FXの移動平均線(MA)を徹底解説|おすすめの期間設定も紹介!

FXの移動平均線(MA)を徹底解説|おすすめの期間設定も紹介!
JinaCoinの約束

JinaCoin(ジナコイン)では、読者がより賢明な金銭的判断を下せるように努めています。私たちは編集の完全性を厳守していますが、この記事には企業からのPRが含まれている場合があります。ここでは、私たちのビジネスモデルについて説明します。

編集ポリシー

編集ガイドライン

JinaCoinの編集チームは、読者であるあなたに代わって記事を書いています。ここでは、私たちの編集ガイドラインと、私たちがどのようにお金を稼ぐかについての基本情報をご紹介します。

概要

編集部は、読者の信頼を大切にしています。私たちの目標は、読者が暗号資産(仮想通貨)や外国為替証拠金取引(FX)を最大限に活用し、人生のファイナンシャル・ジャーニーをナビゲートできるようにすることです。私たちは、読者に正確で偏りのない情報を提供する責任があり、それを実現するために編集基準を設けています。
私たちは、広告主と私たちの編集対象との間に明確な分離を維持しています。私たちの使命は、読者が経済的な面で最良の決断をするために、最高の情報を提供することです。

主要な原則

正確さ:私たちの編集チームは、コンテンツが私たちの高い基準を満たすように、記事を徹底的に見直し、事実確認を行います。当社は、正確な情報を提供する責任を真摯に受け止めており、編集部が作成した記事に誤りがあったり、誤解を招くような情報を掲載した場合は、訂正や説明を行います。JinaCoinの記事で不正確な情報を見つけた場合は、弊社お問い合わせフォームまでメールでご報告ください。

独立性:私たちは、編集内容が広告主の影響を受けないように、厳格なガイドラインに従っています。編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。記事であれレビューであれ、信頼に足る確かな情報を得ることができると信じてください。

信頼性:編集部は、社内外の専門家に定期的にインタビューを行い、その引用をコンテンツに盛り込んでいます。さらに、社内外の情報源からデータなどを引用しています。すべての引用とデータは、信頼できる評判の高い情報源からのものです。また、外部の出版物からデータやその他の独自情報を引用する場合は、出典を特定し、またはリンクを張ります。

私たちのビジネスモデル

編集部は、広告主から直接報酬を受け取ることはありません。本サイトに掲載されている商品は、私たちに報酬を支払う企業からのものです。この報酬は、例えば、掲載カテゴリー内での掲載順など、本サイトにおける製品の掲載方法および掲載場所に影響を与える場合があります。しかし、この報酬は、当社が公開する情報や、お客様が当サイトで目にするレビューに影響を与えるものではありません。jinanbo11.comは、すべての企業や利用可能なすべての商品を掲載しているわけではありません。私たちのビジネスモデルをについては、こちらで詳細をご覧いただけます。
広告掲載・提携について

Remodalサンプル

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger」
ビットコイン半減期キャンペーン

仮想通貨・NFTを安全に管理できるハードウェアウォレット「Ledger」が期間限定でビットコインがもらえるキャンペーンを開催中(4月9日〜16日まで ※在庫無くなり次第終了 )です。

キャンペーン内容

Ledger購入&キャンペーン詳細ページ

Ledger解説記事

この記事をざっくり言うと・・・
  • 移動平均線について基礎から徹底解説
  • 移動平均線の種類や具体的な使い方を解説
  • この記事を読めば、移動平均線のおすすめの期間やトレード手法、注意点や疑問点まで全て解決!
【PICK UP】おすすめ海外FX業者・仮想通貨取引所

海外業者は各業者ごとに特徴があるため、勝つためには自分の取引スタイルや求めるものにあった業者を選ぶ必要があります

本サイトでは安全性・信頼性を確保している特徴のある海外業者を厳選して紹介しているのでご自身にあった一社を探すためにぜひ利用してください。

おすすめ海外FX業者・仮想通貨取引所

業者名ボーナス情報
1位:XMTrading

公式:https://xem.fxsignup.com/
・13,000円新規口座開設ボーナス
・100%+25%入金ボーナス
・XMロイヤリティーボーナス

・友人紹介プログラム
2位:FXGT

公式:https://fxgt.com/ja
・15,000円新規口座開設ボーナス
・100% Welcomeボーナス
・50% Unlimited Loyaltyボーナス
3位:Bybit

公式:https://www.bybit.com/ja-JP
・5ドル口座開設ボーナス
・20USDT口座開設ボーナス(期間限定)
・30USDT口座開設ボーナス&最大6,000USDT入金ボーナス(期間限定)
・初回入金・取引ボーナス
・その他各種ボーナス
4位:Exness

公式:https://www.exness.com/ja/
・ボーナスキャンペーンを実施していません
5位:iFOREX

公式:https://www.iforex.jpn.com/
・100%+25%初回入金ボーナス
・利息支払いスキーム
・お友達紹介プログラム
6位:Bitget

公式:https://www.bitget.com/ja
・新規口座開設取引手数料30%OFFキャンペーン
・初回入金100%キャッシュバック
・その他各種ボーナス
7位:coincall

公式:https://www.coincall.com/
・【当サイト限定】0.2ETH+0.5ETHオプションプレゼント
・【当サイト限定】先物取引手数料20%OFF

・1ETHを$50入金、初回取引
・新規ユーザーキャンペーン
8位:TitanFX

公式:https://titanfx.com/jp
・Titan FXをお友達に紹介
9位:AXIORY

公式:https://www.axiory.com/jp
・ボーナスキャンペーンを実施していません
10位:TradersTrust

公式:https://traders-trust.com/ja/
・20,000円新規口座開設ボーナス
・100%、200%入金ボーナス
・VIPキャッシュバック
※業者名、ボーナス情報をクリックすると詳細記事が見られます。

コンテンツの誤りを送信する

目次

FXの移動平均線(MA)とは何か

FXの移動平均線(MA)とは何か

移動平均線(Moving Average)とは、一定期間における価格の平均値を線で表したテクニカル指標のことです。

使用している人が最も多いテクニカル指標と言われており、移動平均線の期間や本数は自分で選択することができるため、非常に自由度の高い分析ができる特徴があります。基本的にはそれぞれの時間足に合わせて「短期、中期、長期」の期間設定をする判断の材料になりやすいと言われています。

本来は、自分に合った期間に設定することが好ましいのですが、あまりにも自由度の高いテクニカル指標のため、初心者はどのような設定が良いのか悩むのではないでしょうか?

そこでこの記事では、下記の移動平均線の基礎知識を解説すると共に、移動平均線の基本的な手法や筆者のおすすめの設定値を紹介していきます。

移動平均線の基礎知識
  • 移動平均線で分かること
  • 移動平均線で分からないこと
  • 移動平均線の種類
  • 移動平均線の期間

また、FX初心者はこちらの記事を読むと移動平均線についてさらに理解が深まるはずなので一度のぞいてみてください。

これもう見た?【初心者向け】海外FXの始め方・やり方を解説!始める際の注意点もご紹介

これもう見た?【FX初心者】手法を覚える前に損切りを覚えるべき!その理由と簡単な損切り方法を紹介

移動平均線でわかること

移動平均線でわかること

移動平均線は主に次の3つを同時に判断することができます。

移動平均線でわかること

トレンド:
移動平均線よりも価格が上にある場合は強気相場、価格が下にある場合は弱気相場

トレンドの勢い:
移動平均線の傾きによってトレンドの勢いを見ることもできる

トレンド転換:
移動平均線の位置関係によって、トレンドの転換ポイントを知ることができる

この3つのわかることをチャートで見ると以下のようになります。

移動平均線 FX「トレンド」

トレンドの判断は、移動平均線よりも価格が上にあるのか、下にあるのかに着目します。移動平均線よりも価格が上にある場合は強気相場、価格が下にある場合は弱気相場であると判断します。

次に、移動平均線の傾きによってトレンドの勢いを見ることができます。

画像のように、右肩上がりで移動平均線が傾いているときは、非常に強いトレンドが出ていると判断します。一方、右肩下がりであれば、強い下落相場であることを意味します。

最後に、移動平均線の位置関係によって、トレンドの転換ポイントを知ることができます。

画像では、単純移動平均線(SMA)の25日と75日を使用し、その2つがクロスしたところに着目します。短期(画像では25SMA)が長期(画像では75SMA)を突き抜けると、トレンドが転換した可能性が高いと判断することができます。

トレンド転換については、移動平均線を使った手法で詳しく説明しているので、気になる方は「ゴールデンクロス・デッドクロス」の手法をご覧ください。

移動平均線で分からないこと

移動平均線は終値の「平均」を出したテクニカル指標であるため、その「平均」がチャートに現れるまでに時間がかかります。つまり、トレンドを判断するまでにタイムラグがある欠点があります。

移動平均線 FX「為替介入」

画像は、2022年9月22日に起こった日銀の為替介入があったときのドル円のチャートです。

このとき、移動平均線のみの判断では強気相場でした。

しかしながら、突然の為替介入により一瞬の内に下落が起こり、そのあとでデッドクロスが生じています。

このように、ファンダメンタルなどの急な値動きやレンジ相場では機能しないことがある事を認識して使う必要があるテクニカル指標です。

移動平均線の種類

移動平均線の種類

移動平均線は価格の動きの平均の出し方の違いで様々な種類が存在します。

その中で初心者が最初に覚え、理解する必要がある移動平均線は単純移動平均線(SMA)と指数平滑移動平均線(EMA)です。

単純移動平均線(SMA):
単純移動平均線(Simple Moving Average)とは、対象とする期間において、価格の終値平均を算出したものです。
移動平均線の中で算出方法が最もシンプルで、使う人が一番多いテクニカル指標と言われています。

指数平滑移動平均線(EMA):
指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)とは、直近の終値に重きをおいて、価格の終値平均を算出したものです。
直近の影響を大きくしているテクニカル指標のため、トレンドの変化に早く気付くことができます。

移動平均線 FX「SMAとEMA」

画像のように、同じ移動平均線でも、種類によって若干反映される線が異なります。

移動平均線の種類を選ぶ基準は「自分の目線で移動平均線が機能しているか?」という事が重要です。

相場の動きは世界共通ですが、見る人によって見え方が違うという特徴があります。極端な話、ある人はトレンド相場と思う部分でも、他の人はレンジ相場だと判断するくらい違いがあります。

そのため、後ほど解説する移動平均線の期間についても「ベースはあるけれど自分の目線が重要」となるのです。

その他の移動平均線

最初に軽く話したようにSMAとEMA以外にも、移動平均線は様々あります。

代表的なプラットフォームであるMT4とTrading Viewでは次のような移動平均線が標準で表示可能です。

移動平均線 FX「他のMAの種類」

基本は終値を単純に平均化したSMAですが、単純移動平均線では見えないポイントやわからない点を補うため派生したと考えると良いでしょう。

どの移動平均線が「使える」「使えない」は自分で判断するしかありません。まずは表示して検証することから始めるのが近道と考えます。

移動平均線の期間

移動平均線の期間

移動平均線の期間は、特に「短期:5日、21〜25日、中期:60〜75日、長期:100〜200日」が、特に意識されています。

ここで言う「意識される」とは、多くの投資家が注目しているため、移動平均線を境に価格が反発するなど、テクニカル指標が機能しやすいということです。この期間を参考に、自分が普段見ている時間足によって、一番合うと思う期間を設定すると良いでしょう。

ただし、あまり最適化してしまうと融通の利かないテクニカル指標となってしまうので、ある程度の目安にする程度に考えた方が相場判断の幅が広がるので覚えておいてください。

しかしながら、1から自分で考えるのは難しい!という方は、後程紹介する「筆者がFXでおすすめの移動平均線はSMA」から使ってみてください。

コンテンツの誤りを送信する

移動平均線を用いたFXの手法

移動平均線を用いたFXの手法

移動平均線は1本〜数本を組み合わせてトレードの判断基準として使うテクニカル指標です。

この組み合わせ方、判断方法を6つ紹介します。

移動平均線を用いたFXの手法
  • ゴールデンクロス・デッドクロス
  • サポート・レジスタンスライン
  • パーフェクトオーダー
  • グランビルの法則
  • MTFでの環境認識
  • 他のインジケーターとの組み合わせ

それでは一つずつ詳しく説明していきます。

ゴールデンクロス・デッドクロス

ゴールデンクロス・デッドクロスは、期間の異なる2本の移動平均線を使い、クロスした位置をもとに買いか売りかを判断できます。

この手法は、主にトレンド転換を判断するときに有効です。

移動平均線 FX「ゴールデンクロス」

ゴールデンクロスやデッドクロスは、非常に有名な移動平均線を使用した手法ですので、ぜひ使用しているチャートでも確認してみてください。

サポート・レジスタンスライン

移動平均線は価格が反発するポイント(サポートライン、レジスタンスライン)として機能することがあります。

移動平均線 FX「サポートライン」

移動平均線に価格が反発して、さらに上昇(下降)すると、トレンドは勢いを増していきます。

短期の移動平均線を価格が抜けても、長期の移動平均線によって反発することもあるので、どういうときに反発しているかなど分析してみるのも、勝てるようになる1歩です。

パーフェクトオーダー

短期、中期、長期の移動平均線が順番に綺麗に並んでいる状態のことで、強いトレンドが出る可能性が高い手法です。

移動平均線 FX「パーフェクトオーダー」

パーフェクトオーダーは、特に短期、中期、長期の移動平均線の順番がバラバラになっているところ(レンジ状態)から、綺麗に並んだ(トレンドが現れた)ところが狙い目です。

ぜひ、普段見ているチャート上でもパーフェクトオーダーを探してみてください。

グランビルの法則

グランビルの法則とは、移動平均線(MA)の傾きと、価格の位置関係に重きを置いた分析方法のことです。

初めて聞いた方は、少し難しく感じられるかもしれませんが、下記の表と画像のように「8つのポイント」を整理するとわかりやすいはずです。

移動平均線 FX「グランビルの法則」

買いポイント

番号移動平均線の状態ローソク足の終値
横ばい~上向きになり始めたMAを上抜け
上昇MAを下抜け後、上抜いたとき
上昇上昇しているMAより上にあり、 MAに近づいて下降したが、タッチせず再度上昇
下降下降し始めたMAを下回り、MAと 大きく乖離したとき

売りポイント

番号移動平均線の状態ローソク足の終値
横ばい~下向きになり始めたMAを下抜け
下降MAを上抜け後、下抜いたとき
下降下降しているMAより下にあり、MAに近づいて上昇したが、タッチせず再度下降
上昇上昇し始めたMAを上回り、MAと大きく乖離したとき

このように、移動平均線を使用した売買ポイントは8つあります。

しかし、個人的にはこの中で、買④と売⑧は逆張り手法となるため、損切は必ず設定し、深追いしないようにすることが必要だと考えます。

グランビルの法則はこちらの記事で詳しく解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?FXのグランビルの法則を解説|売買タイミングや使い方のコツ!

MTFでの環境認識

MTF(Multiple Time Frame)とは複数時間軸(マルチタイムフレーム)のことです。

移動平均線 FX「MTF MA」

画像では左がドル円の15分足チャート、右が日足チャートです。15分足には日足のMTFの移動平均線(MA)を表示させています。

画像では、日足25MTF MAと25単純移動平均線(SMA)がデッドクロスになったところで、強い下落が生じていることがわかりますね。

このように、MTF MAでのゴールデンクロスやデッドクロスで今後の大きなトレンドを予測することができます。

MTF MAを使った応用編 

MTF MAを使用すると時間足を変えることなく一つのチャート上に、他の時間足の移動平均線を表示させることができます。他の時間足も考慮し環境認識を一つのチャートですることができるため、ダマシに合いづらくなります。

移動平均線 FX「MTF MA 応用」

画像のように、上位足の移動平均線を一つのチャートに表示させることで、環境認識がしやすくなります。

上位足の移動平均線で価格が反発しており、多くの投資家が注目しているポイントが分かりやすく、便利な移動平均線です。

マルチタイムフレーム分析についてはこちらの記事で詳しく解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?【プロ監修】マルチタイムフレーム分析とは?コツ、やり方徹底解説!

他のインジケーターとの組み合わせ

移動平均線は他のテクニカル指標と組み合わせることができます。

オシリエーター系や移動平均乖離率を使用したトレードなどもあるので、自分が使いやすいテクニカル指標と合わせたり、ロウソク足やチャートパターンと組み合わせることで勝率は高まる可能性があります。

これもう見た?ローソク足とは?基礎からおすすめの使い方、パターンも解説!

これもう見た?フィボナッチリトレースメントとローソク足で売買ポイントを見極める方法!FX初心者におすすめ手法

下記では、ストキャスティクスと、移動平均乖離率を使用した手法をご紹介します。

移動平均線とストキャスティクスとの組み合わせ

移動平均線 FX「MAとストキャスティクス」

画像では、単純移動平均線でトレンドが出たときに、ストキャスティクス(規定値ではなく、筆者の経験上、期間は10,3,3に変更している)と組み合わせると、良いタイミングでエントリーをしやすくなることがあります。

移動平均線とストキャスティクスを組み合わせると、エントリーポイントの判断がわかりやすくなるので、参考にしてみてください。

移動平均線と移動平均線乖離率との組み合わせ

移動平均線 FX「MAと移動平均乖離率」

移動平均乖離率とは、価格が移動平均線から離れすぎているかどうかを見てエントリーする方法です。

移動平均乖離率も、ストキャスティクスと同様に、エントリータイミングを測りやすくなりますが、逆張り手法であるため、深追いは禁物です。

コンテンツの誤りを送信する

筆者がFXでおすすめの移動平均線はSMA

筆者がFXでおすすめの移動平均線はSMA

移動平均線は種類によって特徴が少しずつ違い、期間も自由に選択できるため、どれを設定したらよいか悩む方も多いと思います。

そこで、筆者の考えをお伝えすると、SMAがおすすめです。

理由として、移動平均線の中でも一番使用されているものだからです。つまり、大勢が注目しているため、SMAの方が機能しやすいと言えます。

では、なぜ大勢が注目していると、機能しやすいのか。それは、FXは投資心理を読むことが勝つためのヒントとなるからです。

FXは機械によって価格が形成されるものではなく、投資家が自らの身銭を切って売買するものであるため、チャートは投資家心理によって形成されるといえます。だからこそ、多くの投資家が移動平均線を見て売買判断をしている=チャートがその方向に動きやすいのです。

さて、ここからは、筆者がおすすめする各時間足ごとの期間設定を紹介します。

しかしながら、実際は過去検証などで自分に合ったものを検証し、きちんと自分自身で納得してから使用した方が良いです。

なぜなら、同じ手法を使っていても、使用する人が違えば見え方が全く異なることがあるため、自分に合ったものを探すことの方が大切かつ勝つ手法に近づきます。

それを踏まえて、以下で各トレードスタイルでおすすめとその理由を紹介します。

スキャルピング編

スキャルピングとは、数秒〜数分で完結するトレードのことです。

スキャルピングで使用する際のおすすめ期間設定は「5、25、75」です。それでは、わかりやすいように画像を見てみましょう。

移動平均線 FX「スキャルピング」

このようにパーフェクトオーダーがしっかり機能していますね。

スキャルピングは数秒〜数分のトレードですので、期間は短い短期〜中期でみる方が画像のように機能しやすいです。

スキャルピング手法についてはこちらの記事でも解説しています。

これもう見た?海外FXで稼ぐためのスキャルピング手法を公開!ハイレバならではの攻め方とは

デイトレード編

デイトレードとは、1日で完結するトレードのことです。デイトレードで使用する際のおすすめの期間設定は「25、75、200」です。

こちらも画像を見てみましょう。

移動平均線 FX「デイトレード」

こちらもパーフェクトオーダーがしっかり機能していますね。

デイトレードは1日で完結するトレードですので、期間は中期~長期でみる方が画像のように、機能しやすいです。

スイングトレード編

スイングトレードとは、数日〜数週間で完結するトレードのことです。

スイングトレードで使用する際のおすすめ期間設定は「75、100、200」です。

最後に、こちらも画像を見てみましょう。

移動平均線 FX「スイングトレード」

スイングトレードは、数日〜数週間で完結するトレードですので、期間は中期~長期でみる方が画像のように機能しやすいです。

以上が、筆者がおすすめする移動平均線の期間です。

移動平均線の期間設定を変更することで、エントリータイミングは変わってくるので、普段どの時間足を見ているかに合わせて期間を設定してみてください。

コンテンツの誤りを送信する

FXの移動平均線に関するよくある質問(Q&A)

FXの移動平均線に関するよくある質問(Q&A)

最後にFXでの移動平均線の使い方等に関しての質問にQ&A形式で解説していきます。

移動平均線のみで勝てますか?

実際、移動平均線とチャートのみで勝てているトレーダーも中にはいます。

しかし、通貨によっても機能しやすさは異なるので、過去検証を行い実際に自分や使用通貨に合っているか確認することが大切です。

おすすめの移動平均線が機能しないこともあるのですが

投資に100%はありません。

機能しないこと(ダマシ)があったり、通貨によっても期間の調整が必要な場合もあります。

ご自身の感覚によって期間をアレンジすると、より勝つ確立が高いものを見つけられるかもしれません。

手法がありすぎて、何からしたらいいかわかりません

まずはやってみたいと思うものから、過去検証をすることをおすすめします。

過去のチャート数年分(筆者は5年分程)を分析し、テクニカル指標が機能しているかどうかを確認します。

その上で別の手法に変えるか、アレンジを加えるなどをすることで、自分が納得できる手法を見つけることができます。

コンテンツの誤りを送信する

まとめ

移動平均線の基礎からその種類、期間や手法等について解説しました。ここで再度、移動平均線と手法について簡単にまとめます。

移動平均線(MA)について
  • トレンドやトレンドの勢い、転換点を知るのに役立つテクニカル指標
  • 代表的な移動平均線は単純移動平均線(SMA)と指数平滑移動平均線(EMA)がある
  • 期間設定は「5日、21〜25日、60〜75日、100〜200日」が特に意識されているが、自分に合ったものを分析することが大事
移動平均線でわかること

トレンド:
移動平均線よりも価格が上にある場合は強気相場、価格が下にある場合は弱気相場

トレンドの勢い:
移動平均線の傾きによってトレンドの勢いを見ることもできる

トレンド転換:
移動平均線の位置関係によって、トレンドの転換ポイントを知ることができる

また、移動平均線の基本的な使い方(手法)として、まず下記の6つを覚えてみましょう。

移動平均線の基本的な使い方(手法)

ゴールデンクロス・デッドクロス:
期間の異なる2本の移動平均線を使い、クロスした位置をもとに買いか売りかを判断する。主にトレンド転換を判断するときに有効。

サポートライン・レジスタンスライン:
価格が移動平均線に反発するポイントとして機能する

パーフェクトオーダー:
短期、中期、長期の移動平均線が綺麗に並んでいる状態のことで、強いトレンドが出る可能性が高い手法

グランビルの法則:
移動平均線の傾きと、価格の位置関係に重きを置いた分析方法

MTFでの環境認識:
一つのチャート上に、他の時間足の移動平均線を表示させることで、環境認識を一つのチャートですることができる

他のインジケーターとの組み合わせ:
移動平均線は他のテクニカル指標と組み合わせることができる。今回はストキャスティクスと、移動平均乖離率との組み合わせをご紹介

ご紹介した期間や手法をアレンジして使うと、さらに勝率の高い手法を見つけることができるかもしれません。

移動平均線の期間設定や手法は、見る人によっても見え方が異なるため、ぜひ過去検証やご自身のチャートで確認してみてください。

PICK UP

本サイトでは相場の基礎を勉強・実践し、自身のトレード力・経験を積むための取引所として海外業者をおすすめします。

海外業者をおすすめする理由は以下の4つです。

海外業者をおすすめする理由
  • ハイレバレッジで少資金を効率的に運用できる
  • 銘柄や取引方法が豊富なため、効率よく利益を得られる可能性がある
  • 豊富なボーナスキャンペーンで資金を増やしてトレードできる
  • ゼロカットシステムにより口座資金以上の損失がない
  • 世界的に最も使われているMT4・MT5やトレーディングビューで取引・検証ができる

本サイトでは上記条件を満たし、安全性・信頼性を確保している海外業者を紹介しています。

こちらの記事では各取引スタイル別におすすめ業者を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

総合評価
これもう見た?おすすめ海外FX業者TOP10!全102社&106人へ調査

▼ボーナスランキング▼

これもう見た?海外FX口座開設ボーナス(未入金)おすすめ比較102社

これもう見た?海外FX入金ボーナス100%~200%以上のクッションあり比較

▼仮想通貨FXランキング▼

これもう見た?海外FXで仮想通貨(ビットコイン)取引!おすすめ業者10選

これもう見た?【初心者向け】ビットコインFXができるおすすめ取引所TOP3!迷ったらココを使え

▼海外仮想通貨取引所ランキング▼

これもう見た?海外仮想通貨取引所おすすめランキング!人気10社を徹底比較

これもう見た?海外仮想通貨取引所ボーナスキャンペーン一覧【当サイト限定】

▼レバレッジランキング▼

これもう見た?海外FXのレバレッジ目的別おすすめ10社!各社比較、使い方のコツも徹底解説

これもう見た?ビットコインFXの最大レバレッジは?おすすめ海外FX10選!

▼スプレッド・スキャルピング・約定力ランキング▼

これもう見た?海外FX11社のスプレッドを徹底比較!口座別おすすめ業者紹介!

これもう見た?海外FXでスキャルピングにおすすめの業者5選!ハイレバの活用・選定ポイントも解説

これもう見た?約定力の高い海外FX業者おすすめTOP5!比較ポイントや重要性を解説!

▼自動売買・EAランキング▼
これもう見た?海外FXの自動売買取引におすすめ業者7選!優秀なEAの探し方も解説

参考文献

コンテンツの誤りを送信する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメントはこちら(コメントいただいた方の中から毎週3名様に1000円分のUSDTプレゼント)

コメントする

目次