きっと見つかる!おすすめ海外FX業者を目的別で紹介

ビットコインFXやるなら”FXGT”が絶対おすすめな7つの理由!取引時の注意点も詳しく解説

ビットコインFXならFXGT一択理由と注意点海外FX業者評判・レビュー
投資ビギナー

・FXGTでビットコインFXできるらしいがFXGTについて詳しく知りたい

・FXGTの特徴やメリット・デメリットが知りたい

こんな思いをお持ちの方に、今回はFXGTでビットコインFXやるメリットと注意点を解説します。

 

先に結論をお伝えすると海外FX業者の中でビットコインFXやるなら特に以下の点でFXGTが絶対おすすめです。

  • 最大レバレッジ500倍でビットコインFX(仮想通貨FX)ができる
  • ビットコインを証拠金として使用できるためビットコインの枚数を増やすことができる
  • ビットコインのスプレッドが狭く有利にトレードできる
  • 入金ボーナスや口座開設ボーナス、キャッシュバックなどのキャンペーンが豪華でオトクにトレードできる
  • 追証なしで借金のリスクゼロ
  • 24時間365日毎日トレードできる
  • 完全日本語対応でサポートももちろん日本語で受けられる

以上の点から海外FX業者の中でビットコインFXやるならFXGTがおすすめです。下記で詳しく解説していきます。また、FXGTでトレードする際の注意点もご紹介します。

 

先にFXGTの基本スペックや特徴が知りたいはこちらをご覧ください

【完全版】FXGTの特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

 

FXGT公式サイトへ

※【期間限定】入金ボーナスキャンペーン開催中

ビットコインFXやるならFXGTが絶対おすすめな理由7つ

FXGTでビットコインFXやるメリット

冒頭でお伝えしたFXGTでビットコインFXをやるメリットを詳しく解説します。

最大レバレッジ500倍でビットコインFXができる

国内の仮想通貨FX取引所は全てレバレッジ倍率が4倍以下となっています。また2020年1月に日経新聞より報じられた内容によると金融庁が仮想通貨(暗号資産)の最大レバレッジ倍率を2倍までにする方針を固めました。これがいつ実行されるのかは、まだ分かりませんが今後最大レバレッジは2倍までとなるでしょう。

しかし海外では日本の法律が適用しないので仮想通貨FXの最大レバレッジが10倍や50倍、100倍で取引できる業者が数多く存在します。とはいえ、FXGTのように最大レバレッジ500倍で仮想通貨FXができる業者(安心して取引できる業者)は私が知る限り存在しません

資金効率良くトレードしたい方や少ない資金でトレードしたい方はレバレッジを上手く活用しましょう。

ビットコインを証拠金として利用できるためビットコインの枚数を増やすことができる

FXGTでは下記の通貨を入出金でき、なおかつ証拠金として利用できます。

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(EYH)
  • テザー(USDT)

仮想通貨FXができる多くの業者は、法定通貨(日本円やドル等)や仮想通貨の入出金には対応していますが、証拠金として仮想通貨を利用できる業者はほとんど存在しません。ですがFXGTでは証拠金としてビットコイン含む3種類の仮想通貨を利用することができます。

ビットコインを証拠金として利用するとは、簡単に言うとビットコインを元手にトレードするということです。通常は日本円を利用してトレードを行い、トレードで勝つと日本円が増え、負けると日本円が減ります。しかしビットコインを証拠金として利用する場合、トレードで勝つとビットコインの枚数が増え、負けると逆にビットコインの枚数が減ります。

今後、ビットコインの価値が値上がりすると期待している方は、ぜひビットコインを元手(証拠金)として活用しビットコインの枚数を増やしましょう。

ビットコインのスプレッドが最狭クラス!?

取引所スプレッド
FXGT210円
bitFlyer140円
DMM Bitcoin12,299円
GMOコイン3,227円
BITPOINT46,768円
Liquid982円
Zaif10,020円

FXGTのビットコインのスプレッドは約300円と海外FX業者の中でも最狭クラスとなっています。例えば為替通貨ペアのスプレッドが狭いことで有名なiFOREXのビットコインのスプレッドは約90ドル(約10,000円)です。

また、国内で仮想通貨FXができる取引所のDMM Bitcoinは約10,000円、GMOコインは約3,000円、Liquidは約1,000円、bitFlyerに関しては約150円とFXGTより狭くなっていますが、その他の取引所はFXGTより広いことが分かります。

参考サイトFXGT公式サイト(仮想通貨スプレッド一覧)

 

スプレッドは利益に直結するため出来る限りビットコインのスプレッドが狭い海外FX業者でトレードしたい方は、FXGTを使用することをおすすめします。

とはいえFXGTの為替通貨ペアのスプレッドは平均レベルなので、そのあたりはご注意ください

関連記事仮想通貨FX(ビットコインFX)取引所のスプレッド比較【国内7社、海外2社】

入金ボーナスや口座開設ボーナス、キャッシュバック等豪華キャンペーンを開催しておりオトクにトレードできる

海外FX業者を利用する際の一つの大きなメリットでもあるボーナスキャンペーンがFXGTは充実しています。

例えば入金すると入金額の2倍の証拠金が貰える100%入金ボーナスキャンペーンや口座開設するだけで数千円の証拠金が貰える口座開設ボーナスキャンペーン、特定の通貨ペアを取引すると取引額に応じてキャッシュバックが貰えるキャッシュバックキャンペーン等、トレーダーが大変有利になるキャンペーンを定期的に実施しています。

ちなみにこれらのキャンペーンは国内の仮想通貨FX取引所ではほぼありません。FXGTを使うメリットと言えます。

最新のFXGTのキャンペーンが知りたい方は下記記事でご確認ください

関連記事FXGTボーナスキャンペーン情報総まとめ!注意点も詳しく解説

追証なしで借金のリスクゼロ

FXGTではゼロカットシステムを採用しており、FXGTに預け入れている資金以上の損失が出た場合、資金以上の損失をFXGTが補填してくれます

例えば、FXGTに100,000円入金したとします。そしてトレードを行っていると急激に相場が動き損失が150,000円となりました。追証がある場合、ここで50,000円を業者に入金する必要がありますが、FXGTではゼロカットシステムを採用しているため、不足分の50,000円はFXGTが補填してくれます。

※通常の相場ならFXGTでは証拠金維持率が50%を切ると強制的にロスカット(ポジションが清算される)され証拠金が残りますが、急激に相場が動いた場合、強制ロスカットが作動しない場合があります。

ゼロカットシステムは海外業者特有のサービスで、日本ではありません。時々FXで大きな借金を背負ったというニュースがありますが、日本の業者を利用している方が大半です。

ビットコインFXが24時間365日トレードできる

iFOREXなど海外FX業者の中にもビットコインFXができる業者は存在しますが、私が知る限りFXGT以外の海外FX業者は土日はビットコインをトレードすることができません。なぜなら多くの海外FX業者は為替通貨ペアの取引に重きを置いているため、為替取引が休みの土日は業者も休みとなっています。

しかし、FXGTは仮想通貨FXに力を入れているため、土日も関係なく24時間365日仮想通貨をトレードできます

関連記事海外FXでも土日は基本休み!?しかし取引可能な商品がある!

完全日本語対応でサポートももちろん日本語で受けられる

FXGTは公式サイトやマイページが完全日本語対応なのでストレスなくサービスを利用できます。また、サポートも24時間体制で日本語で受けることができます。困ったことがあれば気軽に相談しましょう。

カスタマーサポート内容

  • ライブチャット・・・24時間
  • Eメール・・・24時間(返信は1日以内)

 

FXGT公式サイトへ

※【期間限定】入金ボーナスキャンペーン開催中

FXGTでビットコインFXやる上での注意点

注意点

FXGTでビットコインFXやる上での注意点は下記の3点。

  • 90日以上取引がない場合、口座凍結と月10ドル相当の口座維持手数料が発生する
  • 仮想通貨以外のスプレッドは並み
  • 運営歴が約1年とやや短い

詳しく解説します。

90日以上取引がない場合、口座凍結と月10ドル相当の口座維持手数料が発生する

FXGTでは、大手海外FX業者XM Tradingのように90日間以上取引がない場合口座が閉鎖又は凍結してしまいます。

  • 90日以上取引がなく残高が0の場合:口座閉鎖
  • 90日以上取引がなく残高がある場合:口座凍結。月10ドルの口座維持手数料発生。ボーナス剥奪。

しかし、カスタマーサポートまで問い合わせると口座の有効化が可能となります。

とはいえ、残高がある場合は90日以上取引がない場合、月10ドルの口座維持手数料がかかるので注意しましょう!

取引を行わない期間が長いようでしたら、とりあえず資金を出金することをおすすめします!

仮想通貨以外のスプレッドは並み

ビットコインや他仮想通貨のスプレッドが狭いことは前述しましたが、仮想通貨以外のスプレッドは正直平均的な水準となっています。

▼スプレッド比較表(単位はpips)

FXGTXMGemForexTitanFXAXIORYiFOREXExness
USD/JPY1.41.51.31.331.30.71.1
EUR/JPY1.82.21.41.741.41.21.9
EUR/USD1.41.61.31.21.20.71.0
EUR/GBP1.72.21.51.531.21.11.6
NZD/USD2.52.61.81.861.92.02.0
AUD/USD1.61.71.51.521.70.81.5
GBP/JPY3.03.21.92.451.72.32.0

上記表を見て分かるとおり、XMよりかは狭いですが他の業者と比較するとやや広くなっています。とはいえ、スプレッドは並みですが、ボーナスキャンペーンが豊富なので、スプレッド分を回収してくれます。

関連記事FXGTボーナスキャンペーン情報総まとめ!注意点も詳しく解説

サービス開始したばかりで運営実績が少ない

FXGTは2019年12月にサービスを開始し、運営期間が長くないため信頼性という点では少々低くなります。

とはいえFXGTの経営陣やスタッフは大手海外FX業者で経営に携わっていたメンバーなど、豊富な経験や知識を持ったスタッフが運営に参画しており、FX業者に精通したメンバーが揃っています。また、キプロスの金融ライセンスも取得しており、一定の信頼性があると言えるでしょう。

とはいえ運営実績が少ないので過度な入金は今のところ控えた方が良さそうです。また、利益が出れば定期的に出金することをおすすめします!

 

FXGT公式サイトへ

※【期間限定】入金ボーナスキャンペーン開催中

FXGTとは?基本スペックと特徴

FXGT

レバレッジ倍率最大500倍
スプレッド(平均)1.4pips/ドル円、1.8pips/ユーロ円※変動スプレッドのため変動あり
取扱銘柄全132銘柄(FX通貨ペア50、金属・エネルギー5、インデックス8、仮想通貨13、株56)
1LOTの単位10万通貨
両建て
追証なし(借金リスクなし)
ロスカット50%
約定力
入出金手数料無料
日本語サポートあり
モバイルアプリMT5

FXGTの最大の特徴は、豪華なボーナスキャンペーン(口座開設ボーナス、入金ボーナス)と最大レバレッジ500倍で資金効率良くダイナミックに仮想通貨トレードができることです。また、最低入金金額が5ドルからとFX初心者でもFXを初めやすい環境が整っています。

日本語のサポートも充実しており、安心してトレードに臨めます。

▼FXGTおすすめポイント

  • 新興海外FX業者だが金融ライセンスを取得しており、経営陣は大手海外FX業者が多く信頼面に重きをおいている
  • 最大レバレッジ500倍と資金効率良くダイナミックにトレードできる
  • 追証なしで借金するリスクゼロ
  • 口座開設のみで3,000円の証拠金が貰えるボーナスキャンペーンを開催している
  • 入金時証拠金が2倍になる100%入金ボーナスキャンペーンを開催している
  • 仮想通貨のスプレッドが比較的狭い!
  • 保有ポジション情報が一目で分かるツールがありトレード戦略が立てやすい
  • 取引銘柄数132種類と豊富((FX通貨ペア50種、金属・エネルギー5種、インデックス8種、仮想通貨13種、株56種)
  • 入出金方法が豊富(クレジットカード、bitwallet、海外銀行送金、仮想通貨)
  • 入出金手数料無料
  • 最低入金金額5ドルと初心者でも初めやすい※銀行送金の場合に限り100ドルから
  • 24時間、日本語でサポートが受けられる

 

▼FXGTあまりおすすめできないポイント

  • サービス開始したばかりで運営実績が乏しい
  • 90日以上取引がない場合、口座凍結と月10ドルの口座維持手数料が発生する
  • 為替通貨ペアのスプレッドが並み

まとめ

今回はFXGTでビットコイントレードをするメリットと注意点の解説でした。

海外FX業者の中でビットコインFX(仮想通貨FX)やるならFXGT一択で良いでしょう。私のようにビットコインFXはFXGTを利用し、為替通貨ペアのトレードはTitanFXやGemForexを利用するなど、目的に応じて利用する業者を変更しても良いと思います。

 

FXGTは大変魅力のあるボーナスキャンペーンも開催しているので、FXGTを活用するならボーナスを利用してオトクにトレードしてください。

 

FXGTの口座開設はこちら(公式サイト)

※豪華入金ボーナスキャンペーン開催中

コメント