solanaブロックチェーンは最も使われているイーサリアムチェーンと比較して、ガス代と処理速度の点で圧倒的な優位性があります。

プラットフォーム名称トランザクション処理速度ネットワーク手数料ブロックが作成される速度
Solana(ソラナ)1秒あたり50,000約0.6銭(約0.006円)0.4秒
ETH(イーサリアム)1秒あたり13~15約1100円~2,200円以上300秒(5分)
※あくまでも2023年12月時点での参考数値です。時間帯やアップデート等によりどんどん変わる可能性があります。

イーサリアムチェーンを使っていると、ガス代はかかるし、処理に時間もかかって損しちゃうかもしれないですよ!

SolanaブロックチェーンのOrcaを使って、ガス代を節約していきましょう。

適正な価格で仮想通貨の交換ができる

適正な価格で仮想通貨の交換ができる

Orcaは、公正価格指標により、最適な価格で取引できることもメリットの1つです。

DEXで仮想通貨を交換するときには、その価格が現在の最適な価格なのか分かりづらいことが多いです。Orcaはこの問題に対して、「公正価格指標」という機能を追加することでユーザーの利便性を高めています。具体的には、取引する際に公正な価格でない場合、画面上に「レートの注意!」というラベルが表示され、ユーザーに警告してくれるようになっています。

公正な価格であるかを決定する条件は以下の2つです。

  • トークン単価は CoinGecko が提示したレートと1%以内か?
  • この取引による価格への影響度は1%未満か?

この2つの条件のどちらかが満たされない場合、画面上に「レートの注意!」のラベルが表示されます。条件を満たしている場合は、以下のように「フェアな価格です」と表示されます。

公正価格指標説明図

DEXで取引する際には、レートが適切なのか不安になるため、これは嬉しい機能ですね!

集中流動性提供ができて少額でも稼ぎやすい

集中流動性提供ができて少額でも稼ぎやすい

Orcaは、集中流動性提供ができて少額でも稼ぎやすいメリットもあります。この集中流動性提供はイーサリアムチェーンの有名な分散型取引所であるUniswapに導入されて、他の取引所にも広がっていきました。以下は、Uniswapのホワイトペーパーに記載されている集中流動性提供と従来の流動性提供の違いを示した図になります。

集中流動性提供の説明図
画像引用元:Uniswapホワイトペーパー

図で示すように集中流動性提供により、流動性を提供する価格帯を絞ることで「資本効率性が高くなり」、従来より少額の流動性提供であっても、稼ぎやすくなりました。Orcaは、この集中流動性提供で稼ぎやすいだけでなく、Solanaの低いガス代と処理速度が速いというメリットも加わっています。

少額でも稼げるチャンスがあるので、どんどんOrcaを使っていきましょう。

これもう見た?Uniswap(ユニスワップ)使い方|登録方法から始め方を徹底解説 | JinaCoin (jinanbo11.com)

シンプルなUIで初心者にも使いやすい

シンプルなUIで初心者にも使いやすい

Orcaは、さらにシンプルなUIで初心者にも使いやすいことも大きなメリットの1つです。Orcaはキャッチフレーズとして、「The DEX for people, not programs.(プログラムではなく、人間のための分散型取引所)」ということをうたっています。

そのため、ユーザーの使いやすさに非常に焦点をあてており、できるかぎりシンプルな設計にしています。具体的には、公正価格指標で最適な価格で取引できる機能やウォレットを接続すれば、ウォレット内の資産がOrcaの画面左側で確認できるようになっていることなどが挙げられます。

OrcaのシンプルなUI説明図

Orcaは、シンプルで使いやすいため、初心者の方から上級者の方まで幅広くおすすめできるDEXといえますね。

独自トークンORCAの将来的な価格上昇が期待できる

独自トークンORCAの将来的な価格上昇が期待できる

Orcaは、発行している独自トークンORCAの将来的な価格上昇が期待できることもメリットの1つです。

通貨名Orca(オルカ)
シンボルORCA
価格¥1,077.94※2023年12月現在
時価総額¥48,177,033,890※2023年12月現在
時価総額ランキング2309位
取引できる主な取引所Coinbase Exchange, Gate.io, CoinEX

Solanaブロックチェーンの需要拡大に伴って、ORCAの価格も現在急上昇しています。なんと、年初来から1680%以上上昇しており、その勢いは収まる気配がありません。

画像引用元:CoinMarketCap

独自トークンORCAをゲットして、先行者利益を狙っていきましょう!

これもう見た?Gate.io(ゲート)とは?仮想通貨取引所の6つの長所と4つの短所を解説!

これもう見た?Gate.ioキャンペーンまとめ|口座開設&入金ボーナス

これもう見た?CoinExの安全性と評判は?登録方法や入金・出金方法も解説!

SolanaブロックチェーンのDEXでTVLが第1位で人気が高い

SolanaブロックチェーンのDEXでTVLが第1位で人気が高い

Orcaは、急上昇で注目されているSolanaブロックチェーンのDEXの中でTVLが第1位で人気も高いです。

画像引用元:DefiLlama – DeFi Dashboard

さらに、今年の11月以降にTVLが急上昇していることもわかります。Solanaブロックチェーンの需要が高まってくれば、必ずSolana関連のトークンのスワップをする頻度が増えてくるため、DEXの需要は拡大していきます。

画像引用元:DefiLlama – DeFi Dashboard

需要が爆伸びしているSolanaが気になってるなら、Orcaを使うのはマストになりそうですね!

コンテンツの誤りを送信する

Orca(オルカ)のデメリット

Orca(オルカ)のデメリット

Orcaを利用するデメリットは、以下の3つです。

✖ Orcaのデメリット
  • MetaMask(メタマスク)で利用できない
  • ハッキングリスクがある
  • インパーマネントロスのリスクがある

これらについて、詳しく説明していきます。

MetaMask(メタマスク)で利用できない

MetaMask(メタマスク)で利用できない

Orcaは、現在利用者が一番多いメタマスクには対応していないため利用できません。そのため、Solana用のウォレットを作る必要があります。以下はOrca がサポートしている互換性のあるウォレットになります。

Orcaの対応ウォレット表

ただ、最近はチェーン間の移動もしやすくなっているので、近いうちにこの問題はなくなっていくでしょう!

ハッキングリスクがある

ハッキングリスクがある

ハッキングリスクとはその名の通り、DEX内の資金を盗まれるというリスクです。

画像05:Mean Finance「ハッキング画面」

DEXを利用する上で必ず注意しておかなければならないことになります。

もちろん投資は自己責任なのでどのように運用しても問題ありませんが最悪の場合、運用資金や投資対象の価値が無くなってしまうことも把握しておきましょう。

Orcaは、外部の企業からコードの監査も受けて、安全性を徹底しているので、他のDEXと比較すると、こうしたリスクは少ないでしょう!

インパーマネントロスのリスクがある

インパーマネントロスのリスクがある

Orcaで流動性提供をする場合は、インパーマネントロスのリスクがあるのがデメリットの1つです。

インパーマネントロスとは?

2種類のトークンをOrcaに預けて流動性を提供していた場合に、どちらか一方のトークンが急激に値上がりしたり、値下がりしてしまった場合に損をするリスクのことをいいます。

簡単に言うと、トークンを流動性提供せずにそのまま保有していた場合よりも損をしてしまうことをいいます。

実際にどれ位の変動に対して、損失がどの程度になるかは以下になります。

インパーマネントロス 変動損失 早見表
  • 1.25倍の価格変動 = 0.6%の損失
  • 1.50倍の価格変動 = 2.0%の損失
  • 1.75倍の価格変動 = 3.8%の損失
  • 2倍の価格変動 = 5.7%の損失
  • 3倍の価格変動 = 13.4%の損失
  • 4倍の価格変動 = 20.0%の損失
  • 5倍の価格変動 = 25.5%の損失

引用:Binance公式

インパーマネントロスの計算は「Yield watch」といったサイトで調べることができるので、活用してみてください。

また、Orcaの集中流動性提供で価格範囲を絞って流動性を提供するとさらにインパーマネントロスが大きくなります。そのため、集中流動性提供で価格範囲を絞る場合は、その分、提供する流動性を減らしてリスクを軽減するようにしましょう。

コンテンツの誤りを送信する

Orca(オルカ)の使い方(スマホ版)

Orca(オルカ)の使い方(スマホ版)

Orca(オルカ)を使うまでの前準備

Orca(オルカ)を使うまでの前準備

Orcaで取引する前に、次の事前準備が必要です。

事前準備
  1. 仮想通貨取引所の口座開設とSolanaの購入
  2. Solana対応ウォレットの作成
  3. Solana対応ウォレットにSolanaを送金

これらについて以下で詳しく説明していきます。

STEP
仮想通貨取引所の口座開設とSolanaの購入

まずは、仮想通貨取引所で口座開設し、Solanaを事前に購入しておきましょう。詳しい開設方法や仮想通貨の購入方法は下記のリンクをご覧ください。

GMOコイン:
GMOコインの特徴は各種手数料が非常に安いもしくは無料な点です。取扱い通貨も国内では多いので、海外仮想通貨取引所への送金で手数料をとにかく安くしたい方にはおすすめの取引所となります。

これもう見た?GMOコインを徹底解説!特徴や口座開設から入金・送金・出金方法まで全てがわかる!

トラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

STEP
Solana対応ウォレットの作成

Orcaを使用するためにはSolanaブロックチェーンに対応したウォレットが必要となります。Solana対応のウォレットは、PhantomWallet(ファントムウォレット)がおすすめです。PhantomWalletの作り方は以下の記事を参照してください。

これもう見た?【スマホ版】PhantomWalletの始め方や使い方を図解で徹底解説!(ファントム ウォレット) | JinaCoin (jinanbo11.com)

STEP
Solana対応ウォレットにSolanaを送金

PhantomWalletを作成したら、ユーザー自身のPhantomWalletへ仮想通貨取引所で購入したSolanaを送金します。アドレスは必ずコピペで行ってください。出金方法とPhantomWalletへの入金方法は以下の記事をご参照下さい。 

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

これもう見た?MEXCの使い方完全ガイド|登録から取引方法まで徹底解説

Orcaを触る準備は完了です。

Orca(オルカ)でスワップする方法

Orca(オルカ)でスワップする方法

次にOrcaでスワップする方法の手順は以下の2つです。

  1. Orcaとウォレットを接続
  2. Orcaサイトでスワップ

順番に解説していきます。

STEP
Orcaとウォレットを接続

①ウォレットを起動し、画面右下をタップ → ②Orca公式サイト(https://www.orca.so/)を入力して開く

Orcaのスワップ手順説明図①

③「ウォレット接続」を選択 → ④「Phantom」を選択し、「接続」をタップ → ⑤接続されれば、アドレスが表示されます

Orcaのスワップ手順説明図②

ウォレットとの接続は完了です。

STEP
Orcaサイトでスワップ

⑥「トレード」をタップ → ⑦スワップしたい通貨と数量を入力し、「トレード」 → ⑧トランザクションを確認し、「確認」をクリック

※トレードの際は価格が乖離して警告が出ていないか確認するようにしましょう

Orcaのスワップ手順説明図③

これで、Orcaでのスワップは完了です。

Orca(オルカ)で集中流動性提供する方法

Orca(オルカ)で集中流動性提供する方法

次にOrcaで集中流動性提供する方法の手順は以下の2つです。

  1. Orcaとウォレットを接続(先ほどと同様)
  2. Orcaサイトで集中流動性提供

順番に解説していきます

STEP
Orcaとウォレットを接続

先ほどと同様の手順でウォレットの接続をしていきます。(スワップする方法の内容を参照して下さい)

STEP
Orcaサイトで集中流動性提供をする

①「Liquidity」をタップし、スクロールして集中流動性提供をしたいプールを選んで「入金」をクリック(今回は「SOL/USDT」のプールで説明していきます)→ ② 説明を読み、「Get started」をクリック(2回目以降は表示されません)→ ③「カスタム運用」をクリック

Orcaの流動性提供手順説明図①

④流動性提供する価格範囲を設定します。(今回は±20%で設定)→ ⑤ スクロールして、「Next step:Choose amount」をクリック → ⑥流動性提供する数量を入力し、「プレビュー」をクリック

Orcaの流動性提供手順説明図②

⑦内容を確認し、「Confirm deposit」をクリック → ⑧トランザクションを確認し、「確認」をクリック

Orcaの流動性提供手順説明図③

これで、Orcaでの集中流動性提供は完了です。

Orca(オルカ)で報酬を獲得する方法

Orca(オルカ)で報酬を獲得する方法

次にOrcaで報酬を獲得する方法の手順は以下の2つです。

  1. Orcaとウォレットを接続(先ほどと同様)
  2. Orcaサイトで報酬を獲得

順番に解説していきます

STEP
Orcaとウォレットを接続

先ほどと同様の手順でウォレットの接続をしていきます。(スワップする方法の内容を参照して下さい)

STEP
Orcaサイトで報酬を獲得

①「Liquidity」をタップし、「Portfolio」をクリック→ ②「Harvest All」をクリック → ③トランザクションを確認し、「確認」をクリック

Orcaの報酬獲得手順説明図

これで、Orcaでの報酬の獲得は完了です。

Orca(オルカ)で集中流動性提供を解除する方法

Orca(オルカ)で集中流動性提供を解除する方法

次にOrcaで集中流動性提供を解除する方法の手順は以下の2つです。

  1. Orcaとウォレットを接続(先ほどと同様)
  2. Orcaサイトで集中流動性提供を解除

順番に解説していきます

STEP
Orcaとウォレットを接続

先ほどと同様の手順でウォレットの接続をしていきます。(スワップする方法の内容を参照して下さい)

STEP
Orcaサイトで集中流動性提供を解除

①「Liquidity」をタップし、スクロールして集中流動性提供を解除したいプールを選んで「▼」をクリック→ ② 「出金する」をクリック → ③全て出金する場合は、「Withdraw all and burn NFT」をクリック※今後、再度このプールに流動性提供する場合は、「Burn the NFT for this position」のチェックボックスは入れないようにすると、PositionのNFTは保持されて、再度作成することなく流動性提供が可能です。

Orcaの流動性提供解除手順説明図①

④トランザクションを確認し、「確認」をクリック → ⑤ 出金が完了すると「出金完了」の表示が出てきます → ⑥「Liquidity」をタップし、流動性提供していたプールが消えていれば、集中流動性提供の解除は完了です。

Orcaの流動性提供解除手順説明図②

コンテンツの誤りを送信する

Orca(オルカ)のよくある質問(Q&A)

Orca(オルカ)のよくある質問(Q&A)

最後に、Orcaに関してよくある質問に回答していきます。

Orcaはイーサリアムチェーンで使えますか?

OrcaはSolanaチェーンのため、イーサリアムチェーンでは使えません。そのため、Solana専用のウォレットが必要になります。

Solana専用のウォレットなら、PhantomWallet(ファントムウォレット)がおすすめです。

これもう見た?【スマホ版】PhantomWalletの始め方や使い方を図解で徹底解説!(ファントム ウォレット) | JinaCoin (jinanbo11.com)

Solanaブロックチェーン基盤のDEXは、Orca以外にありますか?

Orca以外だと、Raydium(レイディウム)が人気が高く、Solanaブロックチェーン基盤のDEXとして、Orcaと2大巨頭を成しています。また、Raydiumも独自のトークン「Ray」を発行しています。

RaydiumもSolanaを触る上では欠かせないので、Orcaと一緒に抑えておきましょう!

これもう見た?Raydium(レイディウム)使い方完全ガイド|登録から始め方を解説 | JinaCoin (jinanbo11.com)

これもう見た?仮想通貨RAY(レイ)・分散型取引所Raydium(レイディウム)とは?特徴と将来性を解説

Orcaはスマートフォンで利用できますか?

Orcaは、以下のウォレットであれば、スマートフォンにて利用可能です。

スマートフォンで利用可能なウォレット
  • Phantom
  • Solflare
  • Coin98
  • SafePal
  • Bitkeep
  • Math Wallet
  • Slope
Orcaで得た報酬は課税対象になりますか?

Orcaで得た報酬は課税の対象となり「雑所得」に区分され、年度末に「確定申告」が必要となります。

仮想通貨のトレードによる利益などと同様に総合課税が適用され、総合課税は累進課税のため、利益が大きくなれば納める税金の税率もあがります。

取引履歴は必ず残しておきましょう。

これもう見た?仮想通貨の税金に関する全知識まとめ

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

あらためて、Orcaの特徴についてまとめておきます。

当記事をまとめると
  • Orca(オルカ)は需要が急増しているSolana(ソラナ)ブロックチェーン基盤で一番人気のDEX
  • 独自トークンORCAの価格が急上昇しており、将来的な価格上昇も期待できる
  • シンプルなUIで初心者にも使いやすい
  • 集中流動性提供ができて少額でも稼ぎやすい
  • 取引所手数料の一部を環境保護に取り組む団体に寄付しており、使うことで環境保護にも貢献できる

Orcaは、使い方がシンプルでありながらユーザーフレンドリーな様々な機能もあるため、初心者から上級者まで幅広い方におすすめできるプロトコルです。

本記事を参考に、Orcaを活用して、Solanaブロックチェーン需要急増の波に乗り遅れないようにしましょう!

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次