LINE@でFX・仮想通貨のリアルトレード配信中(週末は競馬情報)>>

【初心者向け】海外FXの始め方・やり方を解説!始める際の注意点もご紹介

海外FXの始め方と注意点 FXのマメ知識
競馬愛好家
FX民

・海外FX興味あるけど、いまいちやり方が分からない・・・

・海外FX始める際の注意点が知りたい!

こんな思いをお持ちの方に

 

今回は、海外FXの始め方と海外FXを始める際に注意すべき点を分かりやすくご紹介します。

 

この記事を最後まで読めば、海外FXをすぐにスタートできるに状態になります。

 

 

国内FXと海外FXの違いをよく知らない方は、まず下記の記事を読んでから再度、こちらの記事を読むとより理解が深まります。

【FX初心者】国内FXと海外FXどっちで始めるべき?両者の特徴と違いを解説し疑問を解決!

海外FXでトレード始める前に知っておくべき7つの注意点

注意

海外FXの始め方をご紹介する前に、海外FXを使う際の注意点をいくつかご紹介します。

 

▼海外FXでトレード始める前に知っておくべき7つの注意点

  • レバレッジが数百倍~数千倍
  • 追証がなく借金のリスクゼロ
  • 日本円に対応していない業者がある
  • 利益が出れば税金を支払う義務がる
  • 日本語でサポートを受けられない業者がある
  • 万が一FX業者が倒産した場合預け入れた資金が返ってこない可能性がある
  • ボーナスキャンペーンが充実している

上記の7点を詳しく解説していきます。

最大レバレッジが数百倍から数千倍

レバレッジ

海外FXの最大の魅力と言っても過言ではないのが、ハイレバレッジです。

 

海外FXでは平均して数百倍のレバレッジでトレードできます。

 

最大1,000倍~3,000倍のレバレッジでトレードできる業者も存在します。

 

ちなみに、国内FXでは一律最大レバレッジ25倍に設定されています

 

ハイレバレッジトレードは、少ない元手で効率良く資金を増やせる圧倒的な強みがあります。

例えば、僕がメインで使っている海外FX業者の「GemForex」では、最大レバレッジ1,000倍でトレードできます。

ドル円が110円の場合、国内FX業者(レバレッジ25倍)だと、1万通貨のポジションを取る際の必要証拠金は44,000円です。

GemForex(レバレッジ1,000倍)だと同じ場合、必要証拠金は1,100円で済みます。

上記で分かるように、国内FX業者の場合だと、最低でも数万円の元手が無いとトレードできませんが、海外FX業者だと数千円もあれば十分トレードできます

 

しかし、「ハイレバレッジだと損する額もレバレッジに比例して膨らむのでは?」という声を時々見受けます。

これは間違いです。

 

例えば、レバレッジ25倍と1,000倍で、それぞれドル円を110円で1万通貨購入(ロング)したとします。そして109円まで価格が下がりました。この時の損失額はレバレッジ25倍でもレバレッジ1,000倍でも同じ1万円です。

つまり、損失額はレバレッジに比例するのではなく、ポジション量に比例します

 

ですが、ハイレバレッジの場合、少ない資金で大きなポジションを保有できるため、資金管理が重要となります。

 

まずは、少額で取引しましょう!

追証がなく借金のリスクゼロ

握手

海外FX業者はゼロカットシステムを導入しており、借金を抱えることはありません

 

ゼロカットシステムとは、簡単に説明するとFX業者に預け入れた証拠金以上の損失が出た場合、その損失額を補填してくれるサービスです。

ポジションを保有している最中に、ポジションとは逆方向に相場が動いて損失が大きくなった場合、これ以上損失が拡大してしまわないように強制的にポジションを決済し取引を終了させるというルールがあります。これをロスカットと呼びます。

 

しかし、急激に相場が動いた場合ロスカットが間に合わない場合があります。そうなると、FX業者に預け入れた証拠金以上の損失が発生することがあります。

 

預け入れている金額以上の損失が発生した場合、不足の証拠金(損失額)を期日までにFX業者へ入金する必要があります。これを追証と呼びます。

 

ただし、海外FXの場合、ゼロカットがあるので預け入れた証拠金以上の損失が出ても、業者が損失を補填してくれるので、こちらが損失を支払わなくて済みます。

 

一方、国内FXの場合はゼロカットを導入していないため、追証が発生します。

 

近年では2015年1月15日に起きたスイスフランショックが有名ですが、20分間でユーロスイスが約40%下落する事態が発生しました。

 

これにより、当時国内FXを使用していた方の中には、大きく証拠金がマイナスになってしまい追証を支払うことになった方が続出しました。

円口座に対応していない業者がある

海外FXでは、日本円口座に対応している業者と非対応の業者が存在します。

 

米ドル口座のみ対応や米ドル口座とユーロ口座のみ対応等の業者も少なくありません。

 

米ドル口座のみ対応している業者でも、日本円で入金することはできます。

 

なぜなら日本円を入金するとFX業者が入金したタイミングの為替レートで米ドルに変換してくれるからです。

 

しかし、日本円から米ドルに変換する際に為替手数料が発生してしますデメリットもあります。

 

また、金額表記もドル建て表記にあるので少々分かりづらい面も発生します。

 

海外FX初心者の方は、まずは日本円口座に対応している業者を選びましょう!

利益が出れば税金を支払う義務がある

税金

海外FXでも国内FXでも利益が出れば当然税金を支払う義務があります

 

しかし、海外FXと国内FXでは、利益額により納める金額が変わってくるので注意が必要です。

 

国内FX業者を使用する場合は、申告分離課税となりいくら利益が出ても一律で利益に対して20.315%の税金を収める必要があります。

 

一方、海外FX業者を使用する場合は、総合課税となり利益額によって税率(15%〜最大55%)が異なります。

 

ここでは詳しく解説しませんが、一年の利益額が330万円以下なら海外FXを使用するほうが税金が安く済みます。

 

参考記事:【FX初心者】国内FXと海外FXどっちで始めるべき?両者の特徴と違いを解説し疑問を解決!

日本語でサポートを受けられない業者がある

海外FXは、当然拠点が海外のため、日本語でサポートが受けられる業者には限りがあります。

 

海外FX業者を選ぶ際は、日本語でサポートが受けられるところを選ぶと良いでしょう。

 

参考:【2019年11月版】おすすめの海外FX業者をトレードスタイルと目的別で紹介!!

 

信託保全ではなく分別管理を採用しているところが多い

海外FXの場合、信託保全ではなく分別管理を採用している業者がほとんどです。

 

信託保全とは、FX業者が顧客から預かった資金を信託口座へ預け入れることで、顧客資金を保護することを目的としたものです。

 

信託口座を管理しているのは、外部機関なのでFX業者が勝手に使うことができません。

 

また、信託口座の資金は万が一FX業者が倒産したときでも差し押さえの対象にならないため、顧客の資金は全額返金されます。

 

国内FX業者は、信託保全が義務づけられています。

 

分別管理とは、FX業者が顧客から預かった資金を「信託口座」ではなく、銀行等の別の口座で保管することです。

FX業者が倒産した場合、「信託口座」ではなく銀行等の別口座に預け入れているだけなので、顧客資金は差し押さえの対象となり、顧客資金はおそらく返金されないでしょう

 

つまり、海外FX業者を選ぶ際はFX会社の資金管理方法や信頼性を重視して選ぶ必要性があります。

 

また、利益が出れば定期的に出金することをおすすめします。

ボーナスキャンペーンが充実している

ボーナス

海外FXでは、口座開設のみで20,000円のトレード資金が貰えるキャンペーンや入金額が2倍になる入金キャンペーンを行っているところがあります

 

口座開設のみで20,000円のトレード資金が貰えるということは、入金せずに海外FXでトレードを始められるということです。

 

FX初心者の方は、ボーナスキャンペーンを必ず利用しましょう。

 

▼僕も口座開設ボーナスを利用してGemForexでFXトレード始めました。

▼20,000円が100,000円くらいになりました。

入金不要で20,000円の証拠金が貰えて上手くいけば大きく勝つことができます。

 

▼口座開設のみでトレード資金がもらえる海外FX業者一覧【為替初心者】海外FXの口座開設ボーナス使ってノーリスクでFX始める方法

 

▼入金額が2倍以上になる海外FX業者一覧

【海外FX 】入金ボーナス100%以上のキャンペーン実施FX業者7選!

海外FXの始め方・やり方

スタート

それでは、海外FXの始め方を解説していきます。

 

▼海外FXを利用する手順

  1. 利用する海外FX業者を選ぶ
  2. 口座開設する
  3. 口座へ入金する(口座開設ボーナスを利用すれば未入金でもトレードができる)
  4. トレードアプリ(MT4かMT5)をインストールする
  5. トレード開始
  6. 利益が出れば出金する

上記が海外FXを利用する一連の流れです。

以下で詳しく解説します。

利用する海外FX業者を選ぶ

GemForexトップ画

まず、利用する海外FX業者を選びましょう。

 

選ぶポイントは、前述した注意点を踏まえながら選びましょう。

▼海外FX業者を選ぶポイント

  • 日本語でサポートが受けられるか
  • FX業者の信頼性は大丈夫か
  • レバレッジはいくらか
  • 日本円口座に対応しているか
  • 口座開設ボーナスがあるか

上記のポイントを抑えましょう!

 

まずは、口座開設ボーナスがある海外FX業者を選んで海外FXの使用感を確認することをおすすめします。

 

参考記事:【為替初心者】海外FXの口座開設ボーナス使ってノーリスクでFX始める方法

 

ちなみに、僕がメインで使っている海外FX業者はGemForexです。

 

GemForexは、日本人スタッフが常駐しており、日本語で手厚いサポートを受けられます。また、多くの日本人トレーダーが利用しており、運営歴も約10年と一定の信頼性があります。

 

▼GemForexの特徴

  • FX初心者向けの口座開設ボーナス等のキャンペーンが豊富
  • 日本語でサポートが受けられる
  • 日本円口座対応
  • 平均スプレッドが他海外FX業者に比べ狭い
  • 入出金手数料無料でいつでも入出金し放題
  • ニュージーランドの金融ライセンスを取得し信頼性が高い
  • 約150個のEA(自動売買ソフト)が無料で使える
  • 約定スピードは0.78秒以内に99.79%と高い約定力でストレスフリー
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 最大レバレッジ1000倍で資金効率良くトレードできる

GemForexの口座開設ページへ(公式サイト)

※口座開設のみで20,000円のトレード資金が貰えるキャンペーン開催中

 

参考記事:【完全版】GemForex(ゲムフォレックス)の特徴と登録方法・使い方を徹底解説!

 

参考記事:【体験談】GemForexの評判は?7つのメリットと2つのデメリットを紹介

 

口座開設する

口座開設

利用する海外FX業者が決まれば、次に口座開設を行いましょう。

 

海外FXは数分で口座開設が行えます

 

▼口座開設の基本的な流れ

  1. 住所氏名、メールアドレスを入力
  2. 入力したメールアドレス宛に確認のメールが届く
  3. メールに記載しているIDとパスワードでマイページへログインする
  4. 本人確認書類(免許証や住所証明書)を提出する

本人確認書類として必要なもの

  • 本人確認書類・・・行政機関が発行した「免許証」や「パスポート」等、顔写真付きの身分証明書
  •  住所確認書類・・・「住民票」や「公共料金の利用明細」など現住所が記された第三者機関が発行した書類(FX業者により多少違いがあるが、発行して3〜6ヶ月以内に発行された書類)

以上の流れとなります。約5分くらいで完了できます。

口座に入金する(ボーナスを利用すれば未入金でトレードできる)

銀行から口座へ入金

口座開設が完了すれば、トレードをスタートすることができるので入金をします。

 

ただし、口座開設ボーナスを利用する場合は、入金しなくてもトレードできます

 

▼入金方法

  • 銀行振込(日本円)
  • クレジットカード
  • bitwallet

ほとんどの海外FXで上記の3つの入金方法があります。

 

初めて海外FXを利用する場合は、銀行振込かクレジットカードが良いでしょう。

 

ですが、今すぐにトレードしたい!という方は、クレジットカードで入金することをおすすめします。なぜなら、クレジットカードで入金すると即トレード口座へ入金が反映されるからです。

トレードアプリをダウンロードする(MT4orMT5)

トレードアプリ

入金が完了すれば、トレードを行うためのトレードアプリをダウンロードしましょう。

 

ほとんどの海外FXは、MT4(MT5)というトレード専用アプリを使ってトレードを行います

 

▼下記よりMT4をダウンロードできます。

MetaTrader 4. 通貨市場

MetaTrader 4. 通貨市場
開発元:MetaQuotes Software Corp.
無料
posted withアプリーチ
MT4がダウンロードできれば、口座開設時に送られてきたメールにIDとパスワードが記載されているので、そのIDとパスワードをMT4に入力しログインします
▼MT4の詳しい設定方法は下記記事をご覧ください。(GemForexの場合)※その他のFX業者の場合でもやり方はほとんど同じです。

取引を開始する

トレード

それではいよいよトレードを始めましょう!

▼取引の流れ

  1. 取引したい通貨ペアと取引枚数を決める
  2. 価格が上昇すると予想すれば買う(Buy)、価格が下落すると予想すれば売る(Sell)
  3. 価格が動いたところで決済する
  4. 予想が当たれば資産が増え、外れていれば資産が減る

上記の繰り返し資産が増えたり減ったりします。

 

FX初心者の方は、ドル/円(USD/JPY)の通貨ペアから取引をスタートすると良いでしょう

 

ドル円は、通貨ペアの中でも一番値動きが安定しており、また日本人にとって一番身近な通貨だからです。

 

ちなみに、ポンド円やポンドドルは値動きが激しい特徴があります。

 

僕は、何度もポンド円で大きな損失を出しています・・・

 

また、初心者の方は、少額から取引を行いましょう。

 

取引方法や操作方法に慣れてくれば徐々に取引枚数を増えしましょう。

利益が出れば出金する

出金

取引である程度利益がでれば、定期的に出金を行いましょう。

 

前述したとおり、海外FXは信託保全が義務づけられていないので、万が一の時に預け入れた資金が戻ってこない可能性もあります。

 

▼出金方法

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • bitwallet

出金も入金の際と同じ方法です。

 

ただし、クレジットカードで入金を行った場合は、基本的にクレジットカードへ返金するようになります

 

例えば、クレジットカードで10万円入金したとします。そして取引で利益が出て、口座残高が20万円になりました。そこで20万円全額出金するとします。その場合、クレジットカードで入金した10万円はクレジットカードへ返金処理され、残りの10万円は銀行送金となります。

クレジットカードで入出金を検討の方はご注意下さい!

 

以上が、FXを始める全手順です。

まとめ

今回は、海外FXの始め方と海外FXを利用する上での注意すべき点の解説でした。

 

最後に、もう一度おさらいします。

▼海外FXでトレード始める際に注意すべき点

  • 最大レバレッジが数百倍から数千倍
  • 追証がなく借金のリスクゼロ
  • 日本円に対応していないFX業者もある
  • 利益が出れば税金を支払う義務がある
  • 日本語でサポートを受けられる業者は限られる
  • 信託保全ではなく分別管理を採用している業者が多い
  • ボーナスキャンペーンが充実している業者が多い

 

海外FX初心者の方は、まずは口座開設ボーナスを活用し、入金せずにトレードすることをおすすめします。

 

取引に慣れてきたら実際に入金を行い、徐々に資金を増やしていきましょう。

 

GemForexの口座開設ページへ(公式サイト)

※口座開設のみで20,000円のトレード資金が貰えるキャンペーンを実施中

 

参考記事:【完全版】GemForex(ゲムフォレックス)の特徴と登録方法・使い方を徹底解説!

参考記事:【為替初心者】海外FXの口座開設ボーナス使ってノーリスクでFX始める方法

参考記事:おすすめの海外FX業者をトレードスタイルと目的別で紹介!!

 

コメント