きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

仮想通貨RAY(レイ)・分散型取引所Raydium(レイディウム)とは?特徴と将来性を解説

Raydium(仮想通貨RAY)とは?特徴と将来性を解説銘柄
この記事をざっくり言うと…
  • Raydiumは分散型取引所(DEX)という無人の取引所
  • 仮想通貨RAYはRaydiumのガバナンストークンで、トレード以外にもファーミングやステーキングによって手に入れることができる
  • Raydium、仮想通貨RAYのブロックチェーン技術はSolanaを使用しており、ネットワーク遅延やガス代の高騰といった問題とは無縁

仮想通貨RAY(レイ)・分散型取引所Raydium(レイディウム)とは?

プラットフォーム名称Raydium(レイディウム)
トークン名称RAY(レイ)
仮想通貨シンボルRAY(レイ)
発行枚数555,000,000枚
2021年10月時点の単価約1,216円
2021年10月時点での時価総額約781億円
2021年10月時点での希薄後時価総額約6,089億円
公式サイトhttps://raydium.io/
RAYを購入できる主な取引所FTXBinanceGata.io

仮想通貨RAY(レイ)とは、分散型取引所(DEX)のRaydium(レイディウム)のガバナンストークンで、ブロックチェーン技術はSolana(ソラナ)を使用しています。

2021年2月、Raydiumが稼働を開始すると同時に仮想通貨RAYも発行されました。

Raydium(レイディウム)はSolana開発プロジェクトの一つ

DEX(分散型取引所)であるRaydium(レイディウム)は、Solanaという新しいブロックチェーン技術上で成り立っている取引所です。

Solanaは「イーサリアムキラー」と呼ばれることもあります。技術面・セキュリティ面・処理速度・ネットワーク手数料の安さ全ての面で既存の仮想通貨を凌駕する、新時代のブロックチェーン技術開発プラットフォームです。

特にイーサリアムは、ガス代と呼ばれる取引手数料が高騰し、さらにアクセス過多でネットワーク遅延が起こるという問題を抱えています。

Solanaは、そんな問題点全てを解決した非常に魅力的なブロックチェーン技術です。

Solanaのプラットフォームには非常に多くの開発プロジェクトがあり、その一つがRaydiumです。

簡単に言うと、RaydiumはSolanaブロックチェーン技術上で稼働する、無人の取引所のことです。その取引所が発行する仮想通貨がRAYです。

Raydium(レイディウム)が提供するサービス

Raydiumが提供するサービスは3つあります。

  • スワップ(仮想通貨同士の交換)
  • ファーミング(対象仮想通貨をペアで預けて手数料収入を得る)
  • ステーキング(RAYを一時的にロックしてネットワークに参加し、報酬を得る)

スワップ(仮想通貨同士の交換)

Raydiumでは自動マーケットメーカー(AMM)を使用しており、誰でも簡単に仮想通貨のトレードを行うことができます。

現金ではなく仮想通貨を使って他の仮想通貨を買ったりするので、トレードと表現せずにスワップ(交換)と表現しています。

ファーミング(対象仮想通貨をペアで預けて手数料収入を得る)

たいていの取引所やDEXは、流動性を喉から手が出るほど欲しがっています。

流動性が低いと「ユーザーが買いたい時に買えない」「ユーザーが売りたい時に売れない」という状態に陥り、結果的に顧客離れを引き起こしてしまうからです。

Raydiumは流動性を高めるために、ユーザーは種類の異なる仮想通貨を2種類預ける(プールする)ことで、預けたユーザーは流動性を提供した見返りに、報酬として仮想通貨RAYを受け取れます。

ステーキング(RAYを一時的にロックしてネットワークに参加し、報酬を得る)

Raydiumのガバナンストークンである、仮想通貨RAYをステーキングすることで報酬が得られます。

ここで言うステーキングとは、RAYを一時的にロックしてマイニングを行う人に貸し出し、その見返りとしてRAYがもらえることです。

「一時的にロックする」というと、使いたい時に使えないかもと不安になるかもしれませんが、ロックはいつでも簡単に解除できます。

じなんぼー
じなんぼー

ただ持っているだけならもったいないので、ステーキングして利息を得る感覚で利用すれば良いよ♪

Raydium(レイディウム)・RAY(レイ)のメリット

分散型取引所Raydium、仮想通貨RAYにはどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 処理速度が速く、ネットワーク手数料が非常に安い
  • RaydiumではファーミングやステーキングでトレードしなくてもRAYが貰える
  • 海外大手仮想通貨取引所FTXが主体のDEX、「Serum」と接続している
  • Raydiumは開発が標榜するロードマップに沿って現在も開発が進んでいる
  • Solana関連銘柄の人気が急上昇中

処理速度が速く、ネットワーク手数料が非常に安い

Raydiumは、数あるDEX(分散型取引所)の中でも群を抜いて手数料が安いのです。

既存のDEXは、たいていがイーサリアムのブロックチェーン技術を基軸としているのですが、先述したとおりイーサリアム系のネットワークにはいろいろと問題があります。

ところがRaydiumはSolanaを基軸チェーンとしているため、イーサリアム系のネットワークに発生している遅延やネットワーク手数料の高騰といった問題とは無縁なのです。

じなんぼー
じなんぼー

実際に使ってみると、この恩恵は想像以上でびっくりしたよ

RaydiumではファーミングやステーキングでトレードしなくてもRAYが貰える

これは既存のDEXでもあるのですが、RaydiumはファーミングによってRaydiumの発行仮想通貨、RAYが貰えます。

付与されたRAYをステーキングすることも可能で、ステーキング報酬ではさらにRAYを貰え、複利式に資産を増やすことも可能です。このことからも、仮想通貨RAYは今後の値上がりも含めて長期保有に適していると言えるのではないでしょうか。

じなんぼー
じなんぼー

もちろん価格差益も狙えるから、今後が楽しみな通貨のひとつだね

海外大手仮想通貨取引所FTXが主体のDEX、「Serum」と接続している

新しくできたDEXが抱える問題点として、ユーザー数の少なさから流動性の低さがあげられます。

Raydiumは、あの大手の仮想通貨取引所FTXが主導するDEX、「Serum」と接続しているため、「Serum」のオーダーブックを共有できるのです。これにより流動性の低さは解消され、さらに多くのユーザーを獲得するに至っています。

Raydiumは開発が標榜するロードマップに沿って現在も開発が進んでいる

Raydiumはロードマップに沿って、現在も開発が着々と進められています。

2021年第一四半期

  • メインネット開始
  • 公式サイトとプラットフォームの立ち上げ
  • クロスチェーンスワップの開発着手

2021年第二四半期

  • 他のプロトコルとの連携を開始し、新しいモデルの研究・開発

2021年第三四半期

  • 外部の機能を活用したマーケットメイキングの改良
  • 提携パートナーとの運営モデルの構築

Solana関連銘柄の人気が急上昇中

RAYの他にも、Solanaブロックチェーンで稼働している仮想通貨はまだまだあります。

通貨シンボル解説価格2021年9月時点での時価総額順位
RAYRaydiumのガバナンストークン約1,216円109位
SOLSolanaブロックチェーンの代表的な仮想通貨約17,687円7位
FTT大手仮想通貨取引所FTXのガバナンストークン約6,134円27位
SRMFTXが主導するDEX「Serum」のガバナンストークン約942円89位

やはりSolanaブロックチェーンの代表的な存在である「SOL」は別格ですね。2021年9月時点で時価総額ランキング7位はさすがです。

「RAY」はこの記事を執筆している時でも、現在進行形で価格と時価総額がどんどん上がっている状況です。やはり全体的にSolanaブロックチェーンの需要の高さが目立ちますね。

Raydium(レイディウム)・RAY(レイ)の懸念材料

分散型取引所Raydium、仮想通貨RAYの懸念材料はどういったものがあるのでしょうか。こちらも解説します。

  • DEX(分散型取引所)同士の競争が激化している
  • 中国当局による規制の影響がどうなるかわからない

DEX(分散型取引所)同士の競争が激化している

DEX(分散型取引所)は最近DeFi関連銘柄と同様に急速に注目を浴びてきました。

そしてこうしている今も新しいDEXが誕生しており、基軸となるブロックチェーン技術は様々です。

DEXで使用される代表的なブロックチェーン技術はイーサリアムですが、こちらは現在、様々な問題を抱えており、それらの問題を開発者達が解決に向けて苦心しているところです。

大手DEXのUniswapは、「UniswapV3」を開発・ローンチし、手数料や処理速度の改善に努めています。

どうしても「ユーザー数が多い=流動性が高い」という図式は変わらないため、有名なDEXにどんどんユーザーが集中してしまう現象があります。

こうした生き残りをかけた競争の中で、Raydiumに限らず、後発のDEXが勝ち抜くのは容易ではないでしょう。

中国当局による規制の影響がどうなるかわからない

2021年9月24日、中国当局が中国国内での仮想通貨関連事業を全て禁止する旨の発表を行いました。

仮想通貨のユーザーには中国人も多く、前回の規制では中国国内で取引しなければ実質的には問題なかったのですが、今回の規制は前回の規制と違ってそういった抜け道すら全て封鎖されています。

これを受けてマーケットの仮想通貨価格は全体的に下降しました。しかし大暴落といった様相は無く、今回の規制の影響は限定的だと見る識者も居ます。

一方でじわじわと規制の影響が広がり、仮想通貨の大きなバブルは終焉を迎えると言う識者も居ます。

はっきり言えることは、一体どうなるのか、大きな影響があるのか無いのか、まだまだ不透明だということです。

じなんぼー
じなんぼー

逆に言えば、大きなマイニング工場は中国に多くあったから、これからマイニングを始める人には大チャンスかもね

Raydium(レイディウム)・RAY(レイ)の将来性は?仮想通貨歴6年の筆者が独断と偏見で言い切ります

2021年10月現在、今後の価格予想は大手メディアを見ても上がるか下がるか半々ぐらいの予想です。

まだ大きな上昇トレンドを描けるほどのポジティブな材料が無いのが原因かと思います。

しかし、私は断言します。仮想通貨RAYは「買い」です。RAYを効率よく集めるため、Raydiumを積極的に利用することをおススメします。

2021年10月現在、Raydiumはまだ黎明期と言える段階ですが、これがユーザーの増大と共に円熟期を迎える時、Raydiumの発展と共にRAYの価値が大きく上昇するでしょう。

もちろん、仮想通貨RAYのチャートが大きな上昇トレンドを描き出した時に、波に乗るのも一つの手ですが、今のうちにしっかり仕込んでこそ大きな利益が目指せると思います。

ただし、ビットコイン(BTC)の値動きには注意が必要です。BTCが下がるとほぼ全ての仮想通貨の価格も下がります。リスク管理はしっかりと行い、慎重かつ大胆にトレードを進めてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨RAY(レイ)のチャート

まとめ

この記事では分散型取引所(DEX)のRaydium、そのガバナンストークンである仮想通貨RAYについて解説しました。

DEX自体まだまだ一般的な取引所とは言い難い状況ですが、確実にトレーダーの中に浸透しつつあります。

Raydiumを利用してRAYを手に入れ、そのRAYをステーキングして更にRAYを貰い、複利方式で資産を増やす、こういったことが可能なRaydiumには大きな可能性を感じます。

また、忘れてならないのがイーサリアム系のブロックチェーンが抱えるネットワークの遅延やガス代の高騰といった問題点です。

それらを全て解決した新しいブロックチェーン技術のSolanaには無限の可能性しか感じません。

どうかこの流れが、仮想通貨=Solana関連の銘柄という大きな潮流になることを願ってやみません。

あなたの健闘を心よりお祈りします。

監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

銘柄
ジナコイン

コメント