ビットコインの始め方や買い方を解説|初心者にもおすすめ購入方法

bitcoin(ビットコイン)始め方、買い方
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと…
  • ビットコインとは何か?初心者にも分かりやすく概要や特徴を解説
  • ビットコインを売買するまでの流れを図解付きで解説
  • 初心者がビットコインを購入する際の注意点が分かる

コンテンツの誤りを送信する

目次

ビットコイン(BTC)とはどんな通貨か?

ビットコイン(BTC)とはどんな通貨か?

仮想通貨(暗号資産)とは、インターネット上で取引できる電子的な通貨のことです。仮想通貨の中でも最も有名で人気のある通貨がビットコイン(BTC)です。はじめにビットコインとはどんな通貨なのかについて、概要や特徴、最新情報を紹介します。

ビットコインの概要と特徴

ビットコインの概要と特徴

ビットコイン(BTC)は2009年にサトシ・ナカモトという匿名の人物またはグループが論文を投稿したことで誕生した世界初の仮想通貨(暗号資産)です。ビットコインは現金(日本円や米ドル)と同じようにモノやサービスの決済に利用できます。さらに、国や銀行などの制限を受けることなく、インターネット上で直接個人間の送金がいつでも可能です。ブロックチェーンというインターネット上に分散して記録された取引台帳を利用していることが特徴で、誰でも取引を閲覧できる透明性と取引記録の改ざんや偽造が防止できる安全性を持っています。

ビットコインのメリット
  • 個人間で24時間いつでも送金ができる
  • 銀行より送金にかかる手数料が安い
  • ハッキングなどのサイバー攻撃に強い
  • 価格変動がしやすく投資面で高い収益を狙いやすい
  • 発行数量が最大2,100万枚に決まっているため希少性が高い
ビットコインのデメリット
  • 価格変動が激しいので大きな損失を出す可能性がある
  • ビットコインや仮想通貨に対する各国の法規制により使用制限を受ける可能性がある
  • 価値の保証がない
  • 取引にかかるスピードや手数料問題(スケーラビリティ問題)がある
  • 利用できる実店舗が少ない

まだまだ現金のようにどこでも利用できる通貨ではありませんが、現金と比較して簡単に安く海外送金ができたり国内でも一部の飲食店ではビットコインで支払いができたりなど用途が広がっています。この記事ではビットコインを投資・投機目的で保有、売買するための方法を詳しく解説します。

これもう見た?【初心者向け】ビットコイン(BTC)とは?仕組みや今後の価格動向をわかりやすく解説

これもう見た?高円寺でビットコイン決済ができるフリーマーケットが開催決定

ビットコインの最新情報

ビットコインの最新情報

`ビットコインの価格に好影響を与える可能性があるのが、ビットコイン現物ETF(上場投資信託)の承認の行方です。

ETF(上場投資信託)とは

ETFとは、運用会社が投資家から集めた資金を株式や債券などに投資して運用する金融商品です。ETFのメリットには、個別銘柄を購入せずに複数の対象に投資ができるためリスクを分散できることや、取引所に上場されているのでリアルタイムで値動きを把握できることなどがあります。

一方で、デメリットは取引手数料がかかることや市場価格とETFの基準価格に乖離が生じる可能性があることなどです。ETFには、株価指数や債券指数、REIT(不動産投資信託)、コモディティ(商品先物)などの種類があります。

米国ではビットコインの先物価格に連動するETFはすでに承認されているものの、現物ETFは数年にわってSEC(米証券取引委員会)から不承認とされてきました。もし承認されればビットコインが正式な金融商品として認められることになり、投資家はビットコインの現物を直接保有せずに株式や債券の投資信託と同様に分散投資の対象にできます。ビットコインにとっては参入障壁が低下するため、需要の高まりから価格上昇の可能性があります。

現在は、世界最大級の資産運用会社である「ブラックロック」や「フィデリティ」、「インヴェスコ」などが申請していて、今後数ヶ月の間に承認されることが期待されています。

これもう見た?仮想通貨への資金流入が2年ぶりの高水準|11月1週目、機関投資家の動き

ビットコイン(BTC)の買い方|事前準備編

ビットコイン(BTC)の買い方|事前準備編

ビットコインを購入・売却するにはまず事前準備が必要です。具体的には取引所の口座開設や資金の準備が必要で、全てスマホを使って手続きできます。

ビットコインを購入するまでの事前準備7ステップ
  1. 海外仮想通貨取引所Bitgetの口座を開設する
  2. 国内仮想通貨取引所GMOコインの口座を開設する
  3. GMOコインに日本円を入金する
  4. GMOコインでライトコイン(LTC)を購入する
  5. ライトコインをBitgetに送付する
  6. ライトコインを売却してUSDTを入手する
  7. USDTを振り替える

それぞれのステップについて順に解説していきます。

STEP
海外仮想通貨取引所Bitgetの口座を開設する

Bitgetはアカウント作成のみで本人確認(KYC)をしなくてもすぐにトレードが始められます。ただ、クレジットカードやキャッシュレス決済で投資金を準備する場合には本人確認が必要です。

上記のリンクから公式サイトに行き、メールアドレスもしくは携帯電話番号とパスワードを入力してアカウントを作成します。登録したメールアドレスもしくはSMSに届く認証コードを入力するとアカウント作成が完了です。

1ビットコイン 買い方 Bitget 口座開設

セキュリティ強化のための2段階認証の設定方法や本人確認(KYC)の登録方法に関しては、以下の記事を参考にしてください。

これもう見た?Bitget登録方法|口座開設から2段階認証・本人確認(KYC)まで解説

STEP
国内仮想通貨取引所GMOコインの口座を開設する

スマホアプリの「かんたん本人確認」を使うと、たった10分で口座開設ができます。

公式サイト:https://coin.z.com/jp/

上記のリンクからGMO公式サイトへ行き、メールアドレスを登録します。

2ビットコイン 買い方 GMOコイン 口座開設

登録後に届く認証メールからURLを開き、パスワードと電話番号を登録して2段階認証を行います。次に「かんたん本人確認」で以下のいずれか1点の書類をアップロードし、即日メールで届く口座開設コードを入力すると口座開設が完了です。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)

これもう見た?GMOコインの口座開設方法

STEP
GMOコインに日本円を入金する

一部の銀行から即時入金した場合、入金相当額の仮想通貨の送付が7日間制限を受けるため利用する銀行に注意してください。

3ビットコイン 買い方 GMOコイン 入金

これもう見た?GMOコインへの入金方法

STEP
GMOコインでライトコイン(LTC)を購入する

入金した日本円で仮想通貨を購入します。購入する場所は「販売所」と「取引所」の2つがありますが、販売所は手数料が取引所と比較して割高に設定されているため取引所から購入することをお勧めします。

4ビットコイン 買い方 LTC 購入

今回は、取引所(現物取引)の成行注文でライトコインを購入します。後ほどライトコインをBitgetへ送付しますが、仮想通貨毎に最小送付数量が決まっているので購入数量は最小送付数量以上を購入してください。ライトコインの最小送付数量は0.1LTCです。もし、保有する任意の仮想通貨の全数量を送付する場合は最小数量未満でも送付できます。

現物取引

現物取引とは、仮想通貨を実際に購入したり売却したりできる基本の取引です。日本円で商品を買うイメージで、法定通貨や仮想通貨を使って他の仮想通貨が購入できます。

現物取引は手元資金以上の仮想通貨が購入できないので、市場の価格変動がそのまま保有する仮想通貨の価値の増減を意味します。短期では大きな利益を狙いにくく、価格の下落時には利益を出せない取引ですが、シンプルで初心者にはわかりやすい取引です。

GMOコインで仮想通貨を購入する詳しい方法に関しては以下の記事を参考にしてください。

これもう見た?GMOコインでの仮想通貨の購入方法

STEP
ライトコインをBitgetに送付する
5ビットコイン 買い方 LTCアドレス 調べ方

送付前にBitgetのライトコインアドレスをGMOコインの宛先リストに登録することが必要です。Bitgetアプリのトップ画面で「資産を追加」をタップして、「暗号資産を入金」を選択します。検索欄でLTCを調べて表示されたアドレスをコピーします。

6ビットコイン 買い方 LTC アドレス登録

GMOアプリの預入/送付もしくは保有/履歴から購入したLTCを選んで、宛先を新規追加します。入力する内容は、以下の表のとおりです。登録後に届く確認メール内のリンクをタップして認証を完了すると審査が始まり、通常は5分ほどで完了します。

項目選択・入力内容
送付先GMOコイン以外
送付先ウォレット取引所・サービス指定のウォレット
受取人ご本人さま
受取人種別個人
宛先名称(ニックネーム)Bitget(任意の名称)
ライトコインアドレスBitgetからコピーしたアドレス
送付先の所在地日本以外
送付先の住所セーシェル
送付先の名称Bitget
受取人氏名(アルファベット)姓名をアルファベットで入力

宛先の審査が完了すると、送付もしくは宛先リストに追加されたBitgetのアドレスから送付ができます。送付手続き画面で数量と目的(暗号通貨の売買・交換)を入力して、SMSに送られてくる2段階認証コードを入力します。

7ビットコイン 買い方  LTC 送付

預入・送付の取引履歴のステータスが「審査中」から「完了」になれば成功です。ステータスが「エラー」や「取消」などになった場合、送金先アドレスの誤りやトラベルルールによって制限がかけられたことが考えられます。宛先などに誤りがないかもう一度確認しましょう。

これもう見た?GMOコインからBitgetへ仮想通貨を送金する

トラベルルールにより海外業者との送金やり取りができない場合があります
その場合は、メタマスクなどのプライベートウォレットを経由して送金すれば問題ないので、焦らず対応してみてください。

トラベルルールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
これもう見た?トラベルルールとは?各仮想通貨取引所対応|海外取引所・ウォレットへの影響も解説

STEP
ライトコインを売却してUSDTを入手する
8ビットコイン 買い方 LTC 売却

ビットコインの購入のため、以下の手順でBitgetに送付したライトコインを売却してUSDTを手に入れます。

  • 現物取引画面を開く
  • 通貨ペアをLTC/USDTに変更
  • 売却を選択
  • 指値or成行を選択
  • 価格を入力(指値の場合)
  • 数量を入力
  • 「LTCを売却」をタップ
STEP
USDTを振り替える

レバレッジを効かせてデリバティブ(先物)取引する場合は、追加で以下の手続きをしてください。現物取引でビットコインを買う場合には不要です。

9ビットコイン 買い方 USDT 振り替え

先ほど入手したUSDTを先物の証拠金へ振り替えるとレバレッジ取引ができます。アプリ画面の資産をタップして、現物タブの中にある「振替」をタップします。「現物→USDT-M無期限」の形にし数量を入力して「振替する」をタップすると、先物タブへのUSDTの移動が完了です。

コンテンツの誤りを送信する

ビットコイン(BTC)の買い方|購入編

ビットコイン(BTC)の買い方|購入編

ビットコインの取引には、主に次の3種類があります。

ビットコインを購入する3つの方法
  • 現物取引
  • デリバティブ(先物)取引
  • コピートレードサービス

コピートレードサービスに関しては、以下の記事で詳しく解説しているため参考にしてください。今回は現物取引とデリバティブ(先物)取引で購入する方法を解説します。

これもう見た?Bitget(ビットゲット)アプリでのコピートレードのやり方

これもう見た?Bitgetのコピートレード|手数料や設定方法、やり方を徹底解説

ビットコインの買い方|現物取引

現物取引でビットコインを購入する手順は次の通りです。

  1. 取引をタップして現物取引画面に切り替える
  2. 通貨ペア(BTCUSDT)を選択
  3. 購入を選択
  4. 指値or成行等を選択
  5. 価格を入力(指値の場合)
  6. 数量を入力
  7. 「BTCを購入」をタップ
10ビットコイン 買い方 現物取引

ビットコインの取引数量は0.0001単位で、かつUSDTを5USDT以上入力すると注文ができます。購入できたビットコインは取引画面下部や資産タブで確認できます。

ビットコインの買い方|デリバティブ(先物)取引

デリバティブ取引におけるビットコインの注文方法を解説します。Bitgetでは証拠金の最大125倍でBTCUSDTペアの取引が可能です。

デリバティブ取引(先物取引)

現物取引と異なり、デリバティブ(先物)取引をしても実際に仮想通貨は保有できません。目的の仮想通貨を将来一定の条件で売買することを約束する取引で、売りからでも取引が可能です。

注文時に証拠金として預けた金額の1倍から数倍の取引ができるというメリットがある一方で、倍率(レバレッジ)が高いと価格変動による利益も損失も大きくなるため高いリスクを伴います。リターンとリスクを考えた適切なリスク管理が必要な取引です。

ビットコインのデリバティブ取引を注文する手順は次の通りです。

  • 取引画面を先物取引に変更してUSDT-Mを選択
  • 通貨ペア(BTCUSDT)を選択
  • マージンモード(クロスor分離)を選択
  • レバレッジ(1倍〜125倍)を選択
  • 指値or成行等を選択
  • 価格を入力(指値の場合)
  • 数量を入力
  • 利確/損切を選択(任意)
  • 「買いで参入」をタップ
11ビットコイン 買い方 先物取引

注文が約定すると取引画面下部のポジション欄に表示されます。指値注文の場合ですぐに約定しない場合、注文欄で注文内容の変更が可能です。

もうこれ見た?Bitgetの先物取引の使い方

ビットコイン(BTC)の売り方

ビットコイン(BTC)の売り方

上記で取引したビットコインの売却方法について、現物取引とデリバティブ取引にわけて手順を解説します。

ビットコイン(BTC)の売り方|現物取引

現物取引で手に入れたビットコインの売却手順は次の通りです。

  1. 現物取引画面に切り替える
  2. 売却を選択
  3. 指値or成行等を選択
  4. 価格を入力(指値の場合)
  5. 数量を入力
  6. 「BTCを売却」をタップ
12ビットコイン 買い方 売却方法 現物取引

購入時と同じやり方で売却ができますが、売却時もBTCの取引数量は0.0001単位、かつ5USDT以上なので注意してください。端数は売却注文ができません。

ビットコイン(BTC)の売り方|デリバティブ(先物)取引

保有するポジションは以下の3つの方法で決済できます。

ビットコインを売却する3つの方法
  • 決済
  • 利確/損切
  • 全ポジション決済
13ビットコイン 買い方 売却方法 先物取引

「決済」をタップして、成行もしくは指値でビットコインを売却します。指値で決済する場合には、「市場価格」をタップした後に価格を直接変更します。決済数量を指定して確認ボタンをタップすれば売却が可能です。

「利確/損切」で注文を出すと、市場取引価格が指定した価格にタッチしたときに決済注文が出せるので便利です。常時値動きを確認できない時や利益や損失をあらかじめ限定したい時に利用できます。

「全ポジション決済」は、保有している全てのポジションを成行で一括清算する方法です。利益が出ているポジションも損失が出ているポジションも全て清算されるので注意しましょう。

海外仮想通貨取引所Bitgetをビットコイン取引におすすめする理由

海外仮想通貨取引所Bitgetをビットコイン取引におすすめする理由

Bitgetの基本情報

運営会社Bitget
設立2018年4月
ライセンスアメリカ、カナダ、オーストラリアで取得済み
銘柄数200以上
ガバナンストークンBGB
レバレッジ最大125倍
提供サービス現物、デリバティブ、コピートレード、ステーキングサービス
取引手数料現物→Maker/Takerともに0.1% 先物→Maker0.017%/Taker0.051%
入出金手数料銘柄やネットワークによって異なる
日本語対応
モバイルアプリ

BitgetはWEB・モバイル画面ともに日本語対応しており、使い方も簡単なので初心者が利用しやすい取引所です。現在は全世界50カ国以上、約200万人以上のユーザーが利用している取引所であり、安全性・信頼性が高い取引所です。ユーザー保護のためにBitget保護基金(2023年8月10日時点の評価で3.5億ドル)があり、ユーザーに過失がなく口座の漏洩や資産の盗難・紛失を受けた場合には損失がカバーされるため、ハッキングなどに不安を持っているユーザーも安心して取引ができます。

今回は現物取引とデリバティブ取引でのビットコインの買い方について解説しましたが、ほかにも600以上の取引銘柄があり、コピートレード、ステーキングサービスを提供しています。デリバティブ(先物)取引については国内仮想通貨取引所では法規制によって最大レバレッジが2倍であり、取扱銘柄も多くありませんが、Bitgetではビットコインの最大レバレッジは125倍です。ビットコイン取引に慣れてほかの銘柄や取引に興味を持った場合でも、Bitgetが提供するサービスの中で幅広い取引が展開できます。

これもう見た?Bitgetの評判と安全性は?11個の長所と2つの短所を解説

Bitgetでは初回入金ボーナスや取引手数料割引など、さまざまなキャンペーンが常時もしくは期間限定で開催しています。キャンペーンを利用すればお得に取引が始められるので、以下の記事で詳しい情報をチェックしましょう。

これもう見た?【当サイト限定】Bitgetキャンペーン|取引手数料30%OFF

コンテンツの誤りを送信する

国内仮想通貨取引所GMOコインを利用する理由

国内仮想通貨取引所GMOコインを利用する理由

Bitgetへの入金は次の3つ方法があります。

Bitgetへの3つ入金方法
  • 国内の取引所から仮想通貨を送金する方法
  • エクスプレス機能(クレジットカードやキャッシュレス決済)で入金する方法
  • P2P取引でUSDTを購入する

Bitgetもほとんどの海外仮想通貨取引所と同様に日本円での入金ができず、国内仮想通貨取引所からの入金が一般的な方法です。GMOコインは、口座開設や日本円の即時入金・出金、仮想通貨の預入・送付の手数料が無料です。海外仮想通貨取引所を利用するために資金を準備する場合は、GMOコインは無駄な費用がかからないのでおすすめです。

公式サイト:https://coin.z.com/jp/

これもう見た?GMOコインを徹底解説!特徴や口座開設から入金・送金・出金方法まで全てがわかる!

初心者がビットコインを購入するときに気をつけておきたいポイント

初心者がビットコインを購入するときに気をつけておきたいポイント

ビットコインは仮想通貨の1つです。そのため初心者が取引する時は以下の点に気をつけておく必要があります。

初心者が気をつけたいポイント
  • 投資資金は余剰資金の範囲内でおこなう
  • 少額資金からはじめてみる
  • ボラティリティ(変動幅)が大きい
  • レバレッジをかけすぎない
  • 詐欺やデマに注意する

ビットコインをはじめ仮想通貨は価格変動が激しい通貨です。変動幅を活かして大きな利益を狙えますが、一方でマイナスに動いた場合には損失も大きくなり投資資金がなくなってしまう可能性があります。ネットやSNSを通した詐欺やデマに注意して、必ず余剰資金の範囲内で少額から始めましょう。

ビットコインの買い方についてよくある質問(Q&A)

ビットコインの買い方についてよくある質問(Q&A)

ビットコインの買い方に関してよくある質問を以下にまとめたので参考にしてください。

ビットコインをクレジットカードで購入することはできる?

ほとんどの国内仮想通貨取引所はクレジットカード入金には対応していません。Bitgetでは、仮想通貨による入金以外にもP2Pやクレジットカード入金に対応しています。クレジットカード入金ができるカードの種類は、VISAやMastercardのみでJCBは対応していません。

ネットバンキングを持っていない場合や手元に現金がなくすぐに入金したい場合には、下記の記事を読んでクレジットカード入金を活用してください。

もうこれ見た?Bitget(ビットゲット)へクレジットカードや電子決済で入金する方法

ビットコインはいくらで購入できる?どのくらい資金が必要?

GMOコインへの入金は最低金額1,000円です。購入した仮想通貨を他の取引所へ送付する場合は最小送付数量という下限が設けられていますが、全額送付する場合は最小送付数量以下であっても送付できます。送付先のBitgetでは今回紹介したライトコイン(LTC)の最小入金額が0.0001LCT(2023年11月11日現在で1.08円)です。Bitgetでどんな取引をするのかにもよりますが、1,000円程度からビットコインが購入できます。

ビットコインで利益が出た場合、税金はかかる?

ビットコインを保有しているだけでは税金がかかりません。売却した場合や他の仮想通貨に交換した場合、ステーキングで報酬を得た場合、ビットコインで商品やサービスを購入した場合などに雑所得として所得税の対象になる可能性があり、確定申告が必要です。

対象になるのは、年間を通して仮想通貨取引を含めたすべての雑所得の合計が20万円を超えた場合です。ビットコインを含め仮想通貨を取引した場合には、取引明細や必要経費の領収書などはしっかりと保存しておきましょう。

もうこれ見た?Bitgetでの利益の税金!確定申告の基礎知識からやり方まで完全解説

まとめ

本記事ではビットコインの概要や特徴、海外仮想通貨取引所のBitgetを利用したビットコインの購入・売却方法などを図解付きで紹介しました。

ビットコインは2009年に誕生した世界初の仮想通貨で、モノやサービスの決済や投資手段として利用できます。また、ブロックチェーン技術を用いることで取引の安全性と透明性を確保し、価格が変動しやすいので高い利益を狙うことが可能です。ビットコインは、2021年11月につけた約770万円の最高値から2年ぶりの高値水準に位置していますが、2023年11月現在の価格はまだ560万円です。

Bitgetを利用すれば、今回紹介した現物取引やデリバティブ(先物)取引以外にも、プロトレーダーの取引を模倣できるコピートレードやステーキングサービスなども利用できます。初めて仮想通貨取引をする初心者や取引に慣れてきてほかの銘柄や取引に興味をもったユーザーにも、利用しやすく幅広いサービスを提供している取引所なので活用していてはいかがでしょうか。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次