【国内・海外】仮想通貨レンディングの金利比較一覧

仮想通貨レンディング金利比較一覧(国内・海外)
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


この記事をざっくり言うと…
  • 国内外の仮想通貨レンディングサービスについて一覧で金利を把握できる
  • 各レンディングサービスについて特徴や内容、手数料などがわかる
  • 仮想通貨レンディングのメリットやデメリット、レンディングサービスを選ぶ際のポイントがわかる

コンテンツの誤りを送信する

目次

仮想通貨レンディングの金利比較一覧

仮想通貨レンディングの金利比較一覧

仮想通貨(暗号資産)を保有しているユーザーの中には、頻繁にトレードしない方やどんなサービスを使っていいか迷っている方もいるのではないでしょうか。仮想通貨のレンディングサービスは、保有している仮想通貨を貸し出すことで一定期間ごとに金利を受け取れる運用方法です。

レンディングを利用すれば、ただ保有するより効率的に資産を増やせます。レンディングサービスを提供している会社は大きく分類すると、国内外の仮想通貨取引所とレンディングを専門に取り扱っているプラットフォーム、DeFi(分散型金融)に分かれます。

参考のため、それぞれの分類ごとにどのくらいの金利が受け取れるのかを以下にまとめました。2023年11月19日時点の金利であり変動する場合があるので、利用する場合にはサービスの提供元で必ず確認してください。

国内仮想通貨取引所のレンディング金利一覧表

国内仮想通貨取引所のレンディング金利一覧表
取引所名金利(年率)取扱通貨
Coincheck(コインチェック)1%〜5%28銘柄
SBIVCトレード0.1%〜4%20銘柄
GMOコイン1%〜15%以上26銘柄
LINE BITMAX3%〜8%7銘柄
BITPOINT0.1%〜100%21銘柄
bitbank0.1%〜5%32銘柄
BitTrade1.5%〜5%34銘柄

国内仮想通貨取引所のレンディングは基本的に取引所として取り扱いがある通貨全てがレンディング対象です。金利は1%から5%前後です。対象通貨は多いものの、実際にレンディングできる通貨は数個でかつ短期の貸出が多く金利は低い傾向にあります。取引所で仮想通貨を購入して、そのままレンディングサービスが利用できるので、簡単に始められるメリットがあります。

海外仮想通貨取引所のレンディング金利一覧表

海外仮想通貨取引所のレンディング金利一覧表
取引所名金利(年率)取扱通貨
Bybit0.00%〜9.73%80銘柄以上
KuCoin0.5%〜32%208銘柄
Gate.io0.88%〜499.32%432銘柄

海外仮想通貨取引所のレンディングは、取引所自体の取扱通貨の数が国内より多いためレンディング対象の通貨もそれに応じて多く扱っています。国内取引所で取り扱いのない通貨をレンディングしたい場合の選択肢の1つです。金利は毎時間で見直されるところが多く、通貨によってはかなり高い傾向にあります。

国内のレンディング特化プラットフォームの金利一覧表

国内のレンディング特化プラットフォームの金利一覧表
プラットフォーム名金利(年率)取扱通貨
PBR Lending最大12%5銘柄
BitLending8%〜10%5銘柄
HashHub Lending0.5%〜4%4銘柄
クリプトレンディング0.1%〜10%7銘柄

国内のレンディング特化プラットフォームは取扱銘柄が少ないものの、国内取引所も実際に募集している貸出可能な通貨が少ないことが多いので実質的な差はありません。金利は国内取引所よりも高い傾向です。一方で、貸出期間満了後の償還請求からウォレットに仮想通貨が戻るまでに時間がかかるサービスがあり、運用には注意が必要です。

海外のレンディング特化プラットフォームの金利一覧表

海外のレンディング特化プラットフォームの金利一覧表
プラットフォーム名金利(年率)取扱通貨
Nexo0.25%〜16%44銘柄

今回、海外のレンディング特化プラットフォームで紹介するのはNexoのみです。Nexoは、ガバナンストークンNEXOを利用した金利アップの方法などがありますロック期間の設定も自由なので、ユーザーの好みに合わせたレンディングが可能です。

DeFi(分散型金融)が提供するレンディング金利一覧表

DeFi(分散型金融)が提供するレンディング金利一覧表
DeFi名金利(年率)取扱通貨
Compound0.01%〜12.79%7銘柄
Aave0%〜16.45%36銘柄

DeFi(分散型金融)でもレンディングサービスを提供しているところがあります。DeFiには中央の管理者や仲介者がいないので、ユーザー同士でスマートコントラクトというプログラムを使って仮想通貨の貸し借りをします。金利は高い傾向ですが、仮想通貨の需給バランスで決定するため一定ではなく変動します。

各仮想通貨レンディングサービスの概要について

各仮想通貨レンディングサービスの概要について

上記で紹介したレンディングサービスの取引所やプラットフォーム、DeFiについて、より詳しく情報をまとめました。特に、取り扱っている通貨や金利、最低貸出量、ロック期間(仮想通貨の引き出しや売却ができない期間)を表にしてまとめているので、レンディングサービスを選択する際の参考にしてください。

Coincheck(コインチェック)|国内仮想通貨取引所

coincheck

Coincheck(コインチェック)の主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC1%〜2%最低1万円相当額14日、30日
ETH
XRP
LTC1%〜4%14日、30日、90日、180日

Coincheckでは、トレードで取り扱う通貨28銘柄の全てがレンディング対象です。申し込み時に「返却時に再度貸出申請を行う」を選択すると、ロック期間が終わった後にもう一度貸し出しの申請を自動でしてくれるので便利です。レンディングの募集内容は全て同一で、14日間は年率1%、30日間は年率2%、90日間は年率3%、180日間は年率4%、365日間は年率5%という組み合わせです。実際に募集している通貨は上記の4通貨のように短期の貸出期間が多く、365日間はQTUMとDOTのみでした。

これもう見た?コインチェックの始め方総まとめ|口座開設から使い方まで徹底解説!

SBIVCトレード|国内仮想通貨取引所

SBI VC Trade

SBIVCトレードの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC3%0.03BTC7日
BCH4%1BCH28日
XRP0.1%1,000XRP28日
DAI4%50DAI28日

SBIVCトレードが提供するレンディングサービス「貸コイン」は、11月19日時点で募集中の通貨(申込締切期日:11月23日)がBCH、DAI、DOGE、XLMで、BTC、XRPはキャンセル待ち状態でした。ログインすると、コース一覧で申し込み可能な通貨とともに年率、期間が確認できます。締切期日までの申込みはキャンセルが可能ですが、締切期日以降はキャンセルができません。貸出した通貨は返還日当日の15時から16時を目処に返金されるので、他のサービスと比べても返還対応が早いと言えます。

もうこれ見た?SBI VCトレードの始め方総まとめ|口座開設から使い方まで徹底解説!

\ SBIグループが運営する仮想通貨取引所 /

GMOコイン|国内仮想通貨取引所

GMOコイン

GMOコインの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC1%〜3%0.1BTC1ヶ月、3ヶ月
ETH0.01ETH
XRP5,000XRP
DAI1,000DAI

GMOコインのレンディングサービスには貸暗号資産ベーシック、貸暗号資産プレミアムの2種類があります。中途解約は可能ですが、その場合利息は支払われず、中途解約手数料として受取予定の金利の10%が償還時に引かれます。最低貸出量は異なりますが、金利とロック期間の組み合わせは全ての通貨で同一です。2023年11月19日時点で募集中の通貨は、ETH、DOT、ATOM、DAIの4通貨です。

ベーシックは一般的なレンディングですが、プレミアムは「貸暗号資産取引」に店頭デリバティブ取引である「円転特約」が付加されたサービスで金利は年利15%以上という高さです。ロック期間は最短1週間から最長で2ヶ月とベーシックと条件が変わります。仮想通貨に加えて、必要証拠金として日本円の預け入れが必要で、元本は仮想通貨または日本円で受け取る可能性があるので注意が必要です。

これもう見た?GMOコインを徹底解説!特徴や口座開設から入金・送金・出金方法まで全てがわかる!

LINE BITMAX|国内仮想通貨取引所

LINE BITMAX

LINE BITMAXの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC3%0.01BTC30日
ETH1ETH
XRP1,000XRP
LCT1LTC

LINE BITMAXはLINEアプリ上で簡単に始められる仮想通貨取引所です。トレードできる通貨と同じでレンディング対応銘柄は7通貨なので少ないですが、LINE Payで出入金できる点や1円から仮想通貨が購入できる点、キャンペーン参加で最大690円相当のFNSA(フィンシア)がもらえる点など魅力があります。レンディングは変動期間型(5通貨)と固定期間型(7通貨)の2種類があり、変動期間型は最短1日から、固定期間型は30日、60日、90日から選択可能です。貸し出した仮想通貨は貸出期間満了後、最短当日から7日以内に返還されます。2023年11月19日時点で変動期間型と固定期間型の60日(10%)と90日(12%)は受付を一時中止していました。

これもう見た?LINE BITMAXの始め方総まとめ|口座開設から使い方まで徹底解説!

BITPOINT|国内仮想通貨取引所

BITPOINT

BITPOINTの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
TSUGT100%100TSUGT30日間

BITPOINTが提供するレンディングサービス「貸して増やす」は取引所でトレード可能な21通貨全てが対象ですが、2023年11月19日時点で申込可能な通貨はWeb3ゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』のTSUGT(ツバサガバナンストークン)のみです。キャンペーン開催中なので金利が年利100%と高いことがメリットですが、他の仮想通貨のレンディングがないことがデメリットです。キャンペーンの概要は下記の通りで、BITPOINT内で購入したTSUGTのみが貸し出しできます。レンディングをしなくても、31日間保有するだけでTSUGT購入金額の10%相当分のTSUGTがもらえるキャンペーンも同時開催中です。

「日本初!TSUGTキックオフ記念 年率100%プレゼント 貸して増やすキャンペーン」の概要
  • 申込期間:2023年11月14日16:00〜2023年11月30日16:00
  • 貸出期間:2023年11月30日16:00〜2023年12月30日16:00
  • 金利:年率100%
  • 最低貸出量:100TSUGT
  • 貸出上限:なし

もうこれ見た?キャプテン翼 -RIVALS- ガバナンストークン、BITPOINTに上場

コンテンツの誤りを送信する

bitbank|国内仮想通貨取引所

bitbank

bitbankの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.5%、1%0.5%:0.01BTC以上、1%:5BTC以上1年間
ETH1%、2%1%:0.1ETH以上、2%:30ETH以上
XRP0.5%、1.5%0.5%:1,000XRP以上、1.5%:100,000XRP以上
LTC1%、2%1%:0.5LTC以上、2%:100LTC以上

bitbankは、取扱通貨32銘柄を全て対象にしたレンディングサービス「暗号通貨を貸して増やす」を月ごとに提供しています。2023年11月19日時点で募集中の通貨は25通貨で、他の国内取引所より豊富に取り扱っています。金利は募集月ごとに年率0.1%から最大5%の範囲内でbitbankが決定し、貸し出し数量が多いほど金利がアップします。上位の金利で貸し出すには、ビットコインの場合は約2,750万円、イーサリアムの場合は約900万円(2032年11月19日時点の価格で計算)必要です。bitbankのレンディングは中途解約ができないので、1年というロック期間の長さを含めて上記の金利を参考にしてください。

これもう見た?bitbankの始め方総まとめ!口座開設から使い方まで徹底解説!

\ 現金1,000円プレゼントキャンペーン開催中 /

公式サイト: https://bitbank.cc/

BitTrade|国内仮想通貨取引所

BitTrade

BitTradeの主要銘柄金利一覧(定期募集型)

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC1.5%0.001BTC90日
ETH3%0.05ETH
XRP2%100XRP
DOGE2%1,000DOGE

BitTradeでは、上記の定期募集型「貸暗号資産」と特別募集型「貸暗号資産」の2つのレンディングサービスを提供しています。いずれも途中解約ができず、自動再投資機能がないので募集の都度申し込みが必要です。貸し出した仮想通貨の返却は、貸出期間終了後翌日から5営業日以内と比較的対応が早い方です。実際に募集している定期募集型8銘柄の金利は年率1.5%〜5%、特別募集型は下記の条件でCOT(コスプレトークン)を年率20%という金利の高さで募集しています。また、2023年11月21日からXRP(リップル)とSHIB(シバイヌ)の2つの定期募集を年率2%で開始しました。貸暗号資産の募集開始は、BitTradeサポートのお知らせで告知されます。

特別募集型「貸暗号資産」(2023年11月20日時点)の条件
  • 申込締切:2023年12月19日
  • 貸出開始日:2023年11月22日
  • 償還日:2024年5月20日
  • 金利:20%
  • 最低貸出量:100COT

これもう見た?コスプレトークン(Cosplay Token/COT)について

これもう見た?BitTrade(ビットトレード)の始め方総まとめ|口座開設から使い方まで徹底解説!

Bybit|海外仮想通貨取引所

Bybit

Bybitの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.19%0.002BTCなし
ETH0.41%0.03ETH
XRP0.1%1XRP
USDT5.41%54USDT

Bybitはレンディング対象の通貨が多く、1時間ごとに利息を受け取れるのがメリットです。上記の金利は、レンディングの状況や実際の利息収入に応じて10分ごとに調整されるため、あくまで参考値です。Bybitではいつでも仮想通貨の貸し出しと償還が可能で、1日の償還上限に達しない限りはすぐに入金されます。実際にユーザーが受け取れる利息は、金利から20%のサービス利用料を差し引いた残りの80%です。1日に2回、12時と2時に自動貸出される自動貸出機能も備わっていますが、複利には対応していません。

これもう見た?Bybit(バイビット)の使い方完全ガイド|初心者向けに図解で徹底解説!

これもう見た?Bybitキャンペーン|口座開設ボーナス&入金ボーナス【当サイト限定あり】

\口座開設ボーナス30ドル&初回200%入金ボーナス

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP

KuCoin|海外仮想通貨取引所

KUCOIN

KuCoinの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.5%0.001BTCなし
ETH0.5%0.01ETH
XRP0.5%10XRP
USDT13は10USDT

KuCoinは、レンディング対象通貨が208通貨と多いサービスです。2023年11月19日時点での金利は最低0.5%から最高32%でした。金利の入札は最低貸出金利に基づいて毎時間行われ決定するので、上記の金利はあくまで参考として見てください。先に紹介したBybitと同様、1時間ごとに利息が発生します。実際にユーザーが受け取れる利息は、金利から15%のリスク保険基金が引かれた残りの85%です。自動貸出機能を利用した貸し出しが可能で、効率の良い運用ができます。

もうこれ見た?Kucoin(クーコイン)の口座開設(登録)から本人確認、2段階認証まで解説

もうこれ見た?【当サイト限定】Kucoin(クーコイン)キャンペーン情報まとめ!

\ 日本一おトク!取引手数料永久20%OFF  /

公式サイト:https://www.kucoin.com

Gate.io|海外仮想通貨取引所

Gate

Gate.ioの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.88%0.0001BTCなし
ETH0.88%0.001ETH
XRP0.88%2.0XRP
USDT5.26%+4.25%(ボーナス)1USDT

Gate.ioは、「Lend & Earn」というレンディングを提供していて、今回紹介したサービスの中で1番の通貨数432銘柄を取り扱っています。Gate.ioも1時間ごとに利息が発生します。貸し出した通貨は償還請求すると1時間以内に返却されるため、売却などをしたい場合にはすぐに対応ができます。2023年11月20日時点でSKLというトークンが値上がりを見せているためレンディング金利も高く、499.32%でした。そのほか、USDTのように通常金利にプラスしてボーナス金利がついた通貨もあり、お得にレンディングができます。Gate.ioも自動貸出設定が可能です。

これもう見た?Gate.ioの使い方・取引方法完全ガイド【スマホアプリ版】

これもう見た?Gate.ioキャンペーンまとめ|取引手数料20%OFF【当サイト限定】

【賞金総額25,000STRK】
Gate.io×Jinacoin限定キャンペーン(~2月25日)

公式サイト:https://www.gate.io

PBR Lending|国内レンディング専門プラットフォーム

PBR Lending

PBR Lendingの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC10%0.01BTC1ヶ月から自動更新
ETH10%0.1ETH
USDT10%200USDT
USDC10%200USDC

PBR LendingはBTC、ETH、ADA、USDT、USDCの5通貨を取り扱う専門のレンディングプラットフォームです。月毎に利息が付与され、出金申請をしない限りは自動的に再貸出される構造なので月次複利効果を生み出します通常プランは年率10%の金利ですが、プレミアムプランになると金利が最大12%になります。海外の仮想通貨取引所や機関投資家などに再貸出して運用しているため、国内取引所のレンディングよりも高い金利設定です。一方で、返還請求をしてから仮想通貨がウォレットに戻ってくるまでに請求の受理した翌月末から10営業日以内と、1ヶ月以上の日数がかかってしまうデメリットがあります。

BitLending|国内レンディング専門プラットフォーム

BitLending

BitLendingの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC8%0.01BTC30日間
ETH8%0.1ETH
USDT10%200USDT
DAI10%200DAI

BitLendingではネットワーク違いを含めると7通貨のレンディングを提供しています。また、海外の仮想通貨取引所や機関投資家などに再貸出して運用しているため、金利が8〜10%と国内取引所よりも高く設定されています。手数料はネットワーク間の送金にかかる手数料のみで、中途解約手数料などを含めた手数料が一切発生しません。また、2023年8月16日からは貸出暗号資産の返還、紹介報酬の出金に伴う送金手数料について年4回まで無料で対応するサービスが開始しています。BitLendingで貸し出した仮想通貨の返還は早く、返還請求の受理日から7営業日以内です。

コンテンツの誤りを送信する

HashHub Lending|国内レンディング専門プラットフォーム

HashHub Lending

HashHub Lendingの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.5%0.001BTC無制限
ETH3%1ETH
DAI4%5,000DAI
USDC4%5,000USDC

HashHub LendingはSBI GROUPから100%出資を受けており、貸し出された暗号資産をDeFi・アービトラージなどで運用して収益を上げています。金利は月毎に見直され、利息は毎月1日に貸し出した通貨に自動的に組み込まれる仕組みです。利息と元本を一緒に運用できるため、複利で効率的に資産を増やせる魅力があります。仮想通貨の返還は請求から翌々月初になるため、PBR Lendingと同様に注意が必要です。返還に伴う手数料として、0.0005BTC、0.005ETH、15DAI、15USDCの負担が発生します。

クリプトレンディング|国内レンディング専門プラットフォーム

クリプトレンディング

クリプトレンディングの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC0.25%0.01BTC60日、90日
ETH1.5%、1.75%、2%0.01ETH30日、60日、90日
XRP0.1%、5%50〜100XRP30日、60日、90日
USDT7%、7.25%、7.5%、10%50USDT30日、60日、90日

2021年3月に設立した株式会社FUELHASHは、マイニングプラットフォームの「ハッシュレンタル(FUELMINING)」やトレンド予測に基づく変動金利型レンディングプラットフォームの「クリプトトレンド(CRYPTOTREND)」、今回紹介するレンディングサービスの「クリプトレンディング(CRYPTOLENDING)」などを運営しています。クリプトレンディングは最大金利10%で国内最高水準であり、国内初のBNBレンディングが可能なサービスです。元本保証しているため、元本割れのリスクを心配することなく運用ができます。仮想通貨の返還は、請求後の返還基準日(毎月2日)から15営業日以内です。2023年11月19日時点で、以下の通貨についてキャンペーン金利で運用ができます。

キャンペーン金利
  • USDC:金利/10%、期間/30日、最低貸出量/50USDC
  • USDT:金利/10%、期間/30日、最低貸出量/50USDT
  • XRP:金利/5%、期間/60日、最低貸出量/50XRP

Nexo|海外レンディング専門プラットフォーム

nexo

Nexoの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
BTC3%〜4%0.001BTC選択制
ETH4%〜5%0.01ETH
XRP9%〜12%25XRP
USDT4%〜5%10USDT

Nexo(ネクソ)は、ヨーロッパフィンテック企業大手のCredissimoを母体とする世界最大級の仮想通貨レンディング会社です。仮想通貨やステーブルコインなどを貸し出して、毎日利息がもらえて複利で運用できます。また、NEXOトークンという独自トークンを利用すると、総資産評価額におけるNEXOトークン評価額の割合により追加金利が発生します。表の金利は、NEXOトークンを持っていないロイヤリティランクが「ベーシック」の金利一覧です。受け取る金利は、次の3つの方法で最大年率16%にまでアップできます。

NEXOで金利をアップする方法
  • ロック期間のない「FLEX定期預金」ではなく、ロック期間(1ヶ月、3ヶ月、12ヶ月)ありの「定期」を選択する
  • 独自トークンのNEXOトークンで利息を受け取る
  • NEXOトークンの保有比率を上げて、ロイヤリティランクをベーシックからシルバー、ゴールド、プラチナにアップする

金利アップの詳しい条件については、次の記事で紹介しています。

もうこれ見た?Nexoとは?仮想通貨レンディングで年利16%利息を受けとる方法解説

\ 【当サイト限定】100ドル以上入金で25ドル分のBTCがもらえる/

Compound|DeFi(分散型金融)のレンディングサービス

Compound

Compoundの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
ETH0.05%なしなし
USDT3.26%
USDC7.66%
DAI3.45%

Compoundは2018年9月にローンチしたDeFiのレンディングの中でも古参のサービスで、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたプラットフォームです。現在はCompoundⅡとCompoundⅢが提供中で、公式サイトでMetaMaskなどのウォレットを接続すると利用できます。表の金利はCompoundⅡのもので、CompoundⅢではイーサリアムに加えてArbitrumやBase、PolygonといったL2ネットワークも利用できます。最低貸出量の制限はなく、貸出量とガス代を合わせた量がウォレット内に必要です。Compoundでは、貸し出した仮想通貨の利息とともにガバナンストークンのCOMPがもらえるメリットがあります。COMPは、レンディング関連の市場の中で時価総額が5位で7,600円前後(2023年11月19日CoinMarketCap調べ)と人気のあるトークンです。売却が可能で、レンディング市場の盛り上がりで価値も上昇する可能性があります。レンディング自体の金利は国内と遜色なく、いつでも返還請求ができます。

もうこれ見た?仮想通貨Compound(COMP)とは?特徴と仕組み、将来性を解説!

Aave|DeFi(分散型金融)のレンディングサービス

AAVE

Aaveの主要銘柄金利一覧

通貨名金利(年率)最低貸出量ロック期間
ETH1.82%なしなし
DAI7.77%
USDT8.64%
AVAX2.01%

Aaveは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたレンディングプラットフォームです。公式サイト上で利用でき、モバイルアプリはありません。現在のV3では、BaseやArbitrum、Avalanche、Polygonなどを含めた10種類のL2ネットワークが利用できるのガス代を抑えて運用できます。たとえば、ETHを貸し出す場合に表示されるガス代はイーサリアムで$20前後ですが、L2のBaseでは$0.01前後とかなりコスト削減が図れます。Compoundよりも多数のネットワークに対応しているので、貸し出しできる通貨の種類も多いです。最低貸出量の制限はありませんが、ウォレット内に貸出料とガス代以上の通貨がないとレンディングできません。AaveでもCompoundと同じようにガバナンストークンのAAVEを発行しており、時価総額は3位で金額は13,000円前後(2023年11月19日CoinMarketCap調べ)とCOMPを上回っています。

これもう見た?仮想通貨AAVE(アーベ)とは?特徴と将来性を徹底解説!仮想通貨歴6年の筆者が紹介

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨レンディングには金利の高さを含め、以下のようなメリットがあるため魅力的です。

5つのメリット
  • 仮想通貨を保有したまま運用できる
  • 金利が高い
  • 売買のタイミングをはからなくて良い
  • 運用に手間がかからず、難しい知識が不要
  • 少額から始められる

仮想通貨を保有したまま運用できる

仮想通貨を保有したまま運用できる

仮想通貨レンディングでは、貸し出した仮想通貨はユーザー自身が所有したままです。償還後はいつでも引き出せるので、好きなタイミングで売却でき、仮想通貨の価格上昇の恩恵を受けられます。

金利が高い

金利が高い

レンディング金利は一般的な銀行預金と比較すると圧倒的に高いです。例えば、銀行預金の金利は定期預金でも年利0.01%程度ですが、ビットコインのレンディング金利は年利5%〜10%で1000倍にもなります。

売買のタイミングをはからなくて良

売買のタイミングをはからなくて良い

仮想通貨の価格は日々変動しているため、売却する場合には状況を見ながら最適なタイミングを見極める必要があります。

一方で、仮想通貨レンディングは貸し出すだけで金利を得られるので価格変動を気にする必要がありません。仮想通貨の価格が下がっても、ロック期間後には元本と金利を受け取れます。

運用に手間がかからず、難しい知識が不要

運用に手間がかからず、難しい知識が不要

仮想通貨レンディングは貸し出すだけで運用できるので、手間がかかりません。

また、取引や分析に関する難しい知識や技術も不要です。必要なものは仮想通貨と取引所のアカウント、もしくはウォレットのみで、あとはどのプラットフォームで貸し出すかを決めるだけです。

少額から始められる

少額から始められる

仮想通貨レンディングは比較的少額から始められます。最低貸出量を見てもわかるように0.01BTCや0.1ETHなどが多く、日本円換算で1万円から5万円程度で、通貨によっては1万円以下から始められます。大きなリスクを取りたくないという人にもおすすめです。

コンテンツの誤りを送信する

仮想通貨レンディングのデメリット

仮想通貨レンディングのデメリット

レンディングは保有する仮想通貨の効率的な運用方法で銀行金利より高い利息が期待できますが、以下のようなデメリットも存在します。始める前に確認しましょう。

5つのデメリット
  • 貸出中に仮想通貨の価格が変動するリスクがある
  • 貸付先の取引所の破綻リスクやハッキングリスクがある
  • 大きな利益は見込めない
  • 希望するタイミングでレンディングが始められない可能性
  • 貸し付けした仮想通貨が返還されないリスクがある

貸出中に仮想通貨の価格が変動するリスクがある

貸出中に仮想通貨の価格が変動するリスクがある

貸し出し中の仮想通貨の所有権はユーザー自身にありますが、仮想通貨の価格が下落すると損失を被る可能性があります。

レンディング期間中は仮想通貨がロックされて売却や送金ができないため、仮想通貨の価格が下落しても償還期限まで動かせず、元本と利息を合わせても元の価値より減少する可能性があります。価格が上昇していれば問題はありませんが、市場の動きは予測がつかないためリスクを伴います。

貸付先の取引所の破綻リスクやハッキングリスクがある

貸付先の取引所の破綻リスクやハッキングリスクがある

仮想通貨レンディングをする場合、取引所や専門のプラットフォームなどを利用します。いくら自身でパスワードや秘密鍵などの管理を厳重にしても取引所などの破綻リスクやハッキングを完全には防ぐことは難しいため、仮想通貨を消失する恐れがあります。

レンディングを利用する場合には信頼できる取引所やプラットフォームを選ぶことが重要です。

大きな利益は見込めない

大きな利益は見込めない

仮想通貨レンディングは一般的な銀行預金などよりも高い利息収入を得られますが、トレードほど大きな利息は見込めません

対策としては、レンディング期間中に安定した利息収入を得て、償還後に仮想通貨の価格が上昇していれば売却してより大きな利益を狙うというような方法をとることで資産を増やせます。

希望するタイミングでレンディングが始められない可能性

希望するタイミングでレンディングが始められない可能性

仮想通貨レンディングは取引所や専門のプラットフォーム、DeFiなどを利用します。利用するサービス内でレンディングの募集がない場合や自分に合った条件でない場合もあり、いつでも好きなタイミングで始められるわけではありません。

仮想通貨市場の状況によってレンディング金利が決まるので、市場動向には注意する必要があります。

貸し付けした仮想通貨が返還されないリスクがある

貸し付けした仮想通貨が返還されないリスクがある

レンディング先のプラットフォームが規制対象になったり法律に違反したりして、貸し付けた仮想通貨が凍結されたり引き出しができなくなったりするリスクがあります。

また、借り手が仮想通貨価格の急変や詐欺・ハッキングによって仮想通貨を返還できなくなる可能性もあります。レンディングする際には、少なくとも利用するプラットフォームの安全性と信頼性が高いものを選ぶことが重要です。

仮想通貨レンディングを選ぶ5つのポイント

仮想通貨レンディングを選ぶ5つのポイント

仮想通貨のレンディングサービスは提供している取引所やプラットフォームによって条件が異なります。レンディングを始めるにあたって、どの点に注目してサービスを選ぶべきなのか参考となるポイントを5つにまとめました。

仮想通貨レンディングを選ぶ5つのポイント
  • 金利(利回り)の高さ
  • 預入れ期間(ロック期間)の有無や長さ
  • 貸付
  • 可能な仮想通貨の種類の多さ
  • レンディングの募集頻度
  • レンディングサービスの信頼度、安全性

金利(利回り)の高さ

金利(利回り)の高さ

仮想通貨レンディングの最大の魅力は、高い金利です。金利はサービスによって異なりますが、年利で1%から10%の範囲です。サービスの中には自動的に利息も元本に含めて複利で運用してくれるものもあり、単利より複利の方がレンディングによる運用効果は高くなります。

金利は仮想通貨の価格変動や需給バランスによって変動しますが、基本的には高い金利のサービスを選ぶほうが利益は大きくなります。

預入れ期間(ロック期間)の有無や長さ

預入れ期間(ロック期間)の有無や長さ

仮想通貨レンディングには、ロック期間があるサービスとないサービスがあります。ロック期間も7日程度ものもから1年と長期間に及ぶものもありさまざまです。ロック期間が長いほど金利が高い傾向ですが、ロック期間中は引き出しや送金、売却はできないため長い期間ほど仮想通貨価格の変動リスクが高くなります。

ロック期間がないサービスは金利が低い傾向ですが、柔軟な運用ができるメリットもあります。レンディングサービスを選ぶ際には、自分の運用スタイルに合わせてロック期間の有無と長さを決めましょう。

貸付け可能な仮想通貨の種類の多さ

貸付け可能な仮想通貨の種類の多さ

仮想通貨レンディングには、貸付け可能な仮想通貨の種類が多いサービスと少ないサービスがあります。取引所で取り扱う通貨とレンディングできる通貨の数は、必ずしも一致しないため注意してください。

貸付可能な仮想通貨の種類が多いサービスには、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨だけでなく、アルトコインやステーブルコインなどのマイナーな仮想通貨も含まれています。保有している仮想通貨をさまざまな組み合わせで貸し出せるため、貸付可能な仮想通貨の種類が多い方が価格変動リスクを分散できるメリットがあります。

レンディングの募集頻度

レンディングの募集頻度

レンディングサービスを提供するプラットフォームには、募集頻度に違いがあります。常時募集しているサービスもあれば、一定のタイミングと条件で貸し出していて募集頻度が少ないサービスもあります。

金利の高さも重要ですが、仮想通貨を貸し出す頻度が少なければ効率的な運用はできません。レンディングの募集頻度も考慮してサービスを選ぶ必要があります。

レンディングサービスの信頼度、安全性

レンディングサービスの信頼度、安全性

デメリットで紹介したように、仮想通貨レンディングには貸し付けた仮想通貨が返還されないリスクがあります。仮想通貨の紛失やハッキングリスクを下げるためにも、利用するレンディングサービスは安心安全なものを選びましょう。

信頼性や安全性が高いサービスを選ぶポイントは、今までの運営実績や規模、法的なライセンス、セキュリティ対策、加入している保険などです。自分のリスク許容度や仮想通貨の貸付金額などに合わせて、レンディングサービスを選びましょう。

仮想通貨レンディングについてよくある質問(Q&A)

仮想通貨レンディングについてよくある質問(Q&A)
レンディングで利益が出た場合に税金はかかりますか

仮想通貨による売買益などと同様に雑所得がかかります。年間を通じて雑所得の合計金額が20万円を超えると確定申告の対象になります。税金が発生するタイミングや確定申告が必要な人について、以下の記事で詳しく解説しているので確認してください。

もうこれ見た?仮想通貨(ビットコイン)の税金に関する知識総まとめ!これだけ読めば全てわかる

レンディングとステーキングの違いは何ですか

レンディングもステーキングも、仮想通貨を預け入れて金利を受け取る運用方法です。ステーキングは、ユーザーがブロックチェーンのコミュニティに参加して仮想通貨をネットワークに預けて貢献することで、対価として報酬が得られます。2つのサービスは、一般的に以下の点で異なります。ただし、ロック期間が必要なステーキングサービスがあるなど、個別のサービスで違いがあります。

項目レンディングステーキング
利回り高い低い
利率の決定権運営会社ネットワーク
ロック期間ありなし
銘柄数少ない多い
仮想通貨の値動きのリスクありあり
運用の難易度低い高い
安全性運営会社に依存ブロックチェーンである程度保証されている
税金雑所得雑所得
レンディングの利益はいつもらえますか?

レンディングで得られた利益は貸出期間が終了したあとに、貸し出した仮想通貨と一緒に受け取れます。また、利益は貸し出した仮想通貨で受け取るのが基本です。今回紹介したレンディングサービスでは、仮想通貨が返還されるまでの期間は最短で当日、最長で翌々月初などサービスによって大きな差がありました。ロック期間の長さは長期運用というメリットの側面がありますが、返還までの期間の長さは売却や引き出しができないためリスクを伴います。募集要項を事前にしっかり確認する必要があります。

まとめ

仮想通貨レンディングは、保有している仮想通貨を貸し出すだけで利息を受け取れる運用方法です。売買による運用は仮想通貨の価格変動を利用しますが、その変動要因は仮想通貨の技術的な進歩や問題、市場心理やメディア報道など多岐にわたり予測は非常に困難です。

仮想通貨レンディングは難しい知識や技術が不要で、保有している仮想通貨を貸し出すだけで安定した利益を出せるメリットがあるため、初心者や長期保有目的のユーザーにおすすめな運用方法です。

一方で、仮想通貨が返還されないリスクや貸出期間中の価格変動など特有のリスクがあります。簡単に始められて銀行の預金金利よりも高い5%から10%前後の利回りが期待できるので、興味のある方はリスクを踏まえた上で自分に合ったプラットフォームを選んでぜひ試してみてください。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次