Convex Financeとは?特徴や使い方を徹底解説

convex financeとは?特徴や使い方を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • Convex Financeの特徴や使い方を解説
  • Convex Financeは他のDEXでのLPトークンの運用効率を高めてくれるサービス
  • この記事を読めばConvex Financeに関する疑問点や使い方をすべて解決できる

コンテンツの誤りを送信する

目次

Convex Finance(コンベックスファイナンス)とは?

Convex Finance(コンベックスファイナンス)とは?
名称Convex Finance(コンベックスファイナンス)
設立年月2021年5月
TVL(総プール量)18億9700万ドル
対応チェーンEthereum、Polygon、Arbitrum
ガバナンストークンCVX
取引手数料0.04%
日本語対応なし
公式サイトhttps://www.convexfinance.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/ConvexFinance
公式Discordhttps://discord.gg/TTEVTqY488

Convex Financeは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたDeFi(分散型金融)プロトコルの1つです。特にCurve Financeのユーザーに対して、より高い利益の獲得と効率的な運用ができるサービスを提供しています。

これもう見た?CurveFinance使い方ガイド!特徴や注意点も徹底解説!

また、独自トークンであるCVXも発行しており、ガバナンスへの参加や報酬の形で利用することができます。

Convex Financeは2023年11月現在、DeFiのTVLランキングでは12位に位置しています。

画像02:Convex finance「Convex finance順位」

画像引用元:DefiLlama – DeFi Dashboard

DeFiプロトコルはとてもトレンドの移り変わりが激しいです。

その中で、Convex Financeは2021年5月にサービスがローンチされてから尚、この位置にランキングしていることから、非常に人気と信頼性が高いと言えるでしょう。

これもう見た?分散型金融DeFi(ディーファイ)とは?初心者にもわかりやすく解説します。

コンテンツの誤りを送信する

Convex Financeの特徴

Convex Financeの特徴

次に「Convex Financeの特徴」について見ていきましょう。Convex Financeの主な特徴は、以下の4つです。

Convex Financeの特徴
  • イールドアグリゲーターサービスを提供
  • 運用効率を高めてくれる
  • 独自トークン(CVX)を発行している
  • Curve Financeだけでなく、他のプロトコルにも対応が拡大している

それぞれ解説していきます。

イールドアグリゲーターサービスを提供

イールドアグリゲーターサービスを提供

Convex Financeの主な特徴の1つ目は、「イールドアグリゲーターサービスを提供」していることです。

イールドアグリゲーターとは?

イールドアグリゲーターは、ユーザーから預かった資産をまとめて運用して、最適な収益を生み出すように自動的に資産を管理するシステムのことを言います。これにより、ユーザーは複数のプラットフォームや投資機会を個別に管理する手間を省くことができ、効率的かつ効果的な投資戦略を得ることができます。

DeFiで稼ぎたい!でも、色んなプロトコルを使うのは面倒くさいと思いますよね!

イールドアグリゲーターサービスを使えば、手間が減って効率的に稼ぐことができます。

運用効率を高めてくれる

運用効率を高めてくれる

Convex Financeの主な特徴の2つ目は、「運用効率を高めてくれる」ことです。

Convex Financeはイールドアグリゲーターとして、ユーザーから預かった多くの資金をまとめて運用できるため、ガス代や手数料を減らし、利回りを高めることが可能です。

個人ユーザーにとって、ガス代の負担はかなり大きいですよね!

Convex Financeを使えば、より稼ぎやすくなります。

これもう見た?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

独自トークン「CVX」を発行している

独自トークン「CVX」を発行している

Convex Financeの主な特徴の3つ目は、「独自トークン(CVX)を発行している」ことです。

通貨名Convex Finance
シンボルCVX
価格(2023年11月25日時点)¥563.18
時価総額(2023年11月25日時点)¥51,611,156,851
時価総額ランキング(2023年11月25日時点)120位
取引できる主な取引所Bybit、Bitget、Kucoin、Gate.io

ユーザーは独自トークンCVXを使って、以下の恩恵を受けることができます。

  • ステーキング報酬を獲得
  • CVXを16週間ロックし、ガバナンスの投票権獲得

Convex Financeを使うことで、独自トークンCVXを獲得し、さらに利回りを高めることができます。

Curve Financeだけでなく、他のプロトコルにも対応が拡大している

Curve Financeだけでなく、他のプロトコルにも対応が拡大している

Convex Financeの主な特徴の4つ目は、「他のプロトコルにも対応が拡大している」ことです。

Convex Financeは、主にCurve Financeの運用効率を高めてくれるサービスでしたが、2023年になって、Frax FinanceやPrisma Finance、FX Protocolとも提携し、どんどん対応を拡大しています。Frax FinanceやPrisma Financeは近年、急激にシェアを伸ばしてきた注目のプロトコルで、DeFiLlamaのTVLランキングでもそれぞれ17位、31位に位置しています。

画像03:Convex finance「Frax&Prisma順位」

画像引用元:DefiLlama – DeFi Dashboard

Convex Financeは、こうした注目プロトコルとの提携もどんどん進んでおり、将来性の高いサービスと言えるでしょう。

コンテンツの誤りを送信する

Convex Financeのメリット・デメリット

Convex Financeのメリット・デメリット

次にConvex Financeのメリット・デメリットを記載します。

Convex Financeのメリット

Convex Financeのメリット

Convex Financeのメリットは大きく3つあります。

〇 Convex Financeのメリット
  • 通貨を長期間ロックする必要がない
  • 高い利回りを得られる
  • 手間が減ってラク

これらについて以下で詳しく説明していきます。

通貨を長期間ロックする必要がない

Convex Financeは、通貨を長期間ロックすることなく、高い利回りを得られるのが最大のメリットになります。Curve Financeで、より多くCRVトークンをもらうためには、CRVトークンをCurve Financeに長期間(最大4年間)ロックする必要があります。

ただ、DeFiはトレンドの移り変わりが激しいので、4年間も通貨を預けておくのは怖いしリスクが高いですよね!

Convex Financeを使えば、まとめて運用してくれるので、CRVトークンを長期間ロックしなくても、高い利回りを得られます。

要するに

Convex Financeが個人ユーザーのリスクを減らしてくれて、投資しやすくしてくれているわけです。

高い利回りを得られる

Convex Financeは、高い利回りを得られるのも大きなメリットです。

なぜなら、Convex Financeは今まで説明した通り、以下のメリットがあるからです。

  • 多くの資金をまとめて運用できるため、ガス代や手数料を減らせる
  • 独自トークン(CVX)を利用したユーザーへの価値提供

そのため、Curve Finance単独での利用よりも、ユーザーの利回りを高めることができます。

正直、Curve Finance単独で使ってると損しちゃいます。

この機会にConvex Financeを使って、より稼いでいきましょう。

手間が減ってラク

Convex Financeは、手間が減ってラクなのもメリットです。Curve Finance単独で高い利回りをもらおうとすると、工程が多くて正直面倒です。

Convex Financeを使えば、工程の多くを代行してくれるので、ユーザーの手間が減ってラクになります。

Convex Financeを使えば、工程の多くを代行してくれるので、ユーザーの手間が減ってラクになります。

時間も手数料も取られるのはもったいないですよね。

Convex Financeを使って、効率的にDeFiで運用していきましょう。

Convex Financeのデメリット

Convex Financeのデメリット

Convex Financeを利用する上でのデメリットは大きく3つあります。

✖ Convex Financeのデメリット
  • 複利運用はしてくれない
  • ハッキング、ラグプルリスクがある
  • プロトコル(Curve Finance)のリスクを引き継ぐ

これらについて以下で詳しく説明していきます。

複利運用はしてくれない

Convex Financeは、利益を自動再投資して、複利運用はしてくれないのがデメリットです。

そのため、利益を再投資するには、一度自分のウォレットに移して、再度Convex Financeに投資する必要があります。あまり頻繁に繰り返すとガス代がかかってしまうので、注意が必要です。

報酬をウォレットに移したい場合は、ガス代の安いタイミングを狙っていきましょう。

これもう見た?イーサリアムのガス代とは?計算方法から節約方法までわかりやすく解説!

ハッキング・ラグプルリスクがある

ハッキングリスクとはその名の通り、DEX内の資金を盗まれるというリスクです。ラグプルリスクとはDeFiなどプロジェクト運営側が資金調達してそのまま持ち逃げするいわゆる詐欺リスクのことです。

画像05:Mean Finance「ハッキング画面」

どちらもDEXを利用する上で必ず注意しておかなければならないことです。

もちろん投資は自己責任なのでどのように運用しても問題ありませんが最悪の場合、運用資金や投資対象の価値が無くなってしまうことも把握しておきましょう。万が一、損失になっても生活に影響しない余剰資金で投資することをおすすめします。

プロトコル(Curve Finance)のリスクを引き継ぐ

Convex Financeは、イールドアグリゲーターのため、Curve FinanceやFrax Financeなどのプロトコルのリスクをそのまま引き継ぐことになります。そのため、Curve FinanceやFrax Financeなどでハッキングが起こったり、利用者が減ったりしたら、Convex Financeも危険になります。

ただ、リスクを減らすために対応しているプロジェクトも拡大してきているので、今後はそうしたリスクは軽減していくでしょう。

コンテンツの誤りを送信する

Convex Financeの使い方(スマホ版)

Convex Financeの使い方(スマホ版)

Convex Financeを使うまでの前準備

Convex Financeを使うまでの前準備

Convex Financeで取引する前に、次の事前準備が必要です。

事前準備
  1. 仮想通貨取引所の口座開設と仮想通貨の購入
  2. MetaMask(メタマスク)の作成
  3. MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を送金

これらについて以下で詳しく説明していきます。

STEP
仮想通貨取引所の口座開設と仮想通貨の購入

まずは、仮想通貨取引所で口座開設し、イーサリアムやステーブルコインなどの仮想通貨を事前に購入しておきましょう。詳しい開設方法や仮想通貨の購入方法は下記のリンクをご覧ください。

トラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

STEP
MetaMask(メタマスク)の作成

Convex Financeを使用するためにはウォレットが必要となります。もしまだウォレットを持っていない場合は、汎用性の高いウォレットであるMetaMask(メタマスク)を作成していきましょう。

これもう見た?スマホ版MetaMask使い方|ダウンロードからスマホ同期、入出金まで徹底解説

STEP
MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を送金

MetaMask(メタマスク)を作成したら、ユーザー自身のMetaMask(メタマスク)へ購入した仮想通貨を送金します。アドレスは必ずコピペで行ってください。 

これもう見た?メタマスクへイーサリアムを送金する方法をPC・スマホ版で解説! | JinaCoin (jinanbo11.com) 

DeFiを触る準備は完了です。

Convex Financeでステーキングする方法

Convex Financeでステーキングする方法

次にConvex Financeでステーキングをする方法の手順は以下の2つです。

  1. Curve Financeで流動性を提供する
  2. LPトークンをConvex Financeに預ける

順番に解説していきます。

Curve Financeで流動性を提供する

Curve Financeで流動性の提供をしていきます。今回は例として「3pool」という流動性プールへ提供します。

3poolはDAI、USD、USDTの3種類のステーブルコインを組み合わせたプールです。

STEP
Curve FinanceにMetaMask(メタマスク)を接続

ウォレットを起動し、画面下側の①をタップ → ②「Decentralized finance」 → ③「Curve」を選択

画像06:Convex finance「Curve finance手順①」

④「Connect Wallet」を選択 → ⑤「MetaMask」をクリック → ⑥「接続」を選択

画像07:Convex finance「Curve finance手順②」
STEP
Curve Financeで流動性を提供

⑦「Pools」を選択 → ⑤「3pool」をクリック → ⑥「Deposit」を選択

画像08:Convex finance「Curve finance手順③」

⑩「Deposit」を確認 → ⑪「預ける量を入力」→ ⑫「Approve Spending」→ ⑬「Deposit」を選択

画像09:Convex finance「Curve finance手順④」

これで、Curve Financeでの流動性の提供は完了です。LPトークンを受け取ることができます。

LPトークンをConvex Financeに預ける

いよいよConvex FinanceにLPトークンを預けていきます。

STEP
Convex FinanceにMetaMask(メタマスク)を接続し、Poolsを検索

まずは、ウォレットを起動し、先程と同様の手順でConvex Financeを開きます。

次に①「Connect Wallet」を選択 → ②「MetaMask」をクリック → ③「Curve」を選択

④「Stake」を選択 → ⑤画面下に移動し、赤枠の部分に「DAI」と入力し、Curve Financeで預けた「3pool」を選択する

画像10:Convex finance「Convex finance手順①」
STEP
LPトークンをConvex Financeに預ける

⑥ 「DEPOSIT」を選択 → ⑦ LPトークンを預ける量を入力 → ⑧ 「Approved」→ ⑨「Deposit & Stake」を選択 

画像11:Convex finance「Convex finance手順②」

以上で、Convex Financeでステーキングは完了です。お疲れ様でした。

Convex Financeで報酬を請求する方法

Convex Financeで報酬を請求する方法

Convex Financeで報酬を請求する方法は簡単です。

① 画面右側の「Claim」をタップ → ② 報酬を請求したいPoolで「Claim All」を選択する

画像12:Convex finance「Convex finance手順③」

Convex Financeでステーキングを解除する方法

Convex Financeでステーキングを解除する方法

Convex Financeでステーキングを解除する方法も簡単です。

① ステーキングを解除したいPoolで「Withdraw」を選択 → ② 「Unstake & Withdraw」を選択する

画像13:Convex finance「Convex finance手順④」

コンテンツの誤りを送信する

Convex Financeのよくある質問(Q&A)

Convex Financeのよくある質問(Q&A)

最後に、Convex Financeに関してよくある質問に回答していきます。

Convex Financeはイーサリアムチェーン以外で使えますか?

Convex Financeではイーサリアムだけでなく、合計3つのチェーンで使えます。

Convex Financeのチェーン
  • Ethereum
  • Polygon
  • Arbitrum

イーサリアムチェーン以外を使うことで、ガス代を抑えることができます。

これもう見た?MetaMask(メタマスク)のネットワーク追加方法解説【スマホ・PC版】 | JinaCoin (jinanbo11.com)

どの流動性プールを選べば良いですか?

どのプールもCurve Financeで対象の銘柄を保有していれば流動性を提供できますので自身で好きなプールを選ぶことができます。選ぶポイントとしてはリスクとリターンの許容度で選ぶとよいでしょう。

リスクの低いプールを選ぶとリターンも低いですが、リスクの高いプールを選ぶとリターンも高くなります。

Convex Financeを使ったら、税金はどうなりますか?

Convex Financeでは日本円未対応なので納税しなくても良いと思うかもしれませんが、Convex FinanceをはじめとしたDEXにおいて仮想通貨同士の取引で利益が出た場合「雑所得」に区分され、年度末に「確定申告」が必要となります。

仮想通貨のトレードによる利益には総合課税が適用され、総合課税は累進課税のため、利益が大きくなれば納める税金の税率もあがります。

取引履歴は必ず残しておきましょう。

これもう見た?仮想通貨の税金に関する全知識まとめ

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

今回は、Convex Financeの概要や魅力について、図解とともに詳しく紹介しました。

当記事をまとめると
  • 主にCurve Financeの運用効率を高めてくれるサービス
  • 個人投資家のリスクを減らしながら、高い利回りを実現してくれる
  • プロトコルランキングも上位にランクインし、非常に人気と信頼の高いサービス

Curve Financeを触っているなら、Convex Financeは絶対押さえておきたいサービスですね!

本記事を参考に、Convex Financeを活用して、DeFiで稼いでいきましょう!

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次