PROJECT XENO(ゼノ)とは?特徴や始め方を徹底解説!

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)
この記事をざっくり言うと・・・
  • PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)について最新情報と特徴を解説
  • 日本発のNFTゲームPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の今後の展開が分かる
  • PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方・稼ぎ方から注意点まで全てがわかる
目次

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは?

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)とは?
名称PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)
ブロックチェーンBSC、ETH、Polygon
独自トークンガバナンストークン: GXEユーティリティトークン:シンボル未定
リリース時期2023年1月~3月
ホワイトペーパーhttps://project-xeno.gitbook.io/project-xeno-whitepaper-jp
公式サイトhttps://project-xeno.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/PROJECTXENO_JP
公式Discordhttps://discord.com/invite/G4bk9nhJpG

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は「GameFi」と「e-Sports」の要素を備えた「Play to Earn」NFTゲームとして、非常に高い注目を浴びているプロジェクトです。また、日本発のNFTゲームということでも注目を集めています。

「Play to Earn」とは言葉の通り、「遊んで稼ぐ」ことができるNFTゲームの仕組みのことです。

そんなPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の概要をまとめると以下のとおりです。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の概要
  • PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は日本発の「Play to Earn」NFTゲーム
  • 3vs3の戦略性を楽しめるPvPゲーム
  • 開発はクルーズの100%子会社である「CROOZ Blockchain Lab」
  • BSC、ETH、Polygonによるマルチチェーン対応
  • ガバナンストークン、ユーティリティトークンの2種類の独自トークンを使用
  • 人気YouTuberのヒカル氏がアンバサダー就任
  • 2023年1月~3月にα版リリース予定

昨今、登場してきたPlay to Earnゲームは「稼ぐ」ことに着目しているものが多く、投機的な要素が強くありました。

そのため、プレイヤーも投機的なものとしてゲームに参加する場合が多く、利益を得た後は早々に撤退し、結果的に多くのゲームがすぐに廃れています。

公式ではPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のビジョンを以下のように紹介しています。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のビジョン

  • NFTキャラクターの価値の維持
  • ユーティリティトークンの価値の維持
  • スポーツ性の維持
  • 上記を維持したうえで最もEarnできるGameFi

このように、NFTやトークンの価値の維持はもちろん、「e-Sports」要素としてのスポーツ性も重要視しています。さらに、価値を維持したうえで、最も「Earn」できるゲーム性を目的とした開発をしています。

このPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のビジョンの詳細はホワイトペーパーに記載してありますので、興味のある方は目を通してみてください。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のホワイトペーパーはこちらhttps://project-xeno.gitbook.io/project-xeno-whitepaper-jp

2023年1月~3月にα版のリリースを控えているので、非常に期待が高まっています。

本記事を読んでPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)にご興味を持たれた方は、正式リリース前に参入してみてください。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のシステムと特徴

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のシステムと特徴

ここではPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のシステムと特徴について、以下のとおりに解説していきます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の特徴
  • ゲームシステムについて
  • 利用する2種類のトークンについて
  • ETH/BSC/Polygonによるマルチチェーン対応について
  • 開発はクルーズ株式会社の子会社「CROOZ Blockchain Lab」について
  • 人気YouTuberのヒカル氏アンバサダー就任とコラボNFTについて
  • 「GXEパートナー制度」について

それでは、一つずつ特徴を確認していきましょう。

ゲームシステム

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) ゲームシステム

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は「GameFi」と「e-Sports」の要素を備えた、3vs3のタクティクスPvPゲームです。NFTキャラクターには6種類のクラスが用意されており、キャラクターにはそれぞれスキルと必殺技がセットされます。

様々な種類のスキルと必殺技が存在し、各キャラクター生成時にスキルと必殺技がランダムで割り当てられます。

PvPゲーム開始時のキャラクター配置(陣形)も選択することができ、「NFTキャラクターの特性×陣形×セットされるスキル」による多様な戦略の選択が可能なNFTゲームとなっています。

また、PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)をプレイしたことで稼いだトークンは、アプリ内に実装されているウォレットに溜まっていく仕組みとなっています。このアプリ内のウォレットでトークン及びNFTが管理できるようになっています。

利用する2種類のトークン

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) トークン

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)では2種類の独自トークンを利用します。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の独自トークン

  • ガバナンストークン「GXE」
  • ユーティリティトークン「シンボル未定」

主にPvPバトルをプレイすることでトークンを獲得(Earn)することができ、PvPバトルには「アリーナバトル」と「チャンピオンシップトーナメント」の2種類が用意されています。

ガバナンストークン「GXE」はすでに上場しており、「MEXC Global」もしくは「LBank」にて取引することができます。

特に「MEXC Global」は取扱通貨の多さや、多様な言語への対応などで、世界でも最大級の仮想通貨取引所であり、信頼性や安全性が確保されているのでおすすめです。

これもう見た?MEXCの使い方完全ガイド|登録から取引方法まで徹底解説

これもう見た?MEXC(MXC)の安全性と評判は?4つの長所と2つの短所を徹底解説

ETH/BSC/Polygonによるマルチチェーン対応

ETH/BSC/Polygonによるマルチチェーン対応

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)では一つのブロックチェーンだけではなく、複数のブロックチェーンによるマルチチェーン対応が実装されます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の対応ブロックチェーン

  • Ethreum(ETH)
  • Binance Smart Chain(BSC)
  • Polygon

ETHだけでなく、BSCやポリゴンといったブロックチェーンにも対応することで、ブロックチェーンとしての拡張性や高速トランザクションにも対応することが可能となります。

特に、現在人気が出ているBSCについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので併せて読んでみてください。

これもう見た?バイナンススマートチェーン(BSC)とは?特徴やメリット、使い方を解説!

これもう見た?BSCのエコシステム一覧と注目すべきDAppを完全解説!

開発はクルーズ株式会社の子会社「CROOZ Blockchain Lab」

開発はクルーズ株式会社の子会社「CROOZ Blockchain Lab」

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の開発は、東証スタンダードに上場している企業「クルーズ株式会社」の100%子会社である「CROOZ Blockchain Lab」が担当しています。日本の会社による開発なので、日本語対応されているのが嬉しいですね。

「CROOZ Blockchain Lab」はメタバース「SWAGGA」を運営する企業「Blocverse DAO」と、Web3分野における事業拡大を目指し、戦略的パートナーシップを締結したことでも話題になりました。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) パートナーシップ

クルーズグループは「アヴァロンの騎士」や「HUNTER×HUNTER」など、数々の有名タイトルを提供してきました。クルーズグループで培ってきたノウハウを元にクオリティの高いゲームの提供を目指します。

人気YouTuberのヒカル氏アンバサダー就任とコラボNFTについて

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) ヒカル

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のアンバサダーには、なんと人気YouTuberであるヒカル氏が就任しています。ヒカル氏といえば、宣伝しただけでECサイトのサーバーがダウンするほどの強い人気と影響力を持っている方です。

11月には、ヒカル氏の日本アンバサダー就任を記念して、コラボキャンペーンが実施されました。コラボキャンペーンで販売されたNFTは即完売するという、凄まじい人気を誇りました。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)「ヒカルコラボ」

PROJECT XENO-ゼノ
@PROJECTXENO_JP

XENO×ヒカル

#ヒカルNFT セール開催記念
GIVEAWAY🔥🎁

✅賞品
無償抽選券 50名

✅応募条件

このツイートRT

@PROJECTXENO_JP

@PROJECTXENO_GLBをフォロー

Discordへの参加 http://discord.gg/G4bk9nhJpG

締切は11月16日

当選者にはXENO公式からDMが届きます

Twitterより引用

ヒカルコラボの前には、ボクシングの元5階級制覇王者であるフロイド・メイウェザー氏とのコラボも実施されており、PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に対する力の入れ具合が伺えます。

「GXEパートナー制度」について

画像6:画像6 PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) GXEパートナー制度

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)には、ゲームローンチまでの間に様々な特典が付与される「GXEパートナー制度」というものがあります。

GXEパートナー制度の特典
  1. ゲームローンチまで毎月NFTをエアドロップ
  2. ボックスセールで50%
  3. オフクローズド環境で公開された場合の参加権利

「GXEパートナー」による特典は、今後の開発状況によって新たな特典が追加される可能性があります。「GXEパートナー」の募集は不定期に実施されますが、早期に加入することでより多くの特典を受け取ることが可能です。

「GXEパートナー」の募集は公式サイトTwitterにて行われるので、見逃さないようにしましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の今後の展開は?ロードマップから解説

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の今後の展開は?ロードマップから解説

ここではPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)のロードマップを見ていきましょう。今後の展開や将来性についても解説していきます。

リリース予定日はいつ?ロードマップから解説

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) ロードマップ

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の公式からロードマップが公開されています。ロードマップからも分かる通り、注目すべきは2023年の始めに「Game Launch(alpha version)」が控えています。

公式Twitterからも最新のロードマップについてのツイートがあり、α版のリリースは2023年1月~3月とツイートしています。

PROJECT XENO-ゼノ

@PROJECTXENO_JP

PROJECT XENO、新しいロードマップを公開しました📣🧣

2022年11月~12月🎅

複数の新規EXCHANGEへのリスティング⚡️

グローバルマーケティングの開始

NFTセール実施

NFTマーケットプレイスα版ローンチ🔥🎍

2023年1月~3月🌹

ゲームα版リリース🎮

Twitterより引用

ロードマップも随時更新されているので、見逃さないように公式サイトTwitterをチェックしてみてください。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の将来性

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の将来性

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の将来性ですが、まだリリース前なので確かなことは言えないのが現状です。ただ、経営母体がしっかりしており、ゲーム開発実績のある企業が開発しているので、ゲームプレーが途中で終わらない可能性が高いのは大きな魅力です。

「東京ゲームショウ 2022」では、数ある企業の中から有数の注目を集めました。会場ではデモプレイも可能でしたので、ゲームリリースも遠くないことでしょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)「東京ゲームショウ」

PROJECT XENO-ゼノ
@PROJECTXENO_JP

#東京ゲームショウ2022

スマートフォンゲームコーナー、5-C12「CROOZ Blockchain Lab」にて #XENO が体験できます

とてもぎわってます!

Twitterより引用

アンバサダーやコラボ相手が非常に豪華であることから、PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に力を入れていることが伺えます。まだリリース前ですので、これから伸びることを考えると、十分に期待が持てるプロジェクトです

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方と初期費用

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方と初期費用

ここではPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方と初期費用について解説していきます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の始め方と初期費用
  • プレイするために3体のNFTキャラクターが必要
  • 始めるために必要な初期費用
  • NFTセールの参加方法

プレイするために3体のNFTキャラクターが必要

画像8:画像8 PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) キャラクター

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は3vs3のPvPゲームなので、プレイするためには3体のNFTキャラクターが必要になります。NFTキャラクターには6種類のクラスが用意されており、各クラスの特性は次のようになっています。

NFTキャラクターの各クラス特性

Breaker全クラス中、最大の攻撃力。敵の召喚ユニットの破壊を得意とするクラス。
Guardian全クラス中、最大のHP。敵の攻撃から味方を守ることを得意とするクラス。
Samurai全クラス中、最もバランスの良いパラメータやスキルを持つ。範囲攻撃や複数回攻撃を行うスキルを多く持つクラス。
PsychicHPがやや低く、攻撃力も平凡だが逆転性を秘めている。陣形を無視してターゲットを狙い撃ちする特性や、大ダメージを与えるスキルを持つクラス。
Ninja全クラス中、最大のSPD。敵が守りを固める前に不意打ちをしかけたり、多彩な妨害スキルを持つクラス。
Grappler全クラス中、Breakerに次ぐ攻撃力。クリティカルする威力の高いスキルやダメージを反射するカウンタースキルなど、攻撃に特化したクラス

NFTキャラクター生成時には、各クラスに応じた2つのパッシブスキルと1つの必殺技がランダムで割り当てられます。また、クラスによって扱えるウェポンやスキルカードが存在し、NFTキャラクターにセットしてバトルをすることになります。

PvPではNFTキャラクターが持つクラスとセットするスキルカードによって多様な戦術を楽しむことができます。

また、NFTキャラクターの中でも特別な個体である「GENESIS」は通常のNFTキャラクターより稼ぐ能力が高くなっています。公式のイベントやセールによって販売されることもあるので、公式サイトTwitterをチェックして最新情報を見逃さないようにしましょう。

始めるために必要な初期費用

始めるために必要な初期費用

まず、PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)には初期費用が必要となります。必要な金額はなんと「600USD(約82,000円)」です。(2022/12/17時点)

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)を始めるためには、3体のNFTキャラクターを準備する必要があります。過去のセールを見ると、NFTキャラクターは1体につき200USD(約27,300円)となっています。

ただし、今後のセールの内容やボックスセール(ガチャ)が開催された場合には、現状より安くなる可能性は十分にあります。お得な情報を見落とさないように最新情報は欠かさずにチェックしましょう。

NFTセールの参加方法

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) 参加方法

NFTセールに参加するためには、ウォレットの準備が必要となります。まだPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)内のウォレットはリリースされていないので、NFTセールに参加するためには、ウォレットを準備する必要があります

まだウォレットを持っていない方は、公式からも紹介されている、世界的で最も普及しているウォレット「メタマスク(MetaMask)」を準備しましょう。

メタマスクの準備の仕方や使い方はこちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

これもう見た?MetaMask(メタマスク)の使い方|登録方法から入金、送金方法まで解説

これもう見た?MetaMask(メタマスク)をスマホで使うには?ダウンロードから使い方まで徹底解説

ウォレットの作り方や登録の仕方はPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の公式サイトからも説明が出ていますので確認してみてください。

また、前回のセールではUSDT(ERC-20,BEP-20)もしくはBUSD(BEP-20)を準備する必要がありました。次のNFTセールも同様と思われるので、公式サイトに従って準備しておく必要があると思われます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の稼ぎ方

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の稼ぎ方

BCGの醍醐味の一つである、Earn(稼ぐ)について解説します。PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)で稼ぐ方法は現時点で4つあることが分かっています。

PROJECT XENOの稼ぎ方
  • ゲームをプレイして稼ぐ
  • NFTの売買で稼ぐ
  • トークンの売買で稼ぐ
  • GXEパートナー制度やコラボ/セールを利用して稼ぐ

それぞれ詳しく解説します。

ゲームをプレイして稼ぐ

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) 戦闘

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)では、主にPvPバトルをプレイすることでトークンを獲得(Earn)することができます。PvPバトルには「アリーナバトル」と「チャンピオンシップトーナメント」の2種類が用意されています。

PvPバトルについて

アリーナバトル

  • NFTキャラクターを所有する全てのユーザーが参加する事ができます。
  • 報酬: ユーティリティトークン、NFTキャラクタードロップ、 etc

チャンピオンシップトーナメント

  • アリーナで特定の条件をクリアしたユーザーに参加資格が発行されます。
  • 報酬: ガバナンストークン、 etc

PvPバトルについては、ホワイトペーパーでさらに詳しく解説しているので読んでみてください。

NFTの売買で稼ぐ

 PROJECT XENO(プロジェクトゼノ) NFTマーケット

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)は、ゲーム内でNFT化されたキャラクターやアイテムなどをNFTとして売買することができます。

NFTの売買については、ゲーム内のマーケットプレイスにて取引が可能です。

特に、通常のNFTキャラクターより稼ぐ能力が高い「GENESIS」や希少価値が高い「コラボNFT」などは高価になることが予想されます。

リリース前である現状では、NFTの入手は公式イベントによる入手しか無いので、最新情報を見逃さないように公式の情報をチェックするようにしましょう。

トークンの売買で稼ぐ

トークンの売買で稼ぐ

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)では、2種類の独自トークンが準備されていますが、ガバナンストークン「GXE」はすでに上場しており、「MEXC Global」もしくは「LBank」にて取引することができます。

ガバナンストークン「GXE」を取引所にて売買することで、売買の差額によって稼ぐことができます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)はまだリリース前なので、今後トークンの価値が上昇すると考えるのであれば、今から仕込んでおくのも一つの手であるかもしれません。

「GXEパートナー制度」やコラボ/セールを利用して稼ぐ

GXEパートナー制度やコラボ/セールを利用して稼ぐ

「GXEパートナー制度」を利用することでNFTのエアドロップを受け取ったり、セール割引が適用されることで通常よりもお得にNFTを入手することができます。お得に入手したNFTを売ることで利益を得ることができます。

コラボやセールイベントも頻繁に行われているので、価値の高いNFTを入手したり、エアドロップを受け取ったりすれば稼ぐことができるでしょう。もうすぐ、年末年始セールの開催も決定しており、NFTキャラクターやGENESISを購入することができます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)「セール」

PROJECT XENO-ゼノ
@PROJECTXENO_JP

📣「GENESIS FESTIVAL -LUCKY BAG SALE-」開催決定!

🗓️開催期間

2022年12月27日~2023年1月10日

(抽選会は2023年1月12日まで)

今回のセールは、期間中に6つのキャラクタークラスが日替わりで登場⚡️

クラスを選んでXENOやGENESISを購入できます!

Twitterより引用

また、開催決定を記念して、セール期間中にNFTが無料で獲得できる「ラッキーチケット」の配布キャンペーンも行われます。「ラッキーチケット」の配布キャンペーンはTwitterにて実施されるので、Twitterは見逃さないようにしましょう。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に関するよくある質問(Q&A)

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に関するよくある質問(Q&A)

最後にPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)に関する疑問に対してQ&A形式で回答していきます。

対応デバイスは何ですか?

PCとスマートフォンに対応予定です。ただし、リリース予定の中に対応デバイスの記載は無いので、公式サイトTwitterをチェックするようにしましょう。

最新情報はどこで入手できる?

A:各公式サイトから入手することができます。

公式サイトhttps://project-xeno.com/
公式ツイッターhttps://twitter.com/PROJECTXENO_JP
公式Discordhttps://discord.com/invite/G4bk9nhJpG
公式Discordへの参加方法は?

A:公式Discordの招待URLから参加することができます。

Discordの使い方が分からない場合は、こちらの記事でさらに詳しく解説しているので読んでみてください。

これもう見た?Discord(ディスコード)使い方ガイド|アカウント作成、初期設定、使い方まで徹底解説

まとめ

本記事では、「GameFi」と「e-Sports」の要素を備えた「Play to Earn」NFTゲームであるPROJECT XENO(プロジェクトゼノ)についてご紹介しました。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の特徴をおさらいすると以下のとおりです。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の特徴
  • 3vs3のPvPを主とする「Play to Earn」NFTゲーム
  • 人気YouTuberのヒカル氏がアンバサダーに就任している
  • BSC/ETH/Polygonによるマルチチェーン対応
  • 始めるためには初期費用が必要
  • 2023年1月~3月にα版リリース予定
  • リリース前にGXEパートナー制度やコラボ特定を狙える

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)の開発している「CROOZ Blockchain Lab」は日本の会社なので、日本語対応しているのも嬉しいポイントですね。

注目度も高く、リリースを直前に控えているため、非常に期待が高まっています。直近では、年末年始セールも開催されますので、大いに盛り上がりを見せています。

まだリリース前段階なので情報も少ないですが、今後の動向など最新情報を追っていくことが重要と言えます。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)について気になった方は、ぜひ本記事を参考にプレイに向けた準備をしておきましょう。

H3 参考文献

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次