Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴や安全性・評判|信頼できる業者なのか徹底解説!

Tech-fx(旧CXCMarlets)とは?特徴や評判、安全性を解説
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)は、株式会社jaybeが運営をおこなうWebメディアです。読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


本コンテンツで紹介しているサービスには財務局関東財務局並びに近畿財務局の認可を得て運営されている暗号資産業者が提供するものと認可を受けていない暗号資産業者が含まれています。

【当サイトは金融庁の広告に関するガイドラインに則り運営をおこなっています】
金融商品取引法
金融商品取引法における広告等規制について
広告等に関するガイドライン

この記事をざっくり言うと…
  • Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴・メリット、デメリットについて解説
  • Tech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設方法や入出金方法について解説
  • この記事を読めばTech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設に関する注意点や疑問点もすべて解決!

コンテンツの誤りを送信する

目次

Tech-FX(旧CXCMarkets)の基本情報

Tech-FX(旧CXCMarkets)の基本情報

Tech-FX(旧CXCMarkets)の会社概要

運営会社Ares Tradx Co.,Ltd
設立不明
所在地セントビンセント・グレナディーン諸島
Suite 310, Griffith Corporate Center
Beachmont, Kingstown, St.Vincent and the Grenadine
金融ライセンス不明
最大レバレッジ1,000倍
平均スプレッド(USD/JPY)1.3pips~
CXCMarketsは約定力不明
取扱い銘柄数・外国為替
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨
マージンコール/ロスカット不明/20%
追証なし(ゼロカットシステム採用)
取引制限なし
最小入金額1万円
日本語サポートあり
トレードツールMT4

Tech-FX(旧CXCMarkets)はセントビンセント・グレナディーン諸島に本拠地を構えるブローカーです。元はCXCMarketsと言う業者名でしたが、2023年に「Tech-FX」と合併し「Tech-FX」と言うブローカー名に変わりサービスの拡充を行っています。

Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴・メリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ゼロカットシステムを採用している
  • ボーナスが豪華
  • 少額取引ができる
  • 仮想通貨入金・出金種類が豊富(銀行振込にも対応)
  • 口座開設は日本語でできる
  • 3種類の口座タイプがある&追加口座は無制限
  • スプレッドが比較的狭い
デメリット
  • 金融庁から警告を受けている
  • 信託保全が採用されていない
  • スキャルピングができない
  • MT5の利用ができない

Tech-FX(旧CXCMarkets)はFXだけではなく、株式や仮想通貨の取引も可能な業者になります。多くの金融商品の取り扱いをしているのは大きなメリットです。一方、金融ライセンスを取得しているかどうかがわからない、や知名度が低い店はマイナスポイントになってしまいます。

ただし、日本では知名度がまだまだ低いため使うかどうか迷っている方は多いはず。そこでこの記事では口コミや評判なども参考に、これらの特徴を詳しく解説し、Tech-FX(旧CXCMarkets)を理解してもらうための情報を提供していきます。

Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴・メリットは8つ

Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴・メリットは8つ

口コミ・評判を考慮したTech-FX(旧CXCMarkets)の主な特徴・メリットは次の8つです。

Tech-FX(旧CXCMarkets)の特徴・メリット
  • 最大レバレッジは1,000倍
  • ゼロカットシステムを採用している
  • ボーナスが豪華
  • 少額取引ができる
  • 仮想通貨入金・出金種類が豊富(銀行振込にも対応)
  • 口座開設は日本語でできる
  • 3種類の口座タイプがある&追加口座は無制限
  • スプレッドが比較的狭い

それぞれの特徴・メリットについて以下でわかりやすく説明するので、参考にしてください。

最大レバレッジは1,000倍

最大レバレッジは1,000倍

Tech-FX(旧CXCMarkets)は最大1000倍のレバレッジの利用ができます。国内FXの最大レバレッジは25倍なので、かなり資金効率が高い取引ができるのかわかるはずです。少ない投資金額からでも大きな利益が出せるのはTech-FX(旧CXCMarkets)の大きなメリットになります。

海外FXのレバレッジについてはこちらの記事でも解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?海外FXのレバレッジ目的別おすすめ10社!各社比較、使い方のコツも徹底解説

ゼロカットシステムを採用している

ゼロカットシステムを採用している

Tech-FX(旧CXCMarkets)はゼロカットシステムを採用しています。ゼロカットシステムとは追証(追加証拠金)が発生しない強制決済システムのことです。国内FXが採用しているロスカットの場合、相場が急変などをすると追証が発生します。追証はFX会社に返済しなければならない借金のようなものです。

リーマンショックやコロナショックなどによって相場が大きく動いた際、莫大な追証が発生してしまい、今でも返済に苦労しているトレーダーはたくさんいます。しかも、投資で負った借金については、基本的に自己破産はできません。

つまり生涯をかけて返済しなければならないのです。このように恐ろしい追証ですが、Tech-FX(旧CXCMarkets)はゼロカットシステムが採用されているため、追証が発生することはありません。こちらについても大きなメリットになります。

国内業者と海外業者の違いについてわからない方はこちらの記事を一度読んでみることをおすすめします。

これもう見た?国内FXと海外FX業者どっちが良い?両者のメリット・デメリットを徹底比較!

ボーナスが豪華

ボーナスが豪華

Tech-FX(旧CXCMarkets)は口座を開設しただけで、20,000円のボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。

国内FX業者の中でもキャンペーンを行っている業者はありますが、口座を開設しただけで20,000円もボーナスがもらえるキャンペーンを行っている業者は無いはずです。

かなり豪華なボーナスを展開しているのも大きなメリットになります。

Tech-FX(旧CXCMarkets)以外でボーナスが豪華な海外FX業者を探している方はこちらの記事を参考にしてみてください。

これもう見た?海外FX口座開設ボーナス(未入金)おすすめ比較102社

これもう見た?海外FX入金ボーナス100%~200%以上のクッションあり比較

少額取引ができる

少額取引ができる

Tech-FX(旧CXCMarkets)は0.01ロットからの取引ができるため、少ない投資資金でも取引が可能です。特に1000通貨単位で取引できるマイクロ口座は初心者の練習にピッタリです。

また、最大1000倍のレバレッジの利用ができるため、少ない投資資金でも大きな利益を上げられる可能性があるのはメリットになります。

仮想通貨入金・出金の種類が豊富(銀行振込にも対応)

仮想通貨入金・出金種類が豊富(銀行振込にも対応)

Tech-FX(旧CXCMarkets)は下記のように仮想通貨入金・出金の種類を豊富に準備しています。

入金方法

入金方法最低入金金額手数料反映時間
ビットウォレット1万円なし即反映
ビットコイン0.02BTCなし30分くらい
リップル800XRPなし30分くらい
ライトコイン5LTCなし30分くらい
銀行送金1万円なし数日

出金方法

出金方法最低出金金額手数料反映時間
ビットウォレット1万円なし即反映
ビットコイン1万円なし数時間
リップル1万円なし数時間
ライトコイン1万円なし数時間
銀行送金1万円なし数日

そのため、仮想通貨取引をメインに行っているトレーダーがFXを行う場合に使いやすい業者と言えます。また、国際銀行振込ですが日本円での入出金に対応しています。Tech-FX(旧CXCMarkets)側の手数料もかかりません。

Tech-FX(旧CXCMarkets)の入出金はマイページへログインし、左メニュー「口座の概要」を選び好きな方法を選ぶだけで非常に簡単に手続きできます。

口座開設は日本語でできる

口座開設は日本語でできる

Tech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設は日本語でできます。英語が使えなくても口座開設できるのもメリットです。

口座開設方法の概要は後ほど解説します。

3種類の口座タイプがある&追加口座は無制限

3種類の口座タイプがある&追加口座は無制限

Tech-FX(旧CXCMarkets)は3種類の口座タイプを準備しています。それぞれの口座タイプのスペックについてまとめました。

マイクロスタンダードゼロ
取引形態NDD STPNDD STPNDD ECN
最大レバレッジ1,000倍1,000倍500倍
取扱い銘柄・外国為替
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨
・外国為替
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨
・外国為替
・貴金属
・エネルギー
・株式
・株価指数
・仮想通貨
取引手数料無料無料片道4ドル
スプレッド1.3pips~1.3pips~0.0pips~
ロット単位1,000通貨10万通貨10万通貨
最小取引数量0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最大取引数量/
最大ポジション
100ロット/
100ポジション
20ロット/
200ポジション
20ロット/
200ポジション
ストップレベル0.0pips0.0pips0.0pips
取引制限スキャルピング不可スキャルピング不可スキャルピング不可
ゼロカットありありあり
口座通貨JPY
USD
JPY
USD
JPY
USD
最低入金額1万円1万円1万円
キャンペーン対象外対象対象外

スペックの違う3つの口座が用意されているのは大きなメリットに感じられるはずです。

またTech-FX(旧CXCMarkets)は追加で無制限で口座の開設ができるため、すべての口座タイプを試すことができるのもメリットです。

スプレッドが比較的狭い

スプレッドが比較的狭い

Tech-FX(旧CXCMarkets)は初心者でも使いやすい「マイクロ口座」「スタンダード口座」のドル円のスプレッドは1.3pipsからと比較的狭いです。

本サイトが紹介している海外FX業者と比較しても十分に低い水準と言えます。

スタンダード口座のスプレッド比較

業者名/口座名USDJPYEURJPY
Tech-FX1.32
XMTrading1.62.3
FXGT1.52.1
iFOREX0.81.2
Exness1.11.9
AXIORY1.31.4
IS6FX1.62.3

ゼロ口座についても取引手数料を換算しても0.8Pips程度なのでおトクです。

海外FX業者のスプレッドについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

これもう見た?海外FX11社のスプレッドを徹底比較!口座別おすすめ業者紹介!

コンテンツの誤りを送信する

Tech-FX(旧CXCMarkets)の主なデメリットは4つ

Tech-FX(旧CXCMarkets)の主なデメリットは4つ

Tech-FX(旧CXCMarkets)の主なデメリットについて説明します。

Tech-FX(旧CXCMarkets)のデメリット
  • 金融庁から警告を受けている
  • 信託保全が採用されていない
  • スキャルピングができない
  • MT5の利用ができない

以下で詳しく解説します。

金融庁から警告を受けている

金融庁から警告を受けている

Tech-FX(旧CXCMarkets)は金融庁から警告を受けています。

ただし、他の海外FX業者でも日本の金融庁から警告を受けている業者は多いです。なぜなら、日本の金融ライセンスを取得していないからです。

日本の金融ライセンスを取得していないと聞くと、不安に思う方もいるかもしれませんが、日本の金融ライセンスを取得してしまうと、1000倍ものレバレッジやゼロカットなどの利用ができなくなってしまいます。これでは、海外FXを利用する意味はありません。そのためほとんどの海外FX業者は、日本の金融庁の金融ライセンスを取得していないのです。ある意味金融庁から警告を受けているのもしょうがないといえます。

信託保全が採用されていない

信託保全が採用されていない

Tech-FX(旧CXCMarkets)は分別管理は採用されていますが、信託保全は採用されていません

顧客の資産とTech-FX(旧CXCMarkets)の資産を明確に分別して管理しているので、特に大きな問題ではありませんが、万が一破綻した時も、顧客の資産が完全に保障される信託保全が採用されていないのはデメリットになるかもしれません。

スキャルピングができない

スキャルピングができない

Tech-FX(旧CXCMarkets)はスキャルピングができません。短い時間で小さな利益を取り続けていくスキャルピングは数あるFXのトレード手法の中でも利益が出しやすいといわれています。

スキャルピングの利用ができないのもTech-FX(旧CXCMarkets)のデメリットです。

MT5の利用ができない

MT5の利用ができない

Tech-FX(旧CXCMarkets)はMT4の利用ができますがMT5の利用はできません。現状MT4でも問題は無いのですが、将来的なアップデートが無い事や利用できるテクニカル指標などが多いMT5の利用ができないのもTech-FX(旧CXCMarkets)のデメリットです。

MT4とMT5の違いなどはこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

これもう見た?MT4とMT5の違いは?それぞれの特徴とどちらがおすすめか徹底解説!

Tech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設方法

Tech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設方法

Tech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設はシンプルで、以下の流れで行うことができます。

画像:CXCMarkets 評判・特徴 口座開設
STEP
基本情報の入力

Tech-FX(旧CXCMarkets)の公式サイトにアクセスし「リアル口座開設」をクリックすると基本情報入力画面になります。基本情報入力画面では次の情報を入力します。

入力する基本情報
  • 個人口座:そのままでOK
  • タイトル:「Mr」「Mrs]「Ms」を選択
  • 名:名前をローマ字入力
  • 姓:苗字をローマ字入力
  • カタカナ名:名前をカタカナ入力
  • カタカナ姓:苗字をカタカナ入力
  • 居住国:「日本」を選択
  • 都道府県:選択
  • 電話番号:国際番号(+81)と最初のゼロを抜いた携帯番号
  • メール:連絡の付くメールアドレス(フリーメール推奨)
  • パスワード:自身の決めたログインパスワード
  • パスワード確認:パスワードをもう一度入力
  • 「I agree to the Customer Agreement」にチェック
STEP
メールの確認

必要事項を入力するとメールが届くので、メール内のリンクをクリックし認証を行います。

STEP
書類のアップロード

最後に本人確認資料と住所確認書類をアップロードします。各書類の詳細は以下のようになります。

CXCMarketsに提出する書類

◆本人確認書類

氏名と生年月日を確認できる、有効期限内の顔写真付き身分証明書

例:

  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

◆現住所確認書類

発行日が確認できる、6ヶ月以内に発行された現住所を確認できる書類

例:

  • ガスや水道などの公共料金の請求書
  • 電話料金の請求書
  • 銀行やクレジットカードの利用明細書
  • 住民票

など

以上でTech-FX(旧CXCMarkets)の口座開設は完了となります。

【Q&A】Tech-FX(旧CXCMarkets)に関する良くある質問

Tech-FX(旧CXCMarkets)に関する良くある質問(Q&A)

最後にTech-FX(旧CXCMarkets)に関する質問にQ&A形式で回答していきます。

Tech-FX(旧CXCMarkets)は出金拒否をしますか?

Tech-FX(旧CXCMarkets)は口コミ・評判で出金拒否のウワサが無いので安心して利用できる海外FX業者です。

ただし、スキャルピング禁止など取引禁止事項をしてしまうと、該当利益の出金拒否や取引などが発生する場合があるので注意が必要になります。しかし、通常の取引をしている分にはTech-FX(旧CXCMarkets)は問題なく利用できるので安心してください。

さらに安全性を求めるのなら、こちらの記事を参照してください。

これもう見た?海外FXは危険?安全性の高いおすすめ業者TOP3!出金拒否や詐欺に注意!

Tech-FX(旧CXCMarkets)は国内FXに比べておすすめですか?

Tech-FX(旧CXCMarkets)は最大1000倍のレバレッジの利用ができ、追証が発生しないなど、国内FXにはない様々なメリットがあるのでおすすめです。

また、スプレッドも狭いのもメリットになります。総合力の高いTech-FX(旧CXCMarkets)の利用価値は高いです。

Tech-FX(旧CXCMarkets)は国内に登録していないので危険な業者ではないのですか?

Tech-FX(旧CXCMarkets)は国内に登録していませんが危険な業者ではありません。国内に登録してしまうと1,000倍のレバレッジやゼロカットの提供ができないので国内に登録がないのは仕方がない側面もあります。

海外FXは違法なのか?についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、気になる方は一度読んでみてください。

これもう見た?海外FX利用は違法なのか?法律の観点から徹底解説!おすすめ業者も紹介

まとめ

Tech-FX(旧CXCMarkets)は金融ライセンスや信託保全が採用されていないなどのデメリットがありますが、最大1000倍のレバレッジの利用ができるなどメリットも大きい海外FX業者です。

まだまだ知名度がないですが、基本スペックが高いため、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

【PICK UP】おすすめ海外FX業者・仮想通貨取引所

海外業者は各業者ごとに特徴があるため、勝つためには自分の取引スタイルや求めるものにあった業者を選ぶ必要があります

本サイトでは安全性・信頼性を確保している特徴のある海外業者を厳選して紹介しているのでご自身にあった一社を探すためにぜひ利用してください。

おすすめ海外FX業者・仮想通貨取引所

業者名ボーナス情報
1位:XMTrading

公式:https://xem.fxsignup.com/
・13,000円新規口座開設ボーナス
・100%+25%入金ボーナス
・XMロイヤリティーボーナス

・友人紹介プログラム
・TRADE&WINプロモ(〜6/30)
2位:FXGT

公式:https://fxgt.com/ja
・15,000円新規口座開設ボーナス
・100% Welcomeボーナス
・50% Unlimited Loyaltyボーナス

・60% Crypto Max Loyaltyボーナス(〜6/21)
3位:Bybit

公式:https://www.bybit.com/ja-JP
・5ドル口座開設ボーナス
・20USDT口座開設ボーナス(期間限定)
・30USDT口座開設ボーナス&最大6,000USDT入金ボーナス(期間限定)
・初回入金・取引ボーナス
・その他各種ボーナス
4位:Exness

公式:https://www.exness.com/ja/
・ボーナスキャンペーンを実施していません
5位:iFOREX

公式:https://www.iforex.jpn.com/
・100%+25%初回入金ボーナス
・利息支払いスキーム
・お友達紹介プログラム
6位:Bitget

公式:https://www.bitget.com/ja
・新規口座開設取引手数料30%OFFキャンペーン
・初回入金100%キャッシュバック
・その他各種ボーナス
7位:coincall

公式:https://www.coincall.com/
・【当サイト限定】0.2ETH+0.5ETHオプションプレゼント
・【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF

・1ETHを$50入金、初回取引
・新規ユーザーキャンペーン
8位:TitanFX

公式:https://titanfx.com/jp
・Titan FXをお友達に紹介
9位:AXIORY

公式:https://www.axiory.com/jp
・ボーナスキャンペーンを実施していません
10位:TradersTrust

公式:https://traders-trust.com/ja/
・20,000円新規口座開設ボーナス
・100%、200%入金ボーナス
・VIPキャッシュバック
※業者名、ボーナス情報をクリックすると詳細記事が見られます。

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

JinaCoin編集部です。JinaCoinは、株式会社jaybeが運営する仮想通貨情報専門メディアです。
正確性・信頼性・独立性を担保するため編集ガイドラインに沿って、コンテンツ制作を行なっています。

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次