きっと見つかる!おすすめの仮想通貨FX取引所を紹介

【FTX】仮想通貨やUSDのレンディング方法と注意点を図解で解説!年利99%?

FTXレンディングで稼ぐFTX

【重要】
2021年10月より日本からFTXへの登録(口座開設)ができなくなりました。
そのため新規で登録を考えている方は、他の取引所を使うことをおすすめします。

▼おすすめ海外仮想通貨取引所
Binance(バイナンス)・・・世界最大手の仮想通貨取引所で取引高No1
Bybit(バイビット)・・・レバレッジ100倍でしかもスプレッド狭い仮想通貨FXにおすすめ取引所(ボーナスキャンペーン豊富)
Gate.io(ゲート)・・・草コインを購入するならココ!取扱銘柄は500種類以上
FXGT(エフエックスGT)・・・為替と仮想通貨FXの両方を最大レバレッジ1,000倍でトレードできるハイブリット取引所(ボーナスキャンペーン豊富)
CryptoGT(クリプトGT)・・・仮想通貨FXに特化した取引所でMT5でトレードできる(ボーナスキャンペーン豊富)

▼当記事をざっくり言うと
  • FTXでレンディングする方法は簡単で誰でもすぐに行える
  • FTXでは93銘柄の仮想通貨や法廷通貨をレンディングできる
  • 2021年現在の金利は極めて高い状況が続いている
  • FTXでは1時間毎に金利が受け取れる

FTX公式サイト

FTXでは仮想通貨やUSDなどの法定通貨をレンディング(貸し出し)して金利を受け取ることができる

FTXには仮想通貨を貸し出したり借りたいできるサービスがあります。仮想通貨を貸し出す際は金利手数料を受け取ることができ、逆に借りる際は金利手数料を支払う必要があります。

FTXのレンディングに関するページ(公式サイト)

2021年現在、全体的に仮想通貨が高騰しており、仮想通貨を貸し出す際の金利手数料も高騰しています。

USDをレンディングするだけで年利99%!?

例えば下記画像のように2021年4月16日6時に受け取ったUSD(ドル)の金利手数料は年利に換算すると利回り99%です。6,000ドルほどレンディングしており0.6ドル金利手数料を受け取れました。99%ですよね!?笑 正直ちょっとバグってますよね笑 ですがこれが現状です。

FTXUSDレンディング年利99%

この状況がいつまで続くか分かりませんが、現時点では仮想通貨やUSD等の法定通貨をレンディング(貸し出す)だけで収益をあげることができます。

2021年8月26日追記
今日現在の金利状況はだいぶ落ち着いている状況です。とはいえUSDは年利7.47%、USDTは8.47%と日本の銀行預金と比較すると異常な程高い状況が続いています。

2021年8月26日現在のFTXのレンディング金利一覧

ちなみに、FTXでは1時間毎に金利手数料を受け取ることができます

FTXではレンディングできる仮想通貨や法廷通貨が93種類ある

FTXレンディングできる銘柄

2021年4月現在、93種類の仮想通貨や法定通貨をレンディングすることができます。それぞれ受け取れる金利手数料は異なりますが、低い金利の銘柄でも年利0.88%と銀行預金の金利と比べると比べ物にならない程高いことが分かります。

FTXでレンディングできる銘柄一覧

2021年8月現在、FTXでレンディングできる仮想通貨と法廷通貨をまとめました。

USDUSDTBTCETH1INCHAAPLAAVEABNBALPHAAMC
AMDAMZNAPHAARKKAUDBABABANDBBBCHBILI
BITWBNBBNTBNTXBRZBTMXBYNDCADCELCGC
COINCRONCUSDTDAIDOGEETHEEURFBGBPGBTC
GDXGDXJGLDGLXYGMEGOOGLGRTHOODHTKNC
LEOLINKLTCMATICMKRMOBMRNAMSTRNFLXNIO
NOKNVDAOKBOMGPAXGPENNPFEPYPLRENRSR
RUNESLVSNXSPYSQSUSHISXPTLRYTOMOTRX
TRYBTSLATSMTWTRUBERUNIUSOWBTCXAUTXRP
YFIZMFTT       

FTXで仮想通貨やUSD・USDT等をレンディングする方法

それでは実際にUSDや仮想通貨をFTXでレンディングするやり方を、初めてFTXを使う方でも分かるように丁寧に解説します。今回は金利手数料が高騰している「USD」をレンディングしてみます。その他の銘柄もやり方は同じなので参考にしてください。

FTXでのレンディング方法を動画でも解説

▼動画でレンディングのやり方を知りたい方は下記動画でご確認ください

STEP1:FTXのマイページにログインして右上にある人のアイコンをクリックし「Wallet」をクリック

STEP2:「Margin Lending」をクリック

FTXレンディングやり方2

STEP3:レンディングしたい銘柄の「LEND」をクリック

FXTレンディングやり方3

STEP4:表示されている全ての項目を入力と確認し「SAVE」をクリック

FTXレンディングやり方4

ここで注意点があります。上記画像に表示されている「Minimum Hourly Rate」とは、1時間毎の最低金利のことです。これは任意で設定することができますが、このパーセントが高すぎると借り手がいない場合があるため、そこは考えて設定しましょう。また「Minimum Hourly Rate」を入力すると、右に表示されている「Minimum Yearly Rate」(年間利回り)が自動で計算されます。ちなみに僕はUSDレンディングの場合「Minimum Hourly Rate」を0.1%で設定しており、年間利回りは最低8.76%にしています。
全ての項目を入力し「SAVE」をクリックするとレンディングが開始されます。このようにFTXでは非常に簡単にレンディングを行うことができます。

STEP5:正しくレンディングできているか確認しよう

正常にレンディングが正しく出来ているか確認しましょう!確認方法は上記のSTEP3(レンディングページ)のページに戻り、下記画像の赤枠のようにレンディングした銘柄の数量が表示されていれば正しくレンディングできる証拠です。
FTXレンディングやり方5
 

STET6:レンディングを停止したい時

レンディングを停止したい時の方法をご紹介します。レンディングを停止したい時は、STEP3とSTEP5のページ(レンディングページ)にいき、下記画像のようにレンディングしている銘柄の一番右に表示されている「STOP LENDING」をクリックするだけです。6時間以内にロックが解除されます。

FTXレンディング停止方法

STEP7:レンディングによって受け取った金利を確認する

最後にレンディングによって受けった金利を確認する方法をご紹介します。STEP3とSTEP5のページ(レンディングページ)にいき、画面を下にスクロールすると下記画面が表示されます。「My Lending History」という項目にレンディングによって受けった金利が表示されます。

FTXレンディングやり方7

FTX公式サイト

FTXで仮想通貨のレンディングを行う際の注意点

FTXで仮想通貨のレンディングを行う際の注意点は大きく分けて以下の4つです。

  • 取引所の倒産により資産損失のリスクがある
  • 手数料が徴収される
  • おそらく高金利状態はいつまでも続かない
  • 仮想通貨自体の価値が下がる
  • レンディング中の仮想通貨はロックされる

以下で詳しく解説します。

取引所の倒産により資産損失のリスクがある

取引所倒産の図

FTXがもしも倒産した場合、預け入れている資産が返ってこない可能性があります。これは他の取引所でも同じことが言えますが、可能性はゼロではないので資産の全てをFTXのレンディングへ出すのはリスクが大きいので止めておいた方が良いでしょう。

おそらく高金利状態はいつまでも続かない

金利グラフの図

2021年4月現在では高金利状態が続いていますが、この状況はいつまで続くか分かりません。なので金利の状況によっては旨味の無い投資となってしまう可能性があります。

仮想通貨自体の価値が下がる

価値が下がるの図

レンディングを行うことで仮想通貨の枚数は増え続けますが、仮想通貨自体の価値が下がる可能性は十分にあります。もちろん逆に大きく値上がりする可能性もありますが、それは誰にも分かりません。なのでどの仮想通貨をレンディングに出すのかよく考えて行いましょう。

レンディング中は資金がロックされる

資金ロックの図

これは当たり前の話ですが、レンディング中は預け入れている資金はロックされ引き出しや売却、担保、ステーキングは行えません。ただし、清算を防ぐための証拠金としては使用することができます。また、レンディングはいつでも止めることができるので、資金を動かしたい時はレンディングを停止しましょう。

【裏ワザ】FTXが買収したBlockfolioでもレンディング可能!年利8%確定

FTXが買収した旧Blockfoliアプリ(FTX)で仮想通貨やドルなどの法定通貨、そしてステーブルコインのレンディングができるようになりました。

一般的なレンディングができる取引所やアプリは年利3%前後が多いですが、FTX(旧Blockfolio)では、ドル換算で1万ドル以下の入金に対して年利8%が適用され、非常に高い金利を受け取ることができます。

対象通貨預入数量年利(%)
全ての仮想通貨と法定通貨10,000$以下8%
全ての仮想通貨と法定通貨10,000$以上5%
※年利の計算は加重平均となる
例)1回目の入金で10,000ドル入金した場合

年利8%の金利が適用され年間800ドルを受け取ることができる

例)2回目の入金で20,000ドル入金して合計30,000ドル入金した場合

・10,000$→8%
・20,000$→5%
(10,000$×8%+20,000$×5%)÷(10,000$+20,000$)=6%
合計30,000ドル入金すると年間1,800ドルを受け取ることができる

レンディングの対象となる仮想通貨はFTXで取り扱っている銘柄とほぼ同じで2021年8月現在で114銘柄の仮想通貨(ステーブルコイン含む)と8つの法定通貨です。日本円はレンディングすることができませんが、今後できるようになると相当美味しい投資となりますね。

僕としては法定通貨やステーブルコインをレンディングするのではなく、ビットコインやイーサリアムをレンディングに出すのが上手い投資方法だと考えます。なぜなら、ビットコインやイーサリアムのレンディングで安定して年利8%貰えるところは僕の知る限り存在しないからです。法定通貨やステーブルコインのレンディングは正直FTXでおこなった方が利回りが良いと思われます。

FTX(旧Blockfolio)アプリのダウンロードはこちら

登録時に紹介コード「33758146」、10$分の取引をすると仮想通貨がもらえます

FTX(旧Blockfolio)
FTX(旧Blockfolio)
開発元:Blockfolio, LLC
無料
posted withアプリーチ

まとめ

今回はFTXでレンディングをする方法を解説しました。

現在は高い金利が維持されており、手堅く資産を増やす方法として仮想通貨のレンディングは有効な手法だと考えます。レンディングは小額から行えるので、まずは少額から始めることをおすすめします。

FTX公式サイト

 
監修者情報
ミズサワ

じなんぼーことミズサワです。仮想通貨歴2016年3月~。2016年3月30日、1BTC価格47,180円で0.02BTCを購入したのが仮想通貨投資の始まり。そこから仮想通貨の現物取引を開始し、仮想通貨FXやレンディング、現先クロス等様々な手法で仮想通貨投資を進めている。現物取引のメイン口座はBinance、仮想通貨FXのメイン口座はBybit。ジナコインでは仮想通貨初心者の方に分かりやすく信頼できる記事をお届けします。

FTX
ジナコイン

コメント

  1. secuhiro より:

    Lending時と解約時でそれぞれ手数料がかかるのでしょうか。
    例えば、Lending時と解約時でそれぞれ手数料が3%とすると、4/25時点のUSDでは、デフォルト設定では、[Minimum Hourly Rate 0.01%] [Minimum Yearly Rate 0.876%]となっており、デフォルト設定のままで手数料分をペイするには7年(Minimum Yearly Rate 0.876% × 7 = 6.132%)ぐらいかかると考えましたが認識あっていますでしょうか。

    • じなんぼーじなんぼー より:

      お問い合わせありがとうございます!

      FTXの公式ブログに書かれているとおり、レンディング時は手数料がかかりますが、手数料は表示されている金利に既に含まれているのでさほど気にすることはないと思います。また解約時は手数料がかかりません。

  2. シンケン より:

    旧Blockfoliアプリ(FTX)
    でレンディングをしています。
    単純計算だと
    例えば年利5%で
    100万円預けると105万円になります。
    しかし、旧Blockfoliアプリ(FTX)場合
    1時間ごとに金利の支払いがあるので
    1時間ごとに元本が増え、
    複利の効果があると思います。
    実質の年利はどれぐらいになるのでしょうか?
    100万円の年利5%の場合で教えいただけると
    わかりやすいのですが…
    アプリに円はないのですが、円の方がわかりやすいので。
    初心者で数字が弱くてすいません…